世界史の旅 -探訪記と歴史グッズ-

世界史好きの旅行ブログやってます。現地で買ってきた土産物などをアップしてます。

カテゴリ: <探訪記>国別

●ノートルダム大聖堂・トー宮殿探訪日時:2019年8月入場料:無料(トー宮殿は8ユーロ)【どんな場所?】1211年に建造されたゴシック様式の代表的建築。496年にフランク王国のクローヴィスがこの地で洗礼を受けてカトリックに改宗して以来、19世紀に至るまで25人の歴代フラン ...

●香港歴史博物館探訪日時:2019年6月入場料:無料【どんな場所?】1962年に開館した「香港博物美術館」を前身とし、その後1975年に美術館と分割、移転。1998年に香港政府の出資で規模を拡大し、現在地に開館した。有史以前から1997年の中国返還までの民族文化や生活様式など ...

●香港特別行政区立法会探訪日時:2019年6月入場料:無料【どんな場所?】イギリス植民地時代の立法局を前身とした、香港の立法機関。2019年6月以降、デモ隊が立法会前で活動を続けている。メモ:日帰りで香港デモの現場へ。歴史的意義 :★★★規模    :-----ア ...

●丹罗蝋人形館探訪日時:2019年3月入場料:75元【どんな場所?】南京の夫子廟にある蝋人形館。メモ:つい入ってしまった。歴史的意義 :★★★規模    :★★★★アクセス  :★★★★★個人的満足度:★★★夫子廟を歩いていると、見つけてしまった…!「丹罗蜡像艺 ...

●中国科挙博物館(江南貢院)探訪日時:2019年3月入場料:50元【どんな場所?】夫子廟にある江南貢院は、南宋時代の1168年に建築された中国最大の科挙試験場。博物館として2014年に開館した。メモ:殿試再現コーナーはアツイ。歴史的意義 :★★★★規模    :★★★★ ...

●侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館探訪日時:2019年3月入場料:無料【どんな場所?】中国政府及び共産党が愛国主義教育を推進するため、日本の中国侵略に関する記念碑・博物館の建設を計画し、1985年に開館した。2007年に拡張工事を終え再開館。メモ:中国の歴史教育を体現 ...

総統府その2。林則徐関連の展示が豊富!総統府内にある陶林二公祠。ここには林則徐(左)と陶澍(右)が祀られている。この2人は19世紀に活躍した清の官僚で、地方行政の改革につとめた。特にイギリスから輸入されるアヘンの取り締まりを行ったことが有名である。出口付近にいた ...

●総統府探訪日時:2019年3月入場料:40元【どんな場所?】1911年の辛亥革命後に、中華民国臨時政府の総統府が置かれた。現在は資料館が置かれている。メモ:中華民国だけでなく、太平天国の展示もアツイ。歴史的意義 :★★★★★規模    :★★★★★アクセス  :★ ...

●南京博物院探訪日時:2019年3月入場料:無料【どんな場所?】1933年に開館した江蘇省立の総合博物館。2013年に改修。中国三大博物館の一つとされる。メモ:民国館はさながらテーマパーク。歴史的意義 :★★★★規模    :★★★★★アクセス  :★★★★個人的満足 ...

●美齢宮探訪日時:2019年3月入場料:100元(明孝陵と共通券)【どんな場所?】1931年に建てられた蒋介石の官邸。妻である宋美齢の生活が華やかであったことから美齢宮と呼ばれる。メモ:レトロな雰囲気がよい。歴史的意義 :★★★規模    :★★★★アクセス  :★ ...

↑このページのトップヘ