中心性網膜炎の検査、こちらの病院でも行ってきました。

まず言われたのは、最後の検査の後、検査受けて無いこと。
でも、それは前の病院の副院長が「継続検査不要」と断言したからなんだけどね。
ただ、前の病院でも再発後すぐに行ったら、前見てくれた副院長ではない先生が、同じ事を言葉を濁して言っておりました。副院長の判断が早すぎたってとこかな。

それと、造影剤で検査したか?って聞かれました。んな事勧められてもねー。
造影剤を使って検査しないと誤差があるらしく、簡易検査だけで回復していると判断するには、やっぱり早過ぎると。


前回の初回発症と、再発というのは重み?が全然違うらしく、再発したということは治りに時間を要する、視力障害が残る可能性が高まる、治ってもまた再発する可能性が高まる、って事らしい。
重ねて悪化してることと、視神経が最も集中してる場所で発症してることで、なんか先生方の言葉に緊張感が・・・


そう、状態は、やはり発症時より悪化しておりました。
ただ、何故か視界の屈折は少なめ、でも歪んでるし、不安なのは影があること。
視線の中心部と周囲、そしてその上側にかけて、光を暗く感じる影があって、どうかしたら左目閉じて右目だけのほうが、よく視認出来るんだよね。

それでも視力は症状の割にはあるそうなので、これ以上視力障害が進まなければ、現状維持で経過観察ということでした。


もし、視力障害が悪化したら、手が無い訳ではないと。

造影剤検査で、網膜剥離の原因となっている液漏れ個所を調査
注射でレーザーを増強する薬を問題の個所へ投薬(目に注射怖いーーー!)
視神経への影響が少ないよう弱レーザー照射


でも、中心性網膜炎の場合、この治療法は保険が効かないんだって。加齢性ならば保険が効くけど、年齢的に加齢性には出来ないと。
で、薬と治療代合わせると1回の処置に40万円程、これを数回。


あー、無理無理。1回の治療で結構なカーボンフレーム買えちゃうじゃん!


て、事で悪化しないよう、日々の生活に気を配る、気休めとはいえ薬を服用する事しか出来ませんが、これを継続しなきゃですね。


正直再発後の診察結果を聞いた時はかなりショックだったねー。
でも今は開き直ったというか(笑)、前向きに治療に専念するぞーって気持ちになってきましたー

そうそう、しゃーねーよなー。無理せず気長に治すぞ!