ランキング
凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞へ向け、フランス競馬を中心にした話題、フランスダービー、フランスオークス、パリ大障害、アメリカ賞他

フォルス賞 ヴァントー賞 アルクール賞 ノアイユ賞2021

4/11
2021年 フォルス賞 結果

Prix la Force G3 3歳牡馬セン馬 1800m ロンシャン競馬場

https://www.pmu.fr/turf/11042021/R1/C1

前走、クラス1を連勝で勝ち上がった1番人気Adhamo(アダモ)。
3番手あたりから、抜群の手ごたえで外に持ち出すと、粘るErasmo(エラスモ)を徐々に突き放し勝利。

Adhamoは、サドラーズウェルズ系アンテロ産駒。母父ダンジグ系インヴィンシブルスピリット。
これで4連勝で重賞制覇。

01着  08  Adhamo  M. Guyon  2'00''10
02着  04  Erasmo  3馬身  
03着  03  Darkness  2馬身  
04着  05  Nembo Kid  短クビ  
05着  07  Gagarin's Moon  短アタマ  
06着  06  Gabello  2.5馬身  
07着  01  King Shalaa  1馬身  
08着  02  Bouttemont  5馬身  





2021年 ヴァントー賞 結果

Prix Vanteaux G3 3歳牝馬 1800m ロンシャン競馬場

https://www.pmu.fr/turf/11042021/R1/C2

先行したRumi(ルミ)でしたが、最後の直線で、後方から徐々に上がってきていた1番人気のPetricor(ペトリコール)が外から襲い掛かりますが、最後は逆に突き放す競馬で勝利。

Rumiは、先日の休み明けのクラス1では、4着に敗れましたが、叩いたここは、人気薄ながら完勝で、次が楽しみになりました。

Rumiは、サドラーズウェルズ系フランケル産駒。母父ダンジグ系ケープクロス。
伯母は、サンクルー大賞を勝ったプリュマニア。

01着  02  Rumi  O. Peslier  2'01''43
02着  01  Petricor  3/4馬身  
03着  10  Omnia Munda Mundis  3/4馬身  
04着  03  Vrigny  1.5馬身  
05着  06  Kribi  1.75馬身  
06着  05  Tiger Tanaka  1馬身  
07着  09  Libertine  クビ  
08着  08  Lady Day  クビ  
09着  07  Keyflower  1.25馬身  
10着  04  Standby For Chaos  3.5馬身  





2021年 アルクール賞 結果

Prix d'Harcourt G2 4歳以上 2000m ロンシャン競馬場

https://www.pmu.fr/turf/11042021/R1/C4

前に行ったMonty(モンティ)が粘りに粘る。
残り100mで、3番手の内からジワジワ伸びていたMare Australis(メアオーストラリス)と、届くのか?という位置から、外に持ち出して伸びてきたSkalleti(スカレッティ)が交わして先頭へ。
Skalletiは、そのままMare Australisも切って捨てて優勝。
重馬場適性の高さもありますしね。

Mare Australisは、ドイツからやってきて、昨秋コンセイユドパリ賞2着で、G2を連続2着としました。
休み明けの凱旋門賞4着馬Gold Trip(ゴールドトリップ)もここ叩いて、G1ガネー賞ということになるでしょう。
Skalletiはセン馬ですからね、シリュスデゼグルの道を歩むことになりますね。
アジア遠征はしないかもしれないですが・・。

01着  01  Skalleti  G. Mosse  2'11''04
02着  04  Mare Australis  1馬身  
03着  02  Monty  1.5馬身  
04着  08  Ecrivain  1.25馬身  
05着  03  Gold Trip  2.5馬身  
06着  06  Glycon  4馬身  
07着  07  Sky Power  2.5馬身  
08着  05  Algiers  30馬身  





2021年 ザルカヴァ賞 結果

Prix Zarkava LR3 4歳以上牝馬 2100m ロンシャン競馬場

https://www.pmu.fr/turf/11042021/R1/C5

このレースは、キーファーズのAmarena(アマレナ)も出走していました。
人気の一角を占めていましたが、レースは、2番手の内を追走。
この背後にマークするように、1番人気のSolsticia(ソルスティシア)が控えます。

直線は、このSolsticiaが抜け出して危なげなく快勝。

Solsticiaは、レッドゴッド系ルアーヴル産駒。
母父サドラーズウェルズ系ガリレオ。

前出ヴァントー賞を勝ったRumiは、Solsticiaの祖母サンクルー大賞を勝ったプリュマニアの叔母の仔ですから、Solsticiaは、Rumiの従姪にあたります。
ま、ややこしいですが、一族と言っておけばいいですかね。

01着  14  Solsticia  M. Guyon  2'18''94
02着  03  Control Tower  短クビ  
03着  08  Noble Music  1.25馬身  
04着  09  Nationalista  アタマ  
05着  01  Amarena  アタマ  
06着  04  Shalamba  3/4馬身  
07着  10  Zillione Sun  2.5馬身  
08着  12  Frankel's Magic  1馬身  
09着  13  Jamilya  クビ  
10着  07  Mozzarella  4馬身  
11着  05  Chilly Filly  短クビ  
12着  02  Galova  2.5馬身  
13着  06  Pentaiade  20馬身  
14着  11  Sea Watch  3/4馬身  



2021年 ノアイユ賞 結果

Prix Noailles G3 3歳 2100m ロンシャン競馬場

https://www.pmu.fr/turf/11042021/R1/C6

先行したしたPretty Tiger(プリティタイガー)。
最後の直線では迫るCheshire Academy(チェシャーアカデミー)を何とかしのいだように見えたのですが、首の上げ下げでCheshire Academyの勝利。

これで3戦3勝。
ソットサスと同じ馬主さんですね。

ダンジグ系フリントシャー産駒。母父がミスタープロスペクター系サンデーブレイク。
サンデーブレイクは日本産ですし、キズナの兄でもありますし、日本に縁がありますね。

01着  07  Cheshire Academy  C. Demuro  2'20''55
02着  02  Pretty Tiger  ハナ  
03着  04  Gregolimo  2.5馬身  
04着  08  Tokyo Gold  3/4馬身  
05着  01  Media Stream  クビ  
06着  03  Sa'ad  短クビ  
07着  06  Baha Mar  3馬身  
08着  05  Mythico  6.5馬身  
09着  09  Fourviere  大差

パリ大障害2021前哨戦ミュラ賞 4歳ハードル戦ペパンヴァスト賞2021

4/10
2020  Prix de Pepinvast  ペパンヴァスト賞

4歳  G3  3600mハードル  オートゥイユ競馬場

https://www.pmu.fr/turf/10042021/R4/C2

アンディ賞で僅差2着のHaut les Coeurs(オレクー)が1番人気。
3着以下は、大きな差だったので、当然の結果ではありますね。

Illicite(イリシット)の大逃げ。
しかし、最終コーナーで飲み込まれ、替わって先頭に立っHaut les Coeursが圧勝。

Haut les Coeursは、4戦2勝2着3着1回ずつ。

01着  05  Haut les Coeurs  L. Zuliani  4'31''51
02着  04  River Flight  9馬身  
03着  03  Jeu de Paume  2馬身  
04着  01  Le Petit Nice  1.75馬身  
05着  06  Martator  10馬身  
06着  07  Illicite  10馬身  
落馬  02  Hokusai Vallis  -  




2020  Prix Murat  ミュラ賞

5歳以上  G2  4400mチェイス  オートゥイユ競馬場

https://www.pmu.fr/turf/10042021/R4/C4

G1級の馬がそろった前哨戦。
人気は分かれたが、昨年復帰後連を外していないAjas(アジャス)1番人気。
とはいえ、この馬70キロ背負う。
前走重賞を勝ってきたFeu Follet(フーフォレ)2番人気。68キロ。
昨秋のG1ダブルを達成したDocteur de Ballon(ドクタードゥバロン)3番人気は、71キロの斤量だろう。

最終周、早めに先頭に立ったAjasが、直線迫るDocteur de Ballonを振り切って優勝。
休み明け71キロのDocteur de Ballonのパフォーマンスはすばらしいですね。
一方今年4戦目のAjasも70背負ってのこの勝ちは、今年のポー大賞馬として、仏昨王者相手に一歩も引けを取らないレースぶりでした。

01着  02  Ajas  K. Nabet  6'03''02
02着  01  Docteur de Ballon  3/4馬身  
03着  06  Eddy de Balme  11馬身  
04着  03  Feu Follet  3/4馬身  
05着  04  Poly Grandchamp  15馬身  
06着  05  Ever Forget Me  20馬身  

仏2021 3歳クラシック戦線 ジュベル賞とアンプリューダンス賞

4/8
2021年 ジュベル賞 結果

Prix Djebel G3 3歳牡馬セン馬 1400m ドーヴィル競馬場

https://www.pmu.fr/turf/08042021/R1/C3

先行した、人気Normandy Bridge(ノルマンディブリッジ)。
勝負所になると、最後方待機の2頭、人気の一角Pimento(ピメント)とFast Raaj(ファストラージ)が内外分かれて進出し、全ての馬たちを飲み込むと、先頭で合流した2頭の叩きあい。
わずかに先行していたFast Raajがそのまま押し切り重賞制覇。

Fast Raajは、先日のモンテニカ賞では4着に敗れていて、今回は、ブービー人気。
前走と変わり、見事な走りっぷり。
このあたり、距離100m延長と、オールウェザーから芝に変った事が、いい影響になったかもしれませんね。

Fast Raajは、ミスタープロスペクター系イフラージ産駒。母父同じくミスタープロスペクター系レイヴンズパス。
ミスプロというか、この馬、ゴーンウェストの3×4なんですよね。
母インタレスティングは、2歳G3のエクリプス賞2着馬。

01着  01  Fast Raaj  G. Benoist  1'23''18
02着  03  Pimento  クビ  
03着  02  Prince Lancelot  3馬身  
04着  05  Normandy Bridge  アタマ 
05着  07  Crowdfunding  短クビ  
06着  06  Go Athletico  1.75馬身  
07着  09  Midlife Crisis  半馬身  
08着  08  Esope  7馬身  




2021年 アンウリューダンス賞 結果

Prix Imprudence G3 3歳牝馬 1400m ドーヴィル競馬場

https://www.pmu.fr/turf/08042021/R1/C5

スペインで走っていたReina Madre(レーヌマドレ)。
ボルドーのボルドー選抜で2着はありますが、年明けて、いきなりここへの挑戦。
そして、勝利。

2着は、牡馬のジュベル賞を見ているかのような、ブルーの勝負服Sky Angel(スカイエンジェル)。
しかも、この馬、ジュベル賞勝馬Fast Raajと対戦し、Fast Raajとは短クビ差の5着。

Reina Madreの勝ちっぷりから見ると、牡馬牝馬双方の出走メンバーのレベル次第でしょうが、ここでは、全くフロックといった感じはしませんね。

Reina Madreは、ダンジグ系キングマン産駒。母父ノーザンダンサー系ファルブラヴ。
兄は英G3ソラリオS勝のアクタバンタイ。

01着  07  Reina Madre  C. Soumillon  1'25''12
02着  03  Sky Angel  短クビ  
03着  04  Louliana  1.5馬身  
04着  05  See The Rose  短アタマ 
05着  02  Kennella  アタマ
06着  01  Livachope  1.5馬身  
07着  06  Cassiopea  3/4馬身  
08着  08  Belcarra  1.75馬身  

ジュルナリスト賞2021

4/7
2020  Prix Journaliste  ジュルナリスト賞

5歳以上  G3  4100mチェイス  コンピエーニュ競馬場

https://www.pmu.fr/turf/07042021/R2/C7

人気は大きく割れました。
6頭が10倍以下。

一団で進むレースは、最終週3コーナーで、一気に動き出し、スーッと前に付けていったEdgeoy(エッジョイ)が、直線も、他の馬を引き離し完勝。

昨秋のコンピエーニュ大障害では、1番人気で落馬。

今回は微妙な6番人気でしたが、強い勝ちっぷりでした。
重賞は3勝目。ここコンピエーニュで2勝目。

01着  01  Edgeoy  A. Zuliani  5'10''49
02着  08  Le Mans  6馬身  
03着  02  Roi Mage  2馬身  
04着  07  Amour du Mathan  2.5馬身  
05着  03  Lou Buck's  3/4馬身  
06着  05  Fou Delice  6馬身  
07着  09  Spanish One  クビ  
08着  10  Dauteuil Precieux  9馬身  
09着  11  Chabalko  10馬身  
10着  06  Cobra de Larre  10馬身  
11着  04  Minella For Me  アタマ  

ディアヌ賞2021への道 ペネロープ賞結果

2021年 ペネロープ賞 結果

Prix Penelope G3 3歳牝馬 2100m サンクルー競馬場

https://www.pmu.fr/turf/06042021/R1/C6

Philomene(フィロメーヌ)。
新馬を勝ったばかり。
しかも、短クビという僅差。
とはいえ、多数の有力馬を輩出するカスカード賞であり、実際、2着にやぶったTasmania(タスマニア)は、次のレースで勝ち上がってG1で連帯。
ここは当然人気になりますね。

さらに、どうみても有名な勝負服ばかりが揃っている。

後方から進んだPhilomeneは、直線外ラチ沿いへは行かず、内に潜って経済コース。
スルスル先頭に立つと、悠々の勝利。

Philomeneは、ミスタープロスペクター系ドバウィ産駒。母父ダンジグ系ダンシリ。
姉は仏オークスでトレーヴの2着チキータ。愛オークス馬でもありますね。
オペラ賞、愛チャンピオンSなどで連帯した、マジックワンドも姉です。

01着  03  Philomene  M. Barzalona  2'15''68
02着  02  Incarville  2.5馬身  
03着  05  Anasia  2.5馬身  
04着  04  Stormy Pouss  3馬身  
05着  01  Divertissement  15馬身  

長距離戦2021開幕  ライトロイヤル賞

2021年 ライトロイヤル賞 結果

Prix Right Royal LR 4歳以上 3000m シャンティイ競馬場

https://www.pmu.fr/turf/05042021/R1/C6

無敗の人気Big Five(ビッグファイヴ)。
長距離というジョッキーズレースの1番人気にオリビエペリエ騎乗。

後方から行って、直線ジワジワ伸びて差し切り。
最後は随分と差を付けちゃいました。

サドラーズウェルズ系フランケル産駒。母父ダンジグ系シンダー。
姉FLOTILLAは、仏1000ギニー馬。母は、マイルG3勝馬のルヴァン。

01着  07  Big Five  O. Peslier  3'07''39
02着  05  Alkuin  5.5馬身  
03着  02  Richemont  アタマ  
04着  06  Rip Van Lips  1.25馬身  
05着  01  Good Question  3/4馬身  
06着  04  Mister Nino  6馬身  
07着  03  Cacophonous  3/4馬身  
08着  08  Sous les Nuages  2馬身  
中止  09  Bellaway  -  

4歳チェイス戦線2021 フルーレ賞

4/4
2020  Prix Fleuret  フルーレ賞

4歳  G3  4400mチェイス  オートゥイユ競馬場

https://www.pmu.fr/turf/04042021/R1/C6

ダックダンジュー賞を勝っていたLosange Vert(ロサンジュヴェール)が1番人気。
これが逃げる展開でしたが、最終周には先頭を譲り、直線では敗退。

中団から外を伸びた2頭の争いは、Metasequoia(メタセコイア)を最後に差したQueen du Berlais(クイーンデュベルレ)の優勝。

01着  08  Queen du Berlais  K. Nabet  5'41''15
02着  02  Metasequoia  3/4馬身  
03着  04  La Danza  1.75馬身  
04着  03  Saint Patis  1.5馬身  
05着  01  Losange Vert  12馬身  
06着  07  Gardiala  1.5馬身  
07着  06  Hades  15馬身  
落馬  05  Premier Vert  -  

ウォリー中央G3も制す 2021エドモン・ブラン賞

2021年 エドモン・ブラン賞 結果

Prix Edmond Blanc G3 4歳以上 1600m サンクルー競馬場

https://www.pmu.fr/turf/03042021/R1/C6

人気は、昨年、長期休み明けなんのそので、ダニエルウィルデンシュタイン賞を勝ち、QE2Sを勝ったThe Revenant(ザレヴナント)。
その時は58キロ、59キロの斤量だったが、今回は、60キロ。
とはいえ、ここは、G3という楽なメンバー。

先行したThe Revenantが他の先行勢あいてにジワジワ引き離す直線、後方からやってきた2頭に差し切られてしまった。
それでも、The Revenantは、ジリジリ伸びていて、大差は付けられず。

勝ったWally(ウォリー)は、南仏カーニュで楽々リステッドのソノワ賞を勝ってここへ。
2着Duhail(デュハイル)も連勝でここへ来ていた。

Wallyは、ヌレイエフ系シユーニ産駒。母父サドラーズウェルズ系モチベーター。
母は伊オークス2着のフルオブビューティ。
セン馬です。

01着  03  Wally  C. Demuro  1'40''35
02着  02  Duhail  クビ  
03着  01  The Revenant  3/4馬身  
04着  06  Aviateur  2馬身  
05着  08  Tropbeau  1馬身  
06着  05  Rajani  1.25馬身  
07着  04  Celestin  1.25馬身  
08着  07  Alson  2.5馬身  
09着  09  Alpen Rose  3/4馬身  

2021フォンテーヌブロー大クロス

4/3
2021  Grand Steeple-Chase Cross Country de Fontainebleau  フォンテーヌブロー大クロス

6歳以上  LR  6000mクロスカントリー  オートゥイユ競馬場

https://www.pmu.fr/turf/03042021/R2/C1

フランスのクロスといえば、アンジューローワルチャレンジが頂点レース。
そのほかでは、クラン大クロスのルイドゥゲブリアン、ポーのガストンドゥバタイユ、そして、ここフォーンテーヌブロー大クロスがその次のクラスになるだろう。
あと、障害の第2聖地となったコンピエーニュにもコンピエーニュ大クロスがありますね。
そのほか、44000ユーロクラスのレースが、いくらか行われる。

ただ、平地ですら、右だ左だ、コーナーだ、坂だ、直線の長さだ、枠だ、ペースだ・・・と言う。
障害が、それ以外に、ハードルとチェイスとクロスカントリーがあるが、それぞれのカテゴリーの違いはもちろん、障害にも距離にも、全くと言っていいほどの違いがあり、そいつが、そいつの経験が、おおきくレースにも関わってくる。

アンジューとクランを双方勝てば、ダブルと言える。
もっとも、勝手にこっちで言っている事ですがね。

さて、ここでの人気は、ここより格上ともいうべき、クランの上位2頭。
Bomari(ボマリ)とDeauseille(ドーセイユ)。
これが1番人気と4番人気。

2番人気が、昨秋コンピエーニュの覇者Etat d'Espry(エタデスプリ)。

昨年、このレースを経験している唯一の馬Champi de Bersy(シャンピドゥベルシー)。

レースは、全く別の結果になりました。
最後方追走していたOtchoa Rouge(オチョアルージュ)が、レース終盤に差し掛かると、スピードダウンする2つの段差障害で最後方から一気に先頭へ進出。
そのまま、押し切った。
このレース、44000ユーロクラスである、モンドゥマルサン競馬場のクロス出走の3頭が上位に入り、コンピエーニュでは、後方に敗れていたDaffodil Rose(ダフォディルローズ)が3着。2着が、モンドゥマルサンのクロスの覇者だったTequila Sun(テキイラサン)でした。

各地で実績を残してきた馬たちを、もてあそぶかのような後半のレースっぷりは見事でしたね。
馬にとっては、いつまで走るのか分からないレースで、いろんな障害を越えるのには、最後方でずっと待機。
馬自身、全容がわかってからゴーサインというしたたかなレースぶりでした。

01着  04  Otchoa Rouge  A. Fouchet  7'40''73
02着  03  Tequila Sun  1.5馬身  
03着  07  Daffodil Rose  1.5馬身  
04着  08  Dyams d'Anjou  クビ  
05着  05  Champi de Bersy  8馬身  
06着  02  Etat d'Espry  9馬身  
07着  01  Bomari  5馬身  
08着  09  Deauseille  4.5馬身  
中止  06  Feeling Fast  -  

GNT2021 第2戦マルセイユボレリ戦

2021  Grand National du Trot Paris-Turf - 2eme Etape de Grand National du Trot GNT第2戦マルセイユボレリ戦

5-10歳G3  3000mアトレ  マルセイユボレリ競馬場

https://www.pmu.fr/turf/31032021/R1/C1

25m後方スタートも、昨年暮れから、ほぼ馬券内でゴールしているDecoloration(デコララシオン)は、G1パリ賞にも出走している。
ここでは1番人気。

このDecolorationが向こう正面でスパートし、2週目も先頭で行くと、最後の直線では、粘りとおした。
好発から少し控えたEliot d'Ambri(エリオダンブリ)は、最後、追い詰めたが届かず。

01着  11  Decoloration  T. Le Beller  1'12''4
02着  04  Eliot d'Ambri  1'13''0  
03着  01  Firello  1'13''0  
04着  05  Gamble River  1'13''2  
05着  06  General du Parc  1'13''4  
06着  07  Dextase Montaval  1'13''6  
07着  13  Black d'Arjeanc  1'13''0  
08着  10  Cash des Caillons  1'13''2  
09着  09  Deganawidah  1'13''3  
10着  03  Caviar du Vivier  1'13''9  
11着  15  Eclat de Gloire  1'12''8  
12着  16  Boss du Meleuc  1'12''8  
13着  08  Davina du Capre  1'13''7  
失格  02  Deko de Tilou  -  
失格  14  Black Jack From  -  
TEMPS
仏独西伊白瑞典
英愛
Twitter
Le nombre de visiteurs
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profil

turfabeille

Archives
記事検索
Classment
にほんブログ村 競馬ブログ 海外競馬へ



人気ブログランキングへ
海外競馬へ行こう
フランスでインターネット接続
凱旋門賞前日ネットチェック
france

こちらでも調べてみよう


旅の準備、PCもこちらで
Commentaires
カテゴリ別
節電
  • ライブドアブログ