2012年06月13日

泣いたフロストジャイアント − vaboの初めてのだんじょんますたー −

 先日、D&D4eの単発セッションをやってまいりました。なんか流れでvabo(2011/5/21にTRPGデビュー)がDMをやる事に。
 でまぁ普段マスターをやってる人間はPL出来る時はPLやりたいだろうし、という事でサブマスを買って出た、のだが・・・。うんまぁ色々考えすぎな性分なのがアレなんだろうが、あれこれ面倒な状況で無駄な労力を使った、ような。本当に、セッション当日にルール補助するだけにすればよかったよ・・・。家を建てるってんで当日の肉体労働のつもりでいたら、建築家をやらされた気分である。しかも1日で。まぁセッションは成功だったので良しという事で。

 ストーリーは、テルマエって異世界(?)に行って、遭難して疲れて、襲われてる人を助けて、村に誘われて、助け請われて、氷巨人と協力して、ガーディアン倒して、ゲート開いて、氷巨人と一緒に元の世界に帰った。うんまぁ、サブマス視点からすると語る事はないです。強いて言えば、ゲート開いた後に村とは関わらなかったなぁ、くらい?w シナリオの作り方やマスター思考とかそういったものを語るほどマスターやってないし、百戦錬磨の勇士がどっかで語ってるだろうしなー。

 という事で、任されていた(はずの)2回の遭遇について。まぁサンプル数が少ないけど、あれこれと。モンスターデータはダンジョン・デルヴのを調整。

 PCはDMの意向で現在第2部開始待ち中のキャンペーンのキャラのデータを使用する事になりまして。まぁデータ使用というだけで、キャラクターは別扱い。そのキャンペーンでDMをやっているBOSSはモンクを事前作成。
 以下、思った事をだらだらと垂れ流すので続きへ。




 で、以下のPTとなりました。

(PL:Musha):パラディン:ロングトゥース・シフター/男
(PL:OTTO):バーサーカー:人間/女
(PL:Wao):ファイター:人間/男
(PL:Artemis):クレリック:デーヴァ/男
(PL:DRR):ソーサラー:ドラウ/女
(PL:BOSS):モンク:ハーフオーク/男 
(本編にはいない)

 本編だと他にPL:vaboのウォーロードとPL:DISKのインヴォーカーが入る。

 防衛2撃破3指揮1の前のめりPT。まぁ久しぶりだし、単純にどれだけのものをぶつけても平気なのか気になったり、第2部開始(そして再構成)に向けての様子見だったりで、強めの遭遇を組んでみました。・・・単発だから全滅させてもいいしねー、というのもありますがw

 第1遭遇、火力集中でどうなるか。ついでにボスの倒され方を見て第2遭遇の調整を考える。
 ボス(高命中高火力)×1、暴れ(高火力中命中)×2、取り巻き(高火力低命中)×3、雑魚×4。LV7デルヴのオーガやオークのダメージダイスを1つ追加という荒っぽい調整。
 防御面。DMのダイス運の所為で割りと酷い火力だったが、まぁ良い脅威を与えつつも損害は1名気絶のみ。LV7PT(指揮・撃破でHP60くらい)に1発20点くらいのダメージでそんなものである。まぁ分散気味だったのもあるけど、そこはPTの立ち回りの勝利でもあるので。
 攻撃面。ボスとして配置したのはオーガ巨兵(数を多めに出したので精鋭をノーマルに変更)で、高LV故の防御値がどんなもんか、だったんだけども。HP140くらいで割りとあっさり倒れた、ような。遭遇のHP総計で500くらいだけど、3,4ターンで大体終わっていた。ついでに雑魚はあっさりと潰された。

 第2遭遇。LV8デルヴのブラックドラゴン(ダメージダイス1つ追加と、AC-3 / 他防御値-2)を配置。単体故に火力は第1遭遇よりずっと低い。防御値は(3防御値のバランスは違うけど)巨兵と同じ。第2遭遇前に大休憩してあるし、第1遭遇から鑑みるに多少時間かかるけどさくっと終わりそうだなぁと思った。のでお遊びで、キャンペーンでの自PCを調整して出したりw まぁ制御役を出して延命である。精鋭化(HP倍にAP)とダメージダイス1つ追加。あと1ターン目は雑魚召喚という事にする。

 で、どうなったかというと。雑魚はさくっと倒されて悲しかったのだが。 6ターン目くらいまでで喰らったのは敵総計で200くらい。制御役の攻撃と畏怖すべき存在で延命したとはいえ、思った以上であった。
 この時点で時間も結構なものだったし、ただの泥仕合になったので、制御役途中退場、ドラゴン弱体化調整→撃破で終了。初セッションの結びとしては、それで時間がぎりぎりで後処理がざっとしたもので終わった、という毎度お馴染みな残念感をDMに味合わせる事に成功したといえるw


 で、だ。・・・やっぱり、基本的に低火力で、更にダイス目悪いよなぁ、このPTw 今回用に作ったモンクは火力が高いので大いにダメージを出していたが、まぁキャンペーンのPT考察的には除外なのでw

 ダイス目をどうにかする能力は、ファイターにリロール1回/日とヒロイックエフォート、ババにリロール1回/日とヒロイックエフォート、パラディンにダイス2個振り1回/日、とそれなりにある。が、単純に出目が悪いのが続くとどうにも。全員が1R外しまくったのは焦った。ダイス目怖い。
 それでリソースが消費された後の無限回は低火力。まぁキャラ構成(装備品含む)的に火力求めてないし、仕方がないところではあるのだけれどもねー。
 そういえば、味方の命中率を上げるようなパワーもない、か? クレリックのブレスが飛んでいたけども。味方の火力を上げるのもパラディンのラス・オブ・ザ・ゴッドくらいかな? まぁここら辺有りそうなのは指揮役、だけども持ってそうなウォーロードは今回いないし、クレリックは回復集中型だしなー。

 一方、回復能力はやっぱ高いかなーというところ。リソースを回復につぎ込んでいるクレリック、レイ・オン・ハンドのあるパラディン、ファイターの隠し玉回復(それと本キャンペーン時にはウォーロード追加)。結構ボコボコであぶないかな?と思ったら一瞬で立て直したりなー。

 雑魚撃破能力はソーサラーがいるので問題なかった。というか一箇所に固まってるならインヴォーカーはやりやすいけど、バラけてるならソーサラーが強い。

 という事で、本キャンペーン稼動時には、防御的能力や雑魚潰し能力より、攻撃面をどうにかした方が良い感じかなー。まぁ信仰の書も買ってみたし、よさげなパワーがないかゆっくり考えるのである。


 遭遇作る方の感想としては、防御値低くしてぼこすか殴り合おうぜ式のが安定なんだろうなぁ、という感じなのかなー。まぁ常にそんなんでもアレだと思うがw
 PL視点からしても、常に敵の防御値が低いですとか公言されてるわけもないので、そういう敵に対処する手も考えないといけないわけで。ま、考えるところが色々あって面白いですな。
 え、パワー思考だって? まぁ出来ればキャラ死んで欲しくないし死にたくないし、キャンペーン半端で終わらせたくないし。そうならないように手は作っておくのである。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tukasa316/51359009