1  グッドウッド(英)  平地  THE GOODWOOD CUP

昨年のこのレースを勝ち、ゴールドカップも制したBig Orangeを、クイーンズヴァーズの勝ち馬Stradivariusが勝利。
まだ3歳ですしね、先々楽しみ。
もちろん、今回はハンデ差が大きく、Big Orangeとの争いはまだ続くとみる。

Stradivariusは、シーザスターズ産駒ですが、母父ベーリング、牝系には、サドラーズウェルズの名も。
母プライベートライフもティベルヴィル賞とかリアンクール賞など、フランス牝馬のクラシック戦線のリステッドで3着してます。

Big Orangeは、良のゴールドカップを勝ってますが、アジアの戦績見る限り、どちらかといえば、柔らかい方がより良い気もします。


1着  16  Stradivarius  A. Atzeni  3'25''40
2着  01  Big Orange Logo oeilleres australiennes  L. Dettori  1馬身3/4





2  グッドウッド(英)  平地  THE SUSSEX STAKES

Ribchesterは圧倒的人気。
前詰まりの感じでしたが、最後はいい脚でした。
既にとき遅しでしたが。

まあ、なにしろ、タイムが遅い。
遅すぎる。
残っちゃいますね。

1着  1  Here Comes When  J. Crowley  1'46''10
2着  4  Ribchester  W. Buick  首






3  グッドウッド(英)  平地  THE NASSAU STAKES

相手も、相手ですが、負けませんね、Winter
古馬でG2勝ったBlond Meと、サンタラリ賞を買って、オークスでは惨敗したSobetsu、何度も戦ってきたHydrangeaらが相手ですから、ここは当然。

1着  8  Winter  R. Moore  2'11''70
2着  1  Blond Me  O. Murphy  1馬身1/2
3着  7  Sobetsu  W. Buick  首
4着  5  Hydrangea  S. Heffernan  1馬身1/4





4  グッドウッド(英)  平地  THE KING GEORGE STAKES

勝ったのは、Battaash。3歳馬。
この馬の前走サンダウンを見たら、2着が、Mirzaで、3着はGoldream
古豪もまだまだ活躍しているんですね。

今回は、お年寄り相手ではなく、先日のG1キングズスタンドを走ってきた馬を切り捨てたわけですから、この先は期待できますね。

もっとも、前走のサンダウン、4着がキングズスタンドでも4着だったMuthmir
今年のグロシェーヌ賞馬。
その意味でも、お年寄りたちの活躍ぶりに頭が下がります。

1着  09  Battaash  J. Crowley  0'58''50
2着  05  Profitable  J. Doyle  2馬身1/4
3着  11  Marsha  L. Morris  3/4馬身
4着  06  Take Cover  D. J. Allan  3/4馬身
5着  07  Washington DC  R. Moore  1馬身1/4