仏像修理の行程

2021年10月23日

阿弥陀如来

893解体中の阿弥陀如来。坐像で80冂。カヤ材の一木割り矧ぎ造り。古い像だが、とにかく補修箇所が多い。当初の部分は体幹部前面材のみで他はおそらく江戸時代の補作となっている。彫眼であったものも、玉眼に変更されており、おそらく火災で損傷したのを機に全面的に改修したようである。また漆をはがすせば、前面に虫食いが生じており、本来の彫刻表面がほとんど残っていない。どういう風に仕上げるか迷う。

tukiou1 at 06:42|PermalinkComments(0)

2021年10月15日

千葉のお寺に

892頼まれて千葉県旭市のお寺に。旭市は初めて行く場所。香取市まではたまに行くのだが、そのさらに先で遠かった。

依頼としては阿弥陀如来の胎内を調べたいとのこと。背中におそらく昔の補修の際に開けられた四角い穴があり、当然蓋はされているのだが、何とか中を覗けないかというものだった。X線写真を撮ったところで、中に何か入っていても、それがなんだかわからないわけで、蓋が取れなければどうにもならない。いろいろ必要そうな道具を持っていき、運よく開けることができてホッとした。中身についてはここでは書かない。 

全体によく整備されたお寺で、仏像の安置の仕方もお洒落で雰囲気が良いのが印象的だった。

tukiou1 at 21:17|PermalinkComments(0)

2021年10月09日

千手観音

891修理が完了した千手観音像。通例の四十二手ある像。修理前の台座は後補の上、デザインもかなり華奢だったので、千手観音にあったどっしりとしたデザインで新造した。修理して改めて思ったが、千手観音はやはり大変。脇手の数が多い。簡素化された手ではあるが、彫るのはそれなりに時間がかかるし、その手に執る持物も作らなくてはならない。脇手を取り付けるときには、正面から見たときにできるだけ重ならないようにしたいし、持物もそれぞれに干渉しないようにしたい…と、調整するところが多くて苦労する。




tukiou1 at 20:51|PermalinkComments(0)

2021年10月02日

阿弥陀如来像

890修復作業が決まった像を厨子から移動しているところ。ほぼ半壊状態だったので、部材ごとに取り出している。像底には炭化した痕跡が。おそらく火災にあったことがあるようである。そう思ってみると、像底以外にも右脇やら左袖の辺りも炭のようになった痕跡が確認できる。火災にあった時期ははっきりしないが、その後、かなり丁寧に修理されて現在まで残ってきたようである。

tukiou1 at 21:18|PermalinkComments(0)

2021年09月23日

地蔵菩薩像

889地蔵菩薩像。横芝光町のお寺。お彼岸を前に納めることができた。ふつうはやらないのだが、この像についてはどうしてもということで、他の方に依頼して新たに彩色をおこなっている。どうかと思ったが、意外としっくりとくる。堂内の暗い中では、鮮やかな彩色が効果的に見え、日常とは違う空間を演出するには効果的だと感じた。思うに、今は照明が明るくなりすぎたのだろう。ともあれ、いろいろと考えさせられ勉強になった。

tukiou1 at 07:23|PermalinkComments(0)

2021年09月11日

薬師如来像

888修理が終わった薬師如来像を無事に納めることができた。修理前は右手先で持物を執り、左手先が阿弥陀の印を結ぶ変わった手先になっていたが、後補であった。お寺の言い伝えによれば薬師如来であり、手先も薬壺を持った通例の形に戻してほしいとのこと。後で聞くとお寺の山号が「薬王山」とつくことから薬師如来が祀ってあった可能性は高い。今回修理した像は小さい像であったが、おそらくもっと大きな像が安置してあったのかもしれない。

tukiou1 at 08:27|PermalinkComments(0)

2021年09月04日

千手観音

887脇手の取り付け風景。鉄鉢手を除いて片側19本の38手取り付ける。正面から見たときに腕と腕が重ならないようにして、隙間を少なくした方が見栄えが良いのだが、取り付けスペースにほとんど余裕がないため苦労する。これに持物を取り付けるとさらにバランスが変わってくるため、位置を決めるのに時間がかかる。千手観音はやはりきつい。

tukiou1 at 09:30|PermalinkComments(0)

2021年08月20日

位牌

886開山上人の位牌。かなり大きいもの。写真は修理を終えたところ。

通常は札板部分が木でできていると思うのだが、この位牌の札板部分は変わった造りをしている。木心に荒い麻布を貼り付け、さらに分厚く胡粉を盛り上げる。彫刻刀で文字部分を彫り込み、黒漆を塗る。文字部分はおそらく真鍮粉を蒔き、金色にしていたのであはないかと思われる。

あまり位牌を修理する機会はないのだが、作り方としては面倒な割に構造的にも弱い。どうしてこのような作り方をしたのか不思議に思う。


お盆も無事に終わり、仕事もほぼ通常運転に。
気づけばオリンピックもいつの間にか終わっているのに、暑いせいか調子が出ない。

tukiou1 at 20:30|PermalinkComments(0)

2021年08月07日

地蔵菩薩像

885地蔵菩薩像の解体風景。一木造り。内刳りなし。在地の仏師さんの作だけあって個性的な造形。江戸時代ぐらいの像だと奥行が小さいイメージだが、この像は最大幅と最大奥行がほぼ一緒。奥行が深いせいか堂々とした雰囲気に見える。

tukiou1 at 16:14|PermalinkComments(0)

2021年08月01日

千手観音

884久しぶりに千手観音を修理しているが、やはり苦労する。脇手の位置が正面から見て奇麗な位置に調整するのも大変だが、持物を持たせると、それらがぶつかるところも出てくるためさらに調整が必要になってくる。くたびれた。ひとまず、仮組みしてみたところ。

tukiou1 at 19:41|PermalinkComments(0)