◆1周年だョ!全国から集合

tidal flowも気付けば1周年。第5回。

そんなメモリアルな今回は、ネットの海で大きなフローを形成している #トウキョウトガリネズミ を全国から召喚します。

その名も #タイダルトガリネズミ !

image

フライヤーはトガリネズミ所属イラストレーターの22エモンさん(Tw: @asaming96)がデザイン。かわいい!
ありがとうございます。
ちなみに後述するSHIMPEI氏のPV内のイラストも手掛けてます!

MC松島氏のもとに集まったラッパー達がフリー音源を中心に作品を発表する中、トラックメイカーや漫画家、日本語ラップ評論家、お金持ち()までもが加入し、謎のクリエイター軍団と化しているこのレーベル。

http://tokyotogarinezumi.com/artists/

この度、一堂に会する事で彼らの全てが明らかに!!


◆「ネットラップ」is dead…?

インターネットの進化と共に、00年台後半から2ちゃんねるやニコニコ動画などのコミュニティサイトの中で急速に発展してきたネットラップというサブジャンル。

それらは(同じくそれらのツールを多用する)いわゆるオタク的なトピックと結び付きが強かったために、
ハードコア・現場主義の日本語ラップヘッズやプレイヤーからは非難されることがしばしば。

しかし、今ではインターネット、殊にSNSの利用はヒップホップ, ラップのジャンル全体に広がり、揶揄としての「ネットラップ」は死語になりつつあります。

そして、インターネットの最大の持ち味である「距離を超えた繋がり」をフル活用しそれぞれが独特な動きを見せている…
つまり、ヒップホップ文化が持つローカル性をある意味超越しながらも、クルー感を醸し出しているのがトウキョウトガリネズミの素晴らしい所だと思っています。


トウキョウトガリネズミ主要メンバーによるマイクリレー。
全国各地で撮影。

そしたら、「離れててもこんなに面白い動きするんなら、一箇所に集めたらもっと面白いことになるんじゃね!?」と。

動機は単純ですね!

,
◆60分×2部のガチンコ勝負!

今回、《どのメンバーがどの順番で、何分ずつ…》という、普通のライブイベントなら調整して当然のタイムテーブルを、トガリネズミ側に丸投げ(!)しました。

60分のショーケースが、2本。

だから、誰がどのタイミングで出てくるか、俺も分かりません。
楽しみだー!

各メンバーの紹介は先述の公式サイトに替えさせていただいて、「多分やるであろう/主催が勝手にやってほしいと思う」曲をバシバシ貼っていきますので、ご一緒に予習しましょう!
全10曲。





『マジで強い吉田沙保里さん』
初聴きでバカにしてると見事にハマる。

松島氏のこの手の曲は、相席スタート・ケイさんの「振ってまう球」に似てますね…

「ハマってもうた〜〜!笑」っていう。
この例え大丈夫ですかね。

2バース目で彼女が獲ったタイトルを片っ端から読み上げるくだり、大好きです。



たまに真面目になった時の違和感すらもクセになる。





打ち合わせの中で松島さんから、LARGE IRON氏もいらっしゃると告げられた時は衝撃でした。
なんてったってMJPですからね。B.I.G JOE氏がリーダーのMIC JACK PRODUCTION。

公開されているソロ曲の中ではコチラが一番好きです!
生の迫力はまた格別でしょう。

ちなみにコレが好きすぎて、歩きながらラップする映像に憧れを抱きっぱなしでございます。


『脚が縺れたって前へ倒れれば』





組み合わせの妙、そしてこのトリッキーさが彼らの持ち味でしょう。

ラップ曲においてアナグラムはごく稀に用いられますが、
その経緯「BBPのKREVA観てたらプダゼチンって言葉が出てきてヤバかった」というのを堂々と言うのは、正直イカれてます。

KBM×松島によるオフザケダブルヘッダー。ライブでやって客がポカンとしてるのを観たい。

また、KBM氏はトガリネズミ加入以前の「○ミラボのマ○アは俺の嫁だ」みたいな曲辺りからチェックしていて、スタンスも宅録の音質も全くブレていなくて最高です 笑





こちらも組み合わせの妙。
dizさんが当時ハマっていたナルトネタで上手い事トラップに乗ったかと思いきや、松島さんが後半でめちゃくちゃやるという曲 笑

これは是非ともライブでやってほしいですね!





dizさんを1曲で紹介するなら、この名曲「かいぶつ」に全てがこもっています。

全体に漂う気怠さ、目立たないように隠されたかのような随所のテクニック、ファンタジーと現実を行き来するような世界観。

この曲を収録したミックステープ「生活感と怠慢」(動画説明欄にDLリンクあり)は、発表された2014年かなり話題になりました。必聴。



https://soundcloud.com/kent_tenk/lovely-summer-featshimpeiprodby-woomdokeylight-distortion">

残念ながら全員は揃わないのですが、この曲もアツく希望しておきました。

KBM氏所属のKeylight DistortionとSHIMPEI氏による王道of王道サマーチューン!

マジで2015年1番リピートした曲です。
まずトラックがめちゃくちゃ良くて、キーライトの2人が上げたところをシンペイ氏がクールに落とすのが完璧なのです。

ちなみに、こちらのRemixも最高で、原曲同等もしくはそれ以上に聴き倒しました…
https://soundcloud.com/kcr-iddy/keylight-distortion-feat-shimpei-lovely-summer-kcriddy-ver">





SHIMPEI氏が今年の元旦に発表したMV。
とにかくクールでカッコいい。

《紆余曲折あって、俺はこんな感じだけどそっちはどう?と問いかけられているような感覚に。





酔うとヤバいOLゴルジェラッパー(なんだこの肩書き)、メガネさんの1stアルバムから、MV曲。

いやしかし改めて、「怒りのレタスチャーハン」て…

インドの山間音楽から着想を得た新ジャンル: ゴルジェ(説明合ってるか…?)だろうが何だろうか呑み込む大食漢のラップに耳を貸すべき。





ラグビーの曲を貼ろうとしたら、多分消していまして…さすが、イメージ戦略が徹底してる 笑

普段他のトガリネズミメンバーとは表面上の関わりを持たずマイペースに作品を発表するAmaterasも2/11にライブします。

メンバーとの絡み方が気になる…でも彼すごい好青年だからなぁ 笑





実はマーゴス、初ライブです。
超楽しみ。

ミックステープは今のうち聴いておきましょう!!

『ふえ〜ふえ〜ふえ〜』


◆ゲスト入場で¥500off、来るしかない

といったところで予習はバッチリですかね!
他にもたくさんの仕掛けを用意してくれる事間違いなし。

MCバトルも開催されます!
トーナメントを勝ち抜き、トガリネズミからの刺客に勝利してトガリネズミビートメイカーのオリジナルビートをゲットせよ。
エントリーに関しては主催者Twitter(@9rash9lass )をご参照ください。

そして同じく主催者である「TUMAのゲスト」とエントランスで言ってもらうだけで¥500offの ¥2000/1drink付 でご入場できます。すごい!

CDやシヤチ帽子の物販も展開するようなので、お年玉を使うのはもうちょっと待って、2/11に渋谷R Lounge 7Fでお会いしましょう!