凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞へ向け、フランス競馬を中心にした話題、フランスダービー、フランスオークス、パリ大障害、アメリカ賞他

日本の競馬:名駒デビュー

明日の新馬戦の注目馬

こちらのコーナーもこのブログ上では、すっきりと馬名のみとしておく。
以前同様、あーでもない、こーでもないは、こちら

東京新馬芝1800m

リーサムプライド



京都新馬芝2000m

ミッキースポット

タクティクス

明日の新馬戦の注目馬

このコーナーも移設。もちろん、ここへも、ピックアップ結果は載せていく予定。

東京新馬ダ1400m

キングヴァント

ハイカックウの下。スピードの持続といった雰囲気の母の血である。母はタイキフォーチュン、タイキダイヤの妹。
父がキングカメハメハに変わり、ハイカックウより素軽い感じになった。ノーザンダンサーの血もラストタイクーン経由であるから、切れ味は姉も中々だが、それ以上かも知れぬ。
東京はもってこいか?能力によってはクラシックディスタンスも可か?




京都新馬ダ1400m


キングオブヘイロー


上が走っているというわけではない。それでも準オープンまで勝ちあがり、末もしっかりしている。
ゴールドアリュールに父が替わり、欧州の芝もダートも適正はあがったかもしれぬ。スペシャルのクロス馬である。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬ダ1800m

レーヴアドリアーナ

マンハッタンカフェにシアトリカル。クラシックディスタンスに向きそうで、たいへんいい。ハシッテホシーノが近親であるが、この一族末も安定しており、グレイソブリンの切れ味を受け継いでいそうだ。
十分期待できる血統。


ミエノキララ

フォーチュンワードの下になる。この血統であるから、ダートも芝もどちらもいける。昨年はザルカヴァはミスプロ系凱旋門賞馬になったが、同馬の父のような血統から長いところも勝てるすごいのが出てこないとも限らない。




中山新馬ダ1200m

トウカイトルネード

姉達は走っているとは言いがたいが、父が変わり、スペシャルのクロス発生でどのような子が生まれたか?トウカイテイオーにも繋がる母系である。




京都新馬芝1600m

ナムラガードナー


良血も出るレースであるが、このノーザンダンサーとスペシャルをクロスしまくったこの馬に注目。




中京新馬芝1800m

ナムラノーヴァ

ナムラマースの下。ステイゴールドが父となり、フランス競馬界の英雄の一頭ファイントップのクロスが発生。
とにかく、日仏共に活躍した血統が集まっている。期待。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬芝1600m

ヴィーヴァブーケ

名前の通り、スカーレットブーケの一族である。祖母はスカーレットブーケの全姉。
キングカメハメハでどうでるか?
母自体も桜花賞2着のブルーリッジリバーである。




京都新馬ダ1800m

メイショウブンブク

シャングルポケットに母父バブルガムフェロー。まだまだサンデーサイレンス直ではないサンデーサイレンス系種牡馬牝馬との配合はすくないだろうが、ここが、ジャングルポケットの切所と言えるかも知れぬ。
サフラン賞でメジロドーベルの2着したダイワアンジェラの孫である。


タガノアグレッシヴ

ダノンヴィッターの下。ダノンヴィッターは、追っかけたキッズヴェローチェと同じ新馬戦の2着。キッズヴェローチェの下ピサノカルティエも新馬を快勝したことから、この子にも期待。
長いところがいいだろう。




京都新馬芝1400m

ラスペランツァ

ハギノチェーレの下。ブライアンズタイムに変わり、欧州適正、重い馬場に対する適正は上がっただろう。
1400だけでなく期待。


ミスアンコール

走りそうで意外と走っていない姉兄。キングカメハメハで期待。もちろん兄と同じく、場合によっては、長いところもありだろう。それは、スペシャルの血が支える。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬ダ1800m

カズノロマン

シーキングザパールと同じ母系。サンデーとスぺシャルの血を引くゴールドアリュールで一変あるか?


ドラゴンマウンテン

スペシャルのクロス。売り出し中の兄。父の血が濃く出るのなら、この配合も妙味あるか?




京都新馬芝2000m

アドマイヤメジャー

話題の良血が出るレースであるが、この馬に注目。
クロフネと同じ母系にキングマンボにアグネスタキオン。何が起きても不思議ではあるまい。





中京新馬芝1200m

シャイニーミラクル

ダイタクソニックの下。この距離だけではなく、場合によっては長いところも期待。


パイオニアシチー

母は血統的には抜群ですばらしい。ネオユニヴァースに変わり、一発あるかも知れぬ配合。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬ダ1200m

オーゾラヲマウトキ

初戦と言うこともあり、ダ1200でもあろう。上を見る限り、芝もいけそうだ。距離ももっと延びてもよさそうだ。
おおとりは飛びつつあるが、こちらは舞うか?




中山新馬芝2000m

タイキシムーン

本当に走らないムーンバラッドであるが、重そうな血統ながら、再度期待しよう。
ゴールドカップなどを走ってもいいのではと思える血統だが、そんな走りなのか興味ありというところだ。


トーアショウリュウ

フランスの長距離血統を集めたかのような母。しかし、この近親にマイシンザンもおり、ルファビュルーの血を引くフジキセキと出会い、どんな仔が出るか期待。




京都新馬ダ1200m

マヤノフウジン

同じ配合の上は全く走っていない。が、一発ありそうな雰囲気を秘める配合である。
ダ1200だけの血統とは思えぬ。ここはともかく、無論芝長距離を期待している。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬ダ1200m

フレイムアップ

仏産馬の母、ジャングルポケットということで、凱旋門賞を意識できる血統。ダ1200出走であるが、走るのなら、面白い。


ルラパン

未勝利戦とはいえ、後のG1馬シンコウキングを差した母。母は短いところの活躍だが、兄弟を見る限り、その適性だけではあるまい。父もタキオンに変わり、スズカフェニックスを超える差し脚も期待。





京都新馬ダ1800m

リュクスール

タイキシャトル全妹の仔。クロフネとタイキシャトルの仔といっていい。双方共に、ダートと芝双方に適性ありのうま。どんな仔とでたか期待。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬芝1600m

コオリナアベニュー

キングカメハメハにレッドランサム。欧州に合いそうな血統であるがどうか?




京都新馬ダ1400m

ハギノハニー

上が走っているとは言いがたいが、母の末を受け継いでいることに期待。
ネオユニヴァースに代わり、ジェイドロバリーの良血に名牝イットーの血をひくハギノカムイオーの血。


ハナワキリシマ

すぐ上のレッツゴーキリシマはもちろん、兄弟はみなそこそこ。血統的にもNDクロスのフサイチコンコルドで、粘り腰に更なる期待も。




京都新馬芝1600m

ベイビーローズ

血統だけはすばらしい。スペシャルのクロスを持ち、母は、ミスプロ直仔。祖母はヌレイエフ直仔。これに超良血シングスピールである。
兄弟はおらぬのだが、近親には、この名駒で推したコスモハイライフがいる。全く走っていないが、その兄がマルモコウテイであるから、距離は全く問題ないだろう。




中京芝2000m

エリモアクアポリス

近親は猛烈に走った馬もでている。ただ兄弟はいまいちである。もっとも、父が変わり、何かが起きるのかを期待。


スーパーミノル

ネオユニヴァースは、母の血統いかんに関わらず、走る仔を出す。父の能力に依存した仔が多ければ、どこから強い馬が出るかはわからない。
芝2000戦を使うネオユニヴァース産駒に期待。

2009年度版1/5の法則馬決定

今年の1/5の法則馬は
東:ピサノカルティエ
西:レッドディザイア
ということになった。
双方共に、名駒では推さなかった馬である。


まずはピサノカルティエ。
個人的には2年前、この同じ法則馬として、キッズヴェローチェが登場したこともあり、縁の深い馬だ。
それよりも縁のある、アーリンダルを推したわけだが、まとめて差しきった内容はなかなか。
血統的には、父ネオユニヴァースであるが、母は常にサンデー系との配合であり、キッズヴェローチェもアグネスタキオンである。
今後に期待しよう。


西は、牝馬である。レッドディザイア。
この馬は牝馬であるが、スペシャルの血をひく。
この馬の差し脚もレースでは際立っており、期待できそうだ。


さて、これらの馬がクラシック出走、G1出走なら、戴冠するという法則であるが、トーホウアランは今のところなしえていない。
キッズヴェローチェは、G1出走そのものが今のところない。

応援する馬を決めると言うのは、ちょっと前であれば、ホワイトストーンの法則のごとく、足かせとなることも多いのであるが、これもまた、醍醐味の一つだ。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬ダ1200m

シンシアシチー

キングカメハメハにアレッジド。ダートの短距離だけの血統ではあるまい。まずは、ここからということもあろう。上は走っていないが、短距離というイメージのない馬ばかりだ。





中山新馬芝2000m

こちらも、名駒云々ぬか変わらず、勝馬応援指定1/5法則レースである。

アーリンダル

サマーサスピションの下と言えばいいか?ローゼンカバリーの下というか?ダイイチリカーの下というか?とにかくこの母の子を応援し続けてきているので、ここも期待。





京都新馬ダ1800m

オカゲサマデ

姉オコリンボの下。当然この名前であるから、馬主さんは小田切さんである。父がフサイチコンコルドに変わり、姉以上の活躍を期待。




京都新馬ダ1400m

スリーテンペスト

この一族、ウオッカにもつながる闘将一族なのだ。ここも当然期待できよう。ヌレイエフ、ダンジグ、リファールのNDの血がこの闘将軍団に与える影響はいかに?
距離も、融通が利くだろう。

明日の新馬戦の注目馬

京都新馬芝1800m

このレースと明日の中山は毎年勝馬を無条件で応援することに指定しているレースであるが、ここも懲りずに名駒探し。

スマートシェリー

ステイゴールドにフサイチコンコルドが母父。距離に融通が利きそうだ。ディクタス、ファバージ、ノーザンテースト、サドラーズウェルズとフランスに縁の深い血統にサンデーの血。


ホウショウアビル

父Tale of the Catはストームバード、ストームキャットと流れるND快速ラインの一つであるが、代を経ると距離に融通が利きだすのはダンジグ〜デインヒルと一緒。
母父シアトリカルでNDのクロスも持つ。母は早い段階から活躍したが、さて、同馬はどうか?




中山新馬ダ1800m

トーセンルーチェ

フリオーソの下。父が凱旋門賞馬で日本には相性のいいカーリアン系。どんな仔が出てきたのか?興味がわく一頭である。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬芝2000m

コパノフルトラ

グルームダンサーにベリファという何ともフランスを感じさせる血統の母。全く上は走っていないが、少々気になる配合のでピックアップ。




阪神新馬芝2000m

タイガースラム

ゴールドアリュールにグランドスラム、エクスビュリの血も入り、どんな子が出てきたのか興味がある血統だ。


ガウディ

良血である。カンパニーの下であるが、ミラクルアドマイヤとジャングルポケットは似ている配合。期待できよう。




中京新馬ダ1700m

ユキノマジック

母は、地方出身で小倉2歳の4着馬。このレースの6着が樫3着のユウキャラット。個人的に応援したい一頭であり、凱旋門賞!の視点とはちょっと別かもしれぬが・・・。


フェアーシャノン

上は大活躍はいないものの、そこそこ勝ちあがったものもいる。重賞にも出走している。父がジャングルポケットに代わり、スペシャルの血がどのように影響するか?

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬芝1600m

ディフィーター

なかなかのメンバーのクイーンカップ5着のディコーラムの子。
上は走っているのは、デストラメンテであるが、サンデーの血も入ってどうなるか?



阪神新馬芝1600m

ブリリアントレイ

スティルインラブ、ビッグバイアモンの下。そろそろ、もう一頭でるか?

明日の新馬戦の注目馬

中京新馬芝1200m

メイバデス

そういわれてはそうに違いない。シンボリクリスエスを少し軽くしたような、キッケンクリス産駒。母父サンデーで、メロンパンの孫である。


ヴィーヴァレジーナ

キングカメハメハにセクレタリアト。上も末のある兄弟がいるので、ちょっと期待してみよう。





中山新馬ダ1200m

マスタープラン

ゴールドアリュールにジェイドロバリー。スペシャルクロスである。上は走っているといいがたいが、当然、ダートの短距離のみの血統とは思えぬのである。
まずは、ダ芝兼用の父と母父から、短いところも期待。





中山新馬芝1600m

アイアムマリリン

ヒシアマゾンの孫。であるから、当然、スペシャルの血を引く。サンデーの血も混ざり、隔世遺伝あるか?


サウザンドライツ

兄弟は全く走らず。こちらも、シアトリカルの血を引くので、ヒシアマゾンの孫同様、スペシャル系である。
タキオンに父が変わり、一発あるかどうか?タキオン×スペシャルに期待。





阪神新馬芝1600m

ロジクィーン

大物を出したスペシャルウィーク産駒。ロジ軍団も、走る子が出た。さて、同馬はどうか?欧州で走れる血統ではある。





阪神新馬芝1400m

エイシンクエスト

忘れな草賞を勝ったアスクコマンダーの子。ロベルトとミスタープロスペクターの血が濃い組み合わせとなっている。シャダイカグラの母系だから、この子にも期待しよう。


ジュモー

トゥザビクトリーがダートと芝の双方を走った。ゴールドアリュールもそうだ。これらはサンデー産駒のスペシャル系の代表格。欧州芝馬は実は、日本のダートをこなすという典型例でもある。
芝でもダートでもと言う点が、わしの個人的評価の高い点で、もっとも、この両馬を応援していたわけでもなんでもない。
その、トゥザビクトリーの全妹の子。当然、期待してみようと思うわけで、父も、英ダービー馬の系譜なら、サンデーの血を引くと言えども、欧州は合わぬことはあるまい。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬ダ1800m

シーダーラック

ゴールドアリュール産駒。しかも母父にコマンダーインチーフならロベルトの血も入る。
上は全く走らずであるが、この組み合わせなら、異変が起きることもあるやも知れぬ。


キャンディロック

レモンドロップキッド産駒。しかも、この馬はヌレイエフのクロス、すなわちスペシャルクロス馬である。
ボールドルーラーとミスプロの掛け合わせの濃いアメリカらしい血統であるが、このヌレイエフが、欧州型に変えてくれる。





中山新馬芝1600m

コスモロジーナ

ヨイチサウスの下。この産駒もオペラハウスだが、兄以上を期待するとしよう。


オープニングベル

株式番組と同じ名前。マイネレジーナやメガスターダムの下に当たる。
他の兄弟は走っていないので、時々走る子を出すが、イキのいいキングカメハメハなら、期待は持てる。





阪神新馬ダ1800m

シャイニーキング

ゴールドアリュールにエリシオというスペシャルクロス馬。
一つ上の兄は末がそこそこ切れるので、この馬にも、大きいところを期待。
この兄、富良野の2600を勝利したスペシャルクロス馬の昨年の夏上がり馬指名馬、マームードイモンにクラシックディスタンスで勝利している。
ゴールドアリュールに変わっても、長いところもいけるだろうし、欧州芝の適正もアップすると思われる。





阪神新馬芝1800m

キングストリート

上のスペシャル系シングスピール配合の兄が、そこそこ期待された馬。ミスプロの血も入ったキングマンボで、さらに期待は高まる。
欧州で走ってくださいというような配合である。


リアライズナッシュ

スペシャルクロスであるが、ダンジグやミスワキの血が入ることで、少々、重たさからは開放されている感もある。
この厩舎にいかにもといった感じの血統であり、海外嗜好してもおかしくはない血統馬だ。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬ダ1200m

ユリカチャン

ヒシオフェンスの下。とはいえ、必ずしも産駒は短いところだけとは限らないようだ。
ゴールドアリュールであるから、そういった意味でも自在があるかも知れぬ。
ダートもいいが、欧州芝も合いそうだ。


ペイントカフェ

フォルテベリーニの下で、血統的にも似ている。フォルテベリーに以上、長い距離も融通が利きそうであるし、ダ芝問わぬか、欧州芝でも生けそうな血統だ。
ダートの1200のみとは思えぬが。




中山新馬芝2000m

ピースオブラック

母系はタイキシャトルなどのライン。すなわちタッチの血を引く。
タイキの血をあわせた母にステイゴールド。大変イメージしやすい血統に思える。


グラスレジェンド

欧州でブレイクするのか?サドラーズの後継争いに今年は名前が挙がるかエルプラド。
母系はフランスのドゥープーソンからタネルコ経由の渋いテディー系血統。


アースセイバー

当たり外れのある子を出す母。この子は当たるかどうか?
シャドウビンテージのしたであるが、この子はノーザンダンサーの奇跡の血量を持つ。




阪神新馬ダ1400m

ハリウッドナニー

そこそこは勝ち上がるが・・・と言った兄弟が多い。
キングカメハメハがどうでるのか?
キッズベローチェをチェックしていることもあり、その近親でもある。




阪神新馬芝1600m

ブルースターキング

キングカメハメハ+ブライアンズタイム+ダイイチルビー。
一発があってもいいでしょう。


アズマタイショウ

この馬の牝系もなかなか。子だしはいい。そこそこ走る兄弟、ノボリユキオー、プレシャスソングなども出す母。スペシャルウィークの近親。
キングカメハメハとの相性はいかに?


ニシノミーチャン

これも、キングカメハメハ+ブライアンズタイム+ブランドノーブルである。
上のブルースターキングとも似ているし、今回選んだキングカメハメハ3頭のうちどれも似たり寄ったりではあるが、どんな着順となるか?




中京新馬芝1200m

エイシンペリー

母はタイキシャトル全妹。クロフネ産駒。母の全姉、タイキマフィンの子もクロフネ産駒であるが、いままでミスプロ系が多く走っていないが、今回はクロフネと言うことでどうかわってくるか?
能力次第で距離もこなすだろう。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬芝1600m

アイアムネオ

売り出し中のネオユニヴァースにミスプロ直子の産駒。しかもヌレイエフの血を含む。
上は走っているとは言いがたいが、この子に期待。


トーセンライアン

デイラミにサドラーズウェルズと聞けば、すごそうに聞こえるが、デイラミ自体そんなに期待されていないように思える。
デイラミの妹の新馬戦をコンピエーニュで見たが、馬体の白さは兄と同じであったが、レースはさっぱりであった。
ただ、この子は鹿毛。ちょっと、どんな走りをするかは興味がある。ダートの方が良さそうな気もする。




中山新馬ダ1800m

ハリマノワタリドリ

ダ芝問わず走った両親。末も安定した産駒が多く、期待は持てる。


ティアップメキラ

バブルガムフェローに英ダービー馬ロベルトの子では欧州で頑張っているレッドランサム。
両祖母が仏産でフランスでの活躍も期待できる。ヌレイエフの血もあり期待。




阪神新馬芝1200m

リーニッドスター

サンデーサイレンス牝馬でハイペリオン系の母系のフランス産母、ホワイトマズル産駒。一発ありそうだ。サドラーズウェルズの血も入り、1200どころか、血統的には長いところを目指せそうだ。


チケットチャンス

末のしっかりした産駒が多いので、上は走っているとは言いがたいものの、こういった産駒からは、一発の子が出やすい。期待してみよう。


イワイダトモチャン

とてもダービーや凱旋門賞を勝つ馬の名前ではないが、馬は名前で走るわけではあるまい。マームードイモンの下。昨年の秋期待をした一頭であるが、その後は今ひとつ。
似たような血統だが、ミスプロ系でしかも母が名牝なところはジェイドロバリーもヘクタープロテクターも同じだ。
サドラーズ系オペラハウスの血が濃く出ている上のマームードイモンだから、この子も長いところを期待。




中京新馬芝2000m

キングウェールズ

キングマンボ産駒、スペシャルクロス馬。エルコンドルパサーと大変似ている配合。スペシャルの血の濃さは本馬の法が少ない。


アグネスロージイ

南半球産と思われる誕生日である。母系も日本の馬場に合いそうであるし、父も、スペシャルの血を引くフェアリーキング系だ。
父はよく知らぬが、向こうではなかなか産駒が活躍しているらしい。血統的に期待できる。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬ダ1800m

ジェイケイラン
凱旋門賞に挑戦し損ねたサクラローレル、凱旋門賞2着のエルコンドルパサーの組み合わせ。
一発が起きるかどうか?


ベニバナソング
ゴールドアリュールにいかにもダート血統らしい母。が、サンデーの血が入ったことで、少々の素軽さも感じられる。
欧州芝でも力強い走りをしそうな血統ではある。




中山新馬芝1200m

ヒラボクドリーム
母ドリームカムカムは短いところであったが、血統的には短いとは限らない。
3代母デュネットはフレンチグローリーの母でもある。
キングマンボ、ラストタイクーン、ノーザンテースト、ハードツービートとフランスがらみの馬が並ぶ血統だ。




阪神新馬ダ1800m

ロッソネロ
クロフネ産駒で母父ゴーンウエスト。トップサイダーと言うのも欧州らしい。しかも、欧州血統らしく、アサティス産駒などはダートを走る。
クロフネ産駒は欧州で見てみたいのだが、これなど、まさにそんな血統だ。


マルブツジャガー
母父サドラーズウェルズ。マルブツリードの下。欧州芝向きらしく、日本のダートを走る。フォーティーナイナーはミスプロ系とはいえ、リボーの血が入る。
長いところもめっぽう強い産駒が出るやも知れぬ。ユートピアがそうであったように、ダートも芝もそこそこ走れるフォーティーナイナーなのである。




阪神新馬芝2000m

ドリームライナー
血統馬のそろうこのレースで、なかなかの血統馬だ。走るのか?走ればこの血統、期待できる。そこそこの人気を集めるか?


デオ
父がフサイチコンコルドに代わり、こじんまりした感じもするが、この兄弟は常にそこそこやる。人気にはなりそうだ。


キセキノミノル
末のしっかりした兄弟が多い。このサドラーズ系牝馬にフジキセキなら、相当期待できそうだ。

明日の新馬戦の注目馬

中山新馬ダ1200m

トリプルスレット
タイキシャトルに母父サンデー。母はあの”メイショウカイドウ”を”小倉”で破っている!!条件馬。
ローズSもファインモーションの4着。
これだけが魅力だが、距離は伸びてもかまうまい。



中山新馬芝1800m

ヴィーヴァマンボ
カツラギエースと同じ母系。このラインは、今年オオトリオオジャが2連勝中。一発あるか?


レオウィザード
ダ1200の新馬戦で推した馬と似た血統。こちらはリボーの血も引き、確かに長いところがいいやも知れぬ。
上は短いところでそこそこだが、この馬、タイキシャトルに代わって、血統的には、タイキシャトル以上、長いところがいける配合かも知れぬ。



阪神新馬ダ1400m

シゲルカジガモリ
デザートキングにトロットサンダー。あまりに渋い血統であるが、実はこのトロットサンダー、お母さんのラセーヌワンダという名前より、自身の父をさかのぼっていけば、モンジューとかと同じダンテ系なのである。
渋すぎて、爆発があるか?


ミリアム
キングカメハメハに、フランスのグレイソブリンライン2種を集めた母。当然、芦毛。ダートマイルから、爆発力があれば、もっと長いところまで。



阪神新馬芝1400m

シャルマンスタイル
説明無用になったのダービー馬ディープスカイの下。


サマーメサイア
こちらの牝系が好きなので、スペシャルとは関係ないものの今回は、要チェック。

名駒の整理

さて、ほったらかしの名駒を少々整理。
ここまで、全ての新馬戦をチェックしたわけではないが、ピックアップした馬は197頭にのぼる。
そのうち、41頭が勝ちあがり。
10頭に1頭程度であろうかと思っていたので、意外といる。
で、41頭チェックしきれないので、2勝または、オープンなどで活躍した馬だけを、この時点でピックアップしておこう。

牡馬

シェーンヴァルト牡(ジャングルポケット(SP)×エリシオ(SP)) デイリー杯2歳勝 新馬4番人気後未勝利勝ちあがり

フィフスペトル牡(キングカメハメハ(SP)×バーリ) 函館2歳勝、京王杯2歳2着 新馬1番人気新馬勝ち

キングスレガリア牡(キングカメハメハ(SP)×ジェイドロバリー(SP)) デイリー杯2歳3着、萩S2着 新馬1番人気後未勝利勝ちあがり

アンライバルド牡(ネオユニヴァース×サドラーズウェルズ(SP)、兄フサイチコンコルド) 京都2歳3着 新馬3番人気勝ち上がり

オオトリオウジャ牡(ゴールドアリュール(SP)×ジェイドロバリー(SP)) マカオJCT勝 新馬7番人気勝ち上がり


牝馬

ワンカラット牝(ファルブラヴ(SP)×ピストレブルー) ファンタジーS2着 新馬2番人気勝ち上がり

ファミリズム牝(ダンスインザダーク×ヌレイエフ(SP)、兄ダイワワイルドボア) 京都2歳2着 新馬2番人気勝ち上がり

レディルージュ牝(ブライアンズタイム×キングマンボ(SP)) 白菊賞勝 新馬1番人気勝ち上がり

※(SP)はスペシャルの血を含むである。


今となっては、売出し中のネオユニヴァース産駒で母バレークイーンのアンライバルドが1番人気でなかったことがびっくりだが、このレース、次戦圧勝で話題のリーチザクラウンと、ビワハイジの子ブエナビスタが出ていたのであるから、仕方ないだろう。
アンライバルドに敗れた両馬とも、次勝ち上がっている。
先日のJC馬スクリーンヒーローは、母母がダイナアクトレスであるから、活躍祖母の隔世も充分ありえるので、母父ジェイドロバリーというのは、結構期待しているのである。
なんと言っても、ジェイドロバリーは、ミスタープロスペクター+ニジンスキー+スペシャルであるのだ。この血統に近いのが、キングマンボである。

これからも膨大な名駒をチェックするわけであるが、大変であるものの、この世代を知るには、なかなか、楽しいものである。
追っかけていけば、来年夏の上がり馬などに、早めに出会えるかも知れぬ。
何事も小さな努力である。凱旋門賞馬を探せ!であるのだから、活躍する馬を見つけることもいいが、馬券に貢献してくれることを、もちろん、期待しているのである。
それが、馬券親父にとっての本当の利益なのである。

明日の新馬戦の注目馬

東京新馬ダ1600m

カラフルパレット

上は全く走っていない。 スペシャルの血が入り、切れた母親の血が生きるか?


グロリアスノア

上は走っていない。 ミスプロ系に父が代わり、ミスプロクロスも発生。スペシャルの血もはいり、切れ味が変わればあるいは?





東京新馬芝2000m

カイシュウサウンド

ミツワスカイハイの下。末あり。 ジャングルポケットに府中で期待。


ユウユウラビット

上の末脚は切れるのもいる。 これは一発屋オペラハウス。どんな子かは蓋を開けてみて期待。


ロイヤルレジェンド

母は、スペシャルの血のクロスあり。クリスエスはプリンスローズの血が入って重いのだが、キッケンクリスはミスプロの血も引く。この子が親孝行するか?




京都新馬芝2000m


ラッキーポケット

上は走っていない。が、少々気になる馬である。ジャングルポケットに母父サンデーサイレンス、さらにウッドマンでミスプロの血も入る。
上は走っていないとはいえ、大化けの臭いがすることもまた事実だ。


ロイヤルライン

ダンスパートナーの孫。クロフネが入ったことで重厚感あり。ダートも芝も行けそうだがどうだ?



さてさて、久々の府中参戦の明日。
いずれ行う予定だったのであるが、名駒デビュー推奨馬のその後・・・というのをいずれやろう!やろう!!と考えておったのである。
今日の京都2歳でも5頭も推奨馬が出陣し、しかもすべて地方出身馬に返り討ちにあったりしたのだが、これはまとめねばなるまいとおもいつつ・・・・・・。
もう、挙げた馬の名前だけでも、えらい数になっている・・・こりゃ大変。
せっかく、朝から勝負するので、名駒推奨馬で明日府中(一部淀)に出てくるやつをチェックして、ここへ載せておく。
未勝利はもちろん名駒推奨馬が出てきているのは当然ながら、知らぬ間に勝ち上がった連中も、500万下へ出てくるのである。
シェーンヴァルトなども、そんな未勝利通過組であったのだ。

府中1R 未勝利ダ1600m
スグリワ
フォルミダービレ


府中2R 未勝利ダ1400m
サニングキャプテン
シンボリオナー
メイブルーム


府中3R 未勝利芝1800m
アイアムピカイチ
ディーエスファイン
トーセンマルゴー


府中7R ベゴニア賞(500万下)
ベルベットロード

9R 白菊賞 (500万下)
グランプリチェリー
メイショウアツヒメ
レディルージュ



当然のことながら、スグリワとシンボリオナーを除けば、皆スペシャルの血を引くか、スペシャル全兄のタッチの血を引いているのである。

明日の新馬戦の注目馬

東京新馬芝1600m

エーシンベルベット

エイシンプレストン産駒。ヌレイエフ系のフランス牝馬にサンデーを掛けた母のエイシンビーナス。上が走っているとは言えないが、この一族の末脚にエイシンプレストンの末も合わさり期待。


エスターナ

ジェイドロバリーにクリスタルパレスというか掛け合わせの母。フランス血統である。これにタキオン。さてさて、どんな子供が出てくるか?


ファインリヴァー

サドラーズ牝馬に英ダービー馬の系譜タニノギムレット。大変、欧州らしい血統構成になる。こんな馬が走るのなら、凱旋門賞も見えよう。




京都新馬芝1600m

クイーンバイオ

スペシャルウィークにブライアンズタイムの母。これにキングカメハメハ。これなら、一発でれば、とてつもなく強いのが出るやもしれぬ。


バンブーレアル

オークス5着のブリトンの下。末が切れる兄弟が多く、期待しよう。

明日の新馬戦の注目馬

京都新馬戦芝1200m

ワシントンハート

タイキシャトル産駒。上は走った!と言える馬はいないが、意外と早い時期にそこそこ走っている。タイキシャトルとなったことでダ芝共に期待。


ロングゴーン

スキャンにウォーニングといういかにもダート短距離らしき血統であるが、サドラーズの血を引いている。ザルカヴァがミスプロ系であるのだが、ミスプロ系だからといって、短いところだけとは限るまい。アヌスミラビリスやダンツジャッジなどはウォーニング産駒。
ちょっと変り種を期待。


レッドボナンザ

タイキアルファの下というのがいいだろう。兄弟もそこそこは走っている。キングカメハメハになり、どんな子が誕生したかを期待。




京都新馬戦芝1400m

エスプリヌーヴォー

いかにもと言った欧州血統。スペシャル系ファルブラヴとリナミクス。メンデスというと、つい、ハシルショウグンを思い出すが、こういったところも欧州芝血統に日本のダート馬というイメージの原型のような気がする。
ファルブラアヴはスペシャルでありながら、日本の中山勝ちという馬。期待できるか、さてどうか?


ジャグラーキング

ものの見事に走らない、サマニベッピンの子。相当期待されたことは、サンデーとブライアンズタイムを延々と掛け合わされたことからもわかる。キングカメハメハはもちろんミスプロ系。これならどうだ?

明日の新馬戦の注目馬

東京新馬戦芝1400m

ショーンバローズ

タイキシャトル産駒。上は走っていないが、末脚はなかなか。


ケイツースマック

上は走っていないが、父がジャングルポケットに変わり、一発は期待できる。上も勝てないまでも末はなかなか。




東京新馬戦芝1800m

ワンダフルカフェ

メイショウベルーガの下。父がスペシャルウィークで、距離適性は伸びるだろう。子にばらつきがあるが、父似で出る可能性もある。そうすれば、SW産駒の一発屋の可能性もあるだろう。




京都新馬戦ダ1400m

ジョーゲルダ

オペラハウス産駒。上は走っていない。一発屋のオペラハウスに期待しよう。




京都新馬戦芝1800m

ツカサゲンキ

サクラローレル産駒。サクラセンチュリー、ローマネンパイア、ロングプライドと幅広くインパクトのある馬が多い。時々爆発するところがレッドゴッド系らしい。
同馬は、母父フレンチフフローリーという、また渋い馬であるが、母父を問わないサクラローレル産駒だけに、一発ある子が生まれる可能性も。
全兄は一戦2着のみ。もう一度期待しての配合であろう。


ケイアイドウソジン

上は皆勝ちあがり率がいい。この馬もそういった意味では期待できそうだ。上の成績からも、そろそろ大物が出てもいい頃だ。

明日の新馬戦の注目馬

東京新馬戦ダ1400m

ガッテンムスメ

あのデュランダルに先着したこともある、マンデームスメの子。
タイキシャトルが父でヘイローの血が濃いが、マイル以上での活躍も望めるだろう。ダートも走れれば、欧州ターフもいけるだろう。


カズノバード

姉はプサイチペガサス産駒。日本ではあまり成功していないが、500万下の身とはいえ、末脚はそこそこ。
父がキンカメに代わり、期待。



東京新馬戦芝1400m

リリアーレ

初仔。キンカメにシアトルスルー、ダンジグ系統が掛け合わさり、まずは、どんな子が生まれてきたか?


ミルフィアタッチ

東京新聞杯を勝ったボールドブライアンの下。キンカメ産駒で府中は期待。

明日の新馬戦の注目馬

東京新馬戦ダ1600m

フォルミダービレ

キングカメハメハにストームキャット系フォレストワイルドキャット。ダは向くだろう。当然欧州芝もこなせる血統だが、日本の芝はどこまでか?


オメガジャスパ

ワイキューブの下。ジャンポケに変わり、ノーザンテースト、リアルシャダイの血が生きるのではないか?父替わりで期待。




東京新馬戦芝2000m

トーセンマルゴー

父がダンスインザダークになり、かなり、距離適正は延びよう。ダンシングキイの子はリボーの血を多く受け継ぐのであろう。
サドラーズの血も入るから、長いところはもってこいの血統である。2000の新馬戦ならではの血統だ。


ドリームジュピター

母はユタカオー×ノーザンテーストという、一時代前の優良かけあわせのG1に出走したハナノメガミ。初年度はそうでもなかったが、それ以降、コンスタントに子供は走っている。ジャンポケで大きい飛躍を期待。




京都新馬戦芝1600m

ビクトリアスバイオ

上のエナージバイオはそこそこであるが、それ以外の上は走っていない。キングカメハメハという父で変わりそうな雰囲気も感じられることは事実。相性次第でいい馬がでるか?


アンローランサン

上のお姉さんもいい脚を持っており、どう馬も期待できる。フサイチコンコルドということで、さらに自在の脚になれば、ダ芝問わず走れるやもしれぬ。




京都新馬戦芝2000m

モンピュア

ディープインパクトのいとこにあたる同馬。父モンジュー、母父タッチングというところが、なんとも、スペシャルを意識した、凱旋門賞を意識したかのような血統。
できすぎの感もあり、上は走っていないが、さてさて、見物と行きましょう。ルメール騎乗、森厩舎というところも、なるほどといったところ。


アドマイヤシャトル

上のサンデーサイレンス産駒は走っている。サンデーが走らせただけであるのでなければ、この産駒も期待できる。最近の兄弟は走っていないが、新味でどうか?

明日の新馬戦の注目馬

東京新馬戦ダ1300m

マイアイホルス

母も走ったわけでもないが、イーグルカフェであるということと、母父ジェネラスと言うことで、ダートと欧州芝には適性がありそうだ。





東京新馬戦芝1600m

レッドスパーダ

上のお兄さんも6戦4連帯。カーリンに近い。これは藤沢厩舎でなくとも、期待度が高いだろう。母父ストームキャットと言えども、ノーザンダンサー系だから、距離に融通は利くだろう。しかも、今回マイルなら期待されて当然かも知れぬ。


ガラティン

上が良く走ったとはいえぬが、そこそこの足を使う兄弟が多い。ネオユニヴァースはなかなか子だしもよく、ヌレイエフとの相性も悪くはなさそうだがどうか?





京都新馬戦ダ1200m

レジェトウショウ

キングヘイロー×ジェイドロバリーなら相当な良血であることは間違いない。しかも、同馬の母系は、スイープトウショウの近親でもある。上は走らなかったが、キングヘイローに代わり気性も含めどんな子が出るか?





京都新馬戦芝1600m

トウショウデザイア

こちらは、スイープトウショウの下。コメント不要で期待されるだろう。


サダムダンディ

エアセレソンの下。全兄は走らなかったが、再度期待してみよう。


エーシンカハナモク

マヤノメイビーの子。キングカメハメハに代わり、どんな子がでるか期待。今のところ上はそんなに走っていないが。





福島新馬戦芝1200m

セトウチダイヤ

ソングの血とアメリカの渋い血統の融合。リボーの血も入った同馬は、わし好みの血統でもある。渋い血統=マイナーではない。渋い=あくまで渋い血統なのである。


メイショウユリシス

こちらもタイキシャトル。これに英ダービーロベルト、ミスプロ系フォーティーナイナーと、欧州芝もダートも走りそうな血統。

明日の新馬戦

東京新馬戦ダ1400m

サンクフルルック

上の姉の末脚は切れる。この父なら、さらに切れるかも知れぬ。




東京新馬戦芝1800m

ダイワパーパス

フジキセキにヌレイエフ系ステートリードンが母父。兄弟はそんなに走っていないが、サンデー系をつけ続け、フジキセキはどうだ?




京都新馬戦ダ1800m

サンライズフェア

スペシャルのクロス馬。良血といえる。


スタッドジェルラン

欧州で成功しているミスプロ系の一つミスワキ系。キンカメでどう出るか?


ダノンエリモトップ

いまいち子供が走らないエリモシックの子。しかし、可能性を感じさせる産駒もいるのだから、キンカメでどうなるかである。
良血馬といえるが、それだけでは走らないのがこの世界だが、母の血統は爆発することもありそうな血統である。




京都新馬戦芝1200m

ロイヤルポケット

兄のタイキシャトル産駒のドリームサンデーはそこそこ走っている。この馬もスペシャル系。当然クラシックを意識できる距離適性となると考えられる。

明日の新馬戦

東京新馬戦芝1600m

エオリアンハープ

母は阪神牝特のエアウイングス。姉にウイングレット。
スペシャルの血を意識した配合が姉に多く、しかもウイングレットは成功した。
キンカメに代わり、当然可能性はありであろう。




東京新馬戦芝1400m

サニングキャプテン

母はタイキシャトルに大変近い血統。ウォーニングのラインは大変貴重である。ダルシャーンの血も引くサニングデールの子であるから、欧州短距離界に通用せぬこともあるまい。


ヒカルグッドラック

フェアリーS勝馬の母。ジャングルポケットの血が入り、どんな子となるか。上もまったく走っていないと言うわけでもないので、そこそこは期待できるか?




京都新馬戦ダ1400m

ファスキナーレ

アローキャリーの下。母はタイキシャトルに代わるが、カーリアンやソングの血を引く同馬は、ラストタイクーンとイメージも重なり、いい子が出るやも知れぬ。


デンコウブルー

アーリントンカップ2着セイウンニムカウの下。キンカメに父が代わったので、スペシャルの血が入っているセイウンニムカウに近い。しかも、カーネギーより素軽い感じであり、欧州でも通用しそうな血統だ。




京都新馬戦芝1800m

ナリタジャングル

兄はスペシャル系種牡馬ムーンバラット産駒。しかも、そこそこ走っている。これは珍しい上、この馬も同じスペシャル系ジャンポケ。当然日本の適性度は上がり、トニービンの血もあるから、その先の欧州も意識できる。


イコピコ

凱旋門賞を走ったサンデー産駒の子。母方も当然欧州血統であり、個人的に大好きな母父ジェイドロバリー。この良血は途方もないことをやってくれないかと期待しているのであるが。
兄姉は凄い!とはとても言えぬが、切れ味はある。長い距離でもオウケンブルースリのように、いい脚を使ってくれる子であることを期待。


コスモオーカン

イーグルカフェ産駒。一発を出しそうな期待ができる父の血統である。ミスプロであるが、スペシャルの血を引くのである。一発は自身のJCダートでもそうであり、ダ芝兼用も、ヌレイエフの血も引くことから、ゴールドアリュールと似ている。
シャンハイという、いかにも欧州血統で日本で成功せず、コスモバルクだけであった父の血を引く兄、リネンステージはそこそこ走った。
同馬もガルチ経由のミスプロ系だから、これは一発どこかであるかも知れぬ。

明日の新馬戦

京都新馬戦芝1600m

フェストシュピール

フジキセキに母父ヌレイエフ。兄弟もそこそこは走っているので、この血統ならまだまだ大きいのが狙える。


フラワーウィンド

母父ダルシャーン、母母父ヌレイエフ。欧州らしい母系。
ミスベロニカなど兄弟もそこそこ走っており、英ダービー系×グレイソブリンのタニノギムレットで期待。


レジャイール

母シェイクハンド。ミスプロ直子の母。その母父がヌレイエフという母は良血活躍馬。ダンスインザダークで長い距離にも期待。




東京新馬戦ダ1400m

ディーエスファイン

どちらかといえば兄弟は走っていない。が、スペシャルの血を引くのは、初代以来で初代は未出走。
新味が出れば、出世頭の兄トニービン産駒を超えるかも知れぬ。欧州血統であることから可能性あり。


マスターギラティナ

この馬も上はほとんど走っていない。
ソヴィエトスターの子はなかなか走らないが、日本の馬場適性の問題のように思う。
今回アグネスデジタルに変わって、どのように出るのだろうか楽しみである。




東京新馬戦芝1600m

ウマザイルが人気になりそうな話題のレースである。

アイアムピカイチ

こいつは良血である。一番上の兄はスペシャル馬であるが走っていない。
しかしマルカシェンク、ザレマと上は走っており、スター候補生であることに違いはない。
同じような兄を持つディープインパクトもそういったところから出てきた衝撃馬であった。
ヘンリーザナヴィゲーターとザルカヴァをつけましたかのような血統でもあるから、これは期待してみよう。


カリビアンレッド

正直なところ、凱旋門賞よりキャドラン賞やゴールドカップが向くか?という血統である。
上も走っていないが、これは配合が変わってくれば走る可能性もある。
フタを開けてみてという感じだろう。
TEMPS
仏独西伊白瑞典
英愛
Twitter
Le nombre de visiteurs
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profil

turfabeille

Archives
記事検索
Classment
にほんブログ村 競馬ブログ 海外競馬へ



人気ブログランキングへ
海外競馬へ行こう
フランスでインターネット接続
凱旋門賞前日ネットチェック
france

こちらでも調べてみよう


旅の準備、PCもこちらで
Commentaires
カテゴリ別
節電
  • ライブドアブログ