告知

2019年11月02日

住友財団修復助成30年記念 文化財よ、永遠に 展

602住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」

/ 本館 特別4室・特別5室 2019年10月1日(火) 〜 2019年12月1日(日)

〈東京国立博物館HPより抜粋〉
公益財団法人住友財団では、文化財の維持・修復の費用を助成しています。その事業が間もなく30年を迎えるのを記念して助成対象の文化財をご覧いただく展覧会を泉屋博古館(京都)、泉屋博古館分館(東京)、九州国立博物館、そして東京国立博物館の4会場で同時期に開催いたします。当館ではそのうち仏像などを展示します。

東京国立博物館 特別展





先日、東京で仏像の話をする講座を頼まれたついでに、東京国立博物館の特別展を見に行ってきました。住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」展です。

この特別展については、展示されている仏像の中に当工房で修復作業が行われた像(※千葉県指定文化財、薬王院、薬師如来立像。2011年助成)も展示されたことから、内覧会の招待もあったのですが、なかなか東京までは遠い…ということで、いただいた招待券で見てきました。

文化財に対する助成ということで、展示されている像は文化財修復をうけているわけですが、そういった像の中で当工房で作業した像も展示されるというのは、しっかりとした文化財修復をおこなっているということを認められたことも意味しますから、修復者として光栄なことでした。

また、この展示では私にとって縁のある像が4体ほど展示されています。まず、向居薬師堂の薬師如来。この像は私が卒業した大学の大学院で当時の先輩方が修復した像です。次に高成寺の千手観音。この像は私が美術院に在職していた時、この像の脇手の後補彩色を除去する作業を手伝っていました。次に桜川市山口地区の虚空蔵菩薩。この像は私が桜川市の文化財審議員であったため、修復作業をおこなった東京芸大の大学院の調査などの際に立ち会っています。最後は、私が修復作業をおこなった千葉、薬王院の薬師如来像です。

こうしてみると、この展示は自分の文化財、仏像の修復に関わってきた歴史とも随分とリンクしていることに感慨深いものを感じます。私がこうした修復作業に関われるのもあと20年程でしょうが、頑張っていきたいと、想いを新たにした展示でありました。



tukiou1 at 09:43|PermalinkComments(0)

2019年09月28日

NHK文化センター 町田教室

597







NHK文化センター 町田教室

〇住所
194-0013
東京都町田市原町田4-1-17 ミーナ町田8F
042-726-0112


NHK文化センター町田教室にて講座を頼まれました。
興味ある方はご参加ください。

2019年10月30日(水曜日)
10/30水曜 13:00〜15:00


NHK文化センター 町田教室

tukiou1 at 18:19|PermalinkComments(0)

2019年08月07日

茨城県水戸生涯学習センター 2019年度 県民大学後期講座

590

茨城県 水戸生涯学習センター
2019年度 県民大学後期講

全5回の講座の内、1回分の講座を担当します。
興味のある方はどうぞ
定員50名の予定ですが、増員する可能性があるとのことです。



詳細については下の生涯学習センターのページでご確認ください。

茨城県 生涯学習センター

tukiou1 at 20:37|PermalinkComments(0)

2019年05月18日

NHK 放映

580
5月15日、NHK水戸放送局「いば6」で放映されました。
生中継でかなり緊張しましたが、無事に放映されて良かったです。


・5月17日 NHK水戸放送局 金曜は!いばっチャオ 
11時30分~11時54分で再放送されました。
内容は15日放映の分とほぼ同じですが、微妙に違います。


・5月21日 NHK ひるまえほっと 
午前11時05分〜30分 関東
午前11時30分〜54分 関東甲信越(茨城は別番組を放送)
で再放送します。前回分とはまた、微妙に変わるようです。茨城県外の関東在住の方、興味ある方はご覧ください。

tukiou1 at 07:36|PermalinkComments(0)

2019年05月12日

NHK水戸放送局

579NHK水戸放送局、奥貫キャスターが仕事場に来ました。

今度、NHK水戸放送局「いば6」午後6時10分〜午後7時の番組内で古仏修復工房が紹介されます。
茨城県内のみの放送ですが、興味ある方はご覧ください。



■放送内容
5月15日(水)水戸放送局「いば6」午後6時10分〜午後7時 
多分、6時30分頃から5〜6分の予定だそうです。
生中継っぽいので失敗できませんね。

tukiou1 at 20:42|PermalinkComments(0)

2018年11月17日

霞ヶ浦学講座

554
2018年11月18日 13:30〜15:00

かすみがうら市 歴史博物館にて

全5回の講座の内、1コマ目を担当します。
今のところ、かすみがうら市宍倉の空也上人像を中心に話をしようかと考えています。
興味ある方はどうぞ。 

かすみがうら市HP





tukiou1 at 08:19|PermalinkComments(0)

2016年11月10日

BS朝日 緑のコトノハ

795BS朝日 「緑のコトノハ」の取材を受けました。5日間、それぞれ5分の番組です。丸二日間、朝から夕方までの取材。つかれました。

天狗面の搬入で神社に行ったり、修理中の仏像を集落の方々が見に来たり、作業したりと、短いながらもそれぞれに特色がある番組構成です。興味ある方は是非ご覧ください。




緑のコトノハ

番組の放送予定、12月12日(月)〜16日(金)
BS朝日20:54〜21:00
※12月14日 21時54分から

tukiou1 at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月24日

日比谷図書文化館

79310月19日 東京 日比谷図書文化館で講演を行いました。来てくださった方ありがとうございます。市の指定文化財を修理した際など、たまに市の教育委員会から話をすることをお願いされることがあるのですが、今回はそれよりも大分、人数が多いので、緊張しました。

東京は半年ぶり。上野で刃物を購入し、東京国立博物館の櫟野寺展を見に。待ち合わせの時間にほとんど時間がなかったのだが、一室だけの展示だったので何とか見ることができた。待ち合わせには結局遅れた。


tukiou1 at 07:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月13日

講演 時をこえる仏像

792日比谷図書文化館で講演をすることになりました。実は前にも講演の依頼を受けたことがあるのですが、日程が合わずにお断りしておりました。今回は、ご縁があって修復の話ができることに感謝しております。

元々、話すのは得意でないため、何を話そうかこの時点でも迷っているのですが、最近修復した像で印象に残った像と今現在、修理作業をしている像について話をしようと思っています。現時点で定員の7割ほどが埋まっているそうです。興味ある方はお越しください。






日比谷図書文化館


【内容】
仏像はどのように造られているのか?そしてどのように壊れていくのか?
材質や構造から仏像を見つめると、外見から眺める表情や御姿とは違った面が浮かび上がります。材質や構造を中心に、仏像がどのように壊れていくのか、また、像の胎内や納入品についてなど、修復者ならではの立場からお話しします。

【日時】
2016年10月19日(水) 14:00から15:30
13:30開場


【場所】
地下一階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
定員
200名(事前申込順)
参加費用
1,000円

【講師】
講師・出演者
飯泉太子宗

■飯泉 太子宗(いいずみ としたか)古仏修復工房 主宰
茨城県生まれ。仏像修復師。東北芸術工科大学、芸術学部(文化財保存)卒業。 (財)美術院国宝修理所を経て、特定非営利活動法人「古仏修復工房」を設立。関東を中心に仏像・文化財修復を行なっている。著書に『壊れても仏像』(白水社)、『時をこえる仏像』(筑摩書房)、『たのしい仏像』(廣済堂出版)など。

【主催】
千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先
千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)

【申込期間】
2016年08月19日 10:00 から2016年10月19日 14:00
申込方法
電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、々嶌駄(または講演会名)、△名前(よみがな)、E渡暖峭罎鬚艦⇒蹐ださい

tukiou1 at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月29日

石岡市文化財調査報告会

7878月27日、去年に引き続きまして、石岡市文化財調査報告会で発表してきました。内容は、2年前に修復した十一面観音坐像の修復について。修復後、市の指定文化財に登録されたこともあり、教育委員会から話を頼まれたという流れです。他の発表はすべて、遺跡の発掘調査とその成果ですから、聞きに来た人もそれが目的なのかなと思います。ともあれ、人前で話すのはいつも以上につかれました。

tukiou1 at 20:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)