射精のコントロール 射精中枢につながる筋肉の使い方

このブログは、私 角田誠一の著書、 『射精のコントロール 射精中枢につながる筋肉の使い方』(でじたる書房)を 補足説明する事を目的としたブログです。

早漏の治療・射精のコントロールを会得する為に必要なのは、トレーニングをする事ではありません。
「射精中枢につながる筋肉をどの様に効率良く初起動させるか」という事です。
5分のものを10分に… といったゴマカシや、
ピストンを1度止めて… といったハグラカシ、
PC(肛門とペニスを結ぶ8の字)筋をヤミクモに鍛えて… といった力技は全く必要ありません。
 何故その様な大それた事を私が言えるのか・・・・。
それは、私が「射精を司る神経筋が通る場所」をついに発見したからなのです。本文に詳しく記述致しましたが、この射精中枢神経筋は直線的な針では刺激出来ない場所に隠れている為、今まで発見される事は無かったようです。しかし、多関節である指であれば、少し難い場所にあるそのツボを強く押すだけで射精感をリセット出来ます。その際、多少の鈍痛を感じるだけです。ところが、次の日は痛くて全く触れません。触らなければ、特に痛みはないのですが・・・・。でも、これでは全然SEXの役には立ちませんよね。
ところが、その神経筋の周りの筋肉をある動かし方をすると、痛みやストレスを全く感じる事無く、一瞬で射精感をリセット出来る事を発見したのです。
 この射精中枢につながる神経筋は一度、初起動させると加速度的に発達して、短期間で、いつでも、何回でも、一瞬で射精感をリセット出来るように成ります。
しかも、そのリセットに必要な時間は、約1~4秒で、どんなに激しいピストンの最中でも動きを止める事無く、簡単に射精感をリセットする事が出来る様に成るのです。
 それと、このリセットの際には、心的にも肉体的にもストレスを全く感じません。我慢するという感覚は一切なく、ダダ単にある場所に力を入れるだけで射精感を一瞬でリセット出来るように成るのです。
すると、面白い事に、感じやすい早漏の人ほど、
直ぐに逝きそうになる⇒一瞬でリセット⇒直ぐに逝きそうになる⇒一瞬でリセット  その繰り返し!
つまり、結果的に気持ち良いSEXを思う存分、ストレス無く楽しめるという事に成るのです。
私が最初に「射精のコントロール」を身に付けてから10年が経ちました。その中で私が学んだ事は、「SEXは相手の心を抱く」という事です。「心と心を融合させる」と言っても良いでしょう。私は、女性が何度も何度もエクスタシーに達する度に、お互いの心が剥き出しの状態に成って行く様な感覚に成ります。そのむき出しの心をお互いが、ひたすらに貪(むさぼ)り合う事が出来た時に、初めて男と女が解け合い一つに成れるのではないかと思うのです。貴方とパートナーの魂が、そのように深く結びつき、より強い確かな絆となることを心から祈っています。
 しかし、全ての男性がこの技法をマスター出来るとは、思っていません。人間には必ず個体差が有るからです。ですから、もし、私の本を読んで、分かり難かった事があればEメールにて質問して頂きたいのです。
この分野の事は、質問し辛いという事は確かに有ると思います。しかし、私の本を購読して頂いた方には、是非とも、「射精中枢につながる筋肉」の起動に成功して頂き、このコントロール方法で、SEXを心置きなく楽しんで頂きたいのです。
でじたる書房で本を購入されますと、リアルタイムで販売状況が著者である私にEメールされますので、私の方では何時何分に本が売れたのかを把握出来ます(誰が購入したのかは分かりませんので、ご安心ください)。ですから「①何年何月何日何時何分に本を購入したのかと、②質問または感想」をEメールして下されば、
基本的にはブログ上で、場合によっては直接Eメールにて、出来る限り誠意を持ってお答えさせて頂きたいと考えて居ります。

メールアドレス
   
tunodaseiiti@yahoo.co.jp

大切な補足説明!

 私の著書『射精のコントロール 射精中枢に繋がる筋肉の使い方』の
ステップ3と4においての大切な補足説明をさせて頂きます。
ステップ3をキチンと行いながら、ステップ4を行います。
この二つは別々に行うのではないという事です。
 それと、その際の力加減ですが、余り力を入れる必要はありません。
大切なのは、正確にステップ3を行って、ステップ4をゆっくりで良いのでギュウ~ット行う感じです
強くすることよりも正確にゆっくりと行うほう事の方が大切なのです。力を入れすぎて力んでしまうと、
誠A点を上手く刺激できずに力が分散してしまうのです。それでは意味がありません 笑顔!
誠A点は慣れれば、全く力を入れずに逆に脱力することで小規模の射精感なら消す事が出来るほどなのです。
ですから、今まで力を入れすぎて成功していなかった方は、一度 力を抜いて精度を上げてゆっくりと行ってみて下さい。
 貴方がリセット法をマスターできることを心から願っております。

でじたる書房でアダルト部門が見れないという質問・・・・

でじたる書房さんのメンテナンスの都合か、アダルト部門に入れない・・・・
という質問が多かったのです。
それで、そういう時には下記から入れます。
これは、でじたる書房さんのアダルト部門のベスト100のページです。

http://www.digbook.jp/best_sellers_list.php?mode=adult

上げマン、下げマン、締りの良いマン!②

 「締りの良いマン」と言うと、一般的には先天的なモノをイメージされる方が多いのではないでしょうか?
 ところが、私がお話したいのは後天的な「締りの良いマン」です。
締めると言うと、一般的には入り口である8の字筋を締めることをイメージされる方が多いと思いますが、そこをどんなに締めても最も感じる肝心な亀頭部分は奥の方に入っていますので、男性はそんなに気持ちよくありません。そうです、奥を締めなくては「締りの良いマン」とは言えないのです。
 「奥を締めると言っても、そこには筋肉なんてないんじゃないの?」
そうですよね、腹筋だけじゃあどんなに鍛えても亀頭を刺激するほどには成りません。ところが、長時間のフルピストンSEXが出来る男性に逝かされ続けた女性は自然に奥締めが出来るように成ります。御他聞に漏れず自然にそう成って来るのです。何故かと考えてみると、フルピストンをされて逝きっ放しの状態が続くと、色んな意味で女性器に最も力が入っている状態が続く訳で、それが奥締めの開花に繋がるのだと思うのです。この奥締めが出来る頃には、女性は精神的なM女に成っている事が多いです。
精神的なという意味は、叩かれたり・縛ったりと言ったMだけではなく、男性に従うといった意味での事です。そのフルピストンSEXの快感を覚えた女性はそこから離れる事は難しいのです。快感で頭の中が真っ白に焼ける感覚は他では中々味わえません。また、そこまで出来る男性も一般的には少ない訳です。
因みに、その奥締めを早くマスター出来るのが、私の著書『男もトロケさせる奥締めSEX』ですので、宜しければ読んでみて下さい 笑!
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ