TUNEs

Tokyo Urban Nature Entertainment site

TOPコレクション「たのしむ、まなぶ/夢のかけら」

subj:TOPコレクション「たのしむ、まなぶ/夢のかけら」
place:東京都写真美術館(恵比寿)
category:写真展
date:2018/8/14
impression:
 東京都写真美術館の収蔵作品。本年度は「たのしむ、まなぶ」をテーマにした構成です。第二部となる本展示では、「自由で、新鮮な驚きのある作品体験」という事で、素直に楽しめる、面白いと思えるような作品がピックアップされています。しかしながら展示されている作品は豪華そのもの、ラルティーグ、ドアノー、ブレッソン、植田正治、後生茂雄、荒木経惟、木村伊兵衛といった世界的な巨匠から、川内倫子、林ナツミなど現代のアーティストまで素晴らしい作品が展示されています。まさに眼福という展示。
良かった:☆☆☆☆★
お薦め:☆☆☆★★
「TOPコレクション たのしむ、まなぶ
夢のかけら」
(東京都写真美術館)
・2018.8.11(土・祝)〜11.4(日)

「マジック・ランタン 光と影の映像史」展

subj:「マジック・ランタン 光と影の映像史」展
place:東京都写真美術館(恵比寿)
category:映像、資料他
date:2018/8/14
impression:
 写真と映像の美術館である東京都写真美術館(TOP Mseum)の映像部門の企画展。17世紀半ばに発明された投影装置「マジック・ランタン」のコレクションを中心にした資料展です。影絵から始まった影と光の関係が蝋燭の光とレンズによって投影技術に昇華され、そして現代のプロジェクター、プロジェクションマッピングへと連なっていく一連の流れが俯瞰できます。また映写メディアに動きをつける技術はおそらくその後のアニメーションにもつながっていくのだと思います。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
マジック・ランタン 光と影の映像史(東京都写真美術館)
・2018.8.14(火)〜10.14(日)

「写真と、ちょっといい暮らし。」展

subj:「写真と、ちょっといい暮らし。」展
place:北村写真機店(代官山)
category:写真展
date:2018/8/13
impression:
 インスタグラムでも話題のフォトグラファー、岩倉しおりさん、国分真央さん、haru wagnusさん、もろんのんさん、hikariさん、5名による写真展。五人五様の主にランドスケープが展示、展開されています。展示で興味深かったのはデジタルサイネージとの並列展示で、あるいは今後こういった流れになっていくのかもと思うのです。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
「写真と、ちょっといい暮らし。」展(T-SITE)
・2018年08月03日(金) - 2018年08月14日(火)

所蔵作品展「MOMATコレクション」

subj:所蔵作品展「MOMATコレクション」
place:国立近代美術館(竹橋)
category:絵画、立体、インスタレーション他
date:2018/8/12
impression:
 国立近代美術館所蔵の近現代アートの作品展。様々な近現代アートが展示されていますが、個人的に引っかかったのは第7室の「2018-50=1968」で、政治の時代と言われた1968年の、いわば政治的匂いを感じさせない作品群をクローズアップ。当時の政治熱に冒されていた人々から見ればノンポリと言われていたであろうアーティストの作品ですが、今見てもモダンであり現代に通じる作品。またしかしそれでいて時代性も反映させており、一方の政治が正しくてノンポリが正しくなかったというような考えは間違っていたことがわかります。また写真室では細江英公さんの「薔薇刑」が展示。現代アートでは高嶺格さんの「ゴッド・ブレス・アメリカ」。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
MOMATコレクション(国立近代美術館)
・2018年6月5日- 9月24日

KZM Photo Session 「New Old School」展

subj:KZM Photo Session 「New Old School」展
place:VACANT(原宿)
category:写真展
date:2018/8/12
impression:
 「デジタル写真は写真ではない。」を副題とした、写真家三好耕三さんがキュレーターとして参加し、開催する写真展。デジタルVS銀塩という二項対立は、00年代初頭には激しくありましたが(その多くは無益でしたが)、現代においてそのテーゼが意味を持つのか、個人的には疑問を持ちました。一方で、モノとしての写真は存在感を増しているとは思うのですが、哲学者ベルグソンの「空間のあらゆる点に向けてすでに撮影され、すでに現像されている」の「イメージ」に対する見方に立脚するならば、やはりデジタル写真も写真だと思うのです。
良かった:☆☆★★★
お薦め:☆☆☆★★
KZM Photo Session 「New Old School」展(VACANT)
・2018.08.11 sat - 08.19 sun

AMKK「戦争と花」

subj:AMKK「戦争と花」
place:The Mass(原宿)
category:写真展
date:2018/8/12
impression:
 フラワーアーティスト東信さんの花・植物を題材とした実験的なクリエイションを展開していく集団、AMKKのキュレーションによる写真展。タイトルの通り、近現代における「戦争と花」の関係について考えさせられる展示です。もちろん「戦争と花」は相反する関係ではあるのですが、一方で写真の中では両者のシナジー効果により「美しい写真」として成り立っているのも事実です。相反的、対立的な考え方だけではないというのは、現代だから見えてくる視点かもしれません。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
AMKK「戦争と花」(he Mass)
・2018/7/20-8/15

Infomation
○Auther ぼうしゃ

人気ブログランキングへ ブクログ

○美術館、ギャラリー、舞台や映画、そして身近な自然に関するレポート。 詳しくはNoticeをご覧下さい。

Categories
TUNEs記事検索
Archives
フォトアルバム
ギャラリー
  • 六本木アートナイト2018
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S YOSHIKI MIZUNO EDITION
  • CP+ 2018
  • 第45回東京モーターショー2017
  • 六本木アートナイト2017
  • 六本木アートナイト2017
  • 六本木アートナイト2017
  • 六本木アートナイト2017
  • 「FUJIKINA 2017 東京」
  • 「FUJIKINA 2017 東京」
  • 「FUJIKINA 2017 東京」
  • 「FUJIKINA 2017 東京」
  • 嘘とカメレオン 「予想は嘘よ」リリース全国インストアツアー『嘘つきが蔓延 閻魔がキツそう ツアー 2017』
  • 古見きゅう写真展「海の旅人ワオと巡る7つの海」プレミアムビアガーデン星空朗読会
  • 古見きゅう写真展「海の旅人ワオと巡る7つの海」プレミアムビアガーデン星空朗読会
  • 古見きゅう写真展「海の旅人ワオと巡る7つの海」プレミアムビアガーデン星空朗読会
  • 松本リョウスケ アコースティックライブ「満月の下でアコースティックな夜を」
  • 松本リョウスケ アコースティックライブ「満月の下でアコースティックな夜を」
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ