佐川宣寿(のぶひさ)国税庁長官の罷免を求める署名活動をしている、
「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」(発起人・醍醐聡東大名誉教授)が第二次署名活動を9月13日に開始し、10月12日まで行われる。
8月1日から9月20日まで行ったのだが、締め切り後「ニュースで知った」「続けてほしい」という声がたくさんあり、再開することになったもの。
最初の署名は約1万人以上あった。その後、閉め切ってからも9百通以上あった。集まった署名は麻生太郎財務相に提出された。

佐川国税庁長官は、森友学園を巡る問題に関し、国会で「当時の交渉記録は破棄した」などと答弁、その後国税庁長官に”出世”し世論の批判を浴びている。
慣例となっている、長官就任後の会見も再三にわたるマスコミ側の要請にもかかわらず「諸般の事情」を理由にしていない。

署名について、詳しくはここをクリック。
また、同時に、全国の税務職員・税理士・公務員・事業者を対象にしたホット・ラインを設置し、意見・情報を募集している。
第一次のネット署名には自営業者や税理士、税務職員などからも税務に関する体験を交えた佐川長官に対する意見、怒りの声が同会に多数、寄せられたという。そこで、この声に応える専用の窓口を設け、意見や情報提供を得ようというもの。

「異議あり! 佐川国税庁長官 ホットライン」

森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会
運動の進捗状況は逐次、会のHPに掲載するほか、BCCメールでも知らせるという。

=========  追  記  2017-09-25 10:00   ==========
     チラシ 表               チラシ 裏
佐川署名ポスター表佐川署名ポスター裏
「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」が佐川国税庁長官の罷免を求める署名のチラシを作った。A4サイズ。
入用な方は(moritomosimin*http://yahoo.co.jp )へ *を@に変えてメールを。
郵送先の住所と枚数などを書いて。
9月24日以降に発送。チラシの代金、送料等は無料。



=========  追  記  2017-09-13 14:00   ==========


この署名活動は庶民の怒りをタイミングよくくみ取っていると思う。
佐川長官はさぞかし仕事がやりにくいことだろう。部下たちにも当然それは波及し、国税庁全体のパフォーマンスも引き下げている。国民益にかなっているとは思えない。
よくもまぁ、こんな露骨な依怙贔屓人事をしたものだと思う。
この依怙贔屓人事は、森友、加計問題にある、安倍首相の政治の私物化の象徴的な例ともいえる。ここでこんな人事をやっているくらいだから、森友問題でも国有地を不正に払下げ、加計問題では理事長が安倍首相のお友だちだから、様々な便宜を図ったのではないか?と多くの庶民は想像するのだ。
語るに落ちる話だ。

日刊ゲンダイは「10月辞任も」と書いている。
税務署員も悲鳴 佐川長官「罷免運動」拡大で10月辞任も

なお市民の会の、ネット署名には以下のようなメッセージが添えられているという。
いくつかを紹介します。

●「署名運動に気がつくのが遅れ、ギリギリのタイミングで間に合い
ました。既に目標は突破したとのことですが、提出後も反応がないよ
うでしたら引き続き署名を募り、さらに大きな声にして行くことも必
要だと思います。今回は間に合いませんでしたが、継続の際には周囲
の友人、知人にどんどん呼びかけます。」
 (8月20日、神奈川県、無職)

●「国民の大切な財産である税金を私物化する内閣や官邸、それに対
して忖度と言えば聞こえは良いが自分が得する為に従っただけの佐川
に出世が許されるとしたらこの国は民主主義国家ではない。まして証
拠である文書を都合よく廃棄して罪にもならぬことは決して許されない。
私達は声を挙げ事実をきちんと知る権利があるはずです。
黙っている事は容認したことと同じであることを、知るべきです。
おかしいことにおかしいと言える世の中にしていきましょう。
他にも私たちができる事があればどんどん発信してください。」
 (8月21日、広島県)

●「お疲れ様です! ご報告有難うございます。
お役に立てて何よりです。疲れますが、歩みを止めると馬鹿どもの言いな
りになりますから、抵抗を継続したいです。
善き市民たる我々は、国家を挙げての人権侵害を許容すべきではありませ
んね!」
 (8月24日、平和を希求する薬剤師)

●「この度の署名活動について私は今知りました。遅ればせながらでご
ざいますが参加させて下さい。この活動を始めて下さった皆様に心から
敬意と感謝を申し上げます。安倍政権のおごり、『国民の皆様の信頼を
取り戻したい』と10秒頭を下げるなんて要りません。正当な手続きを
ただ粛々と進めてほしいだけです。
微力ながら応援の熱意だけは負けないつもりです。もし可能でしたら今
後このような活動をお知らせ頂けたら嬉しいです。私の家族も友達(主
婦)も皆力を合わせてくれると思います。」
 (8月24日、茨城県取手市)

●「残念なことに、今頃、こうした運動を知りました。しかし、悪代官
が居座っている以上、引き続き署名活動を続ける必要もあり、今からでも
署名を提出することで、活動の一端を担えますか?  友人達にも、紹介
して、参加して貰おうと思っています。 8月20日を締め切り日と
ありましたが、また、署名募集をやって下さいませんか。」
 (8月30日)

●「短期間に多くの署名集め、そして申し入れお疲れさまです。
その上、こうして丁寧に報告までいただきありがとうございます。
とにかく、森友・加計問題をはじめとして、次から次へとアベ友の勝
手な振る舞い私たちの税金、財産を私物化人事権を振り回しての横暴
許すわけにはいきません。
もっともっと市民が怒るべきだと思います。
私も友人とともに、小規模ながら『森友・加計問題を忘れさせない』こ
とを目的として街頭でモリカケ寸劇パフォーマンスやってます。
おもしろおかしく、自分たちも楽しみながらやっていると、
信号待ち通行人からクスリと笑いも漏れてきます。
声が聞き取りにくいですが、10分動画 ご笑覧いただければ幸いです
★「モリカケさーん! 出番ですよ 森友・加計えこひいき あーずるー」
http://twitcasting.tv/revedisorl/movie/389069433
署名が継続すれば参加します。」
 (9月2日)