G3-Mahab Al Shimaal マハブアルシマール - 1200mSF - 3歳以上

勝ったのは、最初から飛ばしたJordan Sport
圧勝。
同じ勝負服で、Krypton Factorが出てましたが、もう10歳。
しかし、ここも4着と好走。
恐れ入ります。

Jordan Sportは、ミスタープロスペクター系ドバウィ産駒。母父ダンジグ系タイガーヒル。

01着  04  Jordan Sport  A. de Vries  1'10''18
02着  08  Yalta  7.25馬身  
03着  07  Wild Dude  1.75馬身  
04着  01  Krypton Factor  アタマ
05着  06  United Color  1.5馬身  
06着  02  Wonder of Qatar  1.25馬身  
07着  11  Raven's Corner  クビ
08着  09  Dubai One  1.25馬身  
09着  03  Comicas  1馬身  
10着  05  Taamol  3.75馬身  
11着  10  My Catch  1.25馬身  




G3-Burj Nahaar  バージナハール - 1600mSF - 3歳以上

昨年の勝馬でもあるHeavy Metalは、完全に抜け出して快勝!と思いきや、まさかのブレーキで4着。
差し返したKimbear優勝。
カフジテイク(5着)なども出たゴドルフィンマイル2着したRossは後方。

勝ったKimbearは、ロベルト系TEMPLE CITY産駒。
母父ボールドルーラー系SKY MESA。
叔母DREAM DANCINGは、デルマーオークスG1の勝馬。

01着  01  Kimbear  P. Dobbs  1'36''81
02着  10  Secret Ambition  1.25馬身  
03着  05  Musawaat  短アタマ
04着  13  Heavy Metal  半馬身  
05着  03  Top Clearance  7.75馬身  
06着  04  Drafted  4.5馬身  
07着  06  God's Speed  4.75馬身  
08着  07  Classic Emperor  1.25馬身  
09着  02  Ross  1.25馬身  
10着  09  Fantastic Four  1.25馬身  
11着  12  Dream Castle  12馬身  
12着  08  Grey Britain  13馬身  
13着  11  Daily Bulletin  2馬身  




G1-Jebel Hatta ジュベルハッタ - 1800m芝 - 3歳以上

上位は、青々青々青といった感じでした。
1番人気のBenbatlは、人気ゆえか、外々を回る。
内の後方で脚貯めたBlair Houseが、直線、行き場を探す手応えで、抜け出すと快勝。
ケープヴェルディ勝馬のPromising Run、ザビールマイル勝馬のJanoobi、アルラシディヤ勝馬のBenbatlを抑えての勝利。

Blair Houseは、ヌレイエフ系ピヴォタル産駒。母父ミスタープロスペクター系ドバウィ。
伯母がフェブラリーSでウイングアローの2着ゴールドティアラ。

01着  03  Blair House  J. Doyle  1'47''53
02着  10  Benbatl  3/4馬身  
03着  08  Janoobi  アタマ
04着  01  Promising Run  1馬身  
05着  06  Eqtiraan  2.25馬身  
06着  02  Folkswood  クビ
07着  04  Rodaini  3馬身  
08着  09  Whisky Baron  1.75馬身  
09着  11  Above N Beyond  ハナ
10着  05  Gm Hopkins  2.5馬身  
11着  07  Leshlaa  アタマ




G1-Al Maktoum Challenge R3 アルマクトゥームチャレンジ・ラウンド3 - 2000mSF - 3歳以上

ペースを落として逃げた2番人気のNorth America
3コーナー付近からスピードを上げると、追いすがるThunder Snowを置き去りにして一人旅。
圧勝。
ラウンド2では、Thunder Snowに敗れてましたがね。
今回は、同斤。
わずかですから大きな影響はないとは思いますが、ここでの差は大きくなりました。
展開もありますが、本番も楽しみですね。

North Americaは、ミスタープロスペクター系ドバウィ産駒。母父‏ヘイルトゥーリーズン系YANKEE VICTOR。

01着  06  North America  R. Mullen  2'01''71
02着  02  Thunder Snow  5.25馬身  
03着  01  Furia Cruzada  3.75馬身  
04着  03  Second Summer  9馬身  
05着  12  Special Fighter  8.5馬身  
06着  04  Montsarrat  1.75馬身  
07着  05  Capezzano  19馬身  
08着  07  Cosmo Charlie  1.25馬身  
09着  10  Eragon  11馬身  
10着  11  Boynton  2馬身  
11着  09  Saltarin Dubai  8.5馬身  
12着  08  Team Talk  18馬身  




G2-Dubai City Of Gold ドバイシティオブゴールド - 2410m芝 - 3歳以上

逃げたFrontiersmanに、徐々に進出したHawkbill
この2頭のたたき合いはゴールまで続き、わずかにHawkbill優勝。

この2頭、以前にもプリンセスオブウェールズSで対戦し、似たような結果。
Frontiersmanはウィジャボードの子。
Hawkbillは、破竹の勢いで連勝し、エクリプスSまで勝ち上がった馬。

いよいよ、次はドバイシーマということになりますかね。

Hawkbillは、サドラーズウェルズ系KITTEN'S JOY産駒。
母父ストームバード系ジャイアンツコーズウェイ。
弟FREE DROP BILLYは、BREEDERS’ FUTURITY Sを制している。

01着  11  Hawkbill  W. Buick  2'26''85
02着  02  Frontiersman  アタマ
03着  06  Gold Star  5馬身  
04着  03  Called To The Bar  クビ
05着  10  Al Sahem  1.25馬身  
06着  07  Newlands  2.25馬身  
07着  01  Earnshaw  3/4馬身  
08着  09  Trouble of Course  半馬身  
09着  14  Best Solution  10馬身  
10着  13  Treasury Notes  1.5馬身  
11着  04  Janszoon  1.25馬身  
12着  05  Elhaame  2.5馬身  
A  12  Gilt Complex  -