2007年07月05日

[AED]救急隊到着前に使用 蘇生率7倍に 東京消防庁

心肺停止状態となり、一般市民らからAED(自動体外式除細動器)を
使った処置を受けた人の4割で蘇生につながったことが
東京消防庁の昨年中の実態調査で分かった。

詳しくはこちら

こういう情報がバンバン出てAED普及促進に役立てばと思います。

この記事を読んで、前向きに導入を考えてみませんか。
北海道教職員組合執行部の方?

北教組、学校への「AED一方的導入反対」

人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ


2007年05月31日

[東京消防庁]救急搬送に選別制度 6月から試行

救急車出動の急増を受け、東京消防庁は6月から、
救急隊が現場で明らかに緊急性が低いと
判断した患者に対して自分で病院に行くことを勧める
「トリアージ」(選別)制度の試行に全国で初めて踏み切る。

詳しくはこちら

タクシー代わりに使ったり、救急車で病院に行けば
優先的に治療してもらえると考えている人を排除するのには
一定の効果が見込めると思う。
まぁ、うまくいかないなら止めればいいだけの話だと思います。

ただ、核家族化・希薄な近所付合いの中で、

『どこの病院へ行けばいいかわからない』
『症状からどの程度の病気・怪我かわらかない』

など、周りに相談できず救急車を利用するケースが
救急車利用者のアンケートから数%の意見として
出てきている。

東京消防局には病気・怪我をした際の
24時間体制で相談できる窓口
(東京消防庁医療機関案内テレホンサービス)の
周知活動を大々的にPRして欲しい。

人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ


2007年05月26日

ベビーカー引きずり]センサー認識せず 車軸跳ね上がり

東京都千代田区のJR神田駅のホームで、
ベビーカーが電車のドアに挟まれ、
乳児と母親ら3人がけがをした事故で、
ベビーカーのパイプ状の車軸が車両の床から
63センチの高さに跳ね上がったため、
異物を感知するセンサーが作動できる範囲を超え、
作動しなかったことが警視庁万世橋署と
JR東日本の調べで分かった。

詳しくはこちら

幸いにも赤ちゃんの怪我が軽症ですみよかったです。

ここ数日、この事故関係のブログを見ていると
JR東日本が悪いとか、駆け込み乗車した母親が悪いとか
片方を非難する文章が多いと感じました。

今回のような事故は複数の要因が絡み合い発生しました。
(車掌が目視でベビーカーが挟まっているのを確認できれば...)
(駆け込み乗車をしなければ...)

安全を他人にばかり求めるのではなく
自分(達)が事故に遭わぬためにどうするか
考えて行動しなければならないと
改めて考えさせられた事故でした。

最後にすぐ非常停止ボタンを押した男性の方。
すばらしいと思います。
自分がその現場・状況に置かれて
咄嗟に行動をとれたか自信がありません。
こういう行動こそ、大きく記事として
取り上げて欲しいですね。

人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ


2007年05月10日

危険物取扱者みたく

国土交通省所管の財団法人「日本建築設備・昇降機センター」
(東京都港区)主催の遊戯施設に関する専門講習会で、
ジェットコースターなどの検査資格者の参加が、
対象者の2割以下にとどまっていることが分かった。

詳しくはこちら

危険物取扱者は実務についていると3年に1回
講習会を受講しなければなりません。

3年に1回というのが適正かは解りませんが
講習会受講は危険度合いから見ても
是非、義務付けするべきです。


追伸

衛生管理者も取得したらとりっ放しの資格なんだよね...


人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ


2007年05月09日

サッカー中に男子生徒死亡

愛媛県西条市の市立中学校で今年3月、
サッカーをしていた当時3年生の男子生徒(15)が
ボールを胸で受けた後に倒れ、
9日後に死亡していたことが9日、分かった。

詳しくはこちら

AEDの設置を促進して欲しいと思っている中で、
この記事に違和感があったのでブログを書きました。

それはAEDの正式名称『自動体外式除細動器』というとおりに
心室細動になった状態の心停止を除く(治す)ものです。

だから、完全に心臓が停止している状態には
使用できません。

AEDも万能ではないのです。

だからつのぶえはAED講習を含む心肺蘇生法を教えてくれる
消防局等で教えてくれる普通救命講習をお勧めします。




AED訓練器


人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ


2007年05月03日

そうだ、講習会に行こうぅ!

30日に大阪で打球が胸に当り心肺停止になった球児が
その場にいた救命救急士と監督の心臓マッサージや人工呼吸、
そしてAEDのおかげで一命を取りとめた。

詳しくはこちら

yahooの2月に行われた意識調査によると
AEDの使い方を知っていると答えたのは
30%でした。



AEDの設置を公約に掲げ市川市議をトップ当選した
プリティー長嶋もいることだし、AEDの使い方を知らない人!

講習会に行こうぅ!!



人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ


2007年04月25日

肥満の労働者、雇用者側の経費増える可能性

肥満の労働者は、業務中のけがによる労災申請が多く
身体に障害が起こりやすいため、
雇用者側の経費がかさむ可能性があるという。

詳しくはこちら

アメリカってこういう統計を取るの好きですね。
通販番組のネタに使えそう。

『肥満の人々の欠勤日数は理想体重の人たちの何と約13倍
そこでお勧めしたいのがこのダイエット商品○○○○○!』

ってな具合に...

まぁ、体重が重いと膝なんかにかかる負担は大きいのも
当たり前の話だし、大手企業で就業後フィットネスを
任意参加でやっているのをテレビでもやっていたし

要は皆さん太りすぎに注意しましょう。


最近、子供たちの食べ残しを残らず食べて太り気味のつのぶえでした。


人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2007年04月07日

労働安全教育の為に10t車を改造!

日東電工が労働災害を防止すべく『安全体感教育車』を導入しました。

詳しくはこちら(日東電工のニュースリリース)

言っても駄目なら見せてみな
百聞は一見にしかず

という感じで、つのぶえはこういう取り組み大賛成です。

まぁ、中小企業勤めなので、こんな大々的なことは
勿論できませんので
機械にフランクフルトでも突っ込んで
『中の棒まで粉々になるよぉ〜』って
パートさんにでもみせようかな?!

2007年03月26日

普通救命講習に行ってきました。

昨日、消防署で行われた普通救命講習に行ってきました。
細かいことはメルマガに書こうかなぁっと考えていますが、
印象に残ったことを2つ。

1つ目
回りの人に119番通報やAEDを持って来てもらうことを依頼する場合、
『誰か御願いします。』では回りの人も「誰かやってくれるだろぅ。」と
手伝いに躊躇してしまいます。
そこで『あなた!』と指名し依頼すること。

2つ目
AED(自動体外式除細動器)は心停止した人には使用できないこと。
AEDさえあれば、何でもできると誤認識していました。
除細動(心臓が痙攣したような状態)しか使えないんですね...


人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ





2007年02月22日

最近のお気に入りテレビ番組 その2

前のブログネタで書きましたが
つのぶえは他業種・他工場の状況が
とても気になるんです。

関西しかも大阪北部より西限定で
あの阪神ファンにはお馴染みの
延長戦で0時41分まで阪神戦を放送した
サンテレビでおもしろい番組を
見つけました。

ぐっじょぶという番組なんですが
いろんな企業(主にお店)に出向き
多種多様なお仕事に挑戦するというもの。

いかにもローカル番組で予算をかけていないところが
好きです。

勿論、企業の舞台裏が見えるところもね。


人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2007年02月12日

最近のお気に入りテレビ番組

安全パトロールをしているつのぶえにとって
他業種・他工場の状況というのは
とても気になるそんざいです。

そんなつのぶえにとって最近欠かさず
見る番組があります。
それは熱血!平成教育学院
工場見学のコーナーです。

他業種・他工場の状況が見れて
結構おもしろいですよ。



人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2007年01月16日

<スプレー缶>破裂防止に業界が自主ルール

塗料、殺虫剤、整髪剤――。キャップに溝が付いたり、
「ガス抜き」と記されたツマミのあるスプレー缶を目にするようになった。
使用後に缶内のガスを抜くための装置で「中身排出機構」と呼ばれ、
4月までに小型缶(容量100グラム未満)を除く全スプレー缶に取り付けられる。

詳しくはこちら

この記事を読んで、

「そうそう、昔住んでいたところは缶に穴を開けないと駄目だったのに
今住んでいる所は穴を開けては駄目なんだよねぇ」

という会話を今のマンションに引越した際
嫁さんとしてたっけ...

危険予知に関するアンテナが鈍っています。はぃ...(ちょい反省)


それにしても、この問題、議論に10年も費やしたなんて
自治体と業界の責任の擦り付け合いもここまでくると
呆れますよね。



人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2007年01月08日

オリックス前川投手の無免許ひき逃げで思うこと

これが普通の会社であればマイカー通勤規定により
定期的に免許証と任意保険の証券はチェックされるはずですが、
プロ野球選手は個人事業主みたいなものだから
球団側が責任を追及されるのはちょっと可哀想な気がします。

前川投手については

・無免許運転の常習者だった
・女性との接触事故時に救護活動をしなかった
・機動隊員到着時に逃走した

ことを考えると、球団社長が救済の可能性を発言したが
厳罰でないと示しがつかない。
(教職員ならこの場合、名誉失墜行為で解雇になります。)

プレーが素晴らしいが、社会のルールを守れない。
そんな人を『プロ』野球選手とは呼びたくない。

人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2006年12月02日

ちょっとだけ告白?!

このブログで偉そうなこともいっていますが、実は私は『片付け』の苦手なのです。

披露宴の席で上司のあいさつのネタに使われるくらいだから、相当なものでしょう...(涙)
数年前に買ったこの本も、今では家の何処にいったか...(汗)

机のマット下に↓でも貼ろうかなぁ?(笑)

icon
icon

人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2006年11月22日

リスクアセスメント担当者の実務

上司命令でリスクアセスメント担当者の実務
を今読んでいます。

要は危険度を見極め優先順位を決め
PDCAサイクルを用い職場環境を
良くしていきましょうね。

ってことなんですけど、
その仕組みを根付かせるのが
大変だぁ〜〜〜(嘆)

人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2006年11月09日

「今年の汚れ、今年のうちにぃ〜♪」だけでは済ませられない!!

労働安全衛生規則第619条、第1項
日常行う清掃のほか、大掃除を、六月以内ごとに一回、
定期に、統一的に行うこと


これって、年2回は大掃除をしなければいけないってこと??(汗)

さすが労働安全衛生規則!
こんなことまで決められているなんて!!


人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2006年10月31日

労災危険度、4段階に コマツ、災害ゼロへ改善活動

コマツ粟津、小松工場(小松市)と石川地区の協力企業は、
労働災害につながる作業の危険度を四段階に区分する試みを始めた。

詳しくはこちら

最近、労働基準監督署がよく冊子を作ってPRしている
労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針に沿っての
活動と思いますが

この手法が企業に根付けば
『怪我が発生してから対策を考える』から
『怪我が発生する前に予見して防ぐ』に対応が変わり
PDCAサイクルによって安全度は更に高まると考えます。

ただ、定期的にQCサークル等で労働安全活動している会社には
導入しやすいと思うけど、うちは土壌が育っていないから
導入はまだ、先の話になりそうだなぁ〜(遠い目)



人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2006年10月28日

BLUE−CAT始動!

2005年4月に発生したJR西日本の電車事故での教訓を活かすべく
組織的に災害医療を展開できるよう設置された、専門の救急隊BLUE−CATの
初訓練が15日行われた。

設立検討当時の記事はこちら

訓練関係の記事はこちら

事故当時多くの医師や現場近くの日本スピンドル製造を始め
近隣住民等が救助活動に当たったが組織的な活動はできなかったというか
仕組みがなかった。
そこで全国初の救護担当やトリアージ担当を振り分ける調整役の救急隊が
できたことは大変喜ばしいことです。
大規模災害・事故が発生した際、BLUE−CATが活躍することを期待しています。

補足ですが、トリアージのバンドの色をよく知らなかったので調べました。

詳しくはこちら

黒は死亡でそれ以外は緊急度合いの高いものから「赤⇒黄⇒緑」と
信号の順番と覚えれば覚えやすいと思います。



人気blogランキングへ


ビジネスブログ100選へ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ




2006年10月09日

メディカルラリー

日曜日の日経新聞にメディカルラリーについての記事が掲載されていました。

まったくこんな競技会があるのを知りませんでした。(反省)
なので、普及活動に(?)一役買う為に内容をまとめてみました。


救急医療チームが制限時間内に与えられた課題に対し
適切な状況判断と救命処置を行えるかを競う競技である。

この競技のいいところは
・普段経験することが少ない人達に現実に即した現場状況を体験させることができる。
・能力を試す機会が与えられ、且つ客観的に採点・評価される。
・結果をフィードバックし自分の不得意分野を認識が解る。
という点です。

ん?
確かうちの会社の人事考課も客観的に評価されて
フィードバックする仕組みだったような気が...

一度もそんな話されたこともないなぁ...


人気blogランキングへ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ


2006年09月25日

脚立転落事故で経産省が異例の要請

庭の手入れなどに使う脚立から転落して死亡する事故が、
この5年間で7件発生していることがわかり、
経済産業省は、業界団体に事故の原因について調べるよう
要請しました。

詳しくはこちら

湯沸器やシュレッダーと違い、製品自体に欠陥がある訳でもないのですが
5年間で転落事故で7人の方が亡くなられたということでの
要請なのでしょう。

業界団体がどのような対応をするか、気になります。

人気blogランキングへ


お暇ならつのぶえのHPへどうぞ


訪問された方の人数



おすすめ