TUNEs

Tokyo Urban Nature Entertainment site

「細江英公の写真:暗箱のなかの劇場」

subj:「細江英公の写真:暗箱のなかの劇場」
place:清里フォトアートミュージアム(山梨県北杜市)
category:写真展
date:2021/10/3
impression:
 清里フォトアートミュージアムの館長であり、戦後日本を代表する写真家、細江英公さんの個展。昨年行われる予定でしたが、コロナ禍により本年の開催となっています。
 展示はこれまでの作品シリーズより代表作と言われる作品群が展示。「おとこと女」(1959-1960)を皮切りに、「初期作品」(1950年代)、「知人の肖像」(1965-1972)、「抱擁」(1969-1970)、「薔薇刑」(1961-1962)、「ガウディの宇宙」(1977-1984)、「鎌鼬」(1965-1968)、「シモン・私風景」(1970-2012)、「ルナ、ロッサ」(1992-1996)、「大野一雄」(1960-1997)とシリーズが続きます。舞踏家土方巽を撮った代表作、「鎌鼬」ではギャラリーで展示された当時のプリント作品が展示。ところどころ傷みもありますが、当時の人々をひきつけたプリントそのものの迫力を感じます。一連のシリーズを俯瞰すると、解説にも有るように、「フィクションの徹底により写真のリアリティを追求」するという姿勢、「演劇的映像空間」という意味も分かってきます。知人(澁澤龍彦、土方巽ら)をまるで舞台の上で演技させるようにレイアウトした作品など、演劇的な趣向が、「鎌鼬」以降になっていくと、その演劇的な部分がまるで意思を持ったように自然になっていき、写真が完成しているようです。
 年表などではオフショットなども展示され、「薔薇刑」のオフショットでは撮影のスタッフとして若い時の森山大道さんの姿なども見ることが出来ます。
良かった:☆☆☆☆★
お薦め:☆☆☆☆★
「細江英公の写真:暗箱のなかの劇場」(清里フォトアートミュージアム)
・2021年7月17日(土)〜12月5日(日)

浅間国際フォトフェスティバル【PHOTO KOMORO】

subj:浅間国際フォトフェスティバル【PHOTO KOMORO】
place:しなの鉄道・JR東日本 小諸駅前周辺(長野県小諸市)
category:写真展
date:2021/10/3
impression:
 浅間山周辺で2018年より行われている浅間国際フォトフェスティバル。今回は舞台を小諸駅周辺に移しての開催です。コロナ禍を反映してか、少々規模が小さくなっている感じがしますが、町の中の様々な構造物をつかった展示は面白かったです。特に使われていないスナックの店先を使った二本木里美さんの「'70s Tokyo TRANSGENDER」、昭和初期の歯科医院の跡地を使った小池健輔さんの作品シリーズなど、展示方法の妙を感じるものもありました。公共施設などを使った展示(ヴィヴィアン・マイヤーの作品など)もよかったですが、全体的に「作品」の特徴ばかりがクローズアップされていて、写真に興味がある人が見ればそれぞれに面白い展示であっても、その写真が、作家がどういう立ち位置にいるのか、写真史あるいは現代アートの側面においてどのような影響力が有るのかという部分の解説、表現が無いのがきになりました。特に目玉であろう、森山大道さんの作品(光と影」「三沢の犬」)についても、写真だけどん!と展示してあるだけで解説が少ない感じがします。写真に対する興味は広がっていかない感じも同時に受けました。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
浅間国際フォトフェスティバル【PHOTO KOMORO】(PHOTO KOMORO)
・2021年8月28日(土)−11月21日(日)

「Gucci Garden Archetypes」

subj:「Gucci Garden Archetypes」
place:B&C HALL・E HALL(天王洲)
category:企画展
date:2021/9/25
impression:
 ブランド創設100周年を祝したエキシビション。フィレンツェを皮切りに、世界各地をサーキットしている展示です。近年の広告キャンペーンのテーマ表現をベースにし、いくつかの室内、廊下に展示。コレクションの見せ方、表現方法の多様性を感じる展示でした。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
「Gucci Garden Archetypes」(GUCCI)
・2021年9月23日(木・祝)〜10月31日(日)

七菜乃「 凪 」

subj:七菜乃「 凪 」
place:神保町画廊
category:写真展
date:2021/9/25
impression:
 七菜乃さんの撮るグループヌードのシリーズ。明るいスタジオ、明るい屋外で取られた作品群です。モノクロの作品も幻想的で素敵なのですが、カラー作品、屋外で組まれた高台を利用した一連の作品、気持ちの良い光の中の身体表現が存分に発揮されていて素敵でした。
良かった:☆☆☆☆★
お薦め:☆☆☆★★
七菜乃写真展「凪」(神保町画廊)
・2021年9月24日(金)〜10月3日(日) 

Saki Otsuka「私という赤、境界線の青」

subj:Saki Otsuka(大塚咲)「私という赤、境界線の青」
place:UCHIGO and SHIZIMI Gallery
category:ペイント他
date:2021/9/25
impression:
(記録のみ)
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
Saki Otsuka「私という赤、境界線の青」(UCHIGO and SHIZIMI Gallery)
・2021年9月21日(火)–10月23日(土)

小渕真希子/長澤葵「彩花人」

subj:小渕真希子/長澤葵「彩花人」
place:アメリカ橋ギャラリー(恵比寿)
category:写真展
date:2021/9/23
impression:
 フォトグラファー小渕真希子さんとメイクアップアーティスト長澤葵さんのコラボレーション展。女性と花をモチーフに、肌にペイントを施した作品シリーズ。花屋さんで手に入れた花のほか、道端の草花なども使っており、様々な花からイメージを膨らませた作品でした。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
小渕真希子/長澤 葵「彩花人」(アメリカ橋ギャラリー)
・2021.09.22(水)〜2021.09.27(月)
Infomation
○Auther ぼうしゃ

人気ブログランキングへ ブクログ

○美術館、ギャラリー、舞台や映画、そして身近な自然に関するレポート。

○ホームページ SHIMZ P H O T O G R A P H Y
Instagram
Categories
TUNEs記事検索
Archives
メッセージ

名前
メール
本文
フォトアルバム
  • ライブドアブログ