2010年01月28日

トラックについて

 自動車のtruckじゃなくて、軌跡的なtrackです。まぁD&D4eの話題ですが。

 書こうと思ってすっかり忘れてたけども、先日のセッションでモンスタートラック(HPトラックと防御値トラック)をやってみました。効果がわからんけど試しに。手間自体は4th Cageさんからシート持ってきて印刷して、100均でペン買って来るだけだしねー。

 で、結論。やっぱり効果がどのくらいあったのかわっかんねー!

 まずHPトラックは、それなりに効果があったかなぁ、とは思う。
 重傷(HP半減)の宣言はされるので、それから最大HPの推測し、倒せそうな敵へ攻撃を集中する。各個撃破は基本ですので、これにはそれなりに有効だったかな?
 問題点としては、HP回復やらダメージ軽減やらが行われるとトラックがずれる事。ってまぁ、重傷自体が結構アバウトなので(maxHP100の敵が現HP49で30ダメージ食らって漸く重傷宣言なので、推測maxHPが100〜158というアバウトさになる)、回復/軽減能力の頻度が高くて泥仕合になるとかでなければ、そこまで大きな問題じゃないのかな?
 もう1つ問題点は、聞き逃すと面倒な事。なまじトラックしているからそれを信用してるし、特に重傷宣言の聞き逃しとかするとわけがわからなくなる。他のPLで命中/ダメージ宣言を淡々とこなされてさらっと流されると困る。またつまりは、聞き逃さないように注意してなければならず、それも結構大変かも。トラックしてる人間は発言を逃さないようにずっと耳を傾けていなければならない。んまぁセッション中に周りの話を聞いているなんてのは当たり前の話だけどねー。他のPLの手番で発言に意識を傾けている事の最大の問題は、自分の手番が回ってきた時にどうするかを考える暇がなくなること。トラックをしてて考えてなかったりする。状況が切迫すればするほど考える事は多くなるし。D&D4e/PCの運用に慣れればまた違うのかもしれないけれど、結構困る。まぁ3.5eに比べればマシなのかなぁ。3.5eと比べれば出来る事は少ないし。キャラの能力/用意した呪文/大量にあるスクロールを見て危機を脱するか考えなければいけない事に比べれば。

 次に防御値トラック。・・・これはやらなくていい気がするなぁ。まぁ運用の仕方次第で違うのだろうけど。
 本来の用途は『DMにいちいち命中したか否かを問い合わせずに済ませ、戦闘処理速度を向上させる』とかなのですが、今回はほぼ個人的にやっていただけなので、結局全員DMに問い合わせていました。というか、明らかに命中の出目を出したとしても『ちょ、命中数値言わないでダメージかよ!?』という話になって結局意味がないような?w
 AC/命中の推測は3.5eだと超重要です。《強打》と《攻防一体》にいくつ割り振るのかとか、色々考える事がありましたので。でも4eだとそこまで強烈な能力もないので、おおざっぱに考えてよい気がします。というか、バランス取りが綿密に行われていると思われるので、馬鹿な防御値バランスはなさそうだし。どっかで見た気もしますが、ダイス目5以下なら外れるし15以上なら当たる、ってのは大体言えるんじゃないでしょうか。。って事は50%の確率で明らかなら充分じゃないでしょうか?w

 という事で、HPトラックは続けてみようかと思いますが、防御値トラックはいいかなぁ、という感じです。代わりに、状態異常トラックでもしようかと。頻繁に状態異常/回復が行われるっぽいですし、個別に覚えてなんていられませんので。まぁ異常を与えたPLが責任を持って宣言するとかでもいいのですけど。やるだけやってみようという事で。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tukasa316/50977668