2021年05月30日

地蔵菩薩像

875
2021年度は栃木県、真岡市にある共同墓地の御堂に安置される地蔵菩薩坐像の修復をおこなっています。御堂は本来、名前があったと考えられますが、そうした名はすでに伝わっておらず、今では単に「御堂」と呼ばれているようです。この御堂については数年前に老朽化のため新しく建て直されています。

地蔵菩薩像は座高で約30cm程ですが、岩座もいれば70僂鯆兇┐泙后A芦鵑量師如来像同様にかなり個性的な雰囲気の像です。頭部に造立銘が記されており、それによると宝永元年(1704年)に造立されたことがわかります。また、造立銘のほか、修理銘も記されています。それによれば、蓮台は明和二年(1765年)。岩座は明治二十八年(1895年)にそれぞれ新たに作り足されたもののようです。それぞれの時代で大切にされてきた像であったことがうかがわれます。今回で明治におこなわれた修理から126年ぶりの修理となります。


tukiou1 at 19:08│Comments(0) 仏像修理の行程 | NPO補助修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔