2017年05月11日

回送車の床板にアピトン板(サネ無し)

DSC_0228
DSC_0229
今日出荷のアピトン板です
どちらもサイズは23×140×4mのサネ無し板です
これらは回送車の床板に使用されます
回送車は鉄板の上に保護の役割としてアピトンが敷かれています
乗せる物もキャタピラ車などが多く、キャタピラ・タイヤが通るところだけ板を敷いています
この場合、サネ有りのアピトンフローリングよりも今回のサネ無しのアピトン板の方がよく依頼を受けます
それは用途として一点荷重がかかりしなる事が多い為、サネ有りのアピトンフローリングだとよくメスの表側が割れてしまいます
お互いを支え合っている為にしなりに対して、特にメスの表側は薄くなっている為、生じてしまいます
サネ無しのアピトン板だとお互い干渉していない為、余程のことが無い限りしなりで割れる事もありません
ただし雨ざらしにより反りの生じる可能性はサネ有りと比べて高いです
でもキャタピラが通る場所なので多少の反りは問題なく使用しています
トラックの床板も用途に応じて適切な製品を選んで頂ければと思います

tukamokumyhome at 17:05コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字