2022年02月05日

勢至菩薩

906両手先が欠失していて像種が判然としないもの、おそらく勢至菩薩かと思われる像。9冂の像高で可愛らしいが、台座はなかなかに細かな彫刻が施されている。修理が終わったところ。

本来は厨子入りだったが、厨子の方は破損と虫食いがひどく、補修するより新しいものを買った方が良い状態。この像も相当に破損していたが、違和感ない感じで修理できてよかった。おそらく二十三夜の本尊として祀られていたものだろうか。

tukiou1 at 09:09│Comments(0) 仏像修理の行程 | 菩薩

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔