仏像修理の行程

2022年11月26日

観音菩薩像

948観音菩薩像の台座 足らない部分の新造と構造的な補強を終えたところ。 

全体に彫刻が細かいが、特に光背のデザインが目を引く。
柄鏡を月に見立て、支えは雲の文様。
オシャレだと思う。

tukiou1 at 07:32|PermalinkComments(0)

2022年11月18日

観音菩薩

947観音菩薩の台座。

正面の牡丹の透かし飾りを彫っているところ。
残っている個所を参考に違和感がないデザインに。
そんなに大きなものではないが、彫刻が細かくて時間がかかる。


tukiou1 at 19:50|PermalinkComments(0)

2022年11月12日

阿弥陀如来

945阿弥陀如来像。
修理が無事に完了し宇都宮まで。
お寺に先日納めることができた。

この像は、化学塗料が全体に塗られており、それらの除去は大変に苦労した。
結局、溶剤では落とせずに彫刻刀で少しずつ削り取っていくことになったのだが、下から制作当初の漆層が状態良く出てきたのは幸いだった。

そうはいってもネズミの齧り痕、虫食いや削れ、欠失などもあり随分と補うところも多かったが、全体に雰囲気よくまとまった。
今年やった中で、おそらく一番苦労した像だったと思う。


946

tukiou1 at 07:28|PermalinkComments(0)

2022年11月05日

仁王像

944

だいぶ、主要体幹部が組みあがってきた。
作業してみて阿形と吽形で内刳りの感じが少し違うのがわかってきた。

阿形の内刳りは全体に薄く、部分的に貫通しているところもある。かと思うとほとんど刳らないところもあり、丁寧にやる意識はあるが行き当たりばったり感が少しある。

吽形像は全体にある程度、均一の厚みで刳ろうとする意識が感じられる。
こちらの方が手馴れている感じが少しする。
彫った人間が違うからなのか、2度目で慣れたのかまではわからないが。


tukiou1 at 06:45|PermalinkComments(0)

2022年10月16日

光背

941阿弥陀如来の光背。

ようやく金箔を貼り終えた。
そのままだと、金の光沢が強いので、少し発色を押さえたところ。

tukiou1 at 06:38|PermalinkComments(0)

2022年10月01日

仁王像

939仁王像。そろそろ体幹部を組み上げているところ。

主要体幹部は基本的に前後左右に接合した四つの材からなっている。これが首元から足ホゾまで通っているのだが、節なども入っており、経年変化もあってそれぞれに歪んでいる。単純に一ヶ所一ヶ所接合していくと、最終的につじつまが合わない場所が出てくるため、歪んだ部分を調整しながら組みあがりを確認して接合していくことになる。

tukiou1 at 06:40|PermalinkComments(0)

2022年09月24日

光背

938阿弥陀如来像の光背。塗った漆を研いでいるところ

塗っては研ぎ、塗っては砥ぎの繰り返し。かなり大きなものなので、一回一回の工程が半日がかかり。暑い時期はちぢみが出やすいので、乾燥速度の遅い漆を混ぜたり、湿度を調整したりと気をつかう。

tukiou1 at 07:18|PermalinkComments(0)

2022年09月09日

薬師三尊像

937千葉県匝瑳市のお寺。お彼岸を前に無事に薬師三尊像を納めることができた。

中尊の薬師如来は木地に薄く着色した彫眼の木地像。脇侍は玉眼の漆箔像ということで、そもそも一具ではなかった可能性が高い像。脇侍はおそらく18世紀頃の作。文政五年(1822年)の修理銘があり、石田丹治が修理したとのこと。石田丹治は石田丹治俊純と同一人物と思われ、他の作としては「伝辻内刑部坐像」※旭市指定文化財、文久二年(1862年)が確認できた。

ともあれ、無事に納めることができてホッとした。






tukiou1 at 19:53|PermalinkComments(0)

2022年09月03日

観音菩薩

936中国風の観音菩薩。おそらく江戸時代の中頃の作。全体に麻布張りの上に漆箔。台座、光背共に非常に手の込んだ彫刻で、仏像も技量のある仏師の作であるが、玉眼ではなく彫眼である。この時代では珍しいと思う。また、耳や口に穴を貫通させており、仏像が生きているかのように表現する生身仏の影響も感じさせる。

膝に子供を載せており、子育て観音のような雰囲気。
子供をよくよく見ると、赤子ではなく童子であり、しっかりと中国風の服を身にまとっている。
教えを受けに来たという雰囲気ではないが、おそらく善財童子なのかもしれない。

また、この像は光背が大きな鏡を使っている独特なデザイン。
鏡を月に見立てて、水月観音の影響も強く感じられる。

いろいろな影響が出ている像だなと思った。


tukiou1 at 08:07|PermalinkComments(0)

2022年08月29日

阿弥陀如来

935阿弥陀如来像の光背。暑さも一段落してきたところで、漆塗り、金箔と作業を進めていく予定。

tukiou1 at 18:15|PermalinkComments(0)