世界史の旅 -探訪記と歴史グッズ-

世界史好きの旅行ブログやってます。現地で買ってきた土産物などをアップしてます。

カテゴリ:<探訪記>ジャンル別 > 広場

●英雄広場
P1020223
探訪日時:2015年8月
入場料:無料

【どんな場所?】
アンドラーシ通りの突き当たりに位置する広場。1900年完成。
ハンガリーの英雄たちの像が並ぶ。

メモ:
ハンガリー民族運動の英雄、コシュートに会える!
その他ブダペストの街中の彫像をいくつか。

個人的満足度:★★★

P1020225
聖イシュトヴァーン。ハンガリー建国の父。

P1020227
コシュート。1848年革命の中心人物。


P1010969
こちらは国会前のコシュート像。

P1010973
国会前にはナジ・イムレもいる!
ニッコリ微笑んでおられる。 

●グラン・プラス
P1000471
探訪日時:2015年3月
入場料:無料

【どんな場所?】
文豪ユゴーも絶賛したという、ブリュッセルの中心にある広場。
市庁舎や王の家、ギルドハウスなどが広場を囲む。
1998年に世界遺産登録。

メモ:
それほど広くないが、360度どの角度でも絵になる。

個人的満足度:★★★


P1000472
市庁舎。

P1000470
観光客でにぎわう。

P1000475
広場周辺には小便小僧も。小さいのな!

●パーラメント・スクエア
P1000043
探訪日時:2015年3月
入場料:無料

【どんな場所?】
国会議事堂(ビッグベン)前の広場。
政治家の銅像が並ぶ。

メモ:
今回はビッグベンには入らなかったので、周辺の彫像を中心に。


個人的満足度:★★★

P1000038
オリバー・クロムウェル像。
国王の専制を議会が打倒した、ピューリタン革命の中心人物。
彼はこの国会(当時は裁判所)で国王チャールズ1世の処刑を言い渡した。
処刑の現場は前述のバンケティングハウスである。
やはり彼はイギリスの議会を語る上では欠かせない人物なのであろう。

P1000046
パーマストン像。自由党初の首相。
彼の時代は19世紀中頃、大英帝国全盛期の時代で、
アロー戦争、クリミア戦争、インド大反乱などが起こった。

P1000045
ロイド・ジョージ像。英首相としてWWIを勝利に導き、
戦後のヴェルサイユ体制にも尽力した。

P1000042
ウィンストン・チャーチル像。
WWIIの時は国民を鼓舞し、ドイツの攻撃を撃退した。
彼とはこの後「とある場所」で再会することとなる。

P1000047
マハトマ・ガンディー像。
2週間前に除幕したばかりだという。

リンカン、マンデラは撮りそびれました。

このページのトップヘ