野田城・福島城の戦い

野田城・福島城の戦い(のだじょう、ふくしまじょうのたたかい)は元亀元年(1570年)8月26日から9月23日に行われた戦い。この後10年にも亘る石山合戦の端緒と言える戦いで、別名「第一次石山合戦」とも言われている。

永禄11年(1568年)、織田信長らは室町幕府15代将軍足利義昭を奉じて上洛し、京都から三好三人衆を追いやった。翌永禄12年(1569年)1月、三人衆は報復として本拠地阿波から畿内に上陸、京都の義昭を襲撃して本圀寺の変を起こすが敗退。しかしその後も虎視眈々と打倒信長を画策し続けた。 元亀元年(1570年)6月、畿内から織田軍主力が撤収。これを好機と捉えた三人衆は、摂津池田城主池田勝正の同族池田知正と重臣の荒木村重を調略して勝正を追放し、またもや挙兵した。 なお、三人衆は北近江の浅井長政、越前の朝倉義景、摂津・石山本願寺法主の顕如らと、開戦前から通じていたという説がある

徳川家康

幼少期から初陣//徳川家康

清洲同盟から三河国平定//徳川家康

遠江今川領への侵攻//徳川家康

武田氏との戦い//徳川家康

本能寺の変と天正壬午の乱//徳川家康

小牧・長久手の戦いから豊臣政権への臣従//徳川家康

豊臣家臣時代//徳川家康

秀吉死後//徳川家康

関ヶ原の戦い//徳川家康

征夷大将軍//徳川家康

大御所政治//徳川家康

大坂の陣//徳川家康

大坂冬の陣//徳川家康

最晩年//徳川家康

家康公遺訓//徳川家康

健康指向//徳川家康

江戸幕府の支配に関して//徳川家康

家康と宗教//徳川家康

朝日姫//徳川家康

松平氏//徳川家康

伊勢氏の家臣/松平氏//徳川家康

親氏にはじまる松平氏/松平氏//徳川家康

浜松城/松平氏//徳川家康

家康時代/浜松城//徳川家康

家康以後/浜松城//徳川家康

三方ヶ原の戦い//徳川家康

家康の敗走と犀ヶ崖の戦い/三方ヶ原の戦い//徳川家康

合戦後/三方ヶ原の戦い//徳川家康

顰像(しかみ像)/三方ヶ原の戦い//徳川家康

本多忠勝//徳川家康

徳川四天王としての武勲/本多忠勝//徳川家康

関ヶ原から最期まで/本多忠勝//徳川家康

本多正信//徳川家康

表舞台へ/本多正信//徳川家康

初期幕政を牛耳る/本多正信//徳川家康

松平康元//徳川家康

久松俊勝//徳川家康

西郷局//徳川家康

結城秀康//徳川家康

徳川家康

豊臣秀吉

桶狭間の戦い

三好長慶

本願寺顕如

干支 性格 辞書