ランキング
凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞へ向け、フランス競馬を中心にした話題、フランスダービー、フランスオークス、パリ大障害、アメリカ賞他

3歳パリ大賞戦線

まずは、アヴル賞、リス賞というパリ大賞への本道。
ここを、人気薄のヌボスクが、似たような勝ちっぷりで、差し切り勝ち。
アヴル賞はスローで差つかずも、きっちり。
リス賞では、タイムが上がった分、後方から素晴らしい脚で差し切り。

さすがに、アヴル賞馬だけに、リス賞では人気薄ではなかったものの、4番人気で勝利。

ヌボスクは、ダンジグ系、マスタークラフツマン産駒。母父グレイソヴリン系ヴェルグラス。
ここへきて、一気に力をつけた感じで、パリ大賞直行路線では、一番手に浮上。



一方、各地方で行われる、2400mリステッド戦。
リヨンの3歳杯は、アルマルフーフが完勝。
破った相手は、アヴル賞4着馬でヌボスクに勝ったこともある馬だけに、この着差は、興味深い。
4戦4連帯2勝。底見せず。
ミスタープロスペクター系ダッチアート産駒。母父ダンジグ系デインヒルダンサー。
叔父に、ニエル賞でシンダーの2着したクリムゾンクエストがいる。
父短距離馬でも、距離適性はありそうだ。



ボルドーの南ダービーは、逃げたミスターサッチモが押し切り。
こちらは、ストームバード系ミスターシドニー産駒。
母は、同じような地方2400シリーズのラングドックダービーで2着。



LR-Prix de l'Avre - アヴル賞 2400m - 3歳

01着  04  Neufbosc  C. Demuro  2'36''37
02着  05  King of Camelot  短クビ  
03着  01  Rabdan  短クビ  
04着  02  French King  1.25馬身  
05着  06  Maiden Voyage  3/4馬身  
06着  03  Auzebosc  大差  




LR-Coupe des Trois Ans 3歳杯 - 2400m - 3歳


01着  02  Al Malhouf  C. Soumillon  2'38''55
02着  03  French King  3馬身  
03着  05  Masterpiece  2.5馬身  
04着  06  Arusha  クビ  
05着  07  Marina Eria  3馬身  
06着  01  Barade  クビ  
07着  04  Auzebosc  13馬身  




LR-162eme Derby du Midi 第162回南ダービー - 1900m - 3歳

01着  07  Mr Satchmo  E. Hardouin  2'09''40
02着  04  Baltic Baron  4馬身  
03着  01  Sadarak  1.5馬身  
04着  06  Nobokhov  3.5馬身  
05着  02  Mister Jo  8馬身  
06着  03  My Pleasure  1.25馬身  
07着  09  Cazaline  9馬身  
08着  08  Brick Is Back  クビ  
09着  05  Montgaroult  7馬身  




G3-Prix du Lys リス賞 - 2400m - 3歳

01着  01  Neufbosc  C. Demuro  2'32''55
02着  05  Mahoe  1.75馬身  
03着  06  King of Camelot  1.25馬身  
04着  04  Ispolini  1馬身  
05着  07  Solesili  2.5馬身  
06着  02  My Lord And Master  短クビ  
07着  03  Near Gold  3/4馬身  

2018フランス牡馬クラシック戦線

仏ダービー前になる。


3歳牡馬クラシック戦線は、2系統に分かれる。
2400のパリ大賞路線と、中距離のジョッキークラブ賞路線である。




まずは、ジョッキークラブ賞戦線。

2つのトライアル。
マイルのG1で、仏1000ギニーになる、プールデッセ。





G3ギッシュ賞は、勝ったアンテロジャンだが、前々走、ペールギュント産駒のフランチェスコベレに敗れていた馬。
フランチェスコベレが、プールデッセでも振るわなかったことを考えると、この組は、ダービー挑戦権獲得というのがレース目的だったと思われる。




一方、G2のグレフュール賞
ディープ産駒のスタディオブマンがスローから抜け出すと圧勝。
母父ストームキャットですから、これは、キズナなどでおなじみの配合。
しかも、祖母ミエスクですからね。

問題は相手関係ですが、3着馬がG3ノアイユ賞連帯馬ですから、そんなに低いレベルとも思えず。




となると、ライバルは、プールデッセ組ということになりそう。
こちらの結果は僅差ではありますが、内の2頭に比べると、オルメドの最後の伸びは特筆すべきでしたね。

オルメドの父はデクレレーションオブウォーは、中距離ランナー。
母系にも、ジョッキークラブ賞連帯したスーパーセレーブルが出てますから、2100に不安なし。

今回のプールデッセの上位組を突き放す脚を使って、押し切る競馬ができれば、スタディオブマンにチャンスありそうです。




マイル戦線のポンタルメ賞を勝ったメールエニュアージュは、ロペデヴェガ産駒。母型をみても、単なるマイラーとも思えず、完勝で3連勝なので、どの道を進むのか、注目ですね。
ジョッキークラブ賞という道もないこともない。
とりあえずは、重賞使って、プールデッセ組と、ジャンプラ賞あたりで当たる可能性もありますね。



G3-Prix de Guiche - ギッシュ賞 1800m - 3歳牡馬セン馬

01着  03  Intellogent  P.-C. Boudot  1'50''70
02着  04  Patascoy  頭  
03着  06  Glorious Journey  半馬身  
04着  01  Efraan  5馬身  
05着  05  Zucchini  クビ  
06着  07  Alternative Fact  3/4馬身  
07着  02  Julian Rock  6.5馬身  




G2-Prix Greffulhe  - グレフュール賞 2100m - 3歳牡馬牝馬

01着  03  Study of Man  S. Pasquier  2'19''29
02着  02  Alounak  3.5馬身  
03着  01  Alhadab  2.5馬身  
04着  04  Assiro  半馬身  




G1-The Emirates Poule d'Essai des Poulains- プールデッセ・デ・プーラン 1600m - 3歳牡馬

01着  01  Olmedo  C. Demuro  1'37''72
02着  03  Hey Gaman  クビ  
03着  02  Dice Roll  ハナ  
04着  08  Wootton  1.75馬身  
05着  04  U S Navy Flag  1馬身  
06着  11  Kings Shield  短頭  
07着  05  Infernal Majesty  3/4馬身  
08着  09  Il Primo Sole  1.25馬身  
09着  07  Magic Bibou  3/4馬身  
10着  10  Francesco Bere  1.25馬身  
11着  06  Louis d'Or  7馬身  




LR-Prix de Pontarme  - ポンタルメ賞 1600m - 3歳

01着  02  Mer et Nuages  M. Barzalona  1'42''23
02着  05  Kodiak West  2馬身  
03着  01  Corsen  短クビ  
04着  03  Woodmax  2馬身  
05着  04  Contortioniste  1馬身  

オリンピアトラヴェット2018

G1-Olympiatravet オリンピアトラヴェット - 2140m - 3-12歳 Abyイエテボリ・オビー競馬場

最終周の向こう正面で仕掛けたLionel(リオネル)。
が前をとらえきれず、距離損。
内にいたRingostarr Treb(リンゴスタートレブ)は、脚を使ったLionelと背後のGiveitgasandgo(ギヴィットガサンドゴー)を突き放して快勝。
フランス賞5着と好走した実力を序盤から逃げて発揮。

01着  04  Ringostarr Treb  W. Paal  1'10''0
02着  02  Giveitgasandgo  1'10''4  
03着  09  Titty Jepson  1'10''5  
04着  05  Lionel  1'10''6  
05着  10  Beau Mec  1'10''8  
06着  06  Cruzado Dela Noche  1'10''9  
07着  03  On Track Piraten  1'10''9  
08着  07  Takethem  1'11''1  
Dai  01  Day Or Night In  -  
Dai  08  Zenit Brick  -  

クラックスマンが2018フランス最初のG1を制す 2018ガネー賞他

LR-Prix du Pont-Neuf ポンヌフ賞 - 1600m - 3歳

外から伸びやブルーの勝負服Deemster(デームシュテール)。
内のA Quiet Man(アクワイエットマン)とのたたき合いを制して、わずかに先着。
3戦2勝でリステッド通過。
ダンジグ系INVINCIBLE SPIRIT産駒。母父ミスタープロスペクター系GRAND SLAM。

01着  03  Deemster  M. Barzalona  1'37''99
02着  01  A Quiet Man  短頭  
03着  07  Princesschope  3馬身  
04着  06  Contortioniste  クビ  
05着  02  Zanzi Win  3/4馬身  
06着  05  Hourtin  3/4馬身  




G3-Prix Allez France Longines アレフランス賞 - 2000m - 4歳以上牝馬

直線手前まで、いい手ごたえで行ったKitesurf(カイトサーフ)。
外から伸びて突き抜けた。
馬群は固まったままゴール。
その中で、1番人気Bebe d'Amour(ベベダムール)は、後方から前をとらえられず並んでゴール。
実力僅差は、馬場、展開、調子で、着順に大きく影響する。

Kitesurfは、ミスタープロスペクター系ドバウィ産駒。母父ダンジグ系デインヒルダンサー。
昨秋ロワイヤリュー賞では、Listen In(リッスンイン)2着とBebe d'Amour4着とは、やはり僅差3着の決着だった。

01着  01  Kitesurf  M. Barzalona  2'04''94
02着  07  Listen In  2馬身  
03着  05  Son Macia  半馬身  
04着  02  Gaining  短クビ  
05着  06  Diana Storm  短クビ  
06着  04  Style Icon  短頭  
07着  03  Bebe d'Amour  1馬身  




G1-Prix Ganay ガネー賞 - 2100m - 4歳以上

前残りではありますが、Cracksman(クラックスマン)は強かったですね。
Cloth of Stars(クロスオブスターズ)は、最後方追走で、直線は頑張りましたが、相手が悪すぎたか?
展開も恵まれず、僚馬すらとらえられず。

それでもブルーの勝負服はツースリーと、予想された範囲の結果。

勝ったCracksmanは、サドラーズウェルズ系フランケル産駒。母父ヌレイエフ系ピヴォタル。
凱旋門賞でイネーブルと対決するんですかね?

01着  05  Cracksman  L. Dettori  2'09''44
02着  04  Wren's Day  4馬身  
03着  03  Cloth of Stars  3/4馬身  
04着  07  Rhododendron  3/4馬身  
05着  01  Finche  1.5馬身  
06着  06  Wild Chief  2.5馬身  
07着  02  Air Pilot  1.75馬身  




LR-Prix de Suresnes シュレーヌ賞 - 2000m - 3歳

完全に抜け出したNot Mine(ノットマイン)を、Naturally High(ナテュラリーハイ)が最後方から豪快に差し切った。
Naturally Highは、サドラーズウェルズ系キャメロット産駒。母父ミスタープロスペクター系グランドスラム。
母JUST LITTLEはG3ヴァントー賞勝ち馬。
Naturally Highは、前走初勝利でいきなりリステッド勝利。

01着  02  Naturally High  T. Bachelot  2'03''69
02着  03  Not Mine  頭  
03着  04  Stable Genius  1.25馬身  
04着  01  Masterpiece  1.25馬身  
05着  07  Solesili  3.5馬身  
06着  05  Mount Pelion  1.25馬身  
07着  06  Assiro  3/4馬身  





G3-Prix de Barbeville バルブヴィル賞 - 3100m - 4歳以上

最終コーナー前からのMille Et Mille(ミレミル)が仕掛けると、レースが動き、抜け出してきたFunny Kid(ファニーキッド)とDoha Dream(ドーハドリーム)。
これに外からIce Breeze(アイスブリーズ)が伸びてくる。
Doha DreamIce Breezeは、休み明け。
Funny Kidは叩いている分有利だったろう。

01着  09  Funny Kid  M. Guyon  3'21''62
02着  03  Doha Dream  半馬身  
03着  01  Ice Breeze  半馬身  
04着  07  Nardo  1.25馬身  
05着  10  Line des Ongrais  短頭  
06着  11  Mountain Bell  3/4馬身  
07着  08  Against Rules  3/4馬身  
08着  05  Nabunga  頭  
09着  04  Mille Et Mille  短頭  
10着  06  Prestige Vendome  ハナ  
11着  02  Trip To Rhodos  20馬身  

トゥールーズ3リステッド結果

LR-Prix F.B.A. - Aymeri de Mauleon FBA賞 - 1600m - 3歳

勝ったRed Line(レッドライン)はこれで7戦7連帯。4勝目。
ストームバード系セージバーグ産駒。母父ミスタープロスペクター系ゴーンウエスト。
牡馬を蹴散らしての勝利。

01着  06  Red Line  O. Peslier  1'35''00
02着  09  Misva  1.25馬身  
03着  02  Yayajonh  頭  
04着  04  Manaha  1.5馬身  
05着  08  Cazaline  3/4馬身  
06着  03  Ghazawaat  短頭  
07着  01  My Pleasure  4.5馬身  
08着  10  Princess Gold  短頭  
09着  07  L'Or Et l'Argent  8.5馬身  




LR-Le Vase d'Argent ヴァーズダルジャン賞 デフィ・デュ・ギャロ第3戦 - 2000m - 4歳以上

勝ったDallas Affair(ダラスアフェアー)は、サドラーズウェルズ系SOLDIER HOLLOW産駒。
母父ハンプトン系ランド。
前走エドモンブラン賞G3で5着。

01着  06  Dallas Affair  O. Peslier  2'06''10
02着  05  Golden Bridge  1.25馬身  
03着  01  Zafiro  1  
04着  02  Best Fouad  短クビ  
05着  03  Master Dan  半馬身  
06着  04  Magnun Bareliere  1.5馬身  





LR-Prix Caravelle - Haras des Grange キャラヴェル賞 - 2100m - 3歳牝馬

勝ったShadan(シャダン)はブービー人気。
前走4戦目初勝利でここへ臨んだ。
ダンジグ系ORPEN産駒。母父ストームバード系ジャイアンツコーズウェイ。

01着  07  Shadan  F.-X. Bertras  2'11''30
02着  01  Ajayeb  半馬身  
03着  04  Out of Town  1.25馬身  
04着  02  Msaikah  短頭  
05着  05  Heroine  半馬身  
06着  06  Lilac Fairy  1.5馬身  
07着  03  Hello Princess  2.5馬身  

障害トライアル戦等オートゥイユ4重賞

G2-Prix Amadou アマドゥー賞 - 3900mハードル - 4歳

上位3頭の争いとなりましたが、実質2頭のマッチレース
逃げたEnergy d'Olivate(エネルジードリベート)を前において、Tunis(テュニス)、Master Dino(マスターディノ)が行く。

向こう正面で仕掛けたMaster Dinoは先頭に立つが、最終障害手前で捕まり、Tunisが完勝。

01着  01  Tunis  K. Nabet  4'35''79
02着  02  Master Dino  2.5馬身  
03着  06  Energy d'Olivate  首  
04着  03  Tertre  12馬身  
05着  05  Shekidame  3馬身  
06着  04  Ermontois  13馬身  





ハンデG3-Grande Course de Haies de Printemps 春大ハードル - 4300mハードル - 5歳以上

最後は、上位2頭の直線のたたき合い。
わずかに、内、Farlow des Mottes(フォローザモット)が制圧。
Farlow des Mottesは、10歳になりましたが、ハードルでチェイスでもG2で連帯する猛者。
ずいぶん前ですが、G2ミュラ賞も制してます。
ここでは、人気なさ過ぎた感もありますね。
相手のAragorn d'Alalia(アラゴンダラリア)もリステッド勝ち実績。

01着  07  Farlow des Mottes  S. Colas  5'06''25
02着  08  Aragorn d'Alalia  ハナ  
03着  14  Crystal Beach  5馬身  
04着  03  Rasango  3馬身  
05着  16  Ultranet  1.25馬身  
06着  02  Darasso  頭  
07着  04  Middle  6馬身  
08着  11  Red Rocky  1.75馬身  
09着  06  Ci Blue  3/4馬身  
10着  01  Argentier  12馬身  
11着  15  Deca de Thaix  半馬身  
12着  13  Tzar's Dancer  3馬身  
13着  12  Ulysse des Pictons  1.75馬身  
14着  10  Kami Kaze  2.5馬身  
15着  05  Achour  短クビ  
16着  09  Sundriver  大差  




G2-Prix Jean Stern ジャン・スタン賞- 4400mチェイス - 4歳

まさに、人気通りの着差と着順といった感じになりました。
序盤から積極的に前へ行くWhetstone(ウェットストーン)。
最後の直線入口までは、2頭がついてくる感じでしたが、最終障害後、突き放し完勝。
11戦9勝、8連勝で世代トップを行く。

01着  01  Whetstone  B. Lestrade  5'35''08
02着  02  Spanish One  7馬身  
03着  07  Cote de Grace  短頭  
04着  04  Joie du Net  12馬身  
05着  05  Eclat Collonges  10馬身  
06着  06  Royale Pagaille  7馬身  
07着  03  Amafacon  20馬身  




G2-Prix Ingre アングレ賞 - 4400mチェイス - 5歳以上

昨年の4歳の頂点を取り損ねたEdward d'Argent(エドワールダルジャン)が、Milord Thomas(ミロールトマ)に挑む。
Edward d'Argentの野望を秋阻んだOn The Go(オンザゴー)が、途中からレースを引っ張る。
最終周3コーナーでは一昨年の4歳王者のPunch Nantais(パンチナンテ)が一気に脚を伸ばし、先頭集団は有力馬で混沌。
そこから、抜け出してきたのは、Edward d'Argent
今度こそ、本番の大一番を獲りたいでしょうね。

01着  02  Edward d'Argent  K. Nabet  5'40''75
02着  04  On The Go  1.5馬身  
03着  01  Milord Thomas  頭  
04着  03  Punch Nantais  1.75馬身  
05着  06  Roxinela  2.5馬身  
06着  05  Vicomte d'Anjou  大差  

クリテリウム・ドゥ・ヴィテッス・ドゥ・バッス・ノルマンンディ2018 アップアンドクイック連覇!

G2-Criterium de Vitesse de Basse Normandie - European Trotting Masters Series 2018 - 1ere etape du Challenge du Trot a Grande Vitesse - 1609mアトレ - 4-10歳 アルジャンタン競馬場

逃げたUn Mec d'Heripre(アンメックデリプレ)のペース。
背後にUp and Quick(アップアンドクイック)が続き、B世代からはBillie de Montfort(ビリードゥモンフォール)が出走、3列目で追走。
その前には、Romanesque(ロマネスク)が行く。

直線、U世代のライバルどうしUn Mec d'HeripreUp and Quickに、外から伸びたRomanesqueの差し切り。
と思ったが、これは失格で、Uライバルのワンツーとなった。

Un Mec d'Heripreは、先日のカーニュのG1でも、ボールドイーグルの2着。
Up and Quickは、昨年のこのレースの王者でもあるし、アメリカ賞馬でもある。
完全復活といえるかどうかではあるが、とりあえず、10歳とはいえ、まだまだやれる。

失格も、Romanesqueのマイル適性は高いかもしれない。

01着  01  Up and Quick  F. Nivard  1'10''7
02着  03  Un Mec d'Heripre  1'10''8  
03着  04  Ave Avis  1'10''8  
04着  05  Billie de Montfort  1'11''2  
05着  12  Dahlia du Rib  1'11''4  
06着  02  Alpha Saltor  1'11''6  
07着  07  Alienor de Godrel  1'11''7  
08着  06  Amiral Sacha  1'12''0  
09着  08  Best of Jets  1'12''0  
10着  09  Aravis Roc  1'12''8  
Dai  10  Clif du Pommereux  -  
Dai  11  Romanesque  -  
Dai  13  Ultimate du Rib  -  

上がり馬ウンガロデヴァ完勝 2018アンティゴヌ賞

G3-Prix Antigone アンティゴヌ賞 - 2850mモンテ - 5-10歳

3コーナーからロングスパートした人気の一角Vrai Voyou(ヴレヴォワイユー)についてゆくのが、Ungaro d'Eva(ウンガロデヴァ)。
直線、前を追いかけるUngaro d'Evaが交わして先頭。
つれて追い込んできたGross Weight(グロスウェイト)が2着にあがった。

G2戦線で、馬券に絡むVrai Voyouを、ハンデもらいながらも勝利したUngaro d'EvaはG3モンテ戦線要注意。U世代10歳だけに、フランスで出走できる今年が勝負。

01着  09  Ungaro d'Eva  D. Thomain  1'13''5
02着  04  Gross Weight  1'13''6  
03着  11  Vrai Voyou  1'13''0  
04着  03  Candie d'Atout  1'13''9  
05着  01  Diademe Blue  1'14''1  
06着  10  Ulka des Champs  1'13''7  
07着  08  Arena Del Phedo  1'14''7  
08着  02  Up Julry  1'14''7  
09着  05  Baladin Hongrois  1'14''7  
10着  07  Vaisseau  1'15''4  
Dai  06  Mindyourvalue W.F.  -  

コンピエーニュの障害G3戦2つ

G3-Prix Romati ロマティ賞 - 4500mチェイス - 5歳以上 コンピエーニュユ競馬場

昨年の覇者であるThe Stompは、縦列の真ん中を進む。
勝負所で馬群がかたまると、いったん候補に下げて外に出す展開。
それでも、最終障害を越えてから、坂道で前に出て勝利をもぎとった。

ここの競馬場では、5戦3勝3着2回と相性いい。

01着  05  The Stomp  T. Gueguen  5'47''87
02着  03  Via Dolorosa  1.5馬身  
03着  06  Prince Philippe  1.25馬身  
04着  02  Tiesto d'Authie  短首  
05着  07  Golden Chop  3.5馬身  
06着  04  Saint Palois  1.5馬身  
07着  08  My Maj  5馬身  
08着  01  Paulougas  15馬身  
落馬  09  Dauteuil Precieux  -  





G3-Prix Hopper ホッパー賞 - 3900mチェイス - 4歳 コンピエーニュユ競馬場

結構縦長の展開。
人気のEvidence Madrikが先行するのだが、これが途中でつまづいて落馬。
最終コーナー付近から、並んで追い出した2頭の最後までのたたき合い。
Royale Maria Hasがわずかに先着。

これら明け4歳馬は、まだまだ、経験あさい。
人気馬ではなくとも、そんなにそこを見せておらず、これから、ここの上位も楽しみな存在となるだろう。

01着  06  Royale Maria Has  K. Nabet  4'56''61
02着  03  Ex Fan des Sixties  3/4馬身  
03着  08  Kapkiline  10馬身  
04着  02  Calinight  2馬身  
05着  07  El Camila  1.5馬身  
06着  01  Sharock  ハナ  
落馬  04  Evidence Madrik  -  

短距離良血タイムズアロー快勝!2018セルヴァンヌ賞

LR-Prix Servanne セルヴァンヌ賞 - 1200m - 3歳以上 メゾンラフィット競馬場

2列に分かれた隊列は、外ラチ沿いがいい手ごたえ。
ここから抜け出した2頭に1番人気のCheikeljackが、合わせに行くのだが、時すでに遅し。
Time's Arrowが抜け出し快勝。

昨秋から5戦4勝とこのところ勢いある。
このクラスはリステッドをとれば、重賞は目の前である。
Cheikeljackは今年すでにリステッドを勝っているが、60キロ背負っての急坂コース。
ここは平坦。
そのあたりの違いがでたか?

Time's Arrowは、ダンジグ系REDOUTE'S CHOICE産駒。母父ダンジグ系MONSIEUR BOND。
母GILT EDGE GIRLは、G1アベイの勝ち馬だから、良血ですね。

01着  03  Time's Arrow  S. Pasquier  1'09''63
02着  07  Bakoel Koffie  2馬身  
03着  02  Cheikeljack  2馬身  
04着  06  Ultimate Fight  1.5馬身  
05着  05  Euryale  1.25馬身  
06着  04  Castle Dream  1.25馬身  
07着  01  Schang  短頭  
TEMPS
仏独西伊白瑞典
英愛
Twitter
Le nombre de visiteurs
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profil

turfabeille

Archives
記事検索
Classment
にほんブログ村 競馬ブログ 海外競馬へ



人気ブログランキングへ
海外競馬へ行こう
フランスでインターネット接続
凱旋門賞前日ネットチェック
france

こちらでも調べてみよう


旅の準備、PCもこちらで
Commentaires
カテゴリ別
節電
  • ライブドアブログ