凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞へ向け、フランス競馬を中心にした話題、フランスダービー、フランスオークス、パリ大障害、アメリカ賞他

凱旋門賞:2015

快速馬場のスローペースにトレーヴが泣く!ゴールデンホーン牝馬の壁破る!2015凱旋門賞

凱旋門賞当日がやってまいりました。
20151004-t01


2015年 マルセル・ブーサック賞 結果

Prix Marcel Boussac G1 2歳牝馬 1600m ロンシャン競馬場

オマール賞を勝ったAntonoeと、オブライエンBallydoyleに、有力クラスB勝ちあがりのLeft Handが、どのように挑んでゆくか?
20151004-t02

馬群から、ついてゆけなくなって落ちてゆくAntonoe
ハイペースが厳しかったのかもしれない。
相手関係、実績からは、負けすぎでもある。

それとは好対照にぬけだしてきたBallydoyle
これを追って、2頭、メイヒルS勝馬のTurret Rocksと、初戦では、Antonoeに圧倒的差をつけられていたQemahが伸びてくる。
Qemahは、立て直して、ソルボンヌ賞を勝っていた。
しかし、この2頭の追撃は、前に出たBallydoyleを脅かすにはいたらず。

Ballydoyleは、サドラーズウェルズ系ガリレオ産駒。母父、ストームバード系ストームキャット。
姉にこのレースを制しているMISTY FOR MEがいる。愛2000ギニー、プリティポリー、モイグレアスタッドなども制した名牝。
全妹にあたる。
姉妹制覇ということだ。

Ballydoyleは、同じオブライエン軍団の同じガリレオ産駒のMindingと勝ったり負けたり。
この2頭要注目ということだ。

ちなみに、このレース、歴代2番目のタイムで走破している。
やはり高速馬場に違いない。

01着  05  Ballydoyle  R.-L. Moore  1'35''44
02着  03  Turret Rocks  1.25馬身  
03着  02  Qemah  短首  
04着  08  Left Hand  1馬身  
05着  07  Katie's Diamond  頭  
06着  06  Aktoria  3/4馬身馬身  
07着  01  Antonoe  5馬身  
08着  04  Ella Diva  3馬身




2015年 ジャン・リュック・ラガルデール賞 結果

Prix Jean-Luc Lagardere G1 2歳 1400m ロンシャン競馬場

曇ってきた天気。
そして、一気に暑さが消え、寒くなるロンシャン。
何度ほど気温が下がったのだろう?
じっとしても、汗をかきそうだった日なただが、翳ったとたん、コート着たぐらいじゃの寒さとなった。
20151004-t03

このレースは、Johannes Vermeerや、Galileo Goldといった、英愛勢に対する、ゴドルフィン勢といった構図だった。
しかし、Johannes VermeerGalileo Goldが抜け出そうとするところ、前で伸びたUltraと、差してきたCymricは、青い勝負服だった。
英G3エイコムSで3着という実績だったCymricは人気薄。
一方2戦2勝で、9月ロンシャンのクラスBを勝ちあがってきたUltraは、いわゆる、秘密兵器の裏参道経由。

ちなみに、今年から、1600mに復帰。
タイムはレコード。
そうはいっても、同じ距離、同い年の牝馬戦より、2秒近く遅いので、これは、スローだったということになる。
そこを、差してきたCymricは、2着ながら賞賛に値する。
前々でレースを進めたUltraは、スローの流れに乗って、うまく完封した。

Ultraは、ブランドフォード系マンデューロ産駒、母父レッドゴッド系ナシュワン。
伯母にカナダG2勝ちCALISTAがいる。

この時点で、デットーリ騎手は、Galileo Goldで、スローだと届かないことを実感していたろう。

01着  06  Ultra  M. Barzalona  1'37''27
02着  04  Cymric  短首  
03着  02  Galileo Gold  1馬身  
04着  10  Johannes Vermeer  首  
05着  01  First Selection  頭  
06着  09  Shogun  短首  
07着  05  Herald The Dawn  1.5馬身  
08着  11  Attendu  短頭  
09着  07  No Education  ハナ  
10着  08  Ventura Storm  1.5馬身  
11着  03  Rougeoyant  1.25馬身  




2015年 オペラ賞 結果

Prix de l'Opera G1 3歳以上 2000m ロンシャン競馬場

3歳牝馬と古馬の対決は3歳に軍配。
レベルの高くなかったディアヌ賞で5着に敗れたQueen's Jewelが最終的に人気になったが、1番人気を嫌うフランス人気質と自国びいきの馬券であろう。
途中までは、Covert Loveがトップ人気だった。
20151004-t04

スタート後、自分から動いていったスマレンCovert Love
一方、好スタートから、Covert Loveに行かせて、2,3番手のJazzi Top
2番人気有力馬が先頭であるから、当然のことながら、スロー。

直線に入ってヨウイドンになると、前が抜け出す。
これを、事実上、最後方、大外から追い込んだWe Are
さすがに届かず。
この時点で、すばらしい切れ味を見せたところでも、スローであれば、届かぬことをWe Areジャルネ騎手は感じていたはずだ。

勝ったCovert Loveは、当然強いのであろうが、展開も当然向いたことに違いはない。
最後の叩き合いでは、Jazzi Topも見事な走りであったが、英国の馬場より、フランスの馬場の方がよいのだろう。
なにしろ、姉Izzi Topもオペラ賞2着。ドーヴィルジャンロマネ賞を勝っている。愛プリティーポリーも勝っているが、英国では、G2までの勝ち星だった。
母、ZEE ZEE TOPも、オペラ賞馬。
フランスの馬場はいいのに違いない。

Covert Loveは、いとこに仏G1で3着のMISS YOU TOOがいるので、堅い馬場は歓迎だったか?
ノーザンダンサー系AZAMOUR産駒。母父ミスタープロスペクター系HAWK WING。

昨年のWe Areが勝ったレースよりも2秒遅く、他のレースのタイムを考えれば、とんでもないスローであったといえる。

当日の馬場で、何をジョッキーが読み取るか?
レースにどう生かしてくるか?
そこが、大きな勝負どころになってくる。
昨年も、そんな、そぶりや騎乗ぶりが見られたし、今年も、そうだったと結果からは言える。

01着  07  Covert Love  P. J. Smullen  2'04''43
02着  08  Jazzi Top  頭  
03着  04  We Are  2.5馬身  
04着  11  Wekeela  頭  
05着  02  Cladocera  短首  
06着  01  Fate  半馬身馬身  
07着  13  Little Nightingale  首  
08着  06  Star of Seville  頭  
09着  12  Queen's Jewel  半馬身馬身  
10着  05  Feodora  首  
11着  10  Bourree  半馬身馬身  
12着  09  Diamondsandrubies  3.5馬身  
13着  03  Odeliz  8馬身  




2015年 凱旋門賞 結果

PRIX DE L´ARC DE TRIOMPHE G1 3歳以上 2400m ロンシャン競馬場

スタートして、まず最初は、Treveの相棒Shahahが行く。
これに続いて、New BayEruptが続く。
すぐに、スルスルとFlintshireが上がってゆき、そのとき、行きたがるGolden Hornは、逸れるように、1頭外を走ってゆく。
トレーヴは、最後方から数頭目の外を行く。
二つ前には、Free Eagleがいる。
前の方に、このレースの役者はそろっていたのだ。
20151004-t05

後ろを振り返りつつ行くShahahのペースは、速くない。
2番手で折り合おうとする、Golden Hornが、ともすれば、外から抜いてしまわんばかりだ。
これを見ながら、New BayFlintshireは並んで3列目を形成し、その次の列には、Eruptと、ペースに敏感なスミヨンDolniyaも上がってきて脚を溜めている。
さらに後方に、Free Eagle、そして、ようやくその背後に、Treve
この隊列のまま、以前Treveが動いていったフォルスストレートに差し掛かる。
手ごたえはよさそうであるが、最終コーナー前に、まくって先頭に踊り出そうなとこまでは行けない。
20151004-t06

切れるFree Eagleとの叩き合いを制し、競り落とすと、次には、Erupt
この間に、ジリジリとNew Bay を引き離し伸びたGolden Hornが先頭。
20151004-t07

続く2頭のNew Bayと、一瞬離されてから、ようやく挽回してきたFlintshireに、迫るTreve
粘る彼らを競り落としきれぬまま、ゴールを迎えた。
Golden Hornは、直線入口でのTreveとの差を、ほとんど詰められぬまま、押し切った。
20151004-t08

同僚が作り出したペースはスロー。
それは、アダとなった形のTreve
おそらく、最後の3Fは最速で上がっているに違いない。
それでも、ペースのゆるさと、この上がり勝負では、さしものTreveでも、逆転ならず。

位置取りは候補。
オペラ賞でも届かなかったジャルネ騎手であるが、ここは、Treveを信じ、小細工なしで、例年通りの騎乗をした結果ということなのだろう。
展開とペースに泣いた。

無論、勝ったGolden Hornは、すばらしい脚で直線通過し、愛チャンピオンSでの、よれた不安を一掃する走り。
この馬場が合ったということもあるし、仮に距離不安があったとしても、今日のペースであれば、そこは解消できるだけのスローだった。
2'27''23は昨年の勝ちタイムより、1秒以上遅い。
前残りになったはずだ。
おそらく、Bagoの2'25''00やDanedreamの2'24''49の馬場と遜色なかったのではないか?
明らかに今回より重かったHurricane Runのときと同じようなタイムである。

Golden Hornは、父ダンジグ系CAPE CROSS。母父ミスタープロスペクター系DUBAI DESTINATION。
姉EASTERN BELLEは、米G2ニューヨークS連帯。中距離からクラシックディスタンスで活躍する。
伯母REBECCA SHARPは、マイルのコロネーションS勝馬で、QE2S連帯。

01着  16  Golden Horn  L. Dettori  2'27''23
02着  01  Flintshire  2馬身  
03着  13  New Bay  首  
04着  09  Treve  ハナ  
05着  15  Erupt  1.5馬身  
06着  07  Free Eagle  首  
07着  05  Prince Gibraltar  短首  
08着  11  Siljan's Saga  短首  
09着  18  Found  半馬身  
10着  14  Silverwave  頭  
11着  03  Manatee  2馬身  
12着  06  Spiritjim  3/4馬身  
13着  08  Dolniya  4馬身  
14着  10  Frine  3/4馬身  
15着  02  Eagle Top  首  
16着  12  Tapestry  15馬身  
17着  17  Shahah  30馬身  




2015年 アベイ・ド・ロンシャン賞 結果

Prix de l'Abbaye de Longchamp G1 2歳以上 1000m ロンシャン競馬場

勝負どころで、抜け出しを図ったMuthmir
この両脇から、抜け出してきた良馬場大好きGoldreamと昨年の2着馬Rangali
この争いは、先に行っていたGoldreamが、わずかにRangaliを押さえ込んで優勝。
Goldreamは5番人気であったが、今年の臨戦過程が悪いRangaliは、人気薄12番人気。
馬連万馬券となった。

Goldreamは、ダンジグ系OASIS DREAM産駒。母父ミスタープロスペクター系MACHIAVELLIAN。
伯父MONT ROCHERは、シャンティイ大賞3着馬。

01着  08  Goldream  M. Harley  0'54''79
02着  14  Rangali  短首  
03着  02  Muthmir  1.75馬身  
04着  16  Pearl Secret  3/4馬身  
05着  01  Move In Time  ハナ  
06着  11  Mirza  頭  
07着  10  Caspian Prince  1.25馬身  
08着  07  Steps  短首  
09着  15  Sole Power  短首  
10着  06  Stepper Point  頭  
11着  17  Monsieur Joe  1.5馬身  
12着  13  Take Cover  頭  
13着  04  Son Cesio  短首  
14着  05  Humidor  半馬身  
15着  09  Maarek  3/4馬身  
16着  12  Justice Day  1.25馬身  
17着  19  Gutaifan  短首  
18着  03  Watchable  1.25馬身  




2015年 Arabian World Cup 結果

Arabian World Cup G1 4歳以上 2000m ロンシャン競馬場

前走ロンシャンでの前哨戦で敗れたAl Mourtajezが、前走度外視で1番人気。
馬場が、全く違って、今回は、堅い。
20151004-t09

逃げたAl Mourtajezは、レコードタイムで悠々の勝利。
アラブのレースでは、有力馬に乗ることの多いオジェ騎手の手綱。
2着は、今回5番人気に推されたPrada Tらに、先着していたGazwan
ロンシャンは初だったが、シャンティイでの先着の力をここで発揮。

01着  05  Al Mourtajez  J. Auge  2'10''48
02着  14  Gazwan  5馬身  
03着  04  Sir Bani Yas  半馬身  
04着  15  Djainka des Forges  3/4馬身  
05着  17  Loraa  頭  
06着  13  Al Mouwaffak  半馬身  
07着  01  Handassa  1馬身  
08着  07  Majeed  3馬身  
09着  09  Abhar  3/4馬身  
10着  20  Prada T  首  
11着  19  Sahabba  半馬身  
12着  08  Tm Thunder Struck  短首  
13着  12  Mouheeb  1.75馬身  
14着  11  Vulcain du Clos  4馬身  
15着  10  Djet Taouy  3.5馬身  
16着  18  Samima  1.5馬身  
17着  16  Vetlana de Faust  2馬身  
18着  02  Lucky Sand  4馬身  
19着  06  Kalino  8馬身  




2015年 フォレ賞 結果

Prix de la Foret G1 3歳以上 1400m ロンシャン競馬場

底見せないLimatoの相手探しとなったが、休み明けのMake Believeと前哨戦パン賞買ったTaniyarがどうか?のオッズとなった。
20151004-t10

内で溜めたMake Believeが、ペリエのゴーに反応し、一気に突き抜けた。
プールデッセで、New Bayを下した、マイルの力は本物だった。
Limatoも、この馬場で、すばらしい追い込みを見せた。
レコードタイム決着だったから、差しも効いたであろうが、横綱相撲されては仕方なし。

Make Believeは、ミスタープロスペクター系MAKFI産駒。母父ニジンスキー系SUAVE DANCER。
姉DUBAWI HEIGHTSは、米G1を2勝した女傑。
叔母TANTE ROSEは、スプリントカップの勝馬。

01着  08  Make Believe  O. Peslier  1'17''05
02着  09  Limato  1.25馬身  
03着  03  Toormore  1.5馬身  
04着  11  Amy Eria  首  
05着  06  Taniyar  頭  
06着  01  Gordon Lord Byron  短首  
07着  10  Ride Like The Wind  3/4馬身  
08着  05  Suedois  1.25馬身  
09着  13  La Berma  短首  
10着  02  Custom Cut  3馬身  
11着  04  G Force  5馬身  
12着  12  Penorka  3/4馬身  
13着  07  Salateen  8馬身  







2015年 キャドラン賞 結果

Prix du Cadran G1 4歳以上 4000m ロンシャン競馬場

2周目の坂の登りでも飛ばしてゆくMille Et Mille
ここは、10mの登り。
しかも4000mレースであるから、菊花賞や天皇賞の淀の登りで飛ばすというの以上と考えられる。
ところが、その心配は、杞憂、いやいや、人気馬の馬券をもっているほうからすれば、悲劇の序章であった。
20151004-t11

このレースも、超スローであったといっていい。
すべての馬が下りに入っても、前と詰まることもなく、フォルスストレートは、それこそ、Mille Et Milleが軽快に飛ばして直線へ向かう。

入った直線でも、後続との差を広げそうな勢い。
最後は詰め寄られたが、昨年よりも10秒遅いタイムで、悠々逃げきった。

Mille Et Milleは、トライアルというべき前哨戦グラディアトゥール賞では、8着に惨敗。
3000以上は7戦2勝という成績だった。
もっとも、2400以下では勝ち星なしであるから、長距離適性はあったということだ。
前走は完敗も、前々走のリステッドでは勝利していた。

しかし、最も大きな要因は、レースの展開と、思い切った逃げにあろう。

4戦連続4着記録保持者だったKicky Blueも、2番手で積極的で、昨年のトライアル戦以来という、1年以上ぶりの連帯を果たした。
結局1番手2番手3番手は、1周目から変わっていない。

Mille Et Milleは、ネイティヴダンサー系MUHTATHIR産駒。母父ブランドフォード系モンズン。

01着  08  Mille Et Mille  T. Thulliez  4'22''61
02着  11  Kicky Blue  1.5馬身  
03着  07  Fun Mac  2.5馬身  
04着  03  Trip To Rhodos  3馬身  
05着  06  Bathyrhon  1馬身  
06着  05  Walzertakt  1馬身  
07着  09  Simenon  半馬身  
08着  10  Iltemas  1.25馬身  
09着  04  Achtung  7馬身  
10着  01  Clondaw Warrior  頭  

今日は、馬券も、この馬場と展開に翻弄。
スロー展開で、有力馬自滅。ミドルペースでは、こうした馬場得意な近走好走穴馬台頭。

この2年で思うことは、日本のジョッキーが乗るのなら、当日凱旋門賞前に1レース騎乗チャンスが欲しい。
前日では、仮柵もあるのでちがうだろう。

届かぬ馬場であることは、知っていたはずのジャルネ騎手は、Treveは別格と信じて乗ったのだろう。
結果、展開によっては、Treveの鬼脚でも、歴史を変えらなかった。
そんな思いを強くするの2015凱旋門賞であった。
20151004-t12

3度の挑戦。ジャルネ騎手と、Treveはお疲れ様でした。
20151004-t13

そして、新チャンピオンとなった、デットーリ騎手とGolden Hornおめでとう。

トレーヴ3連覇へ、相手なし!2015凱旋門賞

2015年 マルセル・ブーサック賞 予想

Prix Marcel Boussac G1 2歳牝馬 1600m ロンシャン競馬場  14h00

 (マルセル・ブーサック賞)1600m2歳牝馬 需要ステップレース一覧

G3 カルヴァドス賞
G1 愛・モイグレアスタッドS
サンクルーメイドン アレダムール賞
G3 オマール賞
ロンシャンメイドン マッスリエール賞
G2 英・メイヒルS
サンクルーメイドン エルミエール賞
サンクルー500万下 パールカップ賞
ロンシャンメイドン カスカード賞

いわゆる、ステップを上がってきた馬ばかりそろった。
AntonoeBallydoyleといった構図でよかろう。
これに、穴になるのが、Left Hand
Left Handが破った相手は、あのSolowの妹High QualityHigh Qualityが、シャネルの1番手だったはずだ。

本01  Antonoe (オマール賞1着)
--02  Qemah (ソルボンヌ賞1着)
--03  Turret Rocks (メイヒルS1着)
--04  Ella Diva (オマール賞5着)
対05  Ballydoyle (モイグレアスタッドS2着)
--06  Aktoria (オマール賞4着)
--07  Katie's Diamond (カルヴァドス賞3着)
単08  Left Hand (カスカード賞1着)





2015年 ジャン・リュック・ラガルデール賞 予想

Prix Jean-Luc Lagardere G1 2歳 1400m ロンシャン競馬場  14h35

 (ジャン・リュック・ラガルデール賞)1400m2歳 重要ステップレース一覧

G2 英・スーパーレイティヴS
G2 英・リッチモンドS
G2 愛・フューチュリティS
G3 英・ソラリオS
G1 モルニー賞
G3 ラ・ロシェット賞
(500万下) メレーズ賞
G1 愛ナショナルS
G2 英・シャンペンS

ナショナルSでは敗れたHerald The Dawn
ナショナルSへは行かずに、こちらへきたGalileo Gold
オブライエン軍団のエースJohannes Vermeer
ロシェット賞勝馬のAttendu
しかし、後方から、すばらしい脚を見せたUltraにも期待できそうだ。

--01  First Selection (ソラリオS1着)
本02  Galileo Gold (ヴィンテージS1着)
--03  Rougeoyant (LR欧州生産者基金選抜4着)
--04  Cymric (E1) (エイコムS3着)
穴05  Herald The Dawn (E1) (愛ナショナルS2着)
単06  Ultra (E1) (ブレゾン賞1着)
--07  No Education (LR欧州生産者基金選抜2着)
--08  Ventura Storm
--09  Shogun
対10  Johannes Vermeer (チャンピオンズジュヴェナイルS1着)
--11  Attendu (ロシェット賞1着)





2015年 オペラ賞 予想

Prix de l'Opera G1 3歳以上 2000m ロンシャン競馬場  15h10

 (オペラ賞)2000m 重要ステップレース一覧

G1 愛・プリティポリーS
G3 プシシェ賞
G1 英・ナッソーS
G1 英・ヨークシャーオークス
G1 ジャンロマネ賞
G3 ノネット賞
G1 愛・メイトロンS
G1 愛チャンピオンS
G1 ヴェルメイユ賞
G1 ムーラン・ド・ロンシャン賞
G2 愛・ブランドフォードS


3歳牝馬は、仏勢は、あまり怖くない。
英愛勢が怖いが、これと、古馬牝馬の対決になりそうだ。

まずhあ、愛オークス1着のCovert Loveが安定している。
これに、古馬の上がり馬Odeliz
安定度抜群のCladocera
一発がいつ発生するのかわからぬが、Diamondsandrubiesは嵌れば怖い。

--01  Fate
単02  Cladocera
対03  Odeliz
--04  We Are
--05  Feodora
--06  Star of Seville (ディアヌ賞1着)
本07  Covert Love (愛オークス1着)
--08  Jazzi Top (ノネット賞1着)
穴09  Diamondsandrubies (オークス4着、プリティーポリー1着)
--10  Bourree (プシシェ賞1着)
--11  Wekeela (ノネット賞5着)
--12  Queen's Jewel (ディアヌ賞11着)
--13  Little Nightingale (ディアヌ賞3着、ノネット賞4着)




2015年 凱旋門賞 予想

PRIX DE L´ARC DE TRIOMPHE G1 3歳以上 2400m ロンシャン競馬場  15h55

 (凱旋門賞2015)2400m  重要ステップレース一覧

G1 サンクルー大賞
G1 愛ダービー
G1 愛オークス
G1 キングジョージ
G1 英国際ステークス
G1 英・ヨークシャーオークス
G2 ドーヴィル大賞
G3 キルターナンS
G3 セプテンバーステークス
G1 愛チャンピオンS
G1 バーデン大賞
G1 英セントレジャー
G1 ヴェルメイユ賞
G3 グラディアトゥール賞
G2 ニエル賞
G2 フォワ賞
G3 プランス・ドランジュ賞

牝馬は社会党政権誕生時に5年迄であったから、今年までは、牝馬優勢ということになる。
ということは、圧倒的に抜けた存在のTreveということになろう。
相手弱いにしても、ヴェルメイユのレースは圧巻だった。
サンクルーも問題外。
一時狂った調子もあったが、それでも凱旋門賞は連覇した。

ただ、それだけでは、ただ見るレースになってしまう。
ここは、今まで一度も起きていない、3連覇を阻止する馬がでるとして、予想してみよう。

そう思ったが、相手が、いない。
唯一、まだ底見せておらず、少しづつ階段を登っている感じのするFree Eagleが相手になりそうか?

Golden HornFoundは、果たして息持つか?
距離適性に疑問がある。
これは、Free Eagleにもないわけではないが、同馬の場合は、先日のレースでは、息ではなく、アクシデントとみておきたい。

他、休み明けのFlintshireが、結局のところ台頭する。
そういう見方もあるが、そうであるのなら、Dolniyaにも先着し、Flintshireにも実質先着経験のあるSpiritjim
同じく、先着経験のあるSiljan's Sagaが要注意。
両頭とも、調子あげての凱旋門賞で、昨年よりは、良さそうだ。
Spiritjimは、サンクルー大賞1位入線に、フォワ賞2着と2400は得意。
Siljan's Sagaも同じサンクルー大賞連帯し、ドーヴィル大賞2400を勝って望む。
叩いたDolniyaも、2着候補になろう。

そうなると、叩いたTreveはどうなってしまうのか?とも思いたくもなる。

Prince Gibraltarは、左ききで、穴馬輩出バーデン大賞勝っても、ここでは、伏兵扱いも辛い。

パリ大賞馬Eruptは、実質前走で底見せた感じで、ここでは、穴にもならぬか。
完全に、パリ大賞組は、New Bayのここ2戦で、力関係がはっきりしてしまった。

このあたりまで来ると、距離適性云々でも、3歳のクラシック上位馬Golden HornFoundなどが、能力だけで入ってきそうだ。

その他の馬は、G2連帯か、G3勝馬級で、ここでは、勝ちを望むべくもない。

2200mで停まる有力馬。
そこに、襲い掛かるのが、伏兵で、2400を得意としている馬たちである。

--01  Flintshire (E1)
--02  Eagle Top
--03  Manatee
--04  Meleagros
--05  Prince Gibraltar
穴06  Spiritjim
単07  Free Eagle
注08  Dolniya
本09  Treve (E2)
--10  Frine
注11  Siljan's Saga
--12  Tapestry
対13  New Bay (E1)
--14  Silverwave
--15  Erupt
--16  Golden Horn
--17  Shahah (E2)
--18  Found

みなさんの予想もお待ちしております。


2015年 アベイ・ド・ロンシャン賞 予想

Prix de l'Abbaye de Longchamp G1 2歳以上 1000m ロンシャン競馬場  16h40

 (アベイ・ド・ロンシャン賞)1000m直線 重要ステップレース一覧

G1 英・ジュライカップ
G1 英・ナンソープステークス
G1 英・スプリントカップ
G3 プチ・クーヴェール賞
G3 愛・ルネッサンス・ステークス
G3 英・ドバイ・ワールド・トロフィー

昨年の勝馬、Move In Timeは、今年も、プティ・クーヴェール賞を勝って万全。
なにしろ、ほかで負けたとしても、ここでは、4戦4連帯2勝なのだ。

堅い馬場は得意で、今年グロシェーヌ賞も勝っているMuthmir
キングズスタンドでは、Muthmirを破り、良でしか連帯しないGoldream
乾いた馬場が得意なTake Coverも、昨年も大きく離されていないし、キングジョージSでは、2着と好走。

単01  Move In Time
対02  Muthmir 
--03  Watchable
--04  Son Cesio
--05  Humidor
--06  Stepper Point
--07  Steps
本08  Goldream
--09  Maarek
--10  Caspian Prince
--11  Mirza
--12  Justice Day
穴13  Take Cover
--14  Rangali
--15  Sole Power
--16  Pearl Secret
--17  Monsieur Joe
消18  Mecca's Angel
--19  Gutaifan




2015年 Arabian World Cup 予想

Arabian World Cup G1 4歳以上 2000m ロンシャン競馬場  17h15

カタールカップの再戦。
連帯100パーセントのスミヨンLoraaが叩いて軸。
ロンシャン好走馬が、要注意。
かりに2着3着でも、僅差なら、逆転もありうる。

--01  Handassa
--02  Lucky Sand
--03  Seif Ennar
--04  Sir Bani Yas
--05  Al Mourtajez (E1)
--06  Kalino (E2)
--07  Majeed (E2)
穴08  Tm Thunder Struck (E2)
--09  Abhar (E3)
--10  Djet Taouy (E4)
--11  Vulcain du Clos (E4)
--12  Mouheeb
--13  Al Mouwaffak (E1)
--14  Gazwan (E3)
--15  Djainka des Forges (E3)
--16  Vetlana de Faust
本17  Loraa
対18  Samima (E4)
--19  Sahabba
単20  Prada T



2015年 フォレ賞 予想

Prix de la Foret G1 3歳以上 1400m ロンシャン競馬場  17h50

 (フォレ賞2015)1400m  重要ステップレース一覧

G1 スプリントカップ ヘイドック・パーク
G1 ムーラン・ド・ロンシャン賞 ロンシャン
G3 パン賞 ロンシャン
G2 パークS ドンカスター
G2 ブーメランS

順調で大物といった顔ぶれがいない。
トップホースになるはずのToormoreは、ジャック・ル・マロワで5着に破れ、一抹の不安。
同じく、Gordon Lord Byronは、2年連続2着も、前走スプリントカップで大敗し、順調ではない。
Custom Cutが、ブーメランSを勝ち、ジョエルS連帯と、好調も、このメンバーでどうかだ。
G Forceは、短距離馬の上、波激しく、1400で信用しづらい。
Taniyarは、戦績的にも、今年の3歳の状態でも、積極的に推せる勝ちっぷりでもない。
久々でも、力はあるはずのMake Believeが、どれだけやれるか?
3歳では、前走パークSを勝っている上がり馬Limatoが要注意となるか?

一応は、古馬勢中心も、一発逆転あるかも知れぬ、Make Believeを抑えておくという構図と見ておきたい。
重要ステップを勝った、パン賞のTaniyarと、パークSのLimatoは、入着まで。

本01  Gordon Lord Byron
穴02  Custom Cut
対03  Toormore
--04  G Force
--05  Suedois
--06  Taniyar
--07  Salateen
単08  Make Believe
--09  Limato
--10  Ride Like The Wind
--11  Amy Eria
--12  Penorka
--13  La Berma




2015年 キャドラン賞 予想

Prix du Cadran G1 4歳以上 4000m ロンシャン競馬場  18h20

 (キャドラン賞)4000m 重要ステップレース一覧

G2 モーリス・ド・ニュイユ賞
G2 英・ロンズデールカップ
G2 ケルゴルレイ賞
G2 ドーヴィル大賞
G2 英・ドンカスターカップ
G1 愛セントレジャー
G3 グラディアトゥール賞

4000である。
長距離砲といえば、Simenon
なにしろ、障害からの転向でもある。

今年、Clondaw Warriorとも好勝負しているFun Mac
こうの好勝負レースが4000で、しかも3キロ重かった。

これに対するのが、仏長距離砲のBathyrhonということになる。

力あるが、距離がどうかのLitigantWalzertakt

距離は得意なスペイン長距離砲のAchtungは、このメンバーでどうか?

昨年も出走で、そう離されてはいなかったTrip To Rhodosは、好調だし、Kicky Blueは、5連続4着という、不思議な記録更新中。25戦して、掲示板17回の長距離牝馬だ。

安定度なら、26戦22掲示板で、現在も好調Mille Et Mille。この馬の問題は、距離だろう。

Iltemasにいたっては、底見せずも、2500までしか経験がない。その上、ガリレオ産駒だ。

2000と2400が違うのなら、3000と4000は随分違う。
昨年も長距離では実力あるFly With Meは最下位に敗れた。
この馬3000と3100では、今年も5戦3勝4連帯。しかし、ここへはやってこなかった。
ロワイヤルオーク賞があるのに、ここでダメージしたくない馬もいるだろう。

本01  Clondaw Warrior
--02  Litigant
--03  Trip To Rhodos
--04  Achtung
--05  Walzertakt
穴06  Bathyrhon
対07  Fun Mac
--08  Mille Et Mille
単09  Simenon
--10  Iltemas
--11  Kicky Blue




牝馬大ハンデ  18h50

おまけ最終レース。

単03  Alleaza
穴04  Si Luna
本08  Hailstorm
対14  Strelkita

凱旋門賞2015の週末!ロンシャンウィークエンド2015 初日予想

2015年 ショードネー賞 予想

Prix Chaudenay G2 3歳 3000m ロンシャン競馬場  14h30

仏3歳長距離頂点である。
であるが、2400級の馬は、凱旋門賞があり、牝馬には、ロワイヤリュー賞2500もあるため、そんなに、メンバーは集まらない。

(ショードネー賞)3000m3歳 重要ステップレース

LR クレールフォンテーヌ大賞
G2 ドーヴィル大賞
G3 リューテス賞
G1 英セントレジャー
G1 ヴェルメイユ賞
G2 ニエル賞

であるが、今年の顔ぶれでは、リューテス賞上位一騎打ちの模様。
Vazirabad
Big Blueか?
緑か青か?
Pilansbergは、粘り増して、2着を拾えるか?
かつては、Big Blueとも好勝負しているKhareef

単01  Pilansberg (ショードネー賞4着)
本02  Vazirabad (ショードネー賞1着)
対03  Big Blue (ショードネー賞2着)
--04  Tiberian (連勝)
穴05  Khareef (クレールフォンテーヌ大賞5着)
--06  The Twisler (連勝英LR1着)
--07  Gaius Caesar (ショードネー賞5着)




2015年 ロワイヤリュー賞 予想

Prix de Royallieu G2 3歳以上牝馬 2500m ロンシャン競馬場  15h40

古馬牝馬の長距離適性馬や、牝馬クラシックディスタンスを得意とするが、凱旋門賞は重荷な馬がやってくる。

(ロワイヤリュー賞)2500m牝馬 重要ステップレースリスト

G3 ミネルヴ賞
G2 ポモーヌ賞
G3 ノネット賞
LR リヤンクール賞
LR トゥーレル賞
G2 パークヒルS
G1 ヴェルメイユ賞
LR ジュベール賞

このステップの上位馬が要注意。
そもそも、G1ヴェルメイユ賞好走から、ここへは周ってこぬのだが、今年は、適性を見て、こちらへやってきたCandarliyaが中心。
これに、トゥーレル賞2着馬Lady of Kyushu
英リステッド勝馬Martlet
サンセバスチャン金杯で牡馬破ったスペインのScalambraあたりが相手候補。

--01  Ballybacka Queen
--02  Scighera (日本のトーセン軍団)
穴03  Scalambra (西LRサンセバスチャン金杯1着)
本04  Candarliya (ヴェルメイユ賞2着)
単05  Martlet (英LR1着)
対06  Lady of Kyushu (E1) (LRトゥーレル賞2着)
--07  Parade Music (E1)
--08  Marypop (LRリヤンクール賞2着)





2015年 ドラール賞 予想

Prix Dollar G2 3歳以上 1950m ロンシャン競馬場  16h15

(ドラール賞)1950m 重要ステップレース一覧

G1 アーリントンミリオン
G3 ゴントー・ビロン賞
G3 ローズオブランカシャーS
G2 ギョーム・ドルナノ賞
G3 貯蓄銀行賞
G3 ウィンターヒルS
G2 ドーヴィル大賞
LR ブローニュ賞
G2 ボスポラスカップ
G3 セレクトS
G2 ニエル賞
G3 プランス・ドランジュ賞
G3 メゾンラフィットカップ

昨年は、いい馬場でFractional完勝。
Cirrus des Aiglesは惨敗。

その後、Fractionalは良に恵まれず、重賞勝利はメゾンラフィットの良馬場で一度。
今回はチャンス。
同じ、良を得意とするElliptique
こちらも、良馬場のヴィシーでは勝っているが、前走は、重く敗れた。
一度、良馬場のこのレースで完敗したこともあるFrench Navy
この馬も、良の方がいいし、好調の今回は、リベンジのチャンス。

これに、良不得意のCirrus des AiglesFree Port Luxは、どう挑むのかである。
普通にステップを選ぶと、メゾンラフィットカップと、ゴントービロン賞上位の2頭になるのだろうが、さてさて。

--01  Cirrus des Aigles (愛チャンピオンS7着)
--02  Al Waab (メゾンラフィットカップ2着)
--03  Air Pilot
単04  Elliptique (ゴントー・ビロン賞6着)
対05  French Navy (E1) (アールオブセフトンS1着)
本06  Fractional (E1) (ゴントー・ビロン賞5着)
--07  Free Port Lux (ゴントー・ビロン賞2着)
穴08  Zipzip (4連勝中)





2015年 ダニエル・ウィルデンシュタイン賞 予想

Prix Daniel Wildenstein G2 3歳以上 1600m ロンシャン競馬場  17h15

(ダニエル・ウィルデンシュタイン賞)1600m 重要ステップレース一覧

G3 カンセイ賞
G3 独エッティンゲンレネン
G3 パン賞
G3 北部鉄道賞

珍しく、少頭数である。
ということは、皆避けたということだ。

実際、いろんなステップの馬がやってくるレースだが、G1ステップ2頭、G2ステップ1頭。
久々叩いたクラシックホースMiss Franceと、これに先着したSonnerie
通常のステップカンセイ賞勝馬がかすむ存在である。
このメンバー相手に、一か八かではやってこないということだろう。
むろん、ここを使うからには、それぞれの陣営も一抹の不安あっての挑戦である。

今年の仏3歳牝馬はそんなに強くはない。
そのなかで、出色なのがムーランドロンシャンも勝ったErvedyaだろう。

このムーランドロンシャン2着馬Akateaと、叩いたMiss Franceの対決ではないか?
叩いて上昇中といえば、Johnny Barnesも叩き3層目で重賞を勝ち、勢いはある。

--01  Wild Chief (ムーランドロンシャン賞5着)
本02  Miss France (英1000ギニー馬)
単03  Johnny Barnes (カンセイ賞1着)
--04  Impassable (E1) (サンドリンガム賞1着)
--05  Sonnerie (E1) (LRコシェール賞1着)
対06  Akatea (ムーランドロンシャン賞2着)

2015年の凱旋門賞の広告

今週はじめから、この広告のついたバスが、あちらこちらを走るようになった。
先週には、まったく凱旋門賞の雰囲気がなかったのに、いよいよ、近づいてきた。
20150930-t08
とはいえ、昨年と比べて、今年は変わった!とおもうようなものではない。
最強馬も変わっていないから、トレーヴ時代が続いているということなのかもしれない。

第10回テュルファベイユ凱旋門賞2014観戦企画

今年も、もう目前ですが、一般公募いたします。

内容は、およそ昨年以前のコピペですので、基本変わりません。
凱旋門賞いくことはきまったけど、よくわからんので、さてどうしたものか?という人たち募集です。
無論”指定席ではなく階下のラチ沿い観戦の方”のみです。


凱旋門賞パドックを見たい方の観戦場所確保は不可能です。
開門ダッシュは全く不要です。
飛行機予約しちゃったけど、ロンシャン競馬場たどり着けるかな?
馬券ちゃんと買えるかな?最悪、買い方わからなかったら、見るだけにしよう!
などと、考えていらっしゃる方のための企画です。



募集人数
若干名

参加費用
とくになし。
すべて、みなさん実費でお買い求めください。

募集条件
01.個人参加の方で、馬券購入、行き方、言葉など不安なロンシャン初参戦の方。
02.指定席で観戦しない方、立って観戦の方
03.当日ロンシャン競馬場でトイレや馬券購入や飲み物買いたいなどお互い協力して場所とり等できる方
04.われわれ同様貧乏な方(お金持ちでなく、カフェでビール飲んで、コーヒー飲んで、ささやかに馬券を買い、当日もバス電車で競馬場へ行かれるつもりの方)
05.参加者どなたかが、携帯などで連絡とれる方。どうしても無理な方は、ご連絡ください。
06.口コミ他でサイト、ブログ宣伝していただける方
07.無料会員になっていただける方。毎年言ってますが、会の形さえ出来ていません(笑)相変わらず2015年も。
08.皆で最後に写真撮って、ブログに載るかもしれません。

補足
移動手段、入場券、新聞その他、何もついておりません。私は全て当日ですが、皆さんも個人でどうぞ。
何かを保証することはありません。
的中馬券も教えられません。
オークション用馬券大量購入のお手伝いも出来ません。

参加される人から、凱旋門賞の寸景の写真なんぞを募集いたします。
ブログかホームページで使わせていただきます。


日程
10/4午前中待ち合わせ。凱旋門賞へ。
観戦後、無料混雑バスではなく、トラム2号線かSNCF経由で帰ります。あしからず。



待ち合わせ場所
市内のどちらかのメトロ駅など


申し込み方法
こちらのメールフォームからご連絡くださいませ。
(開いたページから、こちらの文字をクリックしてください)

お名前
お名前ふりがな
性別
お知りになった場所
お年頃(およそ)
参加人数
メールアドレス

補足
お名前のふりがな、お年頃、参加人数は、フォーム下の空欄にご入力ください。

いろんな問合せに使ってますので、凱旋門賞観戦企画申し込みの旨、とご入力ください。

スパムフィルターや、メールサーバーの容量にご注意ください。
hotmailは、こちらで受け取る時に文字化けする可能性が高いです。
メールいただいても、ご返信できない事もございます。
また、お申し込みいただいても、PCメールの拒否設定などで、返信できない方もいらっしゃいます。
ご確認ください。

詳細は、お申し込みいただいた方にご連絡いたします。
TEMPS
仏独西伊白瑞典
英愛
Twitter
Le nombre de visiteurs
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profil

turfabeille

Archives
記事検索
Classment
にほんブログ村 競馬ブログ 海外競馬へ



人気ブログランキングへ
海外競馬へ行こう
フランスでインターネット接続
凱旋門賞前日ネットチェック
france

こちらでも調べてみよう


旅の準備、PCもこちらで
Commentaires
カテゴリ別
節電
  • ライブドアブログ