TUNEs

Tokyo Urban Nature Entertainment site

無題

DSC_3324

無題

DSC_3354_1

無題

DSC_3322

無題

DSC_3349

「Seize the Uncertain Day - ふたしかなその日」展

subj:「Seize the Uncertain Day - ふたしかなその日」展
place: 東京藝術大学大学美術館 陳列館(上野)
category:写真、インスタレーション
date:2017/3/18
impression:
 「極私的ドキュメンタリー」を中心軸にし、現在の「ふたしかな世界」へのフィードバックを考える、若きキュレーター達によって構成された写真展。荒木経惟、中平卓馬、森山大道、米田知子、川内倫子ら、18人の日本を代表する写真家、アーティストの作品により、「今」を省みる展示となっています。 展示は3層に分けられており、「Section 1:夜 閃光とゆらめき」では文字通り「夜」の世界が広がります。気になるのはスライド展示されている中平卓馬さんのシリーズで、まさに「プロヴォーク」の時代に取られた、荒々しい感情の高ぶりを感じさせる「来たるべき言葉のために」(1970)。森山大道さんの作品は2点ほどではありますが「新宿」、荒木経惟さんの作品は「冬の旅」「センチメンタルな旅」から。階段に展示されている「Section 2:断層」は夜から昼へつなぐ作品、朝の光景を捉えた百頭たけしさんの作品などが。2階に上がると明るい白い壁の部屋に「Section 3:朝?昼 円環と覚醒」の作品群が展示されています。部屋の中央に展示されている城戸みゆきさんの「忘れたことさえ覚えていない」がまず目立つのですが、壁面に展示されている作品群も見逃せません。個人的に嬉しかったのは川内倫子さんの「うたたね」シリーズをプリントで見られたことで、川内さんの透明感のある世界が見られて眼福。他にも楢橋朝子「half awake and half asleep in the water」、川久保ジョイ「千の太陽の光が一時に天空に輝きを放ったならばI」など見ごたえがあります。
良かった:☆☆☆☆★
お薦め:☆☆☆★★
「Seize the Uncertain Day - ふたしかなその日」展(公式サイト)
・2017年3月18日(土) - 4月5日(水)

宮島達男展「LIFE (complex system)」

subj:宮島達男展「LIFE (complex system)」
place:スカイ・ザ・バスハウス(谷中)
category:インスタレーション
date:2017/3/18
impression:
 御殿山の原美術館では作品がパーマネントコレクションとして展示されている宮島達男さんの作品展。点滅する数字(7セグメントディスプレイ)を使ったインスタレーションで、その数字の点滅に目を引かれます。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
宮島達男展「LIFE (complex system)」(スカイ・ザ・バスハウス)
・2017年3月3日(金) - 4月22日(土)

Infomation
○Auther ぼうしゃ

人気ブログランキングへ ブクログ

○美術館、ギャラリー、舞台や映画、そして身近な自然に関するレポート。 詳しくはNoticeをご覧下さい。

Categories
TUNEs記事検索
Archives
フォトアルバム
ギャラリー
  • 無題
  • 無題
  • 無題
  • 無題
  • 無題
  • 無題
  • 無題
  • 空
  • 無題
  • 無題
  • 無題
  • 小石川散歩 3
  • 小石川散歩 2
  • 小石川散歩 2
  • 小石川散歩 2
  • 小石川散歩 1
  • 小石川散歩 1
  • 小石川散歩 1
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ