ハイヤーセルフ

June 03, 2006

ハイヤーセルフ

ハイヤーセルフとは本当の自分、
私たちを常に幸せに導いてくれる大いなる自分、
フューチャーセルフ(未来の自分)とも呼ばれています。

どのような言葉を使ってもいいのですが.
私達の心の奥にある自己を幸せに導いてくれる存在、
自分自身を幸せに導く方法をしっている存在です。

誰にでも必ずある存在です。

ハイヤーセルフはこころにあります。
頭の中にはありません。

こころの奥にある真の答え。
胸に手を当てて聞いてみろという言葉がありますが、
頭に聞いてみろとはいいません。
言葉ってよくできていますね。

ただ、生活に疲れ、にごってしまって
本質から遠くなってしまっているので
ハイヤーセルフに気付かない人が多いといわれています。

直感とか、虫の知らせ等があると思いますが
時々メッセージとして声なき声、かすかなひらめきという形で
こころから聞える事があります。

また危険な時、聞えることがよくあるようです。
普段から瞑想をしていると聞えやすくなる.直感
としてひらめくといったことがあります。

目で見ることはできないのでピンとこない人も
多いと思いますが自分を見つめていくうちに、
その存在を感じるようになり.、
なんとなく導かれていくといわれています。

ハイヤーセルフから、手招きをして教えてくれるということはなく、
自分自身が語りかけないと、
答えを得られないといわれています。

私達はこういう存在が見守ってくれている事がわかると、
必ず、助けられる、何があっても大丈夫
だという確信が生まれます。

安心して、人生を歩めるようになっていきますよね。

本質には不安が一切存在しない、
私達の表面意識でのみ不安や恐れが存在する。
だとしたら、ハイヤーセルフに近づけば、
落ち込んでもすぐ立ち直れるということになるのです。

ハイヤーセルフの存在を知ると、
人生観が変わってくると、落ち込んでも大丈夫だっていう
思いがあるぶん、立ち直りも早くなると思われます。

そして結果的に立ち直って、
幸せな人生を歩めるようなチャンスが増えてくるのです。

ハイヤーセルフは決して、私達を脅かしたり、命令したりしません。
見守ってくれている、そんな存在。 
そして私達が自ら近づくことによりサポートされていきます。

ただし親切にこうだ・こうしろとは教えてくれません。
間違った道に行くと、
強い直感として「違う」と感じる、その程度にしか
メッセージをくれません。

とにかく誰にでも、自身を見守っている存在が
ハイヤーセルフです。
(自ら聞いていくと、
質問に応じて教えてくれたりするようですが、
答えがシンプルで言葉が少ないので
解釈の仕方が難しいといわます。
言葉ではなくメッセージを受け取った時、
どう感じたかも、重要です。)

何でも知っている存在だからといって、
自分専用の占い師というものでもありません。

まれにメッセージとして声を聞く人もありますが.
頭の中の肉声に近いイメージとしてまたは直接的な声とし
て聞こえるのはハイヤーセルフではないので
注意する必要があります。(偽者に注意)

ハイヤーセルフからのメッセージは常に人生に深い意味を与え
安心感と平和な気持ちを呼び起こし
生きる勇気と叡智にみちています。

単に驚かすだけのセンセーショナルなメッセージや
命令的な指示は与えないのが通常です。


スポンサードリンク