2021年03月12日

とある神社

865市の文化財審議会で文化財指定への審議対象となっている神社を見学してきた。集落で管理されている神社であるが、保存状態も良く、周囲の木々もかなり剪定されており、よく管理されているのがわかる。かなり大きな社なので、管理も相当に苦労していることと思う。

建築については、まったく素人だが、それでもかなり堂々とした建物であることはわかる。特に基礎部分がしっかりしていることが印象的だった。だが、この社がいつ建てられたのかはっきりしない。古くて幕末であるが、明治に入ってからかもしれないとのこと。修理の記録も含めて資料があまり残っておらず、管理している宮司さんも代が変わるたびに、別の神社から派遣されるといった感じで、今現在管理している神社もわからないとのこと。近隣の人に聞くも、同様で文字に残さないと、どんどんと記憶が風化していくんだなと実感した。

tukiou1 at 20:39│Comments(0) その他 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔