Qatar Prix Chaudenay
G2 - 3000m 3歳

ニエル賞勝ち馬Brundtlandが中心。
相手に、牡馬勢で、このメンバーに先着してきたZiyadと、牝馬で前走リステッドワンツーのLillian Russellとディープインパクト産駒Bartabaあたりまでの争いになりそう。

1  My Swashbuckler
2  Boulevard
3  Silver Flight
4  Brundtland (E1)
5  Ziyad (E2)
6  Mystic Sunshine
7  Lillian Russell (E1)
8  Bartaba (E2)




Qatar Prix Dollar
G2 - 1950m - 3歳以上

ジャック・ル・マロワ賞4着のNoor Al Hawaは、昨年のダニエル・ウィルデンシュタイン賞でもRoyal Juliusに先着。
アルクール賞2着で、G1戦線を戦ってきたRoyal Julius
南アG1馬で、先日セレブレーションマイルを連帯したWhisky Baronあたりも有力。
英愛ダービーはダメだったが、仏ダービー馬を破って、ギョームドルナノ賞を獲ったKnight To Behold
ドーヴィル大賞を勝っているLoxleyもセントレジャーは大敗も、この距離なら。

1  Royal Julius
2  Noor Al Hawa
3  Whisky Baron
4  Subway Dancer
5  Loxley
6  Knight To Behold  
7  Fabricate  
8  Master's Spirit
9  Alignement





Qatar Prix Daniel Wildenstein
G2 - 1600m - 3歳以上

ムーランドロンシャン4着好走のPlumatic
ロッキンジは敗れたが、G2レベルはほぼ負けていないAddeybb
仏ダービー5着、ジャンプラ賞5着という実績だが、プールデッセ連帯馬のHey Gaman
久々叩いて、前走G3カンセイ賞勝ったGraphite
前走パークステークス3着のOh This Is Us
G3連帯実績だが、8戦3勝8連帯のOstilio
2歳G1馬のRobin of Navan
前走ダフニ賞G3を勝ってきたGlorious Journey

力は拮抗していそうだが、G1レベルで戦った馬の方がよさそうではある。

1 Addeybb
2 Robin of Navan
3 Graphite
4 Oh This Is Us
5 Plumatic
6 Ostilio
7 Hey Gaman
8 Glorious Journey
9 Hunaina
10 Rock My Love





Qatar Prix du Cadran
G1 - 4000m - 4歳以上

このところ、好調のHoldthasigreen
ただし3100までの経験。

障害も走ってきた今年、長距離に活路を見出すMax Dynamite

Mille Et Milleは、4000こその馬。
ここは勝利経験も、今年、少々調子は上がらぬが。

2700は快勝したが、フランケル産駒で、しかも、ウイアーやウィズユーの兄弟というCall The Wind
血統だけでどこまで。

良血か、好調か、4000実績か、それとも、メルボルンカップ連年好走のグレイトジャーニー産駒Max Dynamiteを応援するか。

1  Montaly
2  Holdthasigreen  
3  Nardo
4  Max Dynamite
5  Mille Et Mille
6  Call The Wind
7  Morgan le Faye
8  Line des Ongrais  






Qatar Prix de Royallieu
G2 - 2500m - 3歳以上


前哨戦でもある、リステッドのリアンクール賞を買ったMaroubra
牝馬長距離ラインの王道、マルレ賞を連帯Fuse
これを、同じく、王道路線の次、ミネルヴ賞連帯のHermaphrodite
重賞好走するが、いい勝負までが続くShahnaza
ようやく、実力をつけてきた感もあるPalombeは、古馬牝馬の王道路線ポモーヌ賞連帯。

1  Palombe
2  Shahnaza
3  Hermaphrodite
4  Maroubra
5  Princess Yaiza  
6  Fuse