2021年03月20日

薬師如来を見に

866お彼岸の期間中だったが、出歩かない日があるとのことで頼まれて千葉県の匝瑳市の寺院に。薬師如来と両脇侍の日光、月光菩薩。それに十二神将と、かなりボリュームがある内容だった。中尊、脇侍、十二神将とそれぞれ作風が大きく異なり、どうやら少しづつ整備していったのかも…と想像してしまう。十二神将の台座には江戸後期の修理銘が記されていたのが収穫だった。文政五年(1822年)に三川村の石田円治という仏師さんが修理したとのこと。でも、せっかくなら造立銘がありがたい。



tukiou1 at 22:46│Comments(0) 仏像文化財調査 | その他

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔