TUNEs

Tokyo Urban Nature Entertainment site

「奇想の系譜」展

subj:「奇想の系譜」展
place:東京都美術館(上野)
category:絵画他
date:2019/3/16
impression:
 江戸時代の日本画壇において、旧来の手法から逸脱し、とりわけアヴァンギャルドな作品で夜の喝采を浴びた画家、岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳、白隠慧鶴、鈴木其一ら、「奇想の系譜」に連なる作品を集めた作品展。そもそもは美術史家辻惟雄さんが(1932-)が1970年年に著した『奇想の系譜』で紹介したもので、そこで紹介された6名に白隠慧鶴、鈴木其一を加えた各々の作品が展示されています。やはり印象的なのは若冲で、勿論近年の人気もありますが、展示エリアの最初に掲げられているインパクトのある作品群に圧倒されます。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
「奇想の系譜」展(公式サイト)
・2019年2月9日(土) ─ 4月7日(日)

「ピエール・セルネ&春画」

subj:「ピエール・セルネ&春画」
place:シャネル・ネクサス・ホール(銀座)
category:写真、浮世絵
date:2019/3/16
impression:
 パフォーマンスアーティストでもある写真家のピエール・セルネさんの写真作品「Synonyms(同義語)」シリーズと、日本の浮世絵、とりわけ性描写が描かれるいわゆる春画のコラボレーション展。ピエール・セルネさんの作品は男女のヌードをテーマにしていますが、白と黒に二値化され、身体はイメージとして抽象化されています。一方で浮世絵、春画の方は、版画でありながら細部はリアルに描かれるており、両者のイメージは相反しながらも響き合っているようです。春画としては、喜多川歌麿、鈴木春信、鳥居清長、葛飾北斎などのビッグネームの、公の美術館では決して見られない、作品が並びます(有名な「海女と蛸」も見られます。)。エロティックな描写は勿論ですが、全体のレイアウトや技巧を凝らした刷りなど見飽きない作品の数々。貴重な機会です。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆☆★
「ピエール・セルネ&春画」(シャネル)
・2019.3.13 WED - 4.7 SUN(前期: 3.13 WED−3.27 WED/後期: 3.29 FRI−4.7 SUN)

森山大道 「LABYRINTH (Remix)」

subj:森山大道 「LABYRINTH (Remix)」
place:AKIO NAGASAWA(銀座)
category:写真展
date:2019/3/16
impression:
 2012年に制作された、これまで撮影したネガをコラージュし、新たなコンタクトシートを制作してプリントした「LABYRINTH」シリーズからの展示。コンタクトシートからは森山大道さんがどう被写体に接し、考えたかという思考の断片のようなものも見えてくる感じがします。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
森山大道 「LABYRINTH (Remix)」(AKIO NAGASAWA)
・2019年3月15日(金) - 5月26日(日)

土屋勝義展「東京夜桜美人」

subj:土屋勝義展「東京夜桜美人」
place:キヤノンギャラリー銀座
category:写真展
date:2019/3/16
impression:
 夜桜と女性という組み合わせで撮られた作品展。都市に咲く桜をモチーフに、そしてほぼ環境光を使って撮られた作品は、現代の絢爛な桜の光景であります。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
土屋勝義展「東京夜桜美人」(キヤノン)
・2019年3月14日(木)〜3月20日(水)

松本欣二展「媽媽(まま)」

subj:松本欣二展「媽媽(まま)」
place:銀座ニコンサロン
category:写真展
date:2019/3/16
impression:
 松本欣二さんの作品展。「母親」に対するストレートな愛憎を感じる写真の数々に圧倒されます。一方で後半は自らの家庭の姿も撮影することで、面々と息づく「血」と「愛」について考えさせられる写真でした。
良かった:☆☆☆☆★
お薦め:☆☆☆★★
松本欣二展「媽媽(まま)」(ニコンサロン)
・2019年3月 6日(水) ? 2019年3月19日(火) 

荒木経惟「霊安冬春」

subj:荒木経惟「霊安冬春」
place:M(原宿)
category:写真展
date:2019/3/17
impression:
 荒木経惟さんの新作展。ライフワークの一つである、人形を使ったいわゆる"静物"写真のシリーズ。これまでと同様、人形や花、他のプロップを使ったシリーズですが、特筆すべきは荒木さんがこれまで使った人形などが置かれている棚が撮影されていることです。写真からは、これまでと同じ様に変わらずに写真を愛し、生を諦めないアラーキーの姿勢が浮かんできます。
良かった:☆☆☆★★
お薦め:☆☆☆★★
荒木経惟「霊安冬春」(AM)
・2019年2月22日〜3月27日
Infomation
○Auther ぼうしゃ

人気ブログランキングへ ブクログ

○美術館、ギャラリー、舞台や映画、そして身近な自然に関するレポート。 詳しくはNoticeをご覧下さい。

Categories
TUNEs記事検索
Archives
フォトアルバム
ギャラリー
  • CP+ 2019
  • 「SHIRASE5002&新・黒ラベル コラボレーションツアー」
  • 「SHIRASE5002&新・黒ラベル コラボレーションツアー」
  • 「SHIRASE5002&新・黒ラベル コラボレーションツアー」
  • 「SHIRASE5002&新・黒ラベル コラボレーションツアー」
  • 「SHIRASE5002&新・黒ラベル コラボレーションツアー」
  • 「SHIRASE5002&新・黒ラベル コラボレーションツアー」
  • 「SHIRASE5002&新・黒ラベル コラボレーションツアー」
  • 嘘とカメレオン pre. 「当て振りインストアライブツアー2018」爆音当て振りライブ
  • 「浅間国際フォトフェスティバル PhotoMIYOTA」
  • 「ニコンファンミーティング」
  • 六本木アートナイト2018
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S YOSHIKI MIZUNO EDITION
  • CP+ 2018
  • 第45回東京モーターショー2017
  • 六本木アートナイト2017
  • 六本木アートナイト2017
  • 六本木アートナイト2017
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ