2017年02月24日

DSC_0218
トラック床板の補修用の板を製作しました
トラック床板は一部だけが腐食したり穴が開いたりすることがあります
その際はその板だけを交換することになるのですが、問題は現状と同じサイズにしなければならないという点です
トラックの床板は全国でいろんなサイズが使われていて、アピトン市場の既成サイズ以外のものも当然あります
しかし補修の場合は厚さと幅は決まっているので、その都度指定サイズのアピトン板を製作しています
また、通常はサネ(凹凸)付きを使用していますが、補修の場合古くなった隣のフローリングとかみ合わない場合がよくあります
その為、写真の様にサネなしの板を製作して上からはめ込むようにする方が多いです
もちろんサネ付きのフローリングも製作することは可能ですので、ご希望・用途に応じて厚さ・幅をお伝え下さい

tukamokumyhome at 14:58コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月22日

DSC_0217
超重量物の緩衝用角材を製作しました
サイズは300×300×500mmです
長さ500mmはジャストサイズカットをしています
超重量物の下に敷く緩衝材はやはりアピトンが主流です
高強度・耐水性に加えて、丸太も日本に入っていることから自由にサイズを決められることが理由です
今回は長さ500mmと小さいサイズですが重量は1本あたり約50kgくらいでしょうか
現場の方は動かすのが大変だとよく聞きます
強度と重量は大体比例しているので、そこはなんとか頑張って下さい!!
それでは明日配達に行ってきます

tukamokumyhome at 18:24コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月17日

DSC_0218
週初めから行っているアピトンフローリングのワックス塗装もいよいよラストスパートです
今日で塗り終えて、明日カラ拭きをして完成予定です
なんとか来週の出荷に間に合いそうかな
あと少し、頑張ろう!!

tukamokumyhome at 11:42コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月15日

DSC_0217
今回はお客様の指定サイズのトラック用アピトンフローリングを製作しました
サイズは厚さ27mm、有効幅120mm、長さ4,000mmです
張り替えの時は色々な事情で現状のサイズと同じサイズを希望される方がいらっしゃいます
そういった既製サイズ以外のサイズにも対応するために、アピトン市場では幅広の乾燥した板を保管しています
特注のサイズのご依頼を頂いた際には、この板から製材・加工してご要望のサイズ・形状にアピトンを作ります
ビスの位置を変えたくない、補修用の板が欲しい時などにお声をかけて頂ければと思います

tukamokumyhome at 14:46コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月14日

DSC_0218
DSC_0217
今週は店舗用アピトンフローリング・クラシックの塗装に追われています
急ぎの案件の為、毎日エコワックスをアピトンフローリングに塗装しています
私としてはアピトンフローリングはクリアの塗装したものが一番栄えると思います
これで店舗の雰囲気作りにお役に立てられたらと思います

tukamokumyhome at 13:01コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月13日

DSC_0217
アピトンで冷凍車のレーンを製作しました
この製品の依頼は時々あり、形状が複雑なので加工が難しいです
今回はサイズの異なる2種類のレーンを製作しました
複雑ですが寸法精度を必要とする製品の為、きちんと合うのかやはり不安です
完成するまで何事も滞りなく進めばいいなと思います

tukamokumyhome at 13:22コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月08日

DSC_0220
店舗用アピトンフローリング・クラシックを製作しました
これは通常のアピトンフローリングにエコワックスを塗装した製品です
人体に影響のないエコワックスを塗装して、見た目はかなり変化します
アピトンは元々木肌の色合いが明るい感じなので無着色のワックスを塗装するとかなり風合いが変化します
天然木のラフな感じを残しつつ、風合いクラシックな様相で店舗の雰囲気作りにお役に立てられたらと思います

tukamokumyhome at 09:22コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月01日

DSC_0215
アピトンデッキと柱の出荷準備をしています
デッキは30×105mmで柱は100×100mmです
ベランダのデッキをすべてアピトンで製作する予定です
また完成したら見に行きたいです

tukamokumyhome at 11:10コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月26日

DSC_0215
アピトンは高耐久性・高耐水性の性質を持つ樹種の為、重量物の下に敷くりん木によく使用されています
超重量物の中にはコイルがあり、コイル用のりん木として写真のような角を斜めに落とした製品が使用されています
アピトンのコイル台は今までにもいろいろ製作してきましたが、使われる方によってサイズは様々です
幅・高さ・斜めカットの寸法などご指定して頂ければその通りにしてお渡し致します
また荷台の幅に合わせて長さカットも行います
サイズは自由に決められますので、ご要望の際はご希望のサイズをそのままお伝え下さい

tukamokumyhome at 13:27コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月25日

DSC_0216
無垢のアピトン板を圧着でくっつけてみました
それぞれ乾燥したアピトン板をくっつけることにより、乾燥した大きいサイズのアピトン材を作ることが出来ました
これまで既成サイズ以上の大きいサイズは乾燥材で供給することは出来なかったのですが、これによりいろんな用途に使用することが出来るのではないかと思います(雨ざらしの所は避けた方がいいと思いますが)
アピトンの可能性をまだ広げられるよう工夫していこうと思います

tukamokumyhome at 11:00コメント(0)トラックバック(0)