2021年08月20日

位牌

886開山上人の位牌。かなり大きいもの。写真は修理を終えたところ。

通常は札板部分が木でできていると思うのだが、この位牌の札板部分は変わった造りをしている。木心に荒い麻布を貼り付け、さらに分厚く胡粉を盛り上げる。彫刻刀で文字部分を彫り込み、黒漆を塗る。文字部分はおそらく真鍮粉を蒔き、金色にしていたのであはないかと思われる。

あまり位牌を修理する機会はないのだが、作り方としては面倒な割に構造的にも弱い。どうしてこのような作り方をしたのか不思議に思う。


お盆も無事に終わり、仕事もほぼ通常運転に。
気づけばオリンピックもいつの間にか終わっているのに、暑いせいか調子が出ない。

tukiou1 at 20:30│Comments(0) 仏像修理の行程 | その他の像

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔