番外編

2016年04月15日

昨夜、熊本県で震度7という地震が起きた。

翌朝までの余震は100回以上だという。

どんなに怖くて、どんなに不安な夜を過ごしたのか、私には想像もできない。

そんな地震のニュースを見るたびに、5年前の東日本大震災を思い出す。

その頃の私は、あるオンラインゲームにハマっていて、ゲーム内でのLV上げや友人達とのおしゃべりに夢中だった。
私が住んでいた所は、震源地からは離れた東海地方だったのだが、それでも少し揺れた。

おしゃべりしていた中には、関東の子もいたので突然接続が切れたりしてただごとでは無いと感じた。

すぐTVを付けて状況を確認した。私はTVに釘付けになり、ゲームなんてやってる場合じゃなかった。 

TVでは津波に注意するように促している様子が終始流れていた。

今回の地震では、震度7という恐ろしい揺れだが、津波はなさそうで少し安心した。

安心というのは、津波に対してだけであって、今後の余震や災害に遭った方々に対しての心配は続く。

こんな時に感じるのは、自分はなんて無力なんだろうって事だ。

遠くの地で、みなさんの安否を願うだけです。

被災された方々に、謹んでお見舞い申し上げます。


 

tukinousako at 09:29コメント(0)