2017年09月13日

御初穂

稲刈りの季節になりました。私もお米作りをしているのでこの時期は忙しいです。夏に入院していたこともあり、農業の重労働を改めて感じます。今日は稲刈りの準備のために田んぼの隅の稲を刈りました。うちの田んぼは地域でお祀りしている稲荷神社の裏にあり、私はその田んぼで育った黄金色の稲穂を、御初穂として毎年その稲荷神社に「今年もお米の収穫を迎えられ感謝しています。」と述べてお供えをしています。稲荷神社の神様も喜んでくださっていると思います。

tukiyomi4060 at 17:47|PermalinkComments(0)

2017年09月09日

ホームページ開設14周年

私のホームページ「神秘との出会い」を2003年9月9日に開設して14年を迎える事が出来ました。重陽の節句の陽のパワーが最大限になる日を選んで開設したものです。その「神秘との出会い」もプロバイダーのホームページ事業の終了にあたり、10月31日をもって終わりになります。あと1ヶ月半ですが興味のある方は読み返して下さい。
ブログ「つきよみのささやき」は今後も継続していきますので、宜しくお付き合いのほどお願いします。

tukiyomi4060 at 23:08|PermalinkComments(0)

2017年09月06日

9月

このところ秋雨のような天気が続き、各地で大雨による被害が起きています。自然の摂理は怖いですね。今月はパワーあふれる日があります。石凝姥命さまからのメッセージによると、9月9日は重陽の節句と言い、陽の気が最大限の日であり、また今月は秋分の日があり私の中で秋分の日は大切にしています。9月は色々な意味で変化が大きく、身体的にも変調をきたす時期ですのでお互いに気を付けましょう。 

tukiyomi4060 at 18:10|PermalinkComments(0)

2017年08月26日

8月の花火

最近は防災無線などで高齢者の行方不明の呼びかけが増えてきている気がします。高齢化が進み、痴ほう症の人が増えてきたのか、それとも核家族化が進み同居する家庭が少ないためなのか分かりません。また人の命を尊ぶ心を失ってしまうような、薄情な人たちが増えてしまっているような気がします。一番身近な両親の存在(安否)ぐらい大切に思わなければこの世に生きている価値がない。私たちはご先祖様たちから代々命を受け継がれて来たからこの世に存在しています。祖霊を敬う月ももう終わり。霊と悪霊退散を祈り打ち上げられる花火が今夜夜空に大輪を咲かせていました。hanabi

tukiyomi4060 at 22:04|PermalinkComments(0)

2017年08月17日

復帰

御無沙汰しています。6月末より身体のメンテナンスでこのブログをお休みしていました。50代半ばにもなるといろいろなところが悪くなってきます。私は腰椎ヘルニアの手術をしました。脚の筋力が落ちてしまいリハビリをしています。今回で歩くと言う事の大変さをつくづくと感じました。健康でいられることに感謝するとともに、これからも健康管理に気を付けたいと思っています。

tukiyomi4060 at 14:19|PermalinkComments(0)

2017年06月28日

もうすぐ夏越の祓い

6月30日は夏越の祓の日です。どこの神社でも鳥居のところに茅の輪を設けて茅の輪くぐりをして祓いの儀を執り行ないます。 今年前半の日常生活を送っている中で、私たちは知らないうちに人を傷つけたりして、相手の恨みや生霊(いきりょう)を憑けていたりして、罪穢を受けています。その罪穢を祓うための儀式です。私は今年行くことは出来ませんが心身ともに私なりに祓いを受けます。
皆さん、夏越の祓いに行ってみてくださいね。
茅の輪は「備後国風土記」に記された蘇民将来の説話に「小さい茅の輪を腰に付けて疫病よけとした」とあり、もともとは疫病よけのお守りとして、腰につけたり首にさげたりしていたのが、起源であるようです。
 茅の輪をくぐる時には「みな月の夏越の祓する人はちとせの命のぶといふなり」という歌を唱えると言われています。



tukiyomi4060 at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月22日

夏至

今日は朝から梅雨空で久しぶりに潤いのある夏至の朝を迎えした。夏至は、一年で一番昼の時間が長い日です。この日を過ぎると本格的な夏の訪れを意味します。神様の世界でもとても意味のある日に位置づけられています。昼の時間が長いということは、天津国(高天原)のプラスのエネルギーが最も強いことを意味します。もともと太陽神でもある天照大御神さまの太陽の素晴らしい生命力のエネルギーを得るために、昔から色々なお祭りをしているところが沢山あるようです。

tukiyomi4060 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月15日

弱い心を大切に

人間は、誰もが弱い心と強い心を持っている。だけど弱い心は人に見せず、強い心を見せて生きている。しかし弱い心を恥じることはない。弱い心があるからこそ、ひとの心の痛みや悲しい気持ちがわかる。そして、ひとに優しくもなれ厳しくもなれる。悲しいとき、淋しいときは涙を流すこともいい。だから自分の弱い心を隠さず大切にしてほしい。私たちはみんな同じ人間なのだから。


tukiyomi4060 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月09日

麦秋

私の通勤途中に、一面黄金色に輝く麦畑がある。つい先日までまだ青かった気がしていたが、気が付けばいつの間にか刈り入れの時季のようです。先日早々と梅雨に入りしましたが、梅雨入り前に晴れの日が続いていたこともあり、太陽と大地と水など自然界のエネルギーを十分に受けて実っていました。神話の中にも出てくる五穀の中の一つの麦。冬至の時期から霜柱の立つ寒さを乗り越え太陽エネルギーが最も強い夏至を真近にして蓄えられた麦は、力強いエネルギーを持っているのだろう・・・。私たち人間も、辛い時期を乗り越えた人こそ精神面が強く、人間としていい味を出すんだと思います。すべてにおいて乗り越えるという事は試練でもあり、私たちの財産なのかも知れませんね。

mugi1


tukiyomi4060 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月07日

梅雨入り

今日から関東地方も梅雨入りをしましたね。今年はここまで雨も少なく来ましたが、これから先が平年どおり降ってもらわないと,水不足で農作物などの育成が悪く高騰しそうです。昔は各地で龍神さまに雨乞いの御祈祷をしていましたが、いまは余り耳にすることもなくなりました。たまには雨音で目覚める朝も私は好きです。ただ梅雨時は湿気も多くカビなどの生えやすい季節。食中毒にならないように気をつけて生活をしていきたいと思います。


あじさい1

tukiyomi4060 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月02日

水無月

あっという間に5月が過ぎ去ってしまいました。5月は農作業が忙しくブログの更新も滞ってしまいました。昨日から衣替えの学生が多く季節の変化を感じる朝でした。それにしても雨が降らない日が続き植物も人間も本格的な夏を迎える前にバテてしまいそうです。今年は梅雨入りはいつになるのか・・・。昔は雨の日は好きじゃなかったけれど、ここ数年は雨音で目を覚ます朝が好きに感じるようになりました。しっとりとした気分で落ち着く感じがします。これだけ降らないと龍神さまに雨乞いをしなければ梅雨入りしないかも・・・。そんな風に思ってしまうこともあります。6月はジュンブライドでもあり結婚シーズンですね。縁結びの神様も忙しい事と思います。また夏越の大祓いもあり祓戸の大神さまも忙しいことと思います。今月末には大祓いで茅の輪をくぐりましょう。

tukiyomi4060 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月29日

私の誕生日

今日は,私の56回目の誕生日でした。今朝も母親の介護のためトイレの介助から始まった。介護は毎日の事だから自分の誕生日すら忘れていた。突然にスマホがポロンと鳴り、見てみるとSNSの友達から誕生日のお祝いメッセージがたくさん来ていて自分の誕生日だと言うことを思い出した。かみさんは子供たちの朝食とお弁当作りが忙しいので、私が母親の食事の様子を見守って食べ始めたのを確認してから、家族で朝食を始めた。一昨年のように誰も私の誕生日に気付かないかと思っていたら、かみさんが「お父さん誕生日おめでとう。もう年なんだから体調に気を付けてくださいね。」と言ってくれて嬉しくなった。子供たちは忘れていたらしい(笑)私の誕生日の一日はこうして始まった。今年は趣味の写真が全国公募で3回入選入賞して幸先がいい。これからも色々な方面に手を抜く事なく一生懸命に頑張ります。そうすれば神様が手を差し伸べてくれるから!

tukiyomi4060 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月22日

田植え

今月に入り兼業農家の私としては非常に忙しい日々を過ごしています。昨日まで田植え作業で休む暇も惜しんで仕事をしていました。稲作は神様と縁が深く宇迦御魂神(うがのみたまのかみ)は農村の信仰している稲荷神社の神様でもあります。我が家の田んぼも稲荷神社のすぐ裏にあり、稲の収穫の時期には稲穂を御初穂として稲荷神社に奉納しています。今年も無事に田植えが終わりホッとしました。

田植え5


tukiyomi4060 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月13日

恵みの雨

しばらくの間カラカラ天気で山火事が発生したりして大変でしたが、ようやくまとまった雨が降り潤いました。畑の野菜や新緑の木々も生き生きとした感じです。私も兼業農家で田んぼで稲を作っているので雨が降って少しホッとしました。ゴールデンウイーク前から忙しくしていたので、今朝からの雨音が心地よく聞こえて心も潤った気がします。植物や人間にも恵みの雨ですね。露くさ

tukiyomi4060 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月01日

五月は新緑の季節.

五月は新緑の季節。若葉が清々しく感じます.近所の麦畑も穂が出て綺麗です。それにしても麦の穂先を真剣に見てみると、麦の穂先には花が咲いていました。思わず感動してカメラに収めてきました。麦は「古事記」の神話にも出てきますよね。「古事記」の一節に素盞鳴之尊と大気津比売神の関係がある。素盞鳴之尊に殺された大気津比売神の体から作物が生まれた。頭から蚕、目から稲、耳から粟、鼻から小豆、尻に大豆、そして陰部から麦である。つまり神様の身体から生まれたんですね。この青い麦の穂を見ていると、とても清々しい気持ちになりました。

むぎ 


tukiyomi4060 at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)