桜乃きらほ

屍鬼

急に通して読みたくなって漫画の既刊を全て買う。一気読みすると夜、トイレに行くのが怖くなった。

全人類が屍鬼になったら血がなくなって屍鬼は困るような気がする。骨髄の血液製造能力と屍鬼の血液需要のバランスが必要だ。血を吸うにしても新たな需要が増えないよう殺さない程度に吸うべき。

そんなことを考える日々。眠い。

ラテンな気分でテンションレッドゾーン5

桜乃きらほシリーズ発売一周年を記念して、パエリアを作ることにしました。どうしてパエリアなのか分かったあなたは、かなりのきらほマニアです。

パエリアは洋風炊き込みご飯です。通常は「パエリェラ」と呼ばれる薄手の浅い専用フライパンを使った作りますが(これで作るとキレイなおこげができます)、そんなものは持ってないので普通のフライパンで作りました。

pae01
材料はアサリとイカと赤ピーマンetcです。
オリーブオイルは大さじ3杯。2杯は通常精製で、一杯はエキストラバージンを使いました。フィギアは食べられません。








pae02
サフラン汁です。花のメシベ乾燥させたもので、水につけると黄色に染色します。これで黄色いサフランライスが炊けるわけです。
ちなみに今回初めて、自分でサフランを購入したのですが、こんなに高価な物と知らなかった。0.5gで500円もしました。100g計算だと十万円です。オレンジペコの紅茶より高い。








pae03
まずオリーブオイルでニンニクのみじん切りを炒め、そこにイカを入れてさらに炒めます。軽く火が通ったところにアサリを入れて蒸し焼き。軽く白ワインを加えて香りをつけました。
アサリが口を開けると、中身を別の皿に移し、汁もストックしておきます。








pae04
同じフライパンにバターを入れてニンニクのみじん切り、玉ねぎ、トマトを炒めます。玉ねぎの欠片が大きいのは月見が不器用だからです。








pae05
研いだ米を入れてさらに炒めます。








pae06
サフラン汁とイカとアサリを炒めた時の汁を入れます。








pae07
落し蓋をして、弱火で炊き上げます。落し蓋の丁度いい大きさがなかったので、パスタ鍋の蓋を使いました。それでも面積が足りなかったので……。








pae08
アルミホイルで適当に蓋をしました。
ここからは”はじめちょろちょろちょろなかぱっぱ、赤子泣いても蓋取るな”です。








pae09
蓋取るなの掟を破って蓋を取ります。綺麗に黄色く炊き上がりました。赤ピーマンとのコントラストは狙い通りです。








pae10
最初に炒めておいた、イカとアサリを投入します。ちょっと投入が遅すぎましたせいで、彼らの旨みがサフランライスに伝播しませんでした。








pae11
完成です。白ワインと一緒にいただきます。さすがに一人では多かったので、半分は丼に入れてサランラップして冷凍庫に。レンジでチンして食べれば熱々のパエリアが食べられます。








今回の反省点。
○パスタと違ってこれだけの米を炊くとなると、イカとアサリだけではやや旨みが足りず、パエリア単体としてはややあっさりしすぎ。他の料理と合わせるのならこれでもオッケー。海老や鳥を加えるか、米を炊くのにブイヨンを使った方がいいかも。
最初に炒めた具の投入タイミングが遅かったのも一因。でも美味しかったです。見た目も綺麗ですし。

実は炊き上がる直前ぐらいに、担当さんから新刊のことで電話がかかってきて、少しの間おあずけでした(笑)

わわわ5

見逃してました。

裕龍ながれさんのサイトで、きらほのバレンタインイラストが……。十日以上も気がつかずにごめんなさい。バレンタイン短編は考えてはいたのですが余裕なしでした。

うーん、駄目だ。最近。

桜乃きらほのクリスマス5

なんとかイブにはまにあった……。

つ 桜乃きらほのクリスマス

書き下ろしです。ここ最近、何をてんぱっていたかというと、これを書いていたのでした。例によってgif貼り付け。フラッシュのスキルがあれば、大本営風にすることも可能なんですけど。以下取り扱い上の注意事項。

1)番外編です。後日談といった感じ。短編のつもりが文庫本換算86ページの中篇になってしまいました。無駄に長いです。(そのくせページ番号を打っていない!)
しおりの代わりにブラウザーのお気に入り(ブックマーク)を使うことを推奨いたします。

2)曜日の設定が、2006年と一致していません。あまりに直近なので違和感があるかもしれませんが、お許しください。

3)文章、文庫本の時と意図的に変えています。大好きな某作品を意識した、一人称に近い三人称です。

4)乱文、誤字、落丁、お見逃しください。たぶんあると思います……。

ではではーー。

NON-NOの前に!1

訂正させていただきます。

パラオパレオ

発売日翌日!!5

 正式発売日を過ぎましたので、改めてご報告いたします。



桜乃きらほの夏色救急箱


 が発売されました。ちなみに大本営の著者コメントは……

「みなさんおまちかねーっ。今回の舞台は海。岬に建てられた古い洋館で、あのツンデレドクター朝永の秘密が明らかになるのです。そして今語られる物理部の活動の実態!11月24日発売「桜乃きらほの夏色救急箱」に、レディ…ゴー!」
 秋元ボイスで再生していただければ幸いです。


 既に各方面で書かれてあります通り、桜乃きらほシリーズは今巻で終わりです。きちんとした形で畳むことができたと思います。なにとぞよろしくお願いいたします。

 また、鞠菜短編もぜひ。

 ではではーー。

桜乃きらほの夏色救急箱発売記念5

 昨日、見本が届きました。
 
 何度経験しても、自分の書いたものが本になって手元に届くことは強い感動を伴います。それも、美しいイラストや綺麗な装丁によって彩られた本となると、感動もひとしおです。
 裕龍ながれさま、blueさま、担当さま。今回もありがとうございました。


 もう少し間を置いて掲載しようと密かにたくらんでいたのですが、裕龍さんのページでプッシュしていただいたようですので、この機を逃す手はないということで……。

↓ずばり没原稿でございます。
鞠菜SP

 これは3巻掲載の番外編的な短編候補として書いたもので、あまりに過激な内容ということで没になったものです。(嘘です)。
 3巻の内容とは直接は絡みませんが、できれば読了後に見られることを推奨いたします。ただこれも番外編なので、スルスルーと読んでいただいてもよろしいかと。

 以下、取り扱い上の諸注意。
 ○文庫っぽい雰囲気にするため、「全データ・gifファイルです!!!」。ADSLなら楽勝ですが、通信速度52kbps以下のモデムですときつい可能性があります。ご容赦ください。
 ○一部誤字、乱文などありましたら、せつにご容赦を。ちなみに、波線とかあるのは、オートコレクトをきらずにワード文書をプリントスクリーンで取り込んだ画像が元だからです。
 ○ページをめくる時は 、NEXT ぼたんを押してください。ねずみを押すと、ここに戻ってきます。

 では、「桜乃きらほの夏色救急箱」ともども、ヨロシクお願いいたします。

水色!5

kiraho03

 遅くなりましたが、発表させていただきます。11月24日に「桜乃きらほの夏色救急箱」が発売されます。表紙のきらほは冬服→黒ナース→夏服となりました。背景の色は薄緑→ピンク→水色の順ですね。
 よろしくお願いいたしまーす。

ボツタイトル集1

 そろそろ時効かと思うので(ハヤッ!)、桜乃きらほ1のボツタイトル集!!

<AtoZ群>
○魔法カルテのAtoZ
○魔法医カルテのAtoZ
○魔法カルテAtoZ (without "の")
○魔法医カルテAtoZ

<***の魔法(医)カルテ群>
○キラホの魔法(医)カルテ
○ドクター朝永の魔法(医)カルテ
○朝永の魔法(医)カルテ
○キラホとレオマの魔法(医)カルテ
○朝永くんの魔法(医)カルテ

<魔法診療所群>
○朝永怜央麻・魔法診療所
○Dr.朝永の魔法診療所
○新宿三丁目! 白川魔法診療所
○ミホとレオマの魔法診療所
○Dr.トミーの魔法診療所

<その他>
○マジクリ! 〜Dr.朝永の魔法診療所〜
○ナースウイッチきらほちゃんマジカルテ!(嘘)

ふと思った3

 桜乃きらほがもし新宿を拠点としている凄腕のスイーパーが主人公みたいな物語だったら……。

1) 手術の依頼は駅の黒板にXYZ。
2) 朝永がモッコリを連発。
3) 呉鐘はジープとバズーカーを持っている。
4) EDは小室。

 そうか。朝永に足りないのはモッコリか。

届きました!

 2が届きました!

 裕龍ながれ様、装丁のblue様、担当様 ありがとうございました!!

 色が緑からピンクになりました。次はどうなるのかな?

立ち読みとピンアップ!

 大本営に立ち読みとピンアップが掲載されました!

ここ

 ピンアップは女の子三人の水着! 一人だけ、体型的に別次元な女の子がいますね。がんばれ、きらほ!

 見本は明日(今日)には、届くと思います。

POP2

苦手科目、POP制作依頼があってので作りました。
今回は手書きはやめて、初めて極太POP体で。

pop

下部のブランクにながれさんのキュートなイラストが入るはずです。

このPOP、本屋で見かけたことないんですけどねえ。

発売日一週間前になりました3

桜乃きらほの恋愛処方箋の発売まで、一週間になりました。見本は来週の水曜日辺りに届くかなと予想しています。

詳しい中身については公式のあらすじに譲りますが、たぶん、月見の書いた小説としては、初めて最初から最後まで笑いながら読めるお話しになっているかな、と思います。

なにとぞ、なにとぞよろしくーーー。

ポスター

17029192.JPG POPに続いてポスターの話。

 今月のMFのポスターをいただきました。
ご感想・ご連絡は下記アドレスまで。 sohei_tsukimi☆☆☆lapis.plala.or.jp ☆☆☆を@マークに変更ください。
Archives
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ