世界史の旅 -探訪記と歴史グッズ-

世界史好きの旅行ブログやってます。現地で買ってきた土産物などをアップしてます。

カテゴリ: <探訪記>ジャンル別

●オラドゥール=シュル=グラヌ探訪日時:2019年8月入場料:無料(博物館7.8ユーロ)【どんな場所?】第二次世界大戦下の1944年6月10日、ナチス親衛隊による大規模な虐殺が行われた村。1日にして村民642人以上が死亡し、村は廃墟と化した。1999年にメモリアルセンターを開設。 ...

●球戯場(フランス革命博物館)探訪日時:2019年8月入場料:無料【どんな場所?】1686年にルイ14世の命で造られた屋内球戯場。1789年、議場を締め出された第三身分の議員が集まり、「憲法制定まで議会を解散しない」という旨の球戯場の誓いを行った場所。1883年に博物館とし ...

軍事博物館その4。第二次大戦期の展示を見ていきましょう。ナチスドイツ軍の侵攻を受け、1940年6月にパリが陥落。フランスの北部はドイツが占領し、南部には親独のヴィシー政府が成立する。パリ占領(フランス降伏)⑪ 1940年6月14日ドイツ軍が無血入城し、フランスは新た ...

フランス軍事博物館その3。こちらは「二つの世界大戦 1871-1945」と銘打たれた展示室。第三共和政期のフランスについてみていきましょう。これは…!ドレフュス事件!!ユダヤ人のドレフュス将軍がスパイ容疑で冤罪となり、19世紀末、フランス世論を二分した事件である。作 ...

フランス軍事博物館その2。19世紀のナポレオン後~普仏戦争期の展示です。ルイ18世の時代の王立聖霊騎士団のマント。聖霊騎士団は16世紀に創設された、王党派の100名の貴族からなる騎士団である。フランス革命期は「旧体制の象徴」として廃止されたが、王政復古期に一時的に ...

●フランス軍事博物館探訪日時:2019年8月入場料:12ユーロ【どんな場所?】アンヴァリッド内にある国立軍事博物館。1905年設立。メモ:6年ぶりに訪れたアンヴァリッド。前回訪れた時はナポレオンの棺しか見れなかったので、今回は博物館をじっくりと。歴史的意義 :★★★ ...

●教皇庁宮殿探訪日時:2019年8月入場料:12ユーロ【どんな場所?】1309年から1377年までの教会大分裂時代の間、アヴィニョンに設けられた教皇庁。1352年に建設を終えた。メモ:もはや要塞…!歴史的意義 :★★★★★規模    :★★★★★アクセス  :★★★★個人的 ...

●ガール水道橋探訪日時:2019年8月入場料:10ユーロ【どんな場所?】古代ローマ時代の前19年頃に建設された水道橋。メモ:これを見るために来た!!歴史的意義 :★★★★★規模    :★★★★★アクセス  :★★★個人的満足度:★★★★★この日は南仏へのショート ...

●ドゥオモン納骨堂探訪日時:2019年8月入場料:無料【どんな場所?】第一次世界大戦のヴェルダンの戦いにおいて、ドゥオモン要塞での激戦が行われた場所。現在は第一次世界大戦の戦死者納骨堂となっている。メモ:ここは見ておきたかった…!歴史的意義 :★★★★★規模  ...

●ノートルダム大聖堂・トー宮殿探訪日時:2019年8月入場料:無料(トー宮殿は8ユーロ)【どんな場所?】1211年に建造されたゴシック様式の代表的建築。496年にフランク王国のクローヴィスがこの地で洗礼を受けてカトリックに改宗して以来、19世紀に至るまで25人の歴代フラン ...

↑このページのトップヘ