2019年12月20日

十二神将像

608十二神将像の最後の三体、寅神、戌神、亥神を1月の祭礼前、年内に納めることができた。これで薬師三尊も含めて15体、5年かかった薬師堂の修理計画が無事に完了。途中、けがや入院など滞ることがなくてよかった。また、最後の亥神の修理の際には体内から修理銘がでたのも運がよかった。

この修理銘が書かれた以前にも修理の痕跡があることから、造像は江戸時代の中頃の後半ぐらいまでは遡ることが可能だろうと思われる。きけば新田開発で人口が増えたのもその頃であるらしいので、豊かになってきた頃合いに薬師如来の眷属として十二神将像を造像したのだろう。地域の歴史の一片を象徴する像としても、大切に守り伝えていってほしいと思う。

tukiou1 at 19:23│Comments(0) 仏像修理の行程 | 天部

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔