2018年06月23日

千葉

536頼まれて千葉、山武市まで仏像を見に。午後は香取市の別のお寺まで。扁額まで含めると20体ほど見たので疲れました。写真は山武市のお寺。梵鐘は江戸時代ぐらいのものなのか、地元、桜川市の小田部鋳造で作られた梵鐘がかかっていてご縁を感じました。

tukiou1 at 17:18|PermalinkComments(0) 仏像修理の行程 | 仏像文化財調査

2018年06月16日

空也上人像

5352018年度 NPO修理補助で一部寄付を募って修理する予定の空也上人像。5月上旬に工房に搬入したのですが、ようやくUPできました。

地元では日本三空也の一体として知られているようです。ちなみに他は京都、六波羅蜜寺の空也像、福島、八葉寺の空也像とのことです。空也上人自身が茨城まで来たかというと、多分そんなことはなかったかと思いますが、地元では空也の墓、乗っていた鹿の墓、その他、様々な空也上人にかかわる伝説が伝わっているようです。年に一度、祭礼があるとのことで、できればそれに合わせて修理をすすめていきたいと思います。

tukiou1 at 07:41|PermalinkComments(0) NPO補助修理 | 高僧

2018年06月06日

梅雨

534常総市のお寺に修理が完了した仏像を納めてきました。天気予報では午後からの雨だったのですが、午前中からパラパラと…。本降りにはならなかったので助かりました。何体かお預かりしていたのですが、鬼の姿をした元三大師像は初めてでしたので、貴重な体験でした。

広大な敷地に季節の花々、草木が植わっているお寺で今はひかえめに咲いているアジサイがきれいでした。ロケ地としても使われているようで、「武蔵」や最近ですと「三太郎」などが撮影されたとのこと。意外と身近なところで撮影しているもんだなと驚きました。

tukiou1 at 19:04|PermalinkComments(0) 仏像修理の行程 | 菩薩

2018年05月27日

阿弥陀如来

532阿弥陀如来像。亡失した部材を新たに作り終えたところ。作るところが随分と多くて時間がかかる。お盆前には修理作業を終えたい。

tukiou1 at 20:08|PermalinkComments(0) 仏像修理の行程 | 如来

2018年05月21日

曹洞宗 茨城県寺族会

531曹洞宗、茨城県寺族会に講師として行ってきました。知らなかったのですが、寺族会とは婦人会のような組織らしく、参加された方々は住職の奥様が多いようです。1時間30分。今回は映写機のトラブルもなく話すことができました。一安心。それにしても何度、話しても慣れないものです。

tukiou1 at 07:32|PermalinkComments(0) その他 

2018年05月14日

十二神将

530今年も十二神将の内の三体を修理する予定。解体する前に部材の状態を見ているところ。何度か修理を受けているので、部材の入れ替わりを確認しなくてはならないのだが、今回の像も頭部が入れ替わっている可能性が高いことが分かった。数が多いと部材の管理が大変。

tukiou1 at 20:04|PermalinkComments(0) 仏像修理の行程 | 天部

2018年05月08日

十一面観音

529作業中の十一面観音像。なるだけ、まっすぐに立つように調整しているところ。仏像ってまっすぐに立っているようで、けっこう斜めになっている像が多い。それが前後に斜めであれば、正面から見る分には気にならないが、左右に曲がっていると大変気になる。この像については、台座の天板は水平器で調整しているので、曲がっているのは仏像そのものの足の位置、足の高さが水平ではないことが原因のようである。おおらかといえばおおらか。でも気になるので、薄い板を挟んで調整する予定。垂直を出すにはレーザーを使用。以前は下げふりを使っていたが、レーザーの方が正確なうえに使いやすい。

tukiou1 at 20:56|PermalinkComments(0) 菩薩 | 仏像修理の行程

2018年05月02日

不動明王

528不動明王像。新造部分を作り終えたところ。個人蔵の像だが、個人でお祀りするものとしてはかなり大きい。代々神主をされていた家系ということで、多分、修験道に関係する像なのだろう。在地の仏師の作で、作風としては鄙びた感じがするが、丁寧に彫られている。

tukiou1 at 19:12|PermalinkComments(0) 明王 | 仏像修理の行程

2018年04月28日

台座

527阿弥陀如来像の台座。ひとまず錆付けしたところ。暑くなる前に漆塗り作業は終えてしまいたいところ。漆は工程が多いうえに、乾燥待ちが多いから一気には進められない。作業全体を眺めて効率よくやらないとすぐに夏になってしまう。冬の時期に彫り進めた他のものとの順番を考えなくては。



tukiou1 at 20:50|PermalinkComments(0) 如来 

2018年04月21日

阿弥陀如来

526阿弥陀如来像。ようやく、大まかに新造個所が彫りあがったところ。この後、漆、金箔と作業を進めていく予定。今年はいつもより暑くなりそうだから、本格的に夏になる前に漆箔の作業を終えたいところ。

tukiou1 at 21:03|PermalinkComments(0) 仏像修理の行程 | 如来