インポートのセレクトショップ タプレスタイルのブログ。
40代、50代のお洒落な女性へ 「毎日がお洒落曜日」をテーマにオーナー店長が買い付けてきたインポートファッションをご紹介します。お店のページはこちら。 Tuplet-Style.Com 住所は東京都 板橋区東新町1丁目22-2です。

【タプレ】ファッションブログ:40代,50代の洋服選び 毎日がお洒落曜日

タプレスタイルは、30代、40代のお洒落な女性にフランスやイタリアからのインポートファッションを提案します。


Miki MIALYのワンピース+白いスリッポン

皆さんこんにちは。



フランス・イタリア買い付け 
インポートセレクトショップ タプレスタイルのファッションバイヤー 渡辺です。


厚かったり寒かったり、変化が激しいですね。

昨日は暑かったので、今年の春夏物で皆様にお届けしました
さらりとしたインド綿でできた Miki MIALYのワンピースを着ました。

ジャカード凹凸が肌に心地よく、ゆとりもあるので動きも楽です。


DSC_0039


足元はいつものスパンコールスリッポン。

活躍の場が多いです。
普通の白い靴よりシャイニーなので足元がしっかりと主張します。

DSC_0035


DSC_0033


DSC_0031



私の着用しているのはサイズ38です。
サンプル撮影のときは36でいいと思ったのですが、横から見たときに
足が見えすぎないようにワンサイズあげました。
だいぶゆったりしていますが、座ったときにヒップにゆとりがあるので楽です。


もう10年も使っているカゴバッグと、白スリッポン、白カーディガンで
夏のモノトーンです。


黒も素材選びで涼しく見えるので、上手に取り入れてください。

夏は光沢がある素材、ジャカード透け感ある生地がお奨めです。


-----------------------------------

昨日は片道2時間かけてお客様のヒトミ様がご来店してくださいまして。

タプレ歴2ヶ月くらい。で、もう2回目のご来店。

その情熱が素晴らしいです。

前回は「東京に一人で来ることはそんなにないので命がけで来ました!」
と仰って頂きましたが2回目は少し慣れたご様子。

試着すると新しい発見があり、生地の感触がわかります。

来店されるメリットとしては、まだショップに掲載していない
アイテムを誰よりも先に選べます。

予約という形でお預かりしておきますので、
あとからゆっくり注文手続きできます。

他のショップのように大きな袋で持って帰らなくても、
こちらで発送いたします。

前回ご来店の際、試着して気に入って頂いたトップスを
予約していかれなかったので、掲載したとたんに売り切れて
「私が先に目をつけていたのに!」とびっくりされたらしく
今回はしっかりと予約していかれました。

遠くから時間をかけて来店くださる方って
バイタリティがあるというか、前向きというか運をつかみに行く感じがします。


皆さんも思い切ってお店に来たくなったら、ご連絡くださいね。

------------------------------------


↓おはようのクリック。
押して頂けると嬉しいです。




50代ファッションランキング





にほんブログ村 ファッションブログへ




キラキラが新しい。ルレックスなニット

皆さんこんにちは。



フランス・イタリア買い付け
 インポートセレクトショップ タプレスタイルのファッションバイヤー 渡辺です。



昨年から今年に入って見かけるのが「ルレックス」な糸の入ったニットやカットソー。

要するにラメ糸なのですが、シャイニーでオトナの雰囲気がするため
ハイクラスなブランドで無地の服たちに混じって、輝きを出していました。

今回入荷したイタリアのパーロンキもこのラメ使いのニットを出していまして、
その手法が面白いのでご紹介しますね。


PRC-28032-1B


こちらのカーディガン、コットンリネンでラメ糸を使っていまして。

PRC-28032-6


横から見ると、脇に縫い目がありません。


PRC-28032-8


ということは、ホールガーメントで編んであります。

(※ホールガーメントは縫い目無しで筒状に編む手法)

そして裏側に別の色の編み生地がついていて、
このためダブルになっています。

普通はこのダブルになった編み生地はどこかで縫い合わせているんですが、
前立て部分も違う色でダブルになって、縫い目がわかりません。

しかも前立てはわざとねじってあって、内側の編地の色が見えています。

この前立てと、身頃のリンキング部分が唯一継ぎ目のような感じで
着ると内側のニット生地も縫い目が無いんです。

すごい技術です。リンキングの目の細かさにびっくり。

洋服扱う職業としては、これはすごいテクニックというか
コストかかるでしょ、と思ってしまいます。

PRC-28032-18

PRC-28032-19

そして内側のニット生地は袖口も裾もわざと表面より長くしてあり、
これがデザインになっています。


PRC-28032-16


きっちりとしたカーディガンでラメだと少し老けて見えるところを
遊びを入れて、若々しさも出しつつオトナの雰囲気。



モデルさんが着るとこんな感じ。
PRC-28032-23





袖口折り返してますね。
ネックレスと内に着ているタンクトップは買い付けなかったのですが
(タンクトップでも高いから)ゆるい雰囲気で大人の色気が出ます。

価格が贅沢プライス、
38,000円+Taxです。

シェルのボタンも高級感があって本気出している感が出ています。


今期はこのラメニットも、高級ラインからもっとリーズナブルなものまで
あります。

リーズナブルなラインはこちら。
ラ・プティエトワールのニット類。
LPET-JANNALI2-07

優しげベージュピンク。

LPET-JANNALI2-09



LPET-JANNALI2-13

こんな色です。
LPET-JANNAL-24


シルバーのTシャツ。
LPET-ORPHINA-07


LPET-ORPHINA-10


LPET-ORPHINA-12



羽織のカーディガンもあります。
これはピンクです。Vネックニットよりもワントーン明るいピンク。
LPET-OTHA-PK-09

LPET-OTHA-PK-15


雰囲気のある写真を撮ろうとしたんですが、
居眠りしてるように見えたらスミマセン。(^^;
LPET-OTHA-PK-17

色違いです。
LPET-OTHA-WH-03

LPET-OTHA-WH-11

LPET-OTHA-WH-12





高級ラインとの違いは裏側の処理や肌触りですね。

でも普段使いには十分で、
だいたい8,000円台から12,000円台くらいなので
2年着られたら一年5〜6000円くらいの計算になりますから
使い倒すのには良いと思います。

特に湿度があるシーズンは、ラメがはいって少しシャリ感があると涼しいです。

勝負カーディガンで贅沢なイタリアブランドのイタリア製、
日常着倒しでリーズナブルなフランスブランドの中国製、
シーンに合わせてお選びください。

ラメ糸が入ったものはドライではなく手洗いしてください。

箔加工のものも石油系だと箔がはがれます。


商品は準備できしだいアップです。


----------------------------------------------


少し動くと息切れして、急いだり走ったりすると
呼吸が苦しくてしょうがなかったんですが、
今朝仕事を始めようと荷物開けたり作業していたら
もう息苦しくて立っていられなくなったので病院へ行きまして。

結果、貧血がひどすぎるので鉄剤を出されました。

身体が貧血状態に慣れていたので普通に生活していたけど、
急いだり 電車に駆け込み乗車したり、
苦しくなることはやってはいけないといわれて
今、作業する動作スピードをノロノロにしています。

でもせっかちな性格なのでストレスが溜まります。

そしてそそっかしいので、忘れ物をしていつも慌てて
時間ギリギリに小走りで駅に着きます。

貧血って言うか、私の性格が原因じゃないか?

っていうか、この状態でよく大きなスーツケース2個持って
買い付け行ってたな・・・。


暫くいろんなスピードが落ちるかもしれませんが、
温かく見守って頂けると嬉しいです。 m(_ _)m


----------------------------------

のんびり待ってます、と思ってくれたらクリック。
↓ 


50代ファッションランキング


新しいお客様が沢山増えたんですが、
皆さん優しくて、注文の際に「急がないのでゆっくり発送でいいです」って
書いてくださってとても嬉しいです。

ありがとうございます。


にほんブログ村 ファッションブログへ


キュートな赤とシックな黒。どっちがお好き?

皆さんこんにちは。



フランス・イタリア買い付け 
インポートセレクトショップ タプレスタイルのファッションバイヤー 渡辺です。



同じ服でも色によって印象が変化することってありますよね。
たとえばこのニットトップス。

赤が夏の日差しに映えて、華やかでキュートな印象。

シックなグレイのパンプスもマッチして、ただ一枚着ただけなのに
上品で洗練されたマダムの印象です。

重ね着しているように見えますが、重ね着に見えるデザインで
一枚着ただけ。
ボイルプリントの丸襟タンクトップの上に半そでカーディガンを羽織ったような
デザインで、袖や前の布が涼しげです。


PRC-28013RD-2



そして同じデザインでも黒になると、ぐっとシックになります。

黒いクラッチも似合います。

PRC-28013BK-8



色でかなり印象が違いますね。

私はこの服だと可愛い赤が好きですが、
オフィスだと黒のほうがしっくりなじみますね。


このニットはハイゲージのコットン100%です。

とても糸が細くて一瞬(カットソー?)と思いますが、
ニットなんですよね〜。


襟周りはデコルテが開きすぎず、詰まり過ぎず、
タッティングレースのネックレスもきれいに見える開き具合。

丁寧に作られた質の良いニットなので胸元がきちんと見えます。
あんまり安いのだと、このデコルテのきれいさを出すのが難しい。

襟周りから安っぽさが滲み出てしまいます。

なぜなら、ニットの襟、袖などはリンキングといって編みあがったニット同士を
更に編み縫い合わせするので、この作業が大変なのです。


PRC-28013BK-12


こんな感じで目が疲れる、とニット工場の方が仰っていました。

↓ これはイタリアのルカ・シモネッティを訪ねたときに
連れて行ってくれたニットの生産工場で撮影させてもらいました。



img-cashmere-62


それなので、ニットの仕上がりはこのリンキングが重要でして。


今アップしていますパーロンキは、この仕上げ部分がきれいで
本人たちが「ハイブランドと同じクオリティなのに
価格がだいぶ安い」(まあ、安くは無いけどハイブランドに比べれば)
というのを自慢していました。


先日イタリア訪問したときにルカも同じことを言っていました。

「自分たちは有名ブランドと同じクオリティなのにその価格は
まったく違う。
自分たちが作ると200ユーロのカシミア小物が
有名ブランドでは800ユーロする。でもほぼ一緒だよ」と。


今、世の中の服は ものすごいハイブランドで誰でも知っているか、
あるいは安すぎて知られているファストファッションか、
二極化が進んでいます。


私が選んでいるのは 有名じゃないけどクオリティとデザインが良くて、
値段もべらぼうに高くないけど、安くも無くて、
こだわりと品質とデザインとがバランスよく混在している服、
というコンセプトになります。

数千円以下のファストファッションとも、 1着15万もするブラウスでもニットでもなく
その中間というべきでしょうか。

中間もいろいろレベルがありますが、ハイブランドのクオリティに近く、
でも価格はもっと手が届くレベルのものを探してきているので
素敵なものを丁寧にケアしてオシャレしたい方は、是非お試しになってみてください。


紹介しましたニットは本日アップいたします。(断定)


--------------------------------------------------------

こちらのニットにお客様からコメントを頂きました。

「パーロンキのニット、いいですね〜。
ティールはユーログレイに近いお色ですか?」

PRC-28005-51



ヨーロッパではグレイという言い方をしますが、アイアングレイ、
スレートグレイ、ブルーグレイ、ブルーグリーングレイ、ペトロール、
なんて言い方がだいたいあっていると思います。

アイボリー系は勿論合いますが、くすんだピンクのストールなんかも
あわせるとコントラストが出てきれいですよ。



PRC-28078-1


オフ白もとっても素敵で、このニット一枚で主役になれます。
ニットってカットソーには真似できない 上質感と安心感がありますね。

ご検討くださいませ。



---------------------------------------------

ニットの話が参考になった、と思ったらクリック。



50代ファッションランキング


にほんブログ村 ファッションブログへ

livedoor プロフィール
Online Shopping
タプレスタイルショップページはこちら
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
アーカイブ

【タプレ】ファッションブログ:40代,50代の洋服選び 毎日がお洒落曜日