凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞へ向け、フランス競馬を中心にした話題、フランスダービー、フランスオークス、パリ大障害、アメリカ賞他

フランス競馬速歩:2008

2008年 ブルゴーニュ賞 結果

ブルゴーニュ賞 (どうだと言わんばかりの強い競馬!)

PRIX DE BOURGOGNE G2 4歳〜9歳 2100mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

最終周、3コーナーあたりでEXPLOIT CAFの外からPREMIÈRE STEEDが仕掛ける。が、譲らない。
最終直線で一気にまくって出たMEAULNES DU CORTAが一気に押し切った。
出入りの激しい、レベルの高い迫力ある一戦となった。
フランス賞2着であるが、走りきれば好成績のMEAULNES DU CORTAが強い競馬であった。
OFFSHORE DREAMはこの時点ではやくも頂点が見え出した。

1着単7 MEAULNES DU CORTA   P. LEVESQUE
2着--5 OFFSHORE DREAM
3着対8 OLGA DU BIWETZ
4着穴2 MAGNIFICENT RODNEY
5着--1 OISEAU DE FEUX
6着本6 EXPLOIT CAF
7着--4 NOUBA DU SAPTEL

2008年 ブルゴーニュ賞 予想

ブルゴーニュ賞 (エンジンのかかりはいかが?)

PRIX DE BOURGOGNE G2 4歳〜9歳 2100mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

さてさて、アメリカ賞トライアル"4B"もいよいよ第3戦。4Bの最終戦は年明け。

このレースは2100であることか留意点。夏のG1ルネ・バリエール賞、冬のG1フランス賞がこの2100である。
また、4B第2戦ブルボネ賞はハンデがある。しかし、第1戦の2700のブルターニュ賞とここブルゴーニュ賞はハンデなしのガチンコ勝負である。
もう一つは、連闘すら当たり前のトロットで、本番前一ヶ月ということだ。
そんなところから、予想を立てねばなるまい。

アメリカ賞馬OFFSHORE DREAMは、まだまだ眠っている最中か?昨年も年明けからエンジンをかけ始めた。
とすれば、絶好調のOLGA DU BIWETZと前走あっと言わせたMAGNIFICENT RODNEYは怖い。
ただし、"ハンデなし"であり、そろそろ、真打と言っていいEXPLOIT CAFがやはり本命。
相手はフランス賞2着とは逆に、OFFSHORE DREAMにではなく、ルヴェスクが乗ってきたMEAULNES DU CORTAが一度叩いて怖いか?
距離短縮でPREMIÈRE STEEDをもう一度チェックしておこう。

--1 OISEAU DE FEUX
穴2 MAGNIFICENT RODNEY
--3 NIKY
--4 NOUBA DU SAPTEL
--5 OFFSHORE DREAM
本6 EXPLOIT CAF
単7 MEAULNES DU CORTA
対8 OLGA DU BIWETZ
--9 GLEN KRONOS
--10 GIUSEPPE BI
--11 LÖNSHULTS DANNE
--12 FELIX DEL NORD
--13 INFINITIF
--14 UNFORGETTABLE
注15 PREMIÈRE STEED
--16 POPINÉE DE TIMBIA

今週末のフランス重賞

いよいよ、フランス競馬も最終重賞。
有馬記念ほどのレースがあるわけではないが、有力馬の出走する、アメリカ賞へ向けての4B第3弾、ブルゴーニュ賞G2が行われる。
4Bは年明けのベルギー賞で最後となり、1月末のアメリカ賞へ向うわけだが、そろそろ、実力馬、有力馬にエンジンのかかり始める時期だ。

昨年は、Exploit Cafが制した。アメリカ賞戴冠はならなかったものの、その後、今年のトップ戦線をにぎわせた馬だ。
ちなみに、このレースでは負けたものの、アメリカ賞を連覇したOffshore Dreamも出走している。

年末も競馬はやっている。正月も初日からヴァンセンヌはやっているので、現地にいる人は、初詣にヴァンセンヌというのもしゃれている。
何しろ、元旦のパリは映画ぐらいしかないからでもある。

2008年 エミール・リオットー賞、G1クリテリウム・コンチネンタル、G1ヴァンセンヌ賞 結果

エミール・リオットー賞 (このクラスの行方は混沌!)

PRIX EMILE RIOTTEAU G2 4歳 2850mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場

人気のQUITA D'ERONVILLEは6着に沈んだ。1着のQUILLE CASTELETSは人気4強の一角を占めていたが、ここは良くわからない。
重賞3着を連続してあげていたことはあるものの、近走はレースのレベルも成績も今ひとつ。
2着はG1モンテ4着があるQUALIE D'ANYであるが、そのときの1着馬はQUITA D'ERONVILLEであったのだから、このグループは、少々実力に地殻変動が起きつつあるのやもしれぬ。
今回も前回も、QUITA D'ERONVILLEの負けっぷりは負けすぎの感もある。QUILLE CASTELETSは春の勢いを取り戻したか?今後はコルニュリエ賞などへ進むのだろう。

1着--4 QUILLE CASTELETS   J.L.CL. Dersoir
2着対8 QUALIE D'ANY
3着穴6 QUINELLA AIMEF
4着--3 QUITO KEBIR
5着単2 QUIONA
6着本10 QUITA D'ERONVILLE
7着--5 QUINCY BOY




クリテリウム・コンチネンタル (4歳女王戴冠!)

CRITERIUM CONTINENTAL G1 4歳 2100mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

大接戦であるが、QUALITA BOURBONにとっては、危なげないレース運びではある。ただし相手は混戦模様を象徴するようである。
もちろん、それだけの実力もあり、QUALITA BOURBONをマークできる位置にいたのだから、展開もQUALMIO DE VANDELにとってはばっちりだったろう。
QUALITA BOURBONは5歳戦へ向うか?それとも、古馬戦線へ殴りこむかであるが、まずは5歳戦線ではなかろうか?

1着本6 QUALITA BOURBON   J. Verbeeck
2着--4 QUALMIO DE VANDEL
3着対3 QUARLA
4着--2 ILARIA JET
5着注5 QUAKER JET
6着--8 QUILEA JIEL
7着--11 IDALGO JET




ヴァンセンヌ賞 (やはり競馬は屋根も重要!)

PRIX DE VINCENNES G1 3歳 2700mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場

RAPIDE DU BOISROCKEUSE DU RIBは失格して、堅い決着ながら薄氷でもある。
RALF D'ERONVILLEの大逃げであったが、これを追いかけて勝負に出たREPLAY OAKSがゴール前REVE DES VALLEESROXANE GRIFFに差される。
が、ROXANE GRIFFが失格で何とか人気馬のワンツー。
大逃げとそれを追っかけた有力馬のお陰で、やはりレースは厳しくなり、実力馬にも失格が出た。
最後はNivardの腕もあるだろう。が、Abrivardもさすがの腕を見せた。Nivard vs Abrivardの両雄対決でもあった。

1着対15 REVE DES VALLEES   F. Nivard
2着本16 REPLAY OAKS
3着--5 REPEAT D'OMBREE
4着--10 RUBIS DE PADD
5着--3 RICK DES SALES
6着--12 REVERIE D'AR
7着--8 ROI DU COQ

2008年 エミール・リオットー賞、G1クリテリウム・コンチネンタル、G1ヴァンセンヌ賞 予想

エミール・リオットー賞 (こんどこそこのメンバーなら!)

PRIX EMILE RIOTTEAU G2 4歳 2850mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場 14h15(JPN 22h15)

有力馬のいない、4歳モンテの重賞。この面子なら、QUITA D'ERONVILLEは勝たねばなるまい。
もちろん、前走、勝負になったQUIONAもいるが、強い相手がいないのなら、QUITA D'ERONVILLEの相手はアトレに好成績のあるQUALIE D'ANYがむしろ怖い。

--1 QUIPSON
単2 QUIONA
--3 QUITO KEBIR
--4 QUILLE CASTELETS
--5 QUINCY BOY
穴6 QUINELLA AIMEF
--7 QUELLE FOLLE
対8 QUALIE D'ANY
--9 QUARTZ DE CALENDES
本10 QUITA D'ERONVILLE






クリテリウム・コンチネンタル (出走なら、今度こそ私!)

CRITERIUM CONTINENTAL G1 4歳 2100mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 14h50(JPN 22h50)

外国馬も参戦する。
QUALITA BOURBONの相手探し。とはいっても、完全に抜け切った存在というわけではない。足元をすくわれる可能性はないことはない。
ただし、足元をすくう可能性がある馬の数があまりにも多いのも問題だ。
フランス馬券親父であれば、QUALITA BOURBONから、流し馬券ということになろうが、ひねくれ親父も多いフランス、バジールから入る親父もいれば、QUALMIO DE VANDELやQUAKER JETなどをひそかに狙う親父もでる。
厳しいレースになれば、有力馬の失格もありえるからだ。
一応、下記のごとく予想をしてみた。前走QUALITA BOURBONのいぬ間に勝ちきったQUARLA。フランス親父なら、意外とこちらも人気を集めるだろう。なんといっても一本かぶりを嫌う性質があるからだ。
他、同レース2着のQUAMELARA、ほか、QUEL AMOUR DUDELなどもマルセル・ローラン賞でプルミエールスティードの3着、QUALITA BOURBONを破ったこともあり、大レースは怖い。

--1 INFINITIF
--2 ILARIA JET
対3 QUARLA
--4 QUALMIO DE VANDEL
注5 QUAKER JET
本6 QUALITA BOURBON
--7 ISMOS FP
--8 QUILEA JIEL
穴9 QUEL AMOUR DUDEL
--10 QATO QUATTRO
--11 IDALGO JET
単12 QUAMELARA
--13 ISLAND EFFE
--14 QUATRE JUILLET
--15 INFATTI NOVEMBER







ヴァンセンヌ賞 (何かがこけても、人気馬決着!)

PRIX DE VINCENNES G1 3歳 2700mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場 15h50(JPN 23h50)

今年最後のG1。3歳モンテチャンピオン決定戦。
3強の構図。基本的には、REPLAY OAKSが中心だが、ROCKEUSE DU RIBREVE DES VALLEESもチャンスあり。
また、一発逆転があるとしたら、今回出走してこなかったRETERN MONEYと3歳選抜アトレで好勝負をしたRAPIDE DU BOIS

--1 REGLISSE MAGIC
--2 RAZZIA D'EP
--3 RICK DES SALES
--4 ROUND BALL
--5 REPEAT D'OMBREE
--6 RAFALE DES LUCAS
--7 ROXANE GRIFF
--8 ROI DU COQ
--9 ROCKY DES BROUETS
--10 RUBIS DE PADD
--11 RALF D'ERONVILLE
--12 REVERIE D'AR
穴13 RAPIDE DU BOIS
単14 ROCKEUSE DU RIB
対15 REVE DES VALLEES
本16 REPLAY OAKS

2008年 ジュール・ルモニエ賞 結果

ジュール・ルモニエ賞 (マラソン野郎、勝ちを死守!)

PRIX JULES LEMONNIER G2 5歳〜10歳 2850mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場

25mのハンデを乗り越えてMARATHON MAN優勝。ハンデが嫌われたのだろう。3番人気であった。
ゴール前は僅差であるが、ラップタイムはだいぶ違う。ただゴール前は3着まで大接戦。
これで、コルニュリエ賞G1へ向うことになるのだろう。

1着本12 MARATHON MAN   Mlle N. Henry
2着--7 NEGRE DU DIGEON
3着対5 MALAKITE
4着--11 NOUBA TURGOT
5着--9 LADAKH JIEL
6着穴6 PRINCE DE MONTFORT
7着単10 PAOLA DE LOU

2008年 ジュール・ルモニエ賞 予想

ジュール・ルモニエ賞 (マラソン野郎は、モンテなら突き抜ける!)

PRIX JULES LEMONNIER G2 5歳〜10歳 2850mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場 15H50(JPN 23H50

G2のPrix Joseph Lafosseの1着と2着のPAOLA DE LOUPRINCE DE MONTFORTと、G2のPrix Reynoldsの1着2着馬MARATHON MANMALAKITEが軸の4頭だろう。
これに、前走MALAKITEの3着に敗れるも、アトレG2のオンガン競馬場のブエノスアイレス賞勝馬MONTE GEORGIOまでとなろう。


--1 VIRGILL BOKO
--2 NOISE
注3 MONTE GEORGIO
--4 LYNX DE BELLOUET
対5 MALAKITE
穴6 PRINCE DE MONTFORT
--7 NEGRE DU DIGEON
--8 LYS PETTEVINIERE
--9 LADAKH JIEL
単10 PAOLA DE LOU
--11 NOUBA TURGOT
本12 MARATHON MAN

2008年 ユヌ・ドゥ・メ賞 結果

ユヌ・ドゥ・メ賞 (羽ばたくほどでもなく優勝!)

PRIX UNE DE MAI G2 2歳牝馬 2175mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

牡馬戦線は人気のバジールが破れたが、ここはバジールが勝利。
それにしても2歳戦線の双1番人気がバジールであるところが、フランスのトロットの趨勢であるとは理解しておく必要はある。
レースを見る限りでは、徐々に進出した上位3頭が抜け出し、危なげなくSIRENE BOREALEが勝利したように見える。
これで、6戦5勝失格1回で重賞戴冠である。

1着本10 SIRENE BOREALE   J.M. Bazire
2着単8 SANAWA
3着--4 SALAMMBO DU VIVIER
4着--3 SEDUCTION D'ANAMA
5着穴9 SERIE OUEST
6着対7 SARDAIGNE
7着注2 SALT LAKE CITY

2008年 ユヌ・ドゥ・メ賞 予想

ユヌ・ドゥ・メ賞 (北のセイレーン、羽ばたけば止まらぬ!)

PRIX UNE DE MAI G2 2歳牝馬 2175mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 15H20(JPN 23H20)

J.-M. BAUDOUIN厩舎にドライバー、T. LE BELLERJ.-M. BAZIREというGNTチャンプオアシスジェデと同じコンビが今回の軸。
そのうち、やはり、評価対象となるヴーラジー賞とマルセル・ドゥジャン賞を勝利したSIRENE BOREALEが今回も軸だろう。
失格以外は敗れていない。
これ以外は、どんぐりの背比べ状態だ。ただ、何度も対戦している中から選ぶとなると、賞金獲得額の多いゼッケン番号の大きい3頭が有力視される。
SARDAIGNESANAWASERIE OUESTである。この中で安定度が高く、前走ヴーラジー賞を最先着のSARDAIGNEを対抗。
そのヴーラジー賞では敗れたが、それまで連帯100パーセントのSANAWAをその次に評価。
意外性ではSALT LAKE CITYを推しておく。


--1 SIERRA D'ALBRET
注2 SALT LAKE CITY
--3 SEDUCTION D'ANAMA
--4 SALAMMBO DU VIVIER
--5 SIERRA D'ERPE
--6 STAR DE GAUTIERS
対7 SARDAIGNE
単8 SANAWA
穴9 SERIE OUEST
本10 SIRENE BOREALE

2008年 エマニュエル・マルグーティ賞 結果

エマニュエル・マルグーティ賞 (バーボン片手にショータイム)

PRIX EMMANUEL MARGOUTY G2 2歳牡馬 2175mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

圧倒的1番人気であったSO LOVELY GIRLがとんだことで、大荒れと思いきや、4番人気3番人気の組み合わせであるが、爆発的なオッズではなかった。
そこはトロットのしかも2歳戦であり、フランスの馬券親父は、この、落馬より圧倒的に可能性の高い、失格を、頭の片隅に入れているのである。
そこが、単勝10倍以上が来ても、馬連28倍、3連複41倍のゆえんであろう。
明日の牝馬戦線をも確認が必要であるが、クリテリウム・デ・ジュヌへ向けては、まだまだ混沌が続きそうだ。
昨年のレディーキャッシュvsリターンマネーと言う雰囲気ではないかも知れぬ。
ただ、出入りの激しい競馬ではあるものの、SHOWTIME BOURBONは着差は後ろとの着差はだいぶある。
おそらく、BOURBONの読みは、英語読みのバーボンではなく、トロット馬に多いブルボンを適用でいいのだろう。


1着単4 SHOWTIME BOURBON   D. Locqueneux
2着対6 SIGNE D'AMOUR
3着穴9 SINOU MADRIK
4着--3 SUNSET JAL
5着--2 SAMY DE JAU
6着--1 SATIN ROSE

2008年 エマニュエル・マルグーティ賞 予想

エマニュエル・マルグーティ賞 (大変愛すべき少女と言う名の僕)

PRIX EMMANUEL MARGOUTY G2 2歳牡馬 2175mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 15H20(JPN 23H20)

さて、2歳牡馬戦線である。""が今年の2歳馬。新鮮である。

分かりやすい軸馬がいる。SINOU MADRIKである。
この馬、3戦連続2着であるが、それぞれのレースの勝馬がこのレースに名前を連ねている。
SIGNE D'AMOURSHOWTIME BOURBONSO LOVELY GIRLである。
そのうち、SIGNE D'AMOURSHOWTIME BOURBONは2回対戦しているが、双方ともに勝ったレースで相手が失格ということで、まともに争ってはいない。
失格を除けば、この軸馬に勝った3頭は負けていない。
この3強のうち、まともに走ったものが、このレースを制するのかも知れぬ。

--1 SATIN ROSE
--2 SAMY DE JAU
--3 SUNSET JAL
単4 SHOWTIME BOURBON
--5 SAGE DE BRESLES
対6 SIGNE D'AMOUR
--7 SURCOUF DE LAUBOIS
本8 SO LOVELY GIRL
穴9 SINOU MADRIK

2008年 グラン・ナシオナル・デュ・トロ 最終結果

グラン・ナシオナル・デュ・トロ 最終結果

馬部門
1 OASIS GEDE 69ポイント  9出走
2 PLUTO DU VIVIER 52ポイント  5出走
3 OBJECTIF ROYAL 44ポイント  5出走
4 OCEANO NOX 40ポイント  4出走
5 PERLANDO 31ポイント  3出走
6 NUIT TORRIDE 28ポイント 3出走
7 NANA DU LAS VEGAS 23ポイント  2出走
8 OYOLA 20ポイント 4出走
9 OLA DE PADD 18ポイント  3出走
9 OLD DU HAUTVENT 18ポイント  2出走

調教師部門
1 J. M. BAUDOUIN  84ポイント
2 P. LEVESQUE  81ポイント
3 T. DUVALDESTIN  53ポイント
4 C. FLIRDEN  44ポイント
5 A. VANBERGHEN  39ポイント
6 J. M. BAZIRE  32ポイント
7 P. GILLOT  28ポイント
8 F. LEBLANC  26ポイント
9 C. BIGEON  23ポイント
9 I. P. BLANCHON  23ポイント
9 J. FERNANDES  23ポイント

ドライバー部門
1 P. LEVESQUE  58ポイント
2 T. DUVALDESTIN 53ポイント
3 B. PITON  52ポイント
4 F. NIVARD  50ポイント
5 J. VERBEECK  48ポイント
6 J. M. BAZIRE  44ポイント
6 J. BOILLEREAU  44ポイント
8 T. LE BELLER  42ポイント
9 M. ABRIVARD  29ポイント
9 S. ERNAULT  29ポイント

なお、調教師部門や馬部門は賞金が出るわけだが、ドライバー部門などは、優勝ドライバーは最新ノートパソコン、2位はDVDレコーダー、3位は任天堂Wiiである。
調教師とドライバーはかぶることが多いから、このような商品でもいいのかも知れぬ。
もっとも、名誉云々より、GNTシリーズそのものが、ファンサービスの一環であろう。

他、GNT当日に行われる他のレースのモンテ騎手でポイントを争う騎手部門、同じく同日他レースの素人戦もGNTポイント対象で争われている。

今年は、馬、調教師部門ともに、OASIS GEDEとその調教師さんであった。昨年は、ORAL FUNが、このシリーズチャンピオンから、アメリカ賞3着に健闘している。
今後の上位馬に注目である。

2008年 クロチュール・デュ・グラン・ナシオナル・デュ・トロ 結果

クロチュール・デュ・グラン・ナシオナル・デュ・トロ (麗しきオアシスに到着!)

CLOTURE DU GRAND NATIONAL DU TROT G2 5歳〜10歳 2850mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

前回、前々回のレースは全く評価されぬことが、その二つで敗れたLORD DE LA NOEの一番人気、OASIS GEDEの6番人気ではっきりと出た。
が、終わってみれば、OASIS GEDEが3連勝で戴冠。
2着は前回のルーアンでは4着に敗れていた、ことし、5歳戦線で上位に食い込むこともあった5番人気PERLANDO
3着には、LORD DE LA NOEには負け続けていたが、ルーアンで2着に来た3番人気NUIT TORRIDE
2番人気の3連勝中のNELUMBOが4着、1番人気LORD DE LA NOEは5着まで。

それにしても、好スタートから控えたOASIS GEDE
人気のLORD DE LA NOEが途中から先頭に立ちレースを作る。
最終コーナー手前から、少々外にフルのだが、果たしてきれいに前が開き、抜け出してゴール!

OASIS GEDEは最後は余裕を持っての勝利。好調持続だったということだろう。

それにしても、最終戦ということでG2格であるが、G3を戦ってきたメンバーのレスであるものの、競馬場の混み具合は、この寒空の中、平地、障害とは比較にならぬほど観客がいる。
もっとも、日本の競馬場ほどではないが、トロット人気を物語る。
1年間、このシリーズを追っかけてきた人は、盛り上がっただろう。しかも、5連単対象レースであるのだから。


PERLANDOも中々がんばった。このシリーズ3戦参加で1着2着4着という成績だ。
リールのル・クロワゼ・ラロッシュ競馬場の第5戦のときは、今回の1着2着が逆であった。


ちなみに、"OASIS GEDE"の"OASIS"は、フランス語発音は、オアシスではなく、オアジスであるので訂正しておく。
意味はオアシスであるから、ついつい、オアシスと言ってしまうが、多くの場合、英語でもそうだが、母音にはさまれたSはにごって発音される。


1着本2 OASIS GEDE   T. Le Beller
2着--10 PERLANDO
3着穴11 NUIT TORRIDE
4着対7 NELUMBO
5着注12 LORD DE LA NOE
6着--6 NEUTRON DU CEBE
7着--4 ORAGE DU NOYER



さてさて、GNTこと、グラン・ナシオナル・デュ・トロもこれで今年の全日程を終了した。
優勝馬はOASIS GEDE戴冠となった。


今年はすべてのレースを追っかけなかったから、来年こそ、チェックしよう!とおもいつつ、後で、今年のポイントをまとめておこう。
このレースをチェックしていけば、13箇所の地方競馬場を楽しめるというものだ。

2008年 クロチュール・デュ・グラン・ナシオナル・デュ・トロ 予想

クロチュール・デュ・グラン・ナシオナル・デュ・トロ (連勝中の2頭軸に最終戦の意地も入り乱れ!)

CLOTURE DU GRAND NATIONAL DU TROT G2 5歳〜10歳 2850mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 15H40(JPN 23H40)

ナント、ルーアンと連勝したOASIS GEDE。このところ3連勝中のNELUMBO。この争いが見もの。
前走50mハンデのあったMARATHON MAN。これは、今回25mのみのハンデだ。どう影響するか?
ナント、ルーアンは敗れたものの、その前5連勝中だったLORD DE LA NOEと、5連勝の直前のレースでLORD DE LA NOEに勝っているNUIT TORRIDE
前走はルーアンでもLORD DE LA NOEに先着し、OASIS GEDEの2着。今度は雪辱したい。
特に、NUIT TORRIDELORD DE LA NOEOBJECTIF ROYALのドライバーはドライバーチャンピオンがかかっている。
OBJECTIF ROYAL自体もOASIS GEDEと共にGNTチャンピオンの座がかかる。本気度は高い最終戦である。

--1 KILT DE BLARY
本2 OASIS GEDE
--3 OBJECTIF ROYAL
--4 ORAGE DU NOYER
--5 MIAOU
--6 NEUTRON DU CEBE
対7 NELUMBO
--8 LE RETOUR
--9 KENT BARBES
--10 PERLANDO
穴11 NUIT TORRIDE
注12 LORD DE LA NOE
--13 NEGRE DU DIGEON
--14 LYS PETTEVINIERE
--15 KING PRESTIGE
単16 MARATHON MAN
--17 ONE DU RIB

フランスのトロットレースを楽しむために

いろんな重賞が行われるトロットレースだが、年齢別種類別に見ていくと、分かりやすい。
アトレ・・・繋駕速歩(フランス語でアトレはつなぐの意味、この場合は車をつなぐ)
モンテ・・・騎乗速歩(フランス語でモンテは乗ると言う意味)

年齢別(2008年時点のフランス馬のみ)
今年の2歳"S"ではじまる名前
今年の3歳"R"ではじまる名前
今年の4歳"Q"ではじまる名前
今年の5歳"P"ではじまる名前
今年の6歳"O"ではじまる名前
今年の7歳"M"ではじまる名前
今年の8歳"N"ではじまる名前
今年の9歳"L"ではじまる名前
今年の10歳"K"ではじまる名前

以下、それぞれのクラスの中心馬をチェックしていけば、今後が理解が早い。
2歳重賞は来週行われる。来年の3歳戦へつながる。
こんなことを覚えておくと、競馬新聞の馬柱の理解は早い。
競馬新聞の馬柱に同じアルファベットからはじまる馬名ばかりが並ぶ特徴ある状態は、トロットレースの年齢別競走から起きるわけだ。
冬のフランス競馬は、これで楽しむ!

以下は、そのクラスでトップを走る馬達を一部紹介。


3歳アトレ

READY CASH(レディキャッシュ)
一度だけ大敗したが、それは度外視。完全無欠ではなくなったが、王者の風格。


3歳モンテ

RETURN MONEY(リターンマネー)
REPLAY OAKS(リプレイオークス)
年末対決することになるだろう牝馬の2強。女王が決まる。


4歳アトレ

QUALITA BOURBON(カリタブルボン)
こちらは4歳女王。牡馬をも寄せ付けぬ強さがある。


4歳モンテ

QUIDO DU GOUTIER(キドデュグーティエ)
アトレからモンテに転戦するやいきなり連勝。


5歳アトレ

PREMIERE STEED(プルミエールスティード)
古馬相手には歯が立たないが、このクラス最強の馬。


5歳モンテ

PAOLA DE LOU(パオラドゥルー)
PRINCE GEDE(プランスジェデ)
来年は古馬とのG1戦線が楽しみな2頭。


古馬アトレ

OLGA DU BIWETZ(オルガデュビュウェッツ)
EXPLOIT CAF(エクスプロワキャフ)
OFFSHORE DREAM(オフショアドリーム)

好成績を続けているOLGA DU BIWETZ
今年のG1の主役といっていいEXPLOIT CAF
アメリカ賞3連覇がかかるOFFSHORE DREAM


古馬モンテ

MARATHON MAN(マラソンマン)
MAGNIFICENT RODNEY(マニフィソンロドゥネイ)
OLGA DU BIWETZ(オルガデュビュッツ)

G1戦線へ殴りこむMARATHON MAN
昨年のコルニュリエ賞馬にして、今年もアトレでも絶好調のMAGNIFICENT RODNEY
昨年コルニュリエ賞2着馬。この馬もアトレ絶好調のOLGA DU BIWETZ



古馬戦線はアトレ、モンテに関わらず、
MAGNIFICENT RODNEY(マニフィソンロドゥネイ)
OLGA DU BIWETZ(オルガデュビュッツ)
の2頭が特に注目となっている。

2008年 3歳選抜G1 アリスト・エマール賞G2 結果

3歳選抜 (READY CASH圧勝!3歳チャンプ!!)

CRITERIUM DES 3 ANS G1 3歳 2700mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

READY CASHが最後は力の違いを見せた。終始内側にいたRAVANELLAも最後は脚持たず失格。
最後に仕掛けたバジールのROLLING D'HERIPREREADY CASHの前には最終コーナーまで。
2着争いは熾烈ながら、先頭は余裕の戴冠。
1着2着は、夏のアルベール・ヴィエル賞G1の再現となった。
アルベール・ヴィエルで3着だったRANCHO GEDEは早々失格。前走READY CASHの2着したROCKLYNも最後は脚持たず失格。
失格馬が半数に上るという、ある意味レベルの高い、また、レベルの差の大きい、年齢別G1らしい決着ともいえる。

1着本14 READY CASH   B. PITON
2着--5 ROLLING D'HERIPRE
3着穴13 ROYAL CROWN
4着対15 RETURN MONEY
5着--7 RAPIDE DU BOIS
6着--3 RENE DE MONVRIL
7着単4 RADIEUSE DU FAN





アリスト・エマール賞 (最後は地力で抜かせない!)

PRIX ARISTE HEMARD G2 4歳牝馬 2700mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

なんと、QUALITA BOURBON出走取消で俄然混戦。それでも、以前のレース成績から、上位のQUARLAがここは1着。
レース自体はQUARLAの一人旅に最後QUAMELARAが詰め寄るといったもの。
さてさて、クリテリウム・コンチネンタルへは、QUALITA BOURBONが問題ないのかどうか?
そこが気になるところだ。

1着対4 QUARLA   F. NIVARD
2着--3 QUAMELARA
3着単6 QUILEA JIEL
4着--5 QUALIE D'ANY
5着穴1 QUYMJA
6着--2 QUINTAESCENCIA

2008年 3歳選抜G1 アリスト・エマール賞G2 予想

3歳選抜 (ゼッケン番号最終番と一つ手前で、ついに3歳最後の決戦の時!)

CRITERIUM DES 3 ANS G1 3歳 2700mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 14H50(JPN 22h50)

どのような結果になろうとも、このレースはREADY CASHRETURN MONEYのライバル対決である。
もちろん、RETURN MONEYにはREPLAY OAKSとのヴァンセンヌ賞も控えてはいるのだが、やはり3歳ナンバーワンチャンピオンと言われるのは、こちらの勝者だろう。
突如として現れたRADIEUSE DU FANを含め、牡馬で成績の安定しているROCKLYNや牝馬でRETURN MONEYのライバルにもなったROYAL CROWNも逆転候補である。
もちろん、馬券的には、14-15の馬連馬単は買いづらいし妙味無し。むしろ、2ユーロのみの1点買いか、大穴買いでレースそのものを楽しんだ方がいいかも知れぬ。

--1 ROYALE STAR
--2 REJANE DE BAILLY
--3 RENE DE MONVRIL
単4 RADIEUSE DU FAN
--5 ROLLING D'HERIPRE
--6 RAVANELLA
--7 RAPIDE DU BOIS
--8 RYDER DE TAGOR
注9 ROCKLYN
--10 ROSSINI DES JIPES
--11 RANCHO GEDE
--12 REVE DES VALLEES
穴13 ROYAL CROWN
本14 READY CASH
対15 RETURN MONEY




アリスト・エマール賞 (4歳チャンプの称号への序章は、通過点への準備運動!)

PRIX ARISTE HEMARD G2 4歳牝馬 2700mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 15H50(JPN 23H50)

牡馬4歳勢に対し、こちらは4歳牡馬。今年のスーパー女子高生、QUALITA BOURBON。3着に負けた時の5着馬がアメリカ賞馬OFFSHORE DREAMであるから、格の違いは断然である。
相手筆頭は、QUALITA BOURBONの2着があるQUARLA。そのときの3着馬QUILEA JIELQUILEA JIELは、前走負けたとはいえ、4B挑戦の明らかな格上挑戦。
格下から一応QUYMJAも抑えておく。

穴1 QUYMJA
--2 QUINTAESCENCIA
--3 QUAMELARA
対4 QUARLA
--5 QUALIE D'ANY
単6 QUILEA JIEL
本7 QUALITA BOURBON

2008年 オクターヴ・ドゥネル賞 ブルボネ賞 フィリップ・デュ・ロジエ賞 結果

オクターヴ・ドゥネル賞 (お次は女王へ挑戦状!)

PRIX OCTAVE DOUESNEL G2 4歳牡馬 2700mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

並びこそ違えども、セレクション賞の2着3着4着での決着。いったいった、おいでおいでの競馬となった。
3月G1のセレクション賞であるから、混戦ながら、上位組は変わっていない。
牝馬のレースは本日行われるが、そのセレクション賞1着のQUALITA BOURBONに勝てるのか?が暮のクリテリウムコンチネンタルの焦点。
QUALITA BOURBONは前走イタリアでG1奪取。一つ上のクラスを堂々突き進んでいる。

1着穴8 QUALMIO DE VANDEL   TH. DUVALDESTIN
2着単5 QUAKER JET
3着本7 QUEL AMOUR DUDEL
4着--4 QUALYPSO JIEL
5着対3 QUILIEN D'ISQUES
6着--6 QUATRE JUILLET
7着--1 QUEBIR DE L'AUBE




ブルボネ賞 (年始のモンテの最高峰馬は年末のアトレで再び輝く!)

PRIX DU BOURBONNAIS G2 4歳~9歳牡馬牝馬 2850mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

4B第二弾。単勝73倍の穴馬の勝利。
1着MAGNIFICENT RODNEY、2着OLGA DU BIWETZ・・・。といえば、なんと、今年1月のコルニュリエ賞のワンツーなのだ。
コルニュリエ賞といえば、モンテの最高峰であり、フランストロット界2番目の賞金レースである。
が、このレースはアトレであり、この先は、アメリカ賞である。
レース自体、PREMIERE STEEDが最初の直線でスーッと先頭に立つと、ハンデのない前の組が、ガンガン引っ張る。
MAGNIFICENT RODNEYがハナに立ちレースをどんどん引っ張ると、内の8番GLEN KRONOSはついて行けず、失格。
その中で間隙をついて2番手に上がる真打OLGA DU BIWETZ
ハンデ25m組が前へ出てくることないうちに、さらに、加速するMAGNIFICENT RODNEY。直線内から追いすがるOLGA DU BIWETZ
この2頭の最後はマッチレースであったが、わずかにMAGNIFICENT RODNEY
これほどの強いレース振りであれば、この先が相当楽しみだろう。ジャグドゥベルーエのごとく、コルニュリエ・アメリカの双方戴冠ということもありえるやも知れぬ。


1着--13 MAGNIFICENT RODNEY   E. RAFFIN
2着本14 OLGA DU BIWETZ
3着--1 GIUSEPPE BI
4着--7 LADAKH JIEL
5着--12 NIKY
6着穴5 PREMIERE STEED
7着--10 NOUBA DU SAPTEL




フィリップ・デュ・ロジエ賞 (こちらも再び女王と再戦?)

PRIX PHILIPPE DU ROZIER G2 4歳牡馬牝馬 2175mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場

QUIDO DU GOUTIERが余裕の勝利といってもいいだろう。この先、当然、もともとのアトレのライバルであったオクターヴ・ドゥネル賞出走のQUALMIO DE VANDELQUAKER JETあたりと共に、QUALITA BOURBONと暮れに戦うことになるのではないだろうか?
または、モンテ戦線からコルニュリエ賞を目指すのか?

1着本7 QUIDO DU GOUTIER   E. RAFFIN
2着単8 QUOKINE BERRY
3着--2 QUIONA
4着対6 QUITA D'ERONVILLE
5着穴3 QUELLE COPINE
6着--4 QUINELLA AIMEF

2008年 オクターヴ・ドゥネル賞 ブルボネ賞 フィリップ・デュ・ロジエ賞 予想

オクターヴ・ドゥネル賞 (牡馬勢は混戦?実力不足?)

PRIX OCTAVE DOUESNEL G2 4歳牡馬 2700mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 14h15(JPN 22h15)

土曜日に行われる4歳G2の二つのうち、こちらはアトレ。
クリテリウムコンチネンタルへ向けた、アトレのG2は牡馬牝馬別となっているが、こちらは牡馬限定。牝馬限定戦は明日行われる。

春のG1セレクション賞で2着したQUEL AMOUR DUDEと3着のQUALMIO DE VANDELが出走してくる。
ただ、QUALMIO DE VANDELは最近調子は?も付く。
QUAKER JETQUALMIO DE VANDELに先着したこともあるが、マルセルローラン賞では7着。
であれば、前走7万ユーロクラスで2着したQUILIEN D'ISQUESを推す。


--1 QUEBIR DE L'AUBE
--2 QUINCY BOY
対3 QUILIEN D'ISQUES
--4 QUALYPSO JIEL
単5 QUAKER JET
--6 QUATRE JUILLET
本7 QUEL AMOUR DUDEL
穴8 QUALMIO DE VANDEL






ブルボネ賞 (徐々に調子を上げてくる親父たちに対し、絶佳の女はどこまで勝ち進む?)

PRIX DU BOURBONNAIS G2 4歳~9歳牡馬牝馬 2850mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 14H50(JPN 22h50)

4B第二弾。当然なG1級メンバーが並ぶ。もちろん、ここを勝つことに意味はない。アメリカ賞へ向け、試金石であったり、調整であったり、力比べであったり、試走であったり、色々だ。
そんな中で、連勝街道まっしぐらのヴェルビークのOLGA DU BIWETZが今回の注目馬だ。
1番から14番までの馬にハンデはない。
15番以降の馬には25メートルのハンデが課される。
ここで、それなりの競馬を見せねばなるまい。
そして、再度、このクラスに挑戦のPREMIERE STEEDである。前回ブルターニュ賞は完敗であったが、前走のマルセルローラン賞を勝利してここへ望む。
その他はハンデ組だ。
MEAULNES DU CORTAは最近も調子がいい。そして、安定度の高いEXPLOIT CAFがいる。
OISEAU DE FEUXOFFSHORE DREAMはエンジンのかかりが遅く、調整中であろう。

--1 GIUSEPPE BI
--2 POPINEE DE TIMBIA
--3 PIROGUE JENILOU
--4 UNFORGETTABLE
穴5 PREMIERE STEED
--6 NOTRE HAUFOR
--7 LADAKH JIEL
--8 GLEN KRONOS
--9 LONTZAC
--10 NOUBA DU SAPTEL
--11 NOUBA TURGOT
--12 NIKY
--13 MAGNIFICENT RODNEY
本14 OLGA DU BIWETZ
--15 ONE DU RIB
注16 OISEAU DE FEUX
単17 EXPLOIT CAF
対18 MEAULNES DU CORTA
--19 OFFSHORE DREAM






フィリップ・デュ・ロジエ賞 (馬券的妙味は薄く、ストーリーの完結へ向けて粛々と・・・。)

PRIX PHILIPPE DU ROZIER G2 4歳牡馬牝馬 2175mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場 16H20(JPN 24H20)

G1馬2頭の豪華メンバーである。
とはいえ、前冬のサントーレ賞勝馬QUOKINE BERRYは安定度に欠け、共和国大統領馬QUITA D'ERONVILLEは安定している。
が、前回、モンテの馬レベルより、アトレの方がレベルが高いのよ!というレース結果になったばかりで、QUIDO DU GOUTIERがそれを証明したのだ。
今回、試金石となるが、こちらの方がいささか優勢だと思われる。そういった前走のエドモン・アンリ賞の結果だった。
ここ以外では当然QUOKINE BERRYが相手であり、共和国大統領賞2着のQUELLE COPINEの争いであると思われる。

--1 QUELLY DE GRAVEL
--2 QUIONA
穴3 QUELLE COPINE
--4 QUINELLA AIMEF
--5 QUELLE FOLLE
対6 QUITA D'ERONVILLE
本7 QUIDO DU GOUTIER
単8 QUOKINE BERRY

2008年 ラウル・バリエール賞 結果

ラウル・バリエール賞 (2着は、えっ!?、REPLAY OAKS!)

PRIX RAOUL BALLIERE G2 3歳 2175mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場


REPLAY OAKSが敗れる。
RETURN MONEYはクリテリウム3歳経由のヴァンセンヌ賞行きであろうが、これで3歳モンテ2強激突と言うより、3強から4強と言った感じの混戦となるやもしれぬ。
REVE DES VALLEESもクリテリウム3歳経由だろう。

もっとも、REPLAY OAKSは、今回は相手を軽く見すぎた感がないでもない。向こう正面では、先頭に立ち逃げ切りを図るが、ROCKEUSE DU RIBがマークをはずさず、最後に差しきったところがゴール。
狙われたともいえるし、狙えるだけの脚力ありともいえる。

RETURN MONEY
REPLAY OAKS
REVE DES VALLEES
ROCKEUSE DU RIB


これが4強と言うことになろう。もちろんまだメンバー発表されたわけではないから、一応である。
もっとも、READY CASHがヴァンセンヌ賞参戦ということはないとは思うが・・・。

1着単9 ROCKEUSE DU RIB   J.L.CL. DERSOIR
2着本10 REPLAY OAKS
3着--6 ROCKY DES BROUETS
4着対7 RALF D'ERONVILLE
5着穴8 REVERIE D'AR
6着--5 REPEAT D'OMBREE
7着--3 RITOURNELLE

2008年 ラウル・バリエール賞 予想

ラウル・バリエール賞 (2着はだれだ?)

PRIX RAOUL BALLIERE G2 3歳 2175mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場 16H35(JPN 24H35)

REPLAY OAKSの次探し。前走RALF D'ERONVILLEREPLAY OAKSの2着だった、ルイ・ティライエ賞。
G1を勝利しているROCKEUSE DU RIB。ルイ・ティライエ賞は2番人気だったが、失格。
ROCKEUSE DU RIBに以前勝利したことのあるREVERIE D'ARが相手だろう。

今週末のクリテリウム3歳から回ってくる連中もいるだろうが、年末のヴァンセンヌ賞モンテG1がここのメンバーの目標である。

--1 RIO DEL CARSI
--2 RICK DES SALES
--3 RITOURNELLE
--4 ROUND BALL
--5 REPEAT D'OMBREE
--6 ROCKY DES BROUETS
対7 RALF D'ERONVILLE
穴8 REVERIE D'AR
単9 ROCKEUSE DU RIB
本10 REPLAY OAKS

今週のフランス重賞

障害戦も一段落し、トロットたけなわとなる。

今週はトロットG1を含む重賞(G2以上)が行われる。


もっとも注目すべきは3歳戦G1クリテリウム3歳(アトレ)である。
このレースから暮れの3歳G1ヴァンセンヌ賞(モンテ)へ向かう馬もでる。

もちろん、モンテの前哨戦もあり、これは明日G2ラウル・バリエール賞(モンテ)が行われる。
これらが3歳戦だ。


また4歳戦は暮れのクリテリウムコンチネンタルG1(アトレ)へ向け、牡牝別にG2が行われる。
土曜には、4歳牡馬限定のオクターヴ・ドゥネル賞(アトレ)
日曜には、4歳牝馬限定のアリスト・エマール賞(アトレ)
。である。


4歳戦ではあるが、来年の大一番のG1コルニュリエ賞(モンテ)を目指すG2フィリップ・デュ・ロジエ賞(モンテ)も土曜日に行われる。


また、アメリカ賞前哨戦の4B第2弾ブルボネ賞G2(アトレ)も土曜に行われる。


今週のG2は6つあるのだが、

G1ヴァンセンヌ賞(モンテ)
G1クリテリウムコンチネンタル、(アトレ)
G1コルニュリエ賞(モンテ)
G1アメリカ賞(アトレ)


をそれぞれ目指しているので、それぞれ別に整理しないと、何の重賞なのか理解不能に陥るのである。
日本の平地で言えば、2歳3歳古馬のダートと芝それぞれのトライアル重賞が一気に行われ、2歳G1も行われるようなものである。

2008年 ジョゼフ・ラフォッス賞  結果

ジョゼフ・ラフォッス賞 (レベルの違いから上位は別レース!)

PRIX JOSEPH LAFOSSE G2 5歳牡馬牝馬 2700mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場

最終週の向こう正面から、PLENTY POCKETPRINCE DE MONTFORTPAOLA DE LOUの3頭のレースとなった。
結局、直線抜け出したPAOLA DE LOUPRINCE DE MONTFORTをわずかに抑えきった。
オッズは単勝1.4倍で、着差の割りには人気をかぶっていた。
どうやらPLENTY POCKETは失格。結果として上位2頭だけが完全にタイムが別次元となった。

1着本7 PAOLA DE LOU   M. ABRIVARD
2着対6 PRINCE DE MONTFORT
3着---4 PAD D'URZY
4着穴2 POP STAR MESS
5着---10 ISLAND EFFE
6着---7 POPINEE DE TIMBIA
7着---18 QUAKER JET

ジョゼフ・ラフォッス賞

ジョゼフ・ラフォッス賞 (このメンバーなら負けられぬ)

PRIX JOSEPH LAFOSSE G2 5歳牡馬牝馬 2700mモンテ  ヴァンセンヌ競馬場 15h50(JPN 23H50)

安定度から、この頭数ならPAOLA DE LOUが軸であろう。
後は、何度も対戦し、PAOLA DE LOUを破ったこともあるPRINCE DE MONTFORTが2着候補。ここまでは、基本的に堅い予想。
さらにもう一頭挙げるなら、休み明けのPOP STAR MESSが一発逆転候補である。
PLENTY POCKETPAON ROYALは安定度に欠ける。


---1 PAON ROYAL
穴2 POP STAR MESS
---3 PASSION DU LOISIR
---4 PAD D'URZY
---5 PLENTY POCKET
対6 PRINCE DE MONTFORT
本7 PAOLA DE LOU

2008年 マルセル・ローラン賞 結果

マルセル・ローラン賞 (同世代なら女王復活!)

PRIX MARCEL LAURENT マルセル・ローラン賞 G2 4歳5歳牡馬牝馬 2100mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場

僅差ながらPREMIERE STEEDGLEN KRONOSを直線で差した。以外にも直線の短いヴァンセンヌであるので、意外に差しは効かないのである。
だからこそ、3コーナーからの位置取りが大事になる。
2着GLEN KRONOSは過去の実績がフロックでないことを証明した。
QUEL AMOUR DUDELも3着でこの世代の上位馬であることを証明したといえるだろう。

1着本2 PREMIERE STEED   CH. MARTENS
2着単4 GLEN KRONOS
3着注17 QUEL AMOUR DUDEL
4着対13 PRINCE GEDE
5着---10 ISLAND EFFE
6着---7 POPINEE DE TIMBIA
7着---18 QUAKER JET

2008年 マルセル・ローラン賞 予想

マルセル・ローラン賞

PRIX MARCEL LAURENT マルセル・ローラン賞 G2 4歳5歳牡馬牝馬 2100mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 13H50(JPN 21H50)

スウェーデンのマルメでG1を3着したRUSSEL NOVEMBERが注目である。前走もラ・カペルのG3を勝利。オンガンの地名シリーズの一つニューヨーク賞G3も勝っている。
もっとも、この馬に既に昨年先着しているPREMIERE STEEDがライバルなのは違いない。
これにPRINCE GEDEもフランス勢では有力だ。
古馬一線級相手の大西洋賞G1を4着したGLEN KRONOSも有力である。
4歳勢では、G1でQUALITA BOURBONに先着の2着経験のあるQUEL AMOUR DUDELを推す。

---1 GIUSEPPE BI
本2 PREMIERE STEED
---3 ISMOS FP
単4 GLEN KRONOS
---5 INFINITIF
穴6 RUSSEL NOVEMBER
---7 POPINEE DE TIMBIA
---8 PIROGUE JENILOU
---9 PARADIS CORDIERE
---10 ISLAND EFFE
---11 JODAS JULIA
---12 IDALGO JET
対13 PRINCE GEDE
---14 SIR KARAN
---15 PHLEGYAS
---16 PAD D'URZY
注17 QUEL AMOUR DUDEL
---18 QUAKER JET

2008年 グラン・ナシオナル・デュ・トロ 第13戦 結果

グラン・ナシオナル・デュ・トロ 第13戦 (オアジスジェデ、徐々に調子を上げ連勝!ポイントリーダーで最終戦へ。)

13EME ETAPE DU GRAND NATIONAL DU TROT グラン・ナシオナル・デュ・トロ 第13戦 G3 3〜10歳 2850mアトレ  モーカンシー競馬場(ルーアン)

OASIS GEDEがこれでポイントリーダーになった。ポイントリーダーをツール・ド・フランスにかけて、マイヨ・ジョーヌと言っていたが、どうやら、このまま、最終戦に参戦しそうだ。
人気のNOSTRAS D'AMOSが鼻を叩き、最終周では、50mハンデ組が果敢に先頭を狙う。
その中で、OASIS GEDEは前から3列目外で控え、最終周3コーナーで満を持して大外へ持ち出し、一まくり。LORD DE LA NOEはバジールとはいえ、さすがに50mのハンデが効いたか。タイム自体は勝馬よりいい。

来月の最終戦ヴァンセンヌで行われるG2はどのようなメンバーがそろうのだろうか?もちろんポイント上位は僅差であるから、メンバーによっては緊迫の一戦となろう。

それにしても、のどかな草原の競馬場である。こういった地方競馬場をみるにつけ、ああ、地方競馬場はええのう!と思うわけである。
ルーアンとはいうものの、その実、結構離れている。30キロ近くは離れていると思われる。このあたりはリネンの一大産地であるから6月頃は花が咲いて美しいかも知れぬ。
東京競馬場といって、都心から府中までのことを考えれば、フランスの田舎の30キロは、それより時間的には近いだろう。
ルーアンからアミアン行きのローカル線があるのだが、この競馬場方面を通る。最寄駅はSommryという駅になりそうだが、地図で見る限り、駅から5キロは離れているようだ。Sommryまでルーアン右岸駅から電車では35分、バスなら1時間程度のようである。

1着本8 OASIS GEDE   T. LE BELLER
2着穴14 NUIT TORRIDE
3着---11 KENT BARBES
4着対12 PERLANDO
5着単1 NOSTRAS D'AMOS
6着---5 NEDEO
7着注15 LORD DE LA NOE

2008年 グラン・ナシオナル・デュ・トロ 第13戦 予想

グラン・ナシオナル・デュ・トロ 第13戦 (ナントからの連覇なるか?)

13EME ETAPE DU GRAND NATIONAL DU TROT グラン・ナシオナル・デュ・トロ 第13戦 G3 3〜10歳 2850mアトレ  モーカンシー競馬場(ルーアン)

前走グラン・ナシオナル・デュ・トロ 第12戦ナントを勝利したル・ベレのOASIS GEDE。25mのハンデがあるものの、ここの有力。
対抗は、PREMIERE STEEDのライバルであった ヴェルビークのPERLANDO。戦ってきた相手が違い、ここでは一発がある。
また、ルヴェスクのNOSTRAS D'AMOSはこのところ3連勝。大変安定しているが、ハンデなしなので、ここは先行逃げ切りしたいところ。
他、ピトンがドライブのNUIT TORRIDEも25mハンデなら。またLORD DE LA NOEもバジールで50mのハンデをどう克服するか?
OASIS GEDEは勝てば、一気にポイントリーダーへ。
PERLANDOも勝てば一気に5位にランクイン。

単1 NOSTRAS D'AMOS
---2 OVERTRICK
---3 LEADER DE BRUCE
---4 OUAGADOUGOU
---5 NEDEO
---6 NIJINSKI RODNEY
---7 LIOSCO ATOUT
本8 OASIS GEDE  25 m
---9 NEUTRON DU CEBE  25 m
---10 LE RETOUR  25 m
---11 KENT BARBES  25 m
対12 PERLANDO  25 m
穴14 NUIT TORRIDE  25 m
注15 LORD DE LA NOE 50 m
---16 NEGRE DU DIGEON 50 m
---17 LYS PETTEVINIERE 50 m
---18 KING PRESTIGE 50 m

グラン・ナシオナル・デュ・トロについて

フランスのトロットレースは平地、障害と同じく、グループレースがある。
日本の競馬ではグレードワンとか、グレードツーなどというが、フランスではグループという。
リトルアマポーラで勝利したルメール騎手のインタビューは英語であったが、グレードと言わず、グループと彼は言っていたが、英国では、グレードなのか、グループなのかは知らない。

トロットの場合、G1へ向けて体系的になっているものは、G2までである。
どうやら、G3に関しては、地方競馬場イベントであったり、地方グランプリ的性格のものが多いようだ。
賞金額も、ヴァンセンヌの平場戦以下であったりする。

ちなみに、ヴァンセンヌ競馬場でも数は少ないがG3は行われる。



さて、本日の本題、Grand National du Trotについてである。

これは、地方の色々な競馬場で行われるG3レース13と最終戦のヴァンセンヌG2にて構成される。

おそらく、既存のレースからこのシリーズに選ばれたレースもあれば、このシリーズのためだけに創られたレースもあるだろうと、勝手に想像している。
日本の競馬で言えば、サマースプリントのようなものである。
ポイント制であり、F1と同じだ。

さすが、F1の国、フランスらしい設定である。
ミシュランの星しかり、この国は、カテゴライズやポイントなどのわかりやすい点数式が大好きなのである。わかりやすいロジックが大好きな国民性を現している。
意外と、このロジック好きな国民性は、日本ではフランス=ラテンというステレオタイプで見られるため、ピンと来ない人が多いようだ。
ミシュランを見ていただければ、お店の内装までポイント化する国民性を理解いただけよう。そんな、ポイントやランキング本はごまんとあるのがフランスなのである。

さて、本題に戻す。おそらく、地方競馬場の活性化も含めて、創設されたに違いない。いろんな競馬場で、いろんなメンバーで、ポイント制で覇を競うといううたい文句である。
最終戦以外、全て水曜日に行われるのである。こういったこだわりも、平地、障害との兼ね合いもあっての合理性であり、これまたフランスらしさでもある。

ちなみに今年は、

第1戦  3月5日   アミアン
第2戦  3月26日  マルセイユ・ボレリ
第3戦  4月9日   サン・ガルミエ
第4戦  4月23日  ボルドー
第5戦  5月21日  ル・クロワゼ・ラロッシュ(リール)
第6戦  6月4日   ラヴァル
第7戦  6月18日  ランス
第8戦  8月6日   サン・マロ
第9戦  9月3日   マルセイユ・ヴィヴォー
第10戦 9月24日  グレーニュ
第11戦 10月15日 リヨン・パイイ
第12戦 11月5日  ナント
第13戦 11月19日 モーカンシー(ルーアン)
最終戦  12月14日 パリ・ヴァンセンヌ


既に書いたように、最終戦だけはG2である。



ポイントは次のようになっている。

1着  15 P
2着  10 P
3着 8 P
4着 6 P
5着 5 P
6着 4 P
7着 3 P
参加 1 P


参加1ポイントに、このシリーズにかける、企画者の意気込み不安その他を感じることができる。

このポイントを馬、騎手、調教師、馬主などで争うわけである。

ちなみに、昨年のチャンピオンホースはORLA FUNである。
今年G1戦線でも活躍した馬だ。
G3シリーズ物としては、最も有名なものであり、1982年創設であるから、歴史もある。

G2を追いかけるのも大変なのに、G3となると、かなり大変であるが、偶然地方へ訪れるとき、こんなことを知っていると、もしかしたら、楽しい競馬ライフをフランスで送れるかも知れぬのである。

毎年どこの競馬場で行われるのか?、持ち回り制なのか?、いつも決まった競馬場なのか?など追っかけていないのでわからないが、来年にはわかるだろう。
開催競馬場を見ると、やはり、そこそこ人口の多い大都市圏が多いことがわかる。

第13戦は明日行われる。

Grand National du Trotオフィシャルサイト

2008年 ジャック・ドゥ・ヴォーロージュ賞とキラ・ジェデ賞 結果

ジャック・ドゥ・ヴォーロージュ賞 (READY CASH逃げ切り!)

PRIX JACQUES DE VAULOGE ジャック・ドゥ・ヴォーロージュ賞 G2 3歳牡馬 2700mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 15H35(JPN 23H35)

READY CASHが逃げ、そのまま押し切り。RANCHO GEDEなどは失格。
2着にROCKLYNが入っているが、1着と2着の差はおそらく無限である。

1着本11 READY CASH   B. PITON
2着単7 ROCKLYN
3着---9 ROSSINI DES JIPES
4着---8 RAPIDE DU BOIS
5着---1 RIFIFI PAPA
6着穴6 ROLLING D'HERIPRE
7着---5 RENE DE MONVRIL





キラ・ジェデ賞 (RETURN MONEY差しきり!)

PRIX QUEILA GEDE キラ・ジェデ賞 G2 3歳牝馬 2700mアトレ  ヴァンセンヌ競馬場 16H35(JPN 24H35)

RETURN MONEYが猛烈な差し脚で差しきった。
2着も差してきたRADIEUSE DU FANであるが、その外から強烈な末のRETURN MONEYである。
これで、3歳戦は12月7日のクリテリウム3歳で、3歳チャンピオンを賭け、先行するREADY CASHと差すRETURN MONEYが最終決戦に臨む。

1着本9 RETURN MONEY   TH. DUVALDESTIN
2着注4 RADIEUSE DU FAN
3着単6 RAVANELLA
4着対8 ROYAL CROWN
5着---1 ROYALE FOR YOU
6着---2 RIRA
7着---3 ROYALE STAR
TEMPS
仏独西伊白瑞典
英愛
Twitter
Le nombre de visiteurs
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profil

turfabeille

Archives
記事検索
Classment
にほんブログ村 競馬ブログ 海外競馬へ



人気ブログランキングへ
海外競馬へ行こう
フランスでインターネット接続
凱旋門賞前日ネットチェック
france

こちらでも調べてみよう


旅の準備、PCもこちらで
Commentaires
カテゴリ別
節電
  • ライブドアブログ