2006年競馬今年の競馬界をまずは、各路線別に振り返ってみたいと思います。

3歳牡馬路線は、大混戦になった皐月賞を先行抜け出しで勝ったメイショウサムソン日本ダービーも制して春競馬を牽引、石橋騎手の涙のダービー制覇も輝いていました。秋になると春2冠で2着・3着と惜敗に甘んじていたドリームパスポートが本格化するも、アドマイヤメインが大逃げをした菊花賞ソングオブウインドの急襲に遭い2着、その後のジャパンカップでも力を示したものの2着と詰めの甘さを見せました。3冠を逃しただけでなく、その後も精細を欠く競馬をしているメイショウサムソンの復活が待たれます。クラシックに縁がなかったアドマイヤムーンも天皇賞で3着、香港Cで2着と力を見せています。

3歳牝馬路線は、カワカミプリンセスが引っ張りました。無敗でオークスを制した後、ぶっつけの秋華賞でも完勝。初の古馬挑戦となったエリザベス女王杯では1位入線も降着。有馬をパスして挑む2007年はさらなる飛躍が待たれます。そのエリザベス女王杯を繰上げで優勝したフサイチパンドラジャパンカップで5着に入るなど、力を見せています。また、無冠に終わったアドマイヤキッスアサヒライジング、桜花賞以後パッとしないキストゥヘヴンなど、実力馬のG祇覇が期待されます。

古馬牡馬路線は、なんといってもディープインパクト凱旋門賞は禁止薬物も含めて残念な結果になりましたが、天皇賞宝塚記念ジャパンカップ有馬記念と国内では無敵でした。ハーツクライドバイシーマクラシックで優勝し、世界3強の一角として挑んだキングジョージで3着。ジャパンカップ惨敗後は故障で引退が決まりましたが、ディープインパクトと共に日本馬のレベルの高さを欧州に示しました。ディープインパクトのいない天皇賞では、ダイワメジャーがのど鳴りから復活の勝利。続くマイルCSでも優勝し、健在ぶりをアピールしました。また、コスモバルクデルタブルースの外国での頑張りも目立ちました。

古馬牝馬路線は、王者スイープトウショウが故障の影響もあってか往年の勢いがなく、エリザベス女王杯は3歳勢の勢いに屈します。今年新設されたヴィクトリアマイルダンスインザムードが優勝。その後もダイワメジャーには屈し続けるものの、マイルCSでも2着に入るなど、安定感のあるところを見せ付けました。一方でシーザリオの故障や、ラインクラフトの急死と、主役級の馬たちが次々とターフを去るのは寂しいことでした。

短距離路線は、ここに書くことがほとんどないほど層が薄い状態で、安田記念スプリンターズSと外国馬に持っていかれました。前半戦は準主役をはったオレハマッテルゼも秋は全く良いところなしで、今年も確固たる主役が不在の年でした。

ダート路線は、フェブラリーSを圧勝しドバイワールドカップでも4着に入ったカネヒキリが故障し、秋のジャパンカップダートでは新星アロンダイトが台頭。短距離〜マイルで敵なしだったブルーコンコルドが中距離に殴りこみ、東京大賞典を勝利したり、地方競馬場のレースではアジュディミツオー強さを見せつけたりと、条件によって勝ち馬がコロコロ変わる面白い展開に。そんな中でシーキングザダイヤは今年G2着4回と相変わらず勝ちきれず、悲願のG祇覇が待たれます。

2歳牡馬路線は、なんといってもドリームジャーニーといいたいところですが、個人的に一番楽しみなのはフサイチホウオーです。ディープインパクトの弟ニュービギニングもいますが、これからどの馬が抜け出してきますでしょうか。ジャングルテクノにも注目しましょう。

2歳牝馬路線は、阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったウオッカと、2着のアストンマーチャンが今のところ抜けている気がしますが、まだまだなんともわかりません。

障害路線はあまりわからないので総括を避けておきます。

さて、僕の2006年の競馬については「続きを読む」からどうぞ見てください。

2006競馬フェブラリーS 見送り

高松宮記念 見送り

桜花賞 ◎アドマイヤキッス 2着
◎馬2着も、○シェルズレイが5着でハズレ。どのみちキストゥヘヴンもコイウタもノーマークなのでハズレ。

皐月賞 ◎ジャリスコライト 7着
良い手応えだったのですが、伸びませんでしたね。

天皇賞・春 ◎ディープインパクト 1着
2着も順当に○リンカーンで馬単的中。▲デルタブルース惨敗で3連単はハズレ。

NHKマイルC ◎フサイチリシャール 6着

ヴィクトリアマイル 見送り

オークス ◎キストゥヘヴン 6着

ダービー ◎メイショウサムソン 1着
○アドマイヤムーン7着も、△アドマイヤメイン2着とのワイド的中。

安田記念 見送り

宝塚記念 ◎ディープインパクト 1着
ナリタセンチュリーとかバランスオブゲームなどノーマークでした。

スプリンターズS 見送り

秋華賞 ◎アドマイヤキッス 4着
○カワカミプリンセス1着も…ハズレ。あと1頭交わせていれば…。

菊花賞 ◎アドマイヤメイン 3着
◎馬はレースを盛り上げて、2着ドリームパスポートも、ソングオブウインドまでは手が回らずハズレ。

天皇賞・秋 見送り

エ女王杯 ◎スイープトウショウ 2着
◎馬のアタマしか買っておらずハズレ。フサイチも降着なら…。

マイルCS ◎ディープインパクト 1着
◎馬優勝、○ダンスインザムードも2着で馬単的中。

JCダート ◎シーキングザダイヤ 2着
◎馬の2着付けなどあまり買わないのですが、この馬だけはこの買い方で…。しかしアロンダイトはノーマークでハズレ。

JC ◎ディープインパクト 1着
◎馬優勝も○ハーツクライ失速でアウト。

阪神JF ◎アストンマーチャン 2着
◎馬2着も、ウオッカはノーマーク。

朝日杯FS ◎マイネルレーニア 5着
◎馬5着で完全アウト。

有馬記念 ◎ディープインパクト 1着
◎馬優勝も、ポップロック切りでアウト。