コンセイユ・ド・パリ賞 (格下馬が一気にG戴冠となるか?)

PRIX DU CONSEIL DE PARIS  コンセイユ・ド・パリ賞  G2 3歳以上 2400m ロンシャン競馬場 15H20(JPN 22H20)

SCHIAPARELLIが回避して小粒なメンバーとなった。
ラクープを勝利して、フォワ賞5着のCROSSHARBOUR。
メルボルンカップは2着したが、今年1戦して条件級で5着のPURPLE MOON。
ドーヴィル大賞3着4着6着のPOSEIDON ADVENTUREとCANDY GIFT、MAGADINO。
その後POSEIDON ADVENTUREはドイツG1で2着している。MAGADINOは以前、同斤でCANDY GIFTに圧勝している。
BELLE ET CELEBREはG1サンタラリ賞を勝っているが、その後精彩なし。前走プランスドランジュ賞はメンバーは強いが、9馬身負けている。
PROSPECT WELLSはジョッキークラブ賞でVISION D'ETATに大敗したがパリ大賞でモンマルトルの2着で一躍注目されたが、ニエル賞6着でやはり、パリ大賞はレベルが??と実証してしまった。
BUENOS DIASはオープン特別クラスまで延々連帯を続けている。今年に入ってから連ははずしていない。
どんぐりの中では、軽い方に妙味がある。繰り返し言ってきたことではあるが、3歳中距離戦は混戦であるのだ。オープン特別でも連をはずさないのは、それだけの評価がいるだろう。

--1 CROSSHARBOUR
--2 PURPLE MOON
--3 CANDY GIFT
注4 MAGADINO
対5 POSEIDON ADVENTURE
単6 PROSPECT WELLS
穴7 BELLE ET CELEBRE
本8 BUENOS DIAS





コンデ賞 (イケメン若師匠の成熟した走りが見られるのか?)

PRIX DE CONDE  コンデ賞  G3 2歳 1800m ロンシャン競馬場 15H50(JPN 22H50)

こちらも注目のCALVADOS BLUESは回避した。が、最も注目されているのはHANDSOME MAESTROだろう。CALVADOS BLUESを前々走で破っているからなおさらだ。
シェーヌ賞組も2着NAVAL OFFICERと3着CANWINNは出走。
しかし2歳戦はむつかし。つい先日もフランスで勝てずドイツに回って戻ってきた馬がエクリプス賞で勝ったように、今回もKING OF SYDNEYという、似たような戦跡の馬がいる。
英国で連勝したZAFISIO。
チェコのプラハで走っていたサドラーズウェルズの直子。
数ある地方のクリテリウムの中で西地区クランでオープンを勝ったBECOMES YOU。

--1 CANWINN
穴2 NAVAL OFFICER
本3 HANDSOME MAESTRO
単4 ZAFISIO
--5 IVAN PODDUBNY
--6 KING OF SYDNEY
対7 BECOMES YOU