世界史の旅 -探訪記と歴史グッズ-

世界史好きの旅行ブログやってます。現地で買ってきた土産物などをアップしてます。

名前:ドン・キホーテ概要:全身像、18cm価格:6ユーロ(約800円)購入場所:コルドバ、みやげ屋メモ:ドン・キホーテ像はスペイン中至るところで売られているので、レア度低め。まあ、それだけ愛されている作品なのでしょう。この像を買ったコルドバには、作者セルバンテス ...

名前:マイモニデス概要:胸像、9cm価格:3ユーロ(約400円)購入場所:コルドバ、みやげ屋メモ:マイモニデス(イブン・マイムーン)は12世紀に活躍したコルドバ出身のユダヤ人哲学者。1148年にコルドバを征服したムワッヒド朝によるユダヤ人弾圧をうけ、その後カイロに移住 ...

名前:カルレス・プチダモン概要:カガネル人形、12cm価格:15ユーロ(約2000円)購入場所:バルセロナ、ランブラス通りのみやげ屋メモ:バルセロナ名物「カガネル人形」は世界中の著名人が人形化されているので、どれを買おうか迷ってしまう。ただトランプ大統領や金正恩の ...

名前:コロンブス概要:カガネル人形、12cm価格:15ユーロ(約2000円)購入場所:バルセロナ、ランブラス通りのみやげ屋メモ:コロンブスの塔付近のみやげ屋で購入。実物の像とは姿勢が若干異なるが…これはカガネル人形特有のしゃがむ格好ですね。後ろから見ると…!!像で ...

今回のスペイン旅行で見かけた街中のモニュメントをいくつか。今回の旅行ではコロンブス像をいたるところで見かけた。それだけ現代のスペインでも重要人物とされているのだろう。こちらはグラナダのイサベルとコロンブス像。1492年にグラナダを拠点としていたナスル朝が滅亡 ...

●アルカサル探訪日時:2017年12月入場料:5ユーロ【どんな場所?】11世紀にトレドを再征服したアルフォンソ6世が要塞として建築し、1537年にカール5世によって改築される。1936年のスペイン内戦では激戦地となり破壊されたが、戦後に軍事博物館として1961年に開館した。メモ ...

●海軍博物館探訪日時:2017年12月入場料:3ユーロ【どんな場所?】1792年に創設されたスペイン海軍付属の博物館。メモ:大航海時代の展示がなかなか充実している!個人的満足度:★★★★館内の様子。新大陸に到達したコロンブスが大きく描かれている!これは!トルデシリャ ...

●戦没者の谷探訪日時:2017年12月入場料: 【どんな場所?】スペイン内戦で戦死した兵士を弔うために総統フランコが1958年に完成させた。フランコ自身も1975年に教会内部に埋葬されている。メモ:フランコが戦後に政治犯2万人を徴用して完成させたことや、フランコが讃えら ...

●エル・エスコリアル修道院探訪日時:2017年12月入場料:10ユーロ【どんな場所?】スペイン王フェリペ2世の時代の1584年に完成。修道院のほか、宮殿、図書館などが置かれ、地下にはスペイン王家の霊廟が置かれる。メモ:マドリードからのバスツアーに参加。フェリペ2世の居 ...

●アルハンブラ宮殿探訪日時:2017年12月入場料:7ユーロ(庭園のみ)【どんな場所?】イベリア半島最期のイスラム王朝であるナスル朝が1391年に建設した宮殿。1492年にレコンキスタによりスペインに宮殿を明け渡すまで、王宮、城塞として用いられた。現在はスペイン有数の観 ...

●カラオーラの塔探訪日時:2017年12月入場料: 4.5ユーロ【どんな場所?】12世紀末ムワッヒド朝の時代に造られた、ローマ橋を守るための要塞。現在はアル・アンダルス博物館として公開されている。メモ:内部の博物館が予想以上の見応え!中世以来イスラムの街として発展し ...

●メスキータ探訪日時:2017年12月入場料:10ユーロ【どんな場所?】後ウマイヤ朝のアブド・アッラフマーン1世によって785年に建設が開始され、3回の拡張によって2万5千人収容のモスクとなる。13世紀にカステーリャ王国が再征服(レコンキスタ)し、その後はカトリックの教会 ...

●セビーリャ大聖堂探訪日時:2017年12月入場料:9ユーロ【どんな場所?】1528年建設のゴシック様式の大聖堂。スペイン最大の大聖堂で、世界3位の広さをほこる。隣接するヒラルダの塔はレコンキスタ前のミナレットであり、市街を一望できる。内部にはコロンブスの墓がある。 ...

●インディアス古文書館探訪日時:2017年12月入場料:無料【どんな場所?】1572年にフェリペ2世が商品取引所として建設。1785年にインディアス枢機会議が置かれ、以後コンキスタドールたちの文書やスペインの植民地に関する資料が保管されるようになった。1987年に世界遺産に ...

●バルセロナ海洋博物館探訪日時:2017年12月入場料:10ユーロ 【どんな場所?】13世紀から18世紀まで王立造船所として使用されていた建物を1941年に博物館として開館。レパントの海戦で用いられたガレー船の実寸大のレプリカが見どころ。メモ:お目当てはもちろんレパント ...

↑このページのトップヘ