2008年02月26日

最低女、誕生。

am00:21。
帰ってきました。
ただいま。


ズルイ。
ズルイよ、拓ちゃん。
そしてあたしは最低だ。


場所は拓ちゃんの家。
勉強が終わってテレビを見ながらダラダラしてたの。


あたしはふと、ペスと別れようと思っていること拓ちゃんに伝えたの。


でもネ。
あたしが拓ちゃんにペスと別れる事を言ったのは別に相談とかじゃなく拓ちゃんの意見を聞くのが目的でもなくただ『あたしとペス、別れることになるからその時はきっとペス、荒れるだろうからフォローよろしくネ』ってことを言いたかったし、実際にこんな感じのことをあたしは言ったの。


あたしの言葉を驚きながらも聞いた拓ちゃんは突然、あたしを抱きしめたの。


そして抱きしめながら耳元で信じられない言葉を言ったの。


『俺、ずっと待ってたよ。姫とペスが別れる事』


あたしは拓ちゃんが何を言ってるのか理解出来なかったの。
何で拓ちゃんはあたしを抱きしめてるのか、何でそんなこと言い出すのかあたしには分からなかったの。


『ペスと別れたら1番最初に俺とデートしてよ』


そんな事言われてあたしはどう返事をしていいのか分からなかったの。


でもネ。
拓ちゃんがあたしを抱きしめる腕の力が強くてあたしは拓ちゃんの腕を振りほどくことが出来なかったの。


結果。
最低女、ここに誕生。


別にエッチとかキスとかしてないけどあたしは最低で拓ちゃんはズルかったの。


大事なテストの前々日だというのにあたしは一体何してるんだろう。


ズルイな拓ちゃん。
ズルイよ。
そしてあたしは一体、拓ちゃんに何を期待しているんだろう。

本当、最低。


tur1118 at 06:36│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔