G3-Prix Penelope ペネロープ賞 - 2100m - 3歳牝馬

前に出たHomeriqueオメリックを内から差し返す根性を見せたLuminateリュミネート。
逃げたトーセンギフトには7馬身の差をつけて、この2頭は、ディアヌ賞路線に顔を出した。

ダンジグ系LAWMAN産駒。母父レッドゴッド系レインボウクエスト。
伯父は、ブリーダーズカップターフと英チャンピオンSを勝ったカラニシ。

01着  02  Luminate  O. Peslier  2'13''08
02着  01  Homerique  半馬身  
03着  04  Tosen Gift  7馬身  
04着  05  Tempel  6馬身  
05着  03  Sweety Dream  1.25馬身  




LR-Prix de la Seine セーヌ賞 - 2200m - 3歳牝馬

ディアヌ賞への裏街道。
内で逃げ馬の背後で進むと、Shahnazaシャナザは、内に進路をとって完勝。
最後は完全にながしてましたから、これはここではレベル違い。

なにしろ破った相手Pollaraポラーラは、この後、重賞をあっさり勝つわけですから。

Shahnazaは、ノーザンダンサー系アザムール産駒。母父ミスタープロスペクター系キングズベスト。
伯母シャラナヤはオペラ賞馬。

緑軍も、いよいよ出てきましたかね?

01着  01  Shahnaza  C. Soumillon  2'19''18
02着  06  Pollara  1.25馬身  
03着  04  Chipolata  1馬身  
04着  02  Jaylan  短頭  
05着  03  Saracene  1.75馬身  
06着  05  Petite Alice  2.5馬身  




LR-Prix des Lilas リラ賞 - 1600m - 3歳牝馬

2番手追走から、なかなかの抜け出しっぷりで勝利したEfaadahエファダ。
最後は詰め寄られてますが、少々余裕をもってのゴール。

ダンジグ系DANSILI産駒。母父ダンジグ系オアシスドリーム。
姉ALRAHMAは、モルニー賞連帯、カブール賞勝ちと重賞勝ち馬。

Efaadahは、この後、サンドリンガム賞で3着と健闘。

01着  01  Efaadah  O. Peslier  1'37''69
02着  06  Binti Al Nar  短クビ  
03着  04  Lucie Manette  頭  
04着  07  Sonjeu  2.5馬身  
05着  02  Talbah  1.5馬身  
06着  03  Feralia  短クビ  
07着  05  Shutka  2馬身  




G1-The Emirates Poule d'Essai des Pouliches プール・デッセ・デ・プーリッシュ- 1600m - 3歳牝馬

Teppalテパル。
直線は、外に持ち出す分、一テンポ遅れての追い出し。
一気に抜き去って戴冠。

血統的には、ダンジグ系カマチョ産駒。母父オーエンテューダー系カドージェネルー。
血統的には、短いところの感じですかね。
マイルは、範囲内なのでしょう。

最後方からごぼう抜きのCoeur de Beauteクードゥボーテも、重賞勝ち馬でしたが、人気はなし。
この脚はなかなかきょうれつでした。
こちらは、ハットトリック産駒のダビルシムが父。
父、そして祖父を彷彿させる脚でした。

01着  02  Teppal  O. Peslier  1'37''97
02着  01  Coeur de Beaute  短クビ  
03着  05  Wind Chimes  頭  
04着  12  Capla Temptress  頭  
05着  14  Barkaa  3/4馬身  
06着  08  Musis Amica  頭  
07着  07  Ellthea  半馬身  
08着  10  Could It Be Love  3/4馬身  
09着  06  Red Line  頭  
10着  11  Sea Prose  短頭  
11着  09  Zonza  短頭  
12着  04  Moisson Precoce  3/4馬身  
13着  03  Mission Impassible  短クビ  
14着  13  Polydream  2馬身  




G3-Prix Cleopatre クレオパトル賞 - 2100m - 3歳牝馬

1番人気のLuminateリュミネートは、ペリエ騎手からルメートル騎手へ乗り替わり。
2番人気のCastellarカステラールに、ペリエ騎手。
もちろん、最初から、この勝負服への騎乗は決まっていたろう。

Luminateもいい競馬でしたが、最後は届かず。
5着は降着ですね。

Amazing Lipsアメージングリップスは、短クビとは、Luminateとの着差であって、Castellarには1馬身ほどつきました。
Castellarは、ネイティヴダンサー系アメリカンポスト産駒。
母父グレイソヴリン系ハイエストオナー。
兄は、クラシック戦線で活躍し、今年古馬戦線を引っ張るレコルトス。
父は違いますが、かなり近い配合。

2位入線だったLuminateも、結構いい脚使ってます。

01着  03  Castellar  O. Peslier  2'11''70
02着  05  Amazing Lips  短クビ  
03着  06  Beagling  3/4馬身  
04着  07  Enchanting Skies  3馬身  
05着  01  Luminate  3/4馬身  
06着  04  Hello Princess  クビ  
07着  02  Princesschope  3.5馬身  
08着  09  Velma Valento  3馬身  
09着  08  Berea  3馬身  




G1-The Gurkha Coolmore Prix Saint-Alary サンタラリ賞 - 2000m - 3歳牝馬

逃げたLaurensローレンスと、背後から内に潜ったWith Youウィズユーのたたき合い。
互角でしたが、最後にわずか前に出たのはLaurens
1000ギニーでも人気して2着。
ここも、並んでからが強いところを見せました。

逃げたといっても、スローですので、ヨーイドンの競馬ですね。

Laurensは、ヌレイエフ系シユーニ産駒。母父ダンジグ系ケープクロス。
伯父に香港ダービー馬のヘレンマスコットがいます。

01着  01  Laurens  P.J McDonald  2'08''39
02着  04  With You  短アタマ  
03着  05  Soustraction  2馬身  
04着  02  Flowrider  クビ  
05着  03  Tosen Gift  3.5馬身  




LR-Prix Volterra ヴォルテーラ賞 1600m 3歳牝馬

抜け出した2頭のたたき合いを制したAdorableアドラーブル勝利。
タイムは平凡な感じなので、この上のクラスでどの程度かでしょうね。

ダンジグ系KODIAC産駒。母父ニジンスキー系シアトルダンサー。
母CAFFE LATTEは、米G1を制しているが、フランスでは、LR-メリサンド賞を制している。

01着  04  Adorable  C. Soumillon  1'43''38
02着  02  Style Presa  短頭  
03着  01  Princesschope  2馬身  
04着  05  Floravise  6馬身  
05着  06  Xagere  8馬身  
 



G2-Prix de Sandringham サンドリンガム賞 3歳牝馬 1600m

ロンシャンでは2戦惨敗でしたが、シャンティイではコース実績あり。
ミッションアンパッシブルMission Impassibleが、追い出しを少し待ってから、伸びて優勝。
1000ギニー掲示板のAltyn Ordaなど惨敗で、勝ったMission Impassibleも牝馬マイル戦線では楽しみですね。

Mission Impassibleは、サドラーズウェルズ系ガリレオ産駒。母父ダンジグ系エクシードアンドエクセル。
母は、ナンソープS勝ち馬のMARGOT DID。

01着  02  Mission Impassible  C. Demuro  1'37''72
02着  06  Crown Walk  3/4馬身  
03着  01  Efaadah  1馬身  
04着  07  Shamtee  短クビ  
05着  05  Ellthea  1.5馬身  
06着  03  Altyn Orda  1.75馬身  
07着  04  Blue Valley  4馬身 




G3-Prix de Royaumont ロワイヨーモン賞 3歳牝馬 2400m

もう、ヴェルメイユ賞への道が始まったといってもいいこのレース。
もちろん、ここから、ディアヌ賞もありではある。

どこからでも抜け出してこれそうな手ごたえで、ポララPollaraが突き抜けて勝利。
ペリエ騎手は、3歳牝馬戦線では、勝ちまくってますね。

このPollaraが、前走敗れた相手がディアヌ賞Shahnaza
当然、そこへは注目が行きます。

Pollaraは、サドラーズウェルズ系キャメロット産駒。母父ストームバード系ストームキャット。
姉STORMINAは、サンドリンガム賞3着。
叔父プロスペクトパークは、ジョッキークラブ賞2着、叔母ソレミアは凱旋門賞馬。
この血統、とにかく、長いところ、そしてペリエ騎手に縁のあるラインですね。

01着  06  Pollara  O. Peslier  2'32''57
02着  04  Waldlied  1.25馬身  
03着  07  Contessa du Barry  3/4馬身  
04着  05  Maiden Voyage  1馬身  
05着  01  Ajayeb  3.5馬身  
06着  08  Tempel  2.5馬身  
07着  03  Shaherezada  クビ  
08着  02  Alhseemah  大差  




LR-Prix Melisande メリサンド賞 2000m 3歳牝馬

1頭違う手ごたえで抜け出してきたヴィクトリーヌVictorineが快勝。
前走破った相手アメイジングリップスAmazing Lipsは、次、重賞クレオパトル賞で2着。
次、ディアヌ賞に登録がある。

重賞級となると、ここでは相手が違うのかもしれない。
1番人気からそう離れていない3番人気ではあったが、レースぶりは圧巻。
いきなりG1挑戦とはいかないものの、次楽しみですね。

レッドゴッド系ルアーヴル産駒
母父ダンジグ系ホーリーローマンエンペラー。
どうというわけではないが、叔父の名はザトイチ。

01着  08  Victorine  M. Guyon  2'07''88
02着  06  Chipolata  2馬身  
03着  07  Moskova  1.25馬身  
04着  05  Palmyre  クビ  
05着  03  Fierte d'Amour  短頭  
06着  04  Zarmella  1馬身  
07着  02  Hello Princess  半馬身  
08着  01  Agathe Sainte  3/4馬身