P1220366
●フレデブルク要塞博物館
(インドネシア ジョグジャカルタ)
【歴史】
1760年 オランダの砦として建造される 当初はラステンバーグ砦と呼ばれる
1867年 再建され、フレデブルク要塞に改称される
1942年 日本軍が占領し、軍の本部が置かれる(45年まで)
1992年 博物館として開館

探訪日時:2019年12月
入場料 :10000ルピア 
地図  :

歴史的意義 :★★★★
規模    :★★★★
アクセス  :★★★★
個人的満足度:★★★★

P1220369
マリオボロ通りを南に進み、到着。
フレデブルク要塞は18世紀にオランダが建造した要塞で、現在は博物館となっている。

P1220374
おや、オランダ兵の姿が。
この他イギリス兵、日本兵もみられる。

P1220382
館内の展示はまたしてもジオラマ
ジオラマによる歴史教育がインドネシアでは一般的なのだろうか。

P1220384
ジョグジャカルタでのブディ=ウトモの会議(1908年)
20世紀初頭は、オランダからの独立を目指す民族運動が高まっていた。
ブディ=ウトモ
1908年に結成されたインドネシア初期の民族運動の団体。「最高の英知」の意味で、知識人が主体となり、インドネシア人の社会的地位や文化の向上を求めた。

P1220392
日本軍のジョグジャカルタ占領(1942年)
太平洋戦争期の1942年3月、日本はジャワを占領した。
フレデブルク要塞は日本軍の本部が置かれ、収容所としても用いられた。
ジャワ・スマトラ占領⑨ 1942年3月
日本軍は占領に成功し、とくに石油資源の確保に努めた。

P1220421
大戦後は再びオランダとの戦いが行われた。
通路には等身大のマネキンが並ぶ。

P1220418
オランダ兵をタッチすると消えるゲームを、無邪気に楽しむ少女たち。
日本の博物館ではNGかなあ…。

P1220428
スカルノのインドネシア共和国大統領就任(1949年)
4年にわたるオランダとの独立戦争のち、1949年のハーグ協定にて独立が承認された。
スカルノは初代大統領として就任し、都をジャカルタに遷都した。
インドネシア共和国成立
1945年8月、スカルノを中心に独立宣言を発表し、共和国憲法を制定した。しかし、オランダは独立を認めず、4年間にわたる独立戦争が展開された。1949年のハーグ協定で独立が承認された。

P1220435
スカルノのメッセージも展示されている。
スカルノ⑪ 1901~70
インドネシア独立運動の指導者。1928年インドネシア国民党を創設し、オランダ支配とたたかった。第二次世界大戦中は日本軍に協力したが、45年の日本降伏後、独立を宣言して初代大統領となった。その後オランダとたたかい、49年完全独立を達成し、55年にはアジア=アフリカ会議を主催するなど、非同盟諸国のリーダーとして活躍した。国内では軍部と左派(共産党)のバランスの上に政権を維持したが、65年のクーデタでスハルトらに実権を奪われ、67年に失脚した。

P1220442
共産主義絶滅に関する集会(1965年)
九・三〇事件以後、インドネシア各地で共産党(PKI)の掃討作戦が行われ、
ジョグジャカルタにも軍の特殊部隊(RPKAD)が到着し、
10月20日に共産党の撲滅を呼びかける大規模な集会が行われた。
この時の虐殺の詳細は未だに不明な点が多いが、「20世紀最大の虐殺」の一つとされている。
九・三〇事件(軍部クーデタ)⑨ 1965年9月30日
軍部左派の蜂起を右派が巻き返し、その後いっきょに左派勢力を壊滅させた事件。非社会主義国中で最大規模の、党員200万を数えたインドネシア共産党は壊滅し、1966年3月軍部・右派が政権を握り、スカルノは失脚した。
ここの展示も「パンチャシラ=サクティ記念館」と同様に「コミュニスト=悪」の構図がとられている。

P1220445
スハルト大統領の就任(1965年)
九・三〇事件後、共産党との連携を図っていたスカルノが失脚し、
軍部のスハルトが新たに大統領に就任した。
以後30年にも及ぶ独裁を行った彼であるが、展示はこの写真くらい。
スハルト時代はあまり語りたくないのだろうか…。
今回の旅で博物館をいくつか見てきたが、いずれもスハルト時代は歯切れが悪く、どのような時代であったのかが見えづらい。
現在も評価できずにいるのかもしれない。
スハルト⑩ 1921~2008
インドネシアの軍人。1965年の九・三〇事件を収拾して実権を握り、68年大統領に就任した。反共親米路線をとり、西側資本を導入し、積極的な経済発展をはかった。しかし貧富の差の拡大、スハルト一族による利権の独占などで批判を浴び、98年大統領を辞任した。

P1220370
入口前にはカルティニ像もみられる!
カルティニ② 1879~1904
インドネシアの民族主義者。若くして亡くなったが、女性解放運動で先駆的な活動をした。