2022年06月10日

日光菩薩像

924薬師三尊のうち日光菩薩像。おそらく江戸時代中頃の作。中尊の薬師如来もあるが、明らかに作風が異なっている。こちらは白木の像で神像のような雰囲気。
 造立銘はなかったものの、十二神将の厨子に修理銘があり、それによると文政5年(1822年)に日光、月光と十二神将の補修をおこなったことが記されている。補修した仏師は「石田円治」とのこと。日光、月光、十二神将、厨子、ついでに護摩壇の修理の記録まであるのに、なぜ薬師如来の記録がないのか不思議。おそらくこの時期には、すでに中尊が失われていたのかもしれない。

tukiou1 at 22:09│Comments(0) 菩薩 | 仏像修理の行程

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔