2018年10月13日

光背

549バラバラになった光背。大きなものだが、厚みは薄く、透かし彫りであるために持ってみると軽く感じる。お堂に安置されているときから、かなり部材が脱落して破損がすすんでいたが、あちこちにヒビが入っているようで、触っただけで割れて落ちてしまう細かい部材もあり苦労する。

tukiou1 at 19:18|PermalinkComments(0) 如来 | 仏像修理の行程

2018年10月02日

台風

548先日の台風24号はひどかった。凄まじい風で、敷地内の建物の瓦は外れたり、割れたりするわ。それがガレージに落ちて穴はあくわ。外灯は飛ばされるわ…。向かいの家ではガレージが根元から折れてるし、屋根の一部が飛んだところもあるとか聞くと、それでもだいぶましだったのだとわかる。

近隣のお寺から連絡があり、建物に取り付けられている龍の彫刻が風で落ちたので見てほしいとのこと。お堂正面の梁の上に取り付けられていた龍の彫刻が、信じがたいことに風で落ちて大破したらしい。龍は江戸時代の作、欅材で2mを超えるものだから一人では動かすのも困難だと思うのだが、風の力のすさまじさがわかる。



tukiou1 at 20:27|PermalinkComments(0) 仏像修理の行程 | その他の像

2018年09月22日

仕事場

547仕事場を自分でリフォームしている。明治の建物で、戦後、移築したものだから移築後でも70年近くは経っているはず。内部は10年以上昔に部分的に修理されているが、それ以前に修理された場所がそのままになっており、かなり見た目にみすぼらしくなっていた。あいている時間をやりくりして作業をしているが、ただでさえ忙しいうえに、電気配線(電気工事士の資格もとっていてよかった)もいじくりながらやっているので、数年はかかるかもしれない。

こんなの業者に頼めばいいという人もいる。それは確かにその方が早くできるのは間違いないが、自分でやると、どの程度、柱が曲がっているとか、明治の建物と今の建物の違いとか比べられて結構、楽しい。



tukiou1 at 20:59|PermalinkComments(0) その他 

2018年09月11日

阿弥陀三尊像

546阿弥陀三尊像の梱包風景。薄葉紙で包んでいるところ。像高70cm程。総高で2m程度。光背は透かし彫りの立派なものだが半壊に近い状態。台座は中ほどからわずかに斜めに陥没していた。脇侍菩薩は震災の際に転倒したとのことで、やはり、部分的に割れが入っている。これから1年をかけて修復作業に入る予定。

tukiou1 at 20:19|PermalinkComments(0) 如来 | 仏像修理の行程

2018年09月03日

地蔵菩薩

545修理が終わった地蔵菩薩像を納めてきました。お彼岸前に納められて一安心。今回の修理については、手先や錫杖、光背など紛失してしまった個所のみ。像本体については多少の剥落があったものの、比較的、保存状態がよかった。昔は日限地蔵として信仰を集め、厨子に保存されていたとのこと。今はその当時、お前立として作られた像と並んで安置されている。

tukiou1 at 18:50|PermalinkComments(0) 菩薩 | 仏像修理の行程

2018年08月23日

空也上人 納入品

544空也上人像の頭部に納入された木片の一部。長さ18冂の木片2枚が折りたたまれて納入されていた。願主と思われる人物の名前が3名、仏師の名前が2名、延宝六年(1678年)の年号が記されていた。カンナくずのような木板に書かれていることから、願主が正式に書いたものを入れたというより、制作した仏師が記録のために、その辺の木っ端をつかって書いたように思える。造立銘か修理銘かはそれだけでは判断できないのだが、作風から延宝六年(1678年)で問題ないように感じる。この像を展示したこともある市の資料館に墨書の内容を伝えたところ、出てきた願主の名に該当する人物がいるかもしれないとのことで、なかなか可能性は低いようにも感じるが、楽しみ。

tukiou1 at 19:08|PermalinkComments(0) 仏像修理の行程 | NPO補助修理

2018年08月17日

空也上人像

543修理中の空也上人像の頭部。後補彩色を除去したところ。眼の周囲が大きく削れて広がっているのがわかる。摩耗のため滑らかになっているが、多分、ネズミによって広げられたのだろう。玉眼はガラス製のものが入っていたが、単に板ガラスを丸く割り取っただけのもののようなので、両眼とも明治以降の後補かと思われる。彩色の塗り直しを見る限り、全体の塗り直しが2回、部分の塗り直しが1回の計3回は修理を受けたようである。大切にされてきたことがうかがえる。

tukiou1 at 19:09|PermalinkComments(0) NPO補助修理 | 高僧

2018年08月02日

夏祭り

542地元の祇園祭。去年は運悪く手伝いの当日に手を切るけがをしてしまったため、参加しなかったのだが、今年はそうしたこともなく手伝いに出ることに。暑い日が続いていたため、どうなることかと思ったが、思ったより暑くならずにすんで助かった。何より台風が来る前でラッキーでした。


tukiou1 at 19:52|PermalinkComments(0) その他 

2018年07月27日

阿弥陀如来の台座

541阿弥陀如来の台座。舞茸みたいなのは雲を造形化したもの。かなり上手い人が彫っているようで、雲の彫刻だけでも見ごたえがある。こんなの見本がないと彫れない。ただ、無住だった時期が長かったのか、蓮弁や光背などを中心にネズミに齧られまくっており状態が悪い。苦労する。

tukiou1 at 19:35|PermalinkComments(0) 如来 | 仏像修理の行程

2018年07月20日

空也上人

540NPOで修理補助をおこなっている空也上人像の修理風景。部材の解体の様子。頭部の内刳り内部に納入品が入っているのが見える。一木造りで重さからみても内刳りはないと思っていたが、頭部は玉眼のようなものが入っているようだったので、もしかしたらそちらに内刳りがあり、何か墨書でもあればと淡い期待をしていたのだが、幸運だった。


tukiou1 at 20:08|PermalinkComments(2) NPO補助修理 | 高僧