ランキング
凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞へ向け、フランス競馬を中心にした話題、フランスダービー、フランスオークス、パリ大障害、アメリカ賞他

2017ハードル戦線春最終トライアル

2017年 バルカ賞 結果

Prix La Barka G2 5歳以上 4300mハードル オートゥイユ競馬場  16h55

最後の直線、外ラチ沿いをProtekapril
内を突いて抜け出したL'Ami Sergeに、中央からShaneshill、外ラチ近くで追いかけてくるDevice。

しかし、きれいに突き抜けたのは、Shaneshillだった

これは強かったですね。

もっとも、見ごたえありましたが、タイムはずいぶん遅く、最後のよーいドン!になった感もあり、敗れたDeviceも、本番巻き返すかのせいもありますね。
Shaneshillは、愛G1からの転戦。
L'Ami Sergeは、英国からの転戦。元仏障害出身。
Protekaprilは、条件クラスですから、よほどスローだったともいえそうです。

01着  10  Shaneshill  R. Walsh  5'20''45
02着  02  L'Ami Serge  3/4馬身  
03着  03  Device  2馬身  
04着  11  Protekapril  2馬身  
05着  01  Alex de Larredya  4.5馬身  
06着  07  Yoko  1馬身  
07着  04  Bosseur  3.5馬身  
08着  09  Capivari  1.5馬身  
09着  06  Open Eagle  2.5馬身  
10着  05  Champ de Bataille  30馬身  




2017年 ケスタラバド賞 結果

Prix Questarabad G3 4歳 3900mハードル オートゥイユ競馬場  15h45

出し抜けをくらわすような好スタートから先頭を行くCandide
勝負所の3コーナーでは先頭守るも、後続も追いついてくる。

そのなかで、CandideをロックオンしたPrince Aliが、直線外ラチへ持ち出し、内外離れての争い。
飲み込まれるかに見えたCandideが、平地重賞を制した脚で頑張る頑張る。
最後は、スタミナでPrince Aliに軍配。

Prince Aliは、前走リステッドを制した上がり馬。

01着  06  Prince Ali  K. Nabet  4'45''82
02着  05  Candide  2.5馬身  
03着  04  Izzo  1.75馬身  
04着  07  Titi de Montmartre  1.25馬身  
05着  02  Kalifko  1馬身  
06着  01  Pyromane  1.75馬身  
07着  08  Pop Art du Berlais  1馬身  
08着  10  Felicie  3/4馬身  
09着  09  D'Entree de Jeu  2.5馬身  
10着  03  Hurkhan  30馬身  
11着  11  Meri Devie  LOIN

カンの3重賞結果

2017年 ノルマンディ公賞 結果

Prix des Ducs de Normandie G2 4-10歳 2450mアトレ カン競馬場

今年もいいメンバーそろいました。
G1といっていい顔ぶれ。
先日、伊ロッテリアを制したばかりのTimone Ek
ボールドイーグルを破ったこともあるTraders
昨年の覇者Bird Parker
強烈に強い世代のBからはもう1頭Billie de Montfort
そして、いまや、セン馬の雄Aubrion du Gers
ノルマンディーといえば、花のルーアン組のAmiral Sacha

レースは序盤、Amiral Sachaが上がって言って先頭。
これを交わして、突き放しにかかるTraders
しかし、再びAmiral Sachaが加速すると、それを追ってくるのが、人気Aubrion du Gers。

直線Tradersを振り切って先頭のAmiral Sacha
王者の意地にかけて追ってくるAubrion du Gersを最後まで抑えて優勝。

久々に強かったですね。

01着  07  Amiral Sacha  G. Gelormini  1'10''5
02着  06  Aubrion du Gers  1'10''5  
03着  02  Traders  1'10''8  
04着  08  Bird Parker  1'11''3  
05着  09  Billie de Montfort  1'11''4  
06着  03  Timone Ek  1'11''9  
07着  05  Ulk Medoc  1'12''0  
08着  01  Venosc de Minel  1'15''7  
09着  04  Tagada Tagada  1'15''8  





2017年 サン・レジェ・デ・トロッター 結果

Saint-Leger des Trotteurs G1 3歳 2450mモンテ カン競馬場

Eiffel Towerが先頭。
これがーレースをグングン引っ張るのだが、実況のEiffel Towerの発音が、エッフェル塔に聞こえるのが気になってしょうがない。
エッフェル塔は、最後の直線も、セーフティーリードというより、保ったリードはそのまま、さらに突き放して完勝。
フロックではなく、圧勝といえるかもしれない。
人気になって、マークされて、この先どうなるかだろう。

Eiffel Towerは、10戦4完走3勝。
モンテの完走はすべて1着と、一応は底見せていない。
今回は、35倍の6番人気で、その他大勢の部類だった。

01着  09  Eiffel Tower  D. Thomain  1'14''3
02着  13  Emilius de Play  1'15''0  
03着  16  Elegante du Mont  1'15''0  
04着  15  Ezreal Jiel  1'15''3  
05着  18  Evidence Roc  1'15''5  
06着  06  Eponin Desjy  1'15''9  
07着  01  Evan Paulo  1'16''6  
08着  12  Easy Turgot  1'17''2  
09着  02  Eawy d'Eole  1'20''8  
Dai  03  Electra Bar
Dai  04  Eros du Becquet
Dai  05  Espoir Anvalou
Dai  07  Everly
Dai  08  Ebony d'Ourville
Dai  10  Excalibur de Moon
Dai  11  Etuake
Dai  14  Elladora de Forgan
Dai  17  Epatante
Dai  19  Eye of The Storm





2017年 アンリ・バリエール賞 結果

Prix Henri Balliere G2 4歳 2450mモンテ カン競馬場

2番人気Dawanaが行く。
1番人気のDragon du Fresneは、ジワジワ上がって先頭へ。

途中から、Darlhey du Ribが仕掛けてきて、先頭に並びかけるが、直線に入ると、Dragon du FresneDawanaの一騎打ち。
迫られるが、これを制したDragon du Fresneが優勝。

このメンバーでは実績上位のDragon du Fresneが、ここは圧倒的人気で勝利した。
Dawanaは、初モンテも、まずまずの見せ場たっぷり2着。


01着  07  Dragon du Fresne  M. Abrivard  1'13''4
02着  08  Dawana  1'13''4  
03着  05  Darlhey du Rib  1'14''0  
04着  06  Dragon d'Avril  1'14''0  
05着  04  Drole de Gosse  1'14''7  
06着  02  Doria Raudiere  1'14''8  
Dai  01  Daljemosa
Dai  03  Ducson Imperial

サンタラリ賞2017はソウベツ プールデッセデプーラン2017はブラムト

2017年 サンタラリ賞 結果

Prix Saint-Alary G1 3歳牝馬 2000m ドーヴィル競馬場

逃げたEstelle Ma Belleを追って2番手のSobetsu
いい手ごたえのまま直線で追い出すと、途中からグングン伸びて圧勝。
1頭別次元。

ミスタープロスペクター系DUBAWI産駒。
母父ダルシャーンでネヴァーベンド系。

お母さんがLAKE TOYA。洞爺湖。
ゆえに壮瞥町の町名が着いたんでしょう。
祖母はシンコウエルメスで、その兄弟はオースミタイクーンにジェネラス。

日本には縁深いですね。

01着  06  Sobetsu  W. Buick  2'05''92
02着  08  Vue Fantastique  3馬身  
03着  03  Coronet  1.75馬身  
04着  01  Hebah  CTETE  
05着  11  Gold Luck  CTETE  
06着  05  Lady Frankel  半馬身  
07着  10  Body Sculpt  1.75馬身  
08着  02  Peace In Motion  CENC  
09着  07  Asking  4馬身  
10着  09  Estelle Ma Belle  7馬身  
11着  04  Monroe Bay  8馬身  






2017年 プール・デッセ・デ・プーラン 結果 仏2000ギニー

Prix Poule d'Essai des Poulains G1 3歳牡馬 1600m ドーヴィル競馬場

叩きあいで横一線ながら、徐々に入れ替わる前の顔ぶれ。
先頭に立って、押し切りを図るRivetのうちから負けなしのLe Brivido
外、馬場中央からBrametotが切れる脚を一瞬魅せる。
3頭のたたき合いは、徐々に2頭へ。
最後は、わずかに差したBrametotだが、直前までは、Le Brividoだったか?

上位2頭は、ここまでの臨戦家庭からも、甲乙つけがたい。

Brametotは、リファール系RAJSAMAN産駒。母父リボー系LAW SOCIETY。
伯父がモンズン。
血統的には、中距離は問題あるまい。

01着  02  Brametot  C. Demuro  1'36''82
02着  03  Le Brivido  CTETE  
03着  11  Rivet  3馬身  
04着  13  Spotify  6馬身  
05着  04  Orderofthegarter  NEZ  
06着  07  Inns Of Court  ENC  
07着  12  African Ride  3馬身  
08着  01  Mankib  1.75馬身  
09着  05  Kings Gift  1馬身  
10着  08  Peace Envoy  CTETE  
11着  09  South Seas  CTETE  
12着  06  Salsabeel  半馬身  
13着  10  National Defense  12馬身  

ペリエvsスミヨンはペリエに!2017プールデッセデプーリッシュ

2017年 サン・ジョルジュ賞 結果

Prix de Saint-Georges G3 3歳以上 1000m ドーヴィル競馬場

逃げたSigns Of Blessingが、そのまま他の馬を突き放す圧勝。
昨年のワンツーは、3着4着であるから、力の違いを見せたといっていい。

もっとも、このレース2番人気でもあったし、1番人気はProfitableで、4着ぐらいまで、ほぼ人気どおりに入線している。
Signs Of Blessingは、香港スプリント5着。
いわば、戦ってきた相手が違う。
しかも、ここでは、モーリス・ド・ゲストを制しているから、得意の舞台。
昨年ここを5着した時とは、もう別の馬かもしれない。

Signs Of Blessingは、ダンジグ系INVINCIBLE SPIRIT。
母父ミスタープロスペクター系SEEKING THE GOLD。

01着  01  Signs Of Blessing  S. Pasquier  0'57''34
02着  06  Profitable  2馬身  
03着  02  Finsbury Square  3/4馬身  
04着  04  Son Cesio  ENC  
05着  09  Rangali  3/4馬身  
06着  10  Largent du Bonheur  2.5馬身  
07着  03  Love Spirit  3馬身  
08着  07  Eskimo Point  ENC  
09着  05  City Money  8馬身  




2017年 プール・デッセ・デ・プーリッシュ 結果 仏1000ギニー

Prix Poule d'Essai des Pouliches G1 3歳牝馬 1600m ドーヴィル競馬場

もっとも外ラチに近いところ、Amaaniの後ろに馬を入れて進むPrecieuse
Charm AppealAmaaniが内外離れて先頭を行く感じだが、その背後で頃合い図るペリエ騎手。

最内、馬場の真ん中から、先頭に躍り出たスミヨンSea of Graceと、離れた位置での勝負。
徐々に近づいてゆく両馬だが、切れ味はPrecieuse
これが、最後は突き放す強さで優勝。

まだ、連を外したことのない馬だが、今回は13番人気。
距離不安視されたとしかいいようはないが、格上げされた重賞のシジー賞を離れた2着ということもあって、軽視されたのだろう。
だが、この馬の適性は、むしろマイルにあったのかもしれない。
そういう走りである。

Precieuseは、ミスタープロスペクター系タマユズ産駒。母父ヌレイエフ系ピヴォタル。
さかのぼればリボーの血。
親類縁者にも、マイラーやら、長距離砲もいるから、母父ピヴォタルだけで決めつけは早計かもしれない。

もっとも、1000ギニー3着だったDabanに完敗しているSea of Graceが2着であるから、レースレベルも疑問視されるところでもあるのだが。
それでも、勝ち馬はなかなかいい脚だ。

01着  09  Precieuse  O. Peslier  1'37''69
02着  16  Sea of Grace  1.75馬身  
03着  05  Heuristique  3/4馬身  
04着  02  Wajnah  CENC  
05着  13  Rain Goddess  1.25馬身  
06着  12  Roly Poly  NEZ  
07着  08  Via Ravenna  3/4馬身  
08着  01  Cristal Fizz  1.75馬身  
09着  15  Gokena  TETE  
10着  06  Thais  1.75馬身  
11着  07  Senga  半馬身  
12着  14  Asidious Alexander  4馬身  
13着  03  Amaani  3/4馬身  
14着  18  Toulifaut  3/4馬身  
15着  10  Charm Appeal  3馬身  
16着  04  Delectation  3.5馬身  
17着  17  Festive  2馬身  
18着  11  Smoulder  7馬身  

メゾンラフィット3歳戦 G3テクサニタ賞とマッチェム賞

2017年 マッチェム賞 結果

Prix Matchem LR 3歳牡馬 1800m メゾンラフィット競馬場

好スタートから先頭に立ったUni
最下位人気の唯一の牝馬だが、そのまま牡馬を引き連れ押し切った。
捕らわれそうで捕らわれず。

まんまと逃げきった。

Uniは、ヘイルトゥーリーズン系MORE THAN READY。
母父ダンジグ系DANSILI。
前走は、ヴァントー賞G3で6着。
1番人気のFranz Schubertは、そこそこ評価できそうなフォルス賞で僅差3着。
今年、フランスも牝馬がレベル高いのか?

01着  05  Uni  M. Guyon  1'58''00
02着  01  Franz Schubert  3/4馬身  
03着  04  Temple Church  CENC  
04着  02  Executive Force  CENC  
05着  03  Prinz Hlodowig  4馬身  





2017年 テクサニタ賞 結果

Prix Texanita G3 3歳 1100m メゾンラフィット競馬場

このレースも3歳の短距離を厚くするために重賞化したレース。
シジー賞と似た存在ですな。

好スタートから逃げたAladdineが最後は突き放す強い勝ちっぷり。
クラシック戦線で頑張るStraight Rightは、ジュベル賞4着。

これらをしっかり葬り去って、前走条件戦もワンツーした2頭が、ここもワンツー。
Aladdineも牝馬であり、ますます、牡馬クラシック戦線が?となる。

Aladdineは、ダンジグ系NAAQOOS産駒。母父ダンジグ系CACIQUE。

01着  07  Aladdine  A. Lemaitre  1'03''03
02着  04  City Light  2馬身  
03着  03  Straight Right  3/4馬身  
04着  09  Clem Fandango  1.25馬身  
05着  08  Spanish Fly  3/4馬身  
06着  02  Becquamis  CENC  
07着  05  Greyway  3/4馬身  
08着  01  Afandem  1.75馬身  
09着  06  Capchop  半馬身  

長距離砲ミルエミル勝利!2017バデル賞

2017年 バデル賞 結果

Prix Bedel LR 4歳以上 2400m リヨン・パリイ競馬場

割れた人気の中、人気薄というわけではないが、7頭中5番人気のMille Et Milleが勝利。
そもそも長距離馬で、キャドラン賞を勝っているG1馬であるが、このクラスのクラシックディスタンス距離を勝つのは初めて。
2400自体は、今年、一度勝っており、1番人気のApilobarなどは、昨年のジョッキークラブ賞4着馬であるから、勝ちはある。
7歳セン馬。
まだまだこれからであろう。

ネイティヴダンサー系MUHTATHIR産駒。母父ブランドフォード系モンズン。
母は中距離リステッド2着。

01着  07  Mille Et Mille  F. Blondel  2'40''23
02着  03  Apilobar  3/4馬身  
03着  01  Pump Pump Palace  2.5馬身  
04着  04  Tawdeea  1.25馬身  
05着  08  Thurgovia  7.5馬身  
06着  05  Zemindari  9.5馬身  
07着  06  Launched  17馬身  

2017ファマ賞

2017年 ファマ賞 結果

Prix Fama G3 3歳牝馬 2700mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

最初の直線で一気に足を使って先頭を奪ったVictoria Luis
その後、2番手に控えるtが、直線再び、足を使って圧勝。
ここでは、レベルが一枚上の印象だ。
Victoria Luisはイタリア馬。

01着  02  Victoria Luis  F. Nivard  1'16''6
02着  05  Everglades  1'16''9  
03着  07  Elite du Ruel  1'16''9  
04着  06  Elusive Feeling  1'17''0  
05着  08  Elegantissime  1'17''3  
06着  09  Each Time  1'17''3  
07着  03  Encore Plus  1'17''5  
Dai  01  Valchiria Bar  -  
Dai  04  Exotic Destination  -  

ペリエ、ダブル重賞奪取 2017グレフュール賞、エドゥーヴィル賞

2017年 グレフュール賞 結果

Prix Greffulhe G2 3歳 2000m サンクルー競馬場

5頭といつものように少頭数。
直線後方から、差し切ったRecoletos。
強い内容である。

ディープインパクト産駒のAkihiroは、伸びたが3着まで、
昨年G1クリテリウム・ド・サンクルーを制している2歳王者Waldgeistはわずかに2着キープ。

戦った相手を考えるとRecoletosは相当強い。
昨年オールウェザーでデビューしたが、今年芝を走り3連勝。

一気に、仏ダービー候補にのし上がった。

Recoletosは、ミスタープロスペクター系WHIPPER産駒。母父、グレイソヴリン系ハイエストオナー。
WHIPPERは、ジャックルマロワ賞も勝ったスピード馬。

01着  02  Recoletos  O. Peslier  2'13''97
02着  01  Waldgeist  2.5馬身  
03着  05  Akihiro  TETE  
04着  04  Monreal  1.75馬身  
05着  03  Saldier  2.5馬身  




2017年 エドゥーヴィル賞 結果

Prix d'Hedouville G3 4歳以上 2400m サンクルー競馬場

逃げるTalismanicの背後で我慢するTiberian。
持ったまま直線に入ると、残り300で追い出して、Talismanicをとらえた。

Tiberianは、ダンジグ系のザイーテンの仔TIBERIUS CAESAR産駒。
母父ノーザンダンサー系マルジュ。
ショードネー賞2着、コンセイユドパリ賞2着。重賞は初戴冠。

14戦8連帯。掲示板は2度しか外していない堅実さ。

01着  03  Tiberian  O. Peslier  2'35''44
02着  04  Talismanic  1馬身  
03着  06  Way To Paris  1.75馬身  
04着  05  Matchwinner  TETE  
05着  02  Cafe Royal  NEZ  
06着  01  Moonshiner  7馬身  

フィンランディア・アヨ2017

2017年 フィンランディア・アヨ 結果

Finlandia Ajo G1 4歳以上 1609mアトレ  ヘルシンキ・VERMO競馬場

オートスタートのマイル戦。
8番までは、前列スタート。
9番以降は2列目スタート。
25mハンデほどではないですが、マイル戦で、1列目と2列目はそこそこのハンデになるでしょう。
勝ったDd's Hitmanが、最後の直線で、外から一気に差しにかかかると、Propulsionもその背後から伸びますが、これは、その、列分の差を縮められず。
Dd's Hitmanが豪快に勝ちました。

Dd's Hitmanは、スンツバルオープントロットG1で3着の実績はあるが、まだ多くのレースを使っていない。
これで18戦目。8連帯6勝。
アメリカ賞4着のPropulsionを下しての勝利は、大きいだろう。

01着  05  Dd's Hitman  U. Ohlsson  1'09''8
02着  09  Propulsion  1'10''0  
03着  06  Twister Bi  1'10''1  
04着  08  Elian Web  1'10''2  
05着  02  Workout Wonder  1'10''4  
06着  07  Oasis Bi  1'10''5  
07着  01  Seabiscuit  1'10''7  
08着  10  Venice  1'10''8  
09着  03  Victory Bonsai  1'11''3  
10着  04  Poet Broline  1'11''3  

オブライエンワンツー 2017 1000ギニー結果

2017年 1000ギニー 結果

1000 Guineas Stakes G1 3歳牝馬 1600m ニューマーケット競馬場

速めに先頭に立ったWinterが、そのまま押し切った。
馬群を割るのに手間取ったRhododendronは、地力を見せて2着。
粘っていたDabanは、最後差されて3着。
Rhododendronと一緒に伸びてきたが、Talaayebは4着まで。

Winterは、サドラーズウェルズ系ガリレオ産駒。母父ダンジグ系CHOISIR。
愛での前哨戦で首差の2着に敗れていたが、本番で勝利。

01着  14  Winter  W.-M. Lordan  1'35''60
02着  10  Rhododendron  2馬身  
03着  02  Daban  ENC  
04着  11  Talaayeb  1.25馬身  
05着  04  Fair Eva  2.25馬身  
06着  12  Unforgetable Filly  5馬身  
07着  08  Poet's Vanity  1.25馬身  
08着  13  Urban Fox  3/4馬身  
09着  09  Queen Kindly  1.5馬身  
10着  05  Hydrangea  半馬身  
11着  07  Kilmah  2.5馬身  
12着  06  Intricately  8馬身  
13着  01  Ce la Vie  2.25馬身  
14着  03  Dream Start  LOIN
TEMPS
仏独西伊白瑞典
英愛
競馬サイト
Twitter
Le nombre de visiteurs
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profil
Archives
記事検索
Classment
にほんブログ村 競馬ブログ 海外競馬へ



人気ブログランキングへ
海外競馬へ行こう
フランスでインターネット接続
凱旋門賞前日ネットチェック
france

海外競馬格安航空券
検索問合せ


こちらでも調べてみよう


旅の準備、PCもこちらで
Commentaires
カテゴリ別
節電
  • ライブドアブログ