2019年03月22日

DSC_0040
トラックフローリングの出荷準備をしています
サイズは21×123×4000mmです
関西方面へ向けて出荷します
あとは運送会社さんを待つだけです

tukamokumyhome at 16:43コメント(0) 

2019年03月20日

DSC_0040 (1)
珍しい厚さ14mmで長さ5500mmのアピトンフローリングです
通常この厚さは3000mmと4000mmの製品ですが、特注で製作しています
2トンのロングボデーの場合、4m以上になるのでここに使って頂くために在庫しています
いままで2枚継いでいたボデーも一枚板で貼ることで根太への負担の減少、それによる寿命の延びになります

tukamokumyhome at 10:04コメント(0) 

2019年03月15日

DSC_0040
トラック床板をサネ無しで製作しました
通常はサネ有り(凹凸有り)のフローリングタイプが使用されますが、特に重機を乗せる方が、このサネ無しタイプを選ぶ方が多いです
メリットは重量物を乗せるときに床板のしなりが大きくなるとサネ有りタイプはお互い支え合っている分、割れることがあるからです
お互い干渉しあわず、多少の隙間があっても支障のない使い方の場合はこちらの方が有効みたいです
同じトラックでも使い方・乗せるものの条件によって好まれる形状が変わるのは奥が深いなと思います

tukamokumyhome at 14:59コメント(0) 

2019年03月11日

DSC_0042
DSC_0041
DSC_0040 (2)
トラック用横根太の完成品の依頼があり、製作しました
今回はボルト用の穴加工と両端の段差加工に加えて、中央部にタンクをよける為の切欠き加工も実施しました
穴加工と両端の段差はよくあるのですが、この中央部の切欠きは初めてでした
まだまだいろんな形状の製品があるのだなと思いました

tukamokumyhome at 19:32コメント(0) 

2019年03月07日

DSC_0040 (1)
アピトンの表面加工を終えた製品です
非常に滑らかで色合いも綺麗です
手前の長い板はトラックの補修に使われます
奥側の角材は住宅の庭に枕木として使用します
アピトンはトラックから住宅まで用途は広いです

tukamokumyhome at 15:16コメント(0) 

2019年03月06日

DSC_0040
牛車の床に使用するアピトンフローリングです
今回は根太用の角材を使ってフローリング(アイジャクリ)加工をしました
厚さは44mmです
角材を使ってフローリング加工をしたのは初めてです
車の用途によっていろんな形状のフローリングが使われているんだなと思います

tukamokumyhome at 18:48コメント(0) 

2019年02月28日

DSC_0042
DSC_0043
アピトンデッキと根太掛けです
今回は既成サイズには無い指定サイズに加工して仕上げました
アピトンデッキは28×115mm、根太掛けは30×60mmです
アピトン市場は既製品の販売だけではなく、特注製品の加工も行っていますのでご希望のサイズへの対応も可能です
このような加工から新たな用途や製品への道が開けることがあるので面白いです

tukamokumyhome at 11:24コメント(0) 

2019年02月27日

DSC_0040
DSC_0041
最近はアピトンの製材品の依頼が多いです
おそらくりん木だと思うのですが、細いサイズは用途はわかりません
おそらくこちらも重量物の下に敷くと思います
アピトンは硬質木材ですので用途が多岐にわたります
その都度必要になるサイズも様々です
いろんなサイズを製作して、あらゆる所に使用してもらいたいです

tukamokumyhome at 11:27コメント(0) 

2019年02月26日

DSC_0040
DSC_0041
アピトンの緩衝材です
サイズはすべて一辺が300mmオーバーの大型角材です
アピトンは昔から重量物の下に敷く緩衝材によく使用されています
強度・耐久性に加えて、丸太が日本に入ってきているのでサイズを自由に決めることができるからです
今回は関東へ出荷します

tukamokumyhome at 09:28コメント(0) 

2019年02月12日

DSC_0024
アピトンデッキの幅140mmです
アピトンデッキの特徴はハードウッド(高耐久性・耐水性)でなおかつ幅が広い所です
通常のウッドデッキは幅105mmです
デッキの幅が広いことのメリットは枚数が少なくなる為、施工時間を短縮することが出来ます
施工が楽になる為、業者さんにとってもいいデッキです


tukamokumyhome at 13:15コメント(0)