新潟県庁記者クラブの都合で、いつもと違う部屋で会見

新潟県の
米山隆一知事の女性問題が、4月19日発売予定の週刊文春に掲載されるらしいーということで、米山知事が17日午後1時から1時間ほど県庁で行った会見について意外な事実発見!


新潟県知事の記者会見のページを見てもそれはアップされていない。

http://www.pref.niigata.lg.jp/kouhou/chijikaiken.html


いつになったらアップされるのだろうと思って、新潟県の広報課に聞くと意外な返答。

17日の会見は新潟県知事としての定例会見ではなく、プライベートな会見なので、いくら待っても県のホームページにはアップされないのだという。

定例会見は大体木曜日に行われてきた。4月17日は火曜日。この日に行われた会見は、新潟県庁の記者クラブの求めに応じて米山知事が開いた会見ーという体裁になっている。

一般県民、国民にとってはどうでもいいことだが、記者クラブがでしゃばることによって、新潟県の情報開示が制限されていることになる。


17日の会見は米山知事が辞意を漏らしたことで関心が高いのに、新潟県のホームページでは、今後もそれは見られないことになりそう。これはおかしなことではないか?


通常は、1日後ぐらいにはアップされているようだが、4月17日に行われた会見は今後もアップされないのだという。新潟県は映像データも持っていないという。

会見が行われた部屋は、ネット中継設備が整ったいつもの部屋ではなく、記者クラブ側が要求した別の部屋で行われた。なお、両方とも広さは80人程度が入れるほどでほとんど変わらないという。変えた意味がわからないのだが、記者クラブ側の都合ということなのか?


平たく言うと、新潟県庁記者クラブの都合のために、県民だけでなく多くの人が関心を持つ米山新潟県知事会見の映像が、新潟県のホームページにアップされない事態となっている。

米山知事は新潟県柏崎市刈羽村にある東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重姿勢で、その去就は今後の原発再稼働の議論に影響を与えるとみられている。
今後も会見が行われる可能性は高く、それも記者クラブの仕切で行われると、新潟県のホームページにアップされないことになる。
マスコミが切り貼りした情報はニュースとして流されるかもしれないが、 その大元になった新潟県知事の会見は、新潟県のホームページにアップされないというのだ。そんなことでいのだろうか?
この件に関して新潟県には数件の問い合わせがきているという。

世論が大きくなれば、新潟県のホームページに米山知事の会見がアップされることになるかもしれない。

意見のある方は以下に電話を。

新潟県庁 025−285−5511(代表) 広報広聴課 企画調整係 025−280−5013


これに関する朝日新聞記事。

新潟・米山知事、辞職表明見送り「整理する時間ほしい」:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL4K3SHZL4KUOHB007.html