会員の皆さんこんにちは。


フランス・イタリア買い付け 
インポートセレクトショップ タプレスタイルのファッションバイヤー 店長
渡辺です。


暑いですね。やっとセミが鳴き始めて夏がやってきた感じです。

今日は、お客様のIkukoさまから

「先日 店長さんと花岡さんがピースちゃんのTシャツお揃いだったそうですが、
わたしも最近はピースちゃんのTシャツとワンチャンいっぱいのTシャツを愛用してて
フレアスカートと合わせるのがお気に入りです。」

と メッセージをいただいたので今日はTシャツを掘り下げてみます。

簡単そうだけど、結構注意が必要なアイテムでもあります。

頂いたメッセージの「ワンチャンいっぱいのTシャツ」
というのはこちらのシリーズでして。

YK-S20-LEFT-B-25


YK-S20-LEFT-B-30


YK-S20-LEFT-B-7


手描きプリントが味がある感じです。

ここのTシャツは首回りがしっかりしていて 洗って ビローンと型崩れしにくいです。

かといって首は詰まっていません。

あんまり首が詰まっていると顔が大きく見えるデメリットがあり、
開きすぎていると枯れてきた50代のデコルテには
目線に困ることがあり、ほどほどの開きというのは結構重要です。

このタイプも襟元をご覧ください。

YK-E20-ISABEL-2

襟回りが割としっかりしているので、前かがみになった時
襟元が垂れて胸が見えるのを防いでいます。

私はMサイズを着ています。
バストというか、胸板も薄いのですが
それでも胸元が見えにくいので、なかなか考えられていると思います。

ピースのTシャツも同様です。

YK-TUPLET20S-14



ピースのTシャツと、犬がいっぱいのTシャツは生地がしっかり目で
胸の薄い人も胸の大きな人もOK。

あと、ピースのTシャツは着丈を短めにしていますけど
お腹が見えるほどではなく、スカートでもパンツでも
ボトムにインすることなく一枚で着られるので楽です。


こちらのTシャツは襟の周りが細めなのですが、
開きすぎていないのでこれもオススメ。
コサージュは、夏の間は邪魔なので
冬物のセーターにでもつければいいんじゃないでしょうか。

GIJ-60411-6


これはあんまり大きくできてないので、
小柄な人にもいいと思います。


↓ こちらのTシャツは裾の切り替え部分が透け感があるので
着丈があっても重苦しさがありません。

YK-E20-ISABEL-3


身頃生地自体が柔らかで、洗うほどに馴染む素材です。

YOSHI KONDOはこの素材でTシャツとワンピースを何年か出しています。
夏は気軽に洗えるのと、すぐ乾くので重宝しています。

種類もたくさん出ているTシャツですが
人と被ったり たくさん出回っているものが嫌いな方には
ちょっとした拘りのあるものが 末永く愛用できそうですね。



ではまた。 


↓クリックありがとうございます。


Tuplet-Style BLOG RANKING & SNS
50代ファッションランキング・人気ブログランキング50代ファッションランキング・人気ブログランキング
Tuplet-Style twitterTuplet-Style facebookTuplet-Style LINE



にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
にほんブログ村