凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞へ向け、フランス競馬を中心にした話題、フランスダービー、フランスオークス、パリ大障害、アメリカ賞他

フランス競馬平地:古馬

リファール賞2016 格上のミスターオーウェン快勝!

2016年 リファール賞 結果

Prix Lyphard LR 3歳以上 1900mSF ドーヴィル競馬場

昨年の覇者Vodkatoや、出走取り消しになったが、昨年同競馬場同距離同コースのプティットエトワール賞を勝ったSpring Leafなども登録。
クラシック戦線で名前を売ったAme BleueSainte Amaranteなども出走。

しかし、実績もある1番人気Mr. Owenが好位から抜けて優勝。

Mr. Owenは、ダンジグ系INVINCIBLE SPIRIT産駒。
母父ヌレイエフ系シアトリカル。母ミセスリンゼイは、ヴェルメイユ賞とEPテイラーSを勝った女傑。
ディアヌ賞でも2着している。

Mr. Owenは、前走、カナダのウッドバインマイル6着。
前々走は、ヴァダモスの2着に、G3メシドール賞で入っている。

01着  06  Mr. Owen  O. Peslier  1'52''97
02着  08  Al Debel  3馬身  
03着  07  Ecureuil  1.5馬身  
04着  13  Sea Front  CTETE  
05着  09  Nice To See You  CENC  
06着  12  Sainte Amarante  1.5馬身  
07着  02  Ame Bleue  3/4馬身  
08着  10  Funny Kid  1.75馬身  
09着  05  Taratchi  3/4馬身  
10着  03  Vodkato  CENC  
11着  01  Energia Davos  1.5馬身  
12着  04  Game Theory  CTETE  

マイル戦線タンティエム賞結果

2016年 タンティエム賞 結果

Prix Tantieme LR 3歳以上 1600m サンクルー競馬場

3番手追走からスーッと伸びた2番人気Djiguiteは快勝。
2着に、1番人気のCrazy Horse
3着には、実績馬Maximum Aureliusが入った。

上位人気が上位独占。

Djiguiteは、ミスタープロスペクター系マクフィ産駒。
母父ミスタープロスペクター系ヴェットーリ。

Djiguiteは、ハンデ戦ではあるが、リステッドクラス同等賞金のレースに出ていて連続連帯中だった。
11戦して5連帯4勝。まだまだこれからである。

01着  04  Djiguite  G. Benoist  1'51''82
02着  02  Crazy Horse  2.5馬身  
03着  03  Maximum Aurelius  TETE  
04着  06  Blossomtime  3馬身  
05着  07  Whippa d'Or  CENC  
06着  09  Wacaria  CENC  
07着  01  Sussudio  1.75馬身  
08着  08  Arcadia  6馬身  
09着  05  Nordico  5馬身

ドレミファソル圧勝!2016グラン・カン賞

2016年 グラン・カン賞 結果

Prix du Grand Camp LR 3歳以上 2400m リヨン・パリイ競馬場

直線で圧倒したDo Re Mi Fa Sol圧勝。
前走は、牝馬リステッドで6着。
その前もミネルヴ賞G3で4着。
ただ、3走前には、G2マルレ賞で僅差3着の実績もあった。

ただ、これほどの圧勝ができると、だれが考えたか?

Do Re Mi Fa Solは、ミスタープロスペクター系WOOTTON BASSETT産駒。
母父サドラーズウェルズ系シングスピール。
9戦して3勝目。
まだまだ、これからであろう。

01着  15  Do Re Mi Fa Sol  F. Blondel  2'51''47
02着  08  Prince Nomad  5.5馬身  
03着  05  Cafe Royal  NEZ  
04着  11  Against Rules  1馬身  
05着  02  Baz  1.75馬身  
06着  10  Madernia  NEZ  
07着  14  Al Haram  5.5馬身  
08着  13  Coisa Boa  5.5馬身  
09着  06  Up Todate du Casse  1.5馬身  
10着  01  Norse King  3/4馬身  
11着  04  Spirit's Revench  4.5馬身  
12着  07  Be Famous  3/4馬身  
13着  03  Litigant  4.5馬身  
14着  12  Laseen  11馬身  
15着  09  Sylvanes  3馬身  

ベストフアールが僅差で勝利!2016マルセイユ大賞

2016年 DG14戦マルセイユ大賞 結果

Grand Prix de Marseille-14e Etape du Defi du Galop LR 3歳以上 2150m カーニュシュルメール競馬場

カーニュで行われるマルセイユ大賞。
新潟で行われる福島記念みたいな感じである。

Best Fouadは、昨年の2着。
昨年敗戦した古豪Don Boscoなどの骨のある相手はいない。

僅差ではあるが、今回このレースを勝った。
デフィデュギャロのシリーズポイントトップはShutterbug5着。
シリーズ2位は、Star Victory2着。
Best Fouadは、シリーズ3位だったが、これで3勝目。
トップが狙える位置へ浮上する。
その意味では、Star Victoryとの大きな首差である。

最終戦は、トゥールーズで12月11日。
逆転もあり得る。

Best Fouadは、ミスタープロスペクター系キングズベスト産駒。
母父ネヴァーベンド系リヴァーマン。

01着  02  Best Fouad  C. Soumillon  2'14''47
02着  03  Star Victory  ENC  
03着  01  Master's Spirit  CTETE  
04着  07  Mauve  2馬身  
05着  04  Shutterbug  半馬身  
06着  08  Joiedargent  5馬身  
07着  05  Prestige Vendome  半馬身  
08着  06  Cash in Mind  9馬身  

イゾラベラ賞2016結果

2016年 イゾラベラ賞 結果

Prix Isola Bella LR 3歳以上牝馬 1600m サンクルー競馬場

逃げた1番人気Game Theoryが、先頭で直線を行く。
中団から伸びた、Blossomtimeが、内から差して、これを交わした。

Blossomtimeは、前々走のサンクルーのリステッドでも好走2着していた。
前走は、僅差とはいえ、同世代で7着。
左利きかもしれぬ。
ストームバード系シャマルダル産駒。母父オーエンチューダー系カドージェネルー。

母BAL DE LA ROSEは、G3アンドレバボワン賞勝ち。

01着  06  Blossomtime  T. Jarnet  1'47''81
02着  01  Game Theory  半馬身  
03着  07  Saimaa  3馬身  
04着  02  Incahoots  半馬身  
05着  05  Coisa Boa  半馬身  
06着  08  Golden Stunner  CENC  
07着  04  Sant'amanza  2.5馬身  
08着  03  Bandanetta  ENC  
09着  09  Delve  3馬身  

ザライトマン圧勝!2016セーヌ・エ・オワーズ賞

2016年 セーヌ・エ・オワーズ賞 結果

Prix de Seine-et-Oise G3 3歳以上 1200m メゾンラフィット競馬場

アナウンス聞いていると、セネワーズ賞に聞こえるセーヌ・エ・オワーズ賞である。
ここより、もう少し下流へ行くと、セーヌ川とオワーズ川が合流する地点がある。

1番人気は、The Right Man
前がつぶれて勝つような馬ではなく、自分から、勝利をもぎ取る馬である。

今回も、最初こそ、馬の後ろで脚を矯めてはいるが、展開に恵まれるような勝ちっぷりではなく、堂々たる押し切りである。

1300という距離と、G1という猛者の集まるレースでこそ敗れてはいるが、このクラスでは強い勝ち方。
3.7倍の単勝は、こうしていつも通りの勝ち方をされると、おいしかったようにすら思える。

The Right Manは、ストームバード系ロペデヴェガ産駒。母父マンノウォー系ウォーニング。
伯父にノアイユ賞G2などで3着のあるTHAMESがいる。

01着  06  The Right Man  F.-X. Bertras  1'11''80
02着  09  Porthilly  2馬身  
03着  13  La Rioja  2馬身  
04着  01  Finsbury Square  ENC  
05着  04  Aces  半馬身  
06着  07  Dhahmaan  1馬身  
07着  03  Love Spirit  CTETE  
08着  05  Daring Match  ENC  
09着  08  Damila  5馬身  
10着  11  Marsh Hawk  4.5馬身  
11着  10  Pupa Di Saronno  7馬身  
12着  02  Ross Castle  ENC  

シユーシェイクが勝利!2016ペルス賞

2016年 ペルス賞 結果

Prix Perth G3 3歳以上 1600m サンクルー競馬場

最後方追走していたSiyoushake
直線内に進路をとって、距離を稼ぐと、ジワジワ伸びて、先に抜け出していた1番人気のCrazy Horseを差し切って優勝。
Siyoushakeは2番人気。
3着には、随分よれたが、切れた3番人気Kourkanが入った。

Siyoushakeは、ヌレイエフ系SIYOUNI産駒。母父ストームバード系ジャイアンツコーズウェイ。
伯父 FROST GIANTは米G1馬。

Siyoushakeは、前走G1サンチャリオットS4着。
その前には、G3のカンセイ賞を勝っている。

01着  03  Siyoushake  S. Pasquier  1'43''24
02着  06  Crazy Horse  1.75馬身  
03着  07  Kourkan  TETE  
04着  01  Steip Amach  1.5馬身  
05着  08  Maximum Aurelius  3/4馬身  
06着  11  Show Day  1.75馬身  
07着  04  Sussudio  1.25馬身  
08着  05  Royal Julius  1馬身  
09着  10  Rosebay  1.25馬身  
10着  12  Pas de Soucis  3馬身  
11着  13  Wanderina  5馬身

DG第13戦ナント大賞2016

2016年 DG第13戦ナント大賞 結果

Grand Prix de Nantes 13eme Etape du Defi du Galop LR 3歳以上 2400m ナント競馬場

今年のヴィシーのリステッド戦で、Tiberianに競り勝ったHoldthasigreenが優勝。
2番人気だった。

Tiberianは、先日行われたG2コンセイユ・ド・パリ賞で、プライドの仔で、凱旋門賞6着のOne Foot In Heavenと僅差争った馬である。

このシリーズは今年3度目の参戦。
3着5着となっていたから、ここでは、2番人気までの支持だった。

シリーズで2着5着の成績だった1番人気Gladeはここでは、3着まで。

Holdthasigreenは、ストームバード系HOLD THAT TIGER産駒。
母父ネイティヴダンサー系MUHTATHIR。

01着  02  Holdthasigreen  W. Saraiva  2'36''96
02着  03  Spirit's Revench  2.5馬身  
03着  13  Glade  3.5馬身  
04着  05  Cafe Royal  1馬身  
05着  07  Saane  5馬身  
06着  04  Eos Quercus  TETE  
07着  09  Amirant  7.5馬身  
08着  01  Landym  2.5馬身  
09着  12  Dartagnan d'Azur  4.5馬身  
10着  08  Racing Bay  4馬身  
11着  10  Autor  10馬身  
12着  06  Khareef  3.5馬身  

プライベートマター完勝!2016ゼダーン賞

2016年 ゼダーン賞 結果

Prix Zeddaan LR 2歳 1200m メゾンラフィット競馬場

昨年の2着馬が、今年活躍した3歳のJimmy Two Times
短距離からマイル戦線で楽しみな2歳の出現するレース。
ゼダーンは、グレイソヴリン系の名種牡馬。
トニービンが子孫に出てますね。
ただ、どちらかといえば、スピードのイメージ。
このレースも、短距離戦。

さて、先頭を走りながら、他の馬が追い出しても、持ったままどころか、抑えているようにすら見えたペリエ騎手のPrivate Matterが圧勝。
最後方スミヨンポジションから追い出したPrecieuseが2着。
まだまだ、2頭とも、ふらふら走ってますが、今後の整備されつつあるこの路線も楽しみですね。

Private Matterは、ダンジグ系MAYSON産駒。母父ノーザンダンサー系アザムール。
父は、短距離スターですが、祖母は、ディアヌ賞馬のコンフィデンシャルレディ。
大穴でしたが。
このPrivate Matterと、同じ馬主さんだと思います。

01着  01  Private Matter  O. Peslier  1'13''91
02着  06  Precieuse  1.5馬身  
03着  03  Vona  6馬身  
04着  07  Megan Lily  3/4馬身  
05着  05  Connacht Girl  2馬身  
06着  08  Erica Bing  3馬身  
07着  09  Bocca de la Verita  2.5馬身  
08着  02  Bay of Biscaine  2馬身  
09着  04  Nofoemaypass  3馬身  

ヴァジラバッド連覇!2016ロワイヤルオーク賞

2016年 ロワイヤルオーク賞 結果

Prix Royal-Oak G1 3歳以上 3100m サンクルー競馬場

昨年の上位と結果はかわらないのであるが、いやいや、Vazirabadは長くいい脚をつかいましたなぁ。
似たような位置から加速したSiljan's Sagaはおいて行かれ、スタミナと粘りが信条のMille Et Milleは、前で粘った。

Vazirabadは、ブランドフォード系マンデューロ産駒。
母父リファール系リナミクス。
姉VISORIYNAは、G3で3着2度。
母VISORAMAはG3フロール賞勝馬。G1サンクルー大賞3着。
なんだか、凱旋門賞でも、どれだけやれるか見てみたい感じのするレースぶりですなぁ。

01着  01  Vazirabad  C. Soumillon  3'29''23
02着  12  Endless Time  1.75馬身  
03着  11  Siljan's Saga  半馬身  
04着  09  Mille Et Mille  ENC  
05着  06  Sky Hunter  半馬身  
06着  02  Quick Jack  CTETE  
07着  13  Slatina  3/4馬身  
08着  08  Pallasator  CENC  
09着  03  Litigant  1.75馬身  
10着  07  Settler's Son  2馬身  
11着  05  Penglai Pavilion  1.25馬身  
12着  04  Montaly  3/4馬身  
13着  10  Candarliya  10馬身  
14着  14  Justice Belle  6馬身  
15着  15  Mambomiss  LOIN  

プライドの仔ワンフットインヘヴンG2戴冠!2016コンセイユ・ド・パリ賞

2016年 コンセイユ・ド・パリ賞 結果

Prix du Conseil de Paris G2 3歳以上 2400m シャンティイ競馬場  16h15

前残りの馬場とはいっても、さすがに強烈な大逃げの馬は残らない。
次の組からぬけだしたTiberianと、それを追うOne Foot In Heavenの争い。
この2段目のロケット点火について行けぬ馬は遅れ、2頭のマッチレースに。
結果、1番人気の凱旋門賞6着馬One Foot In Heavenが差した。

One Foot In Heavenは、ダンジグ系FASTNET ROCK産駒。
母父ヌレイエフ系PEINTRE CELEBRE。
母はプライド。
プライドの子の中では、最も活躍している。

01着  01  One Foot In Heaven  C. Soumillon  2'29''63
02着  03  Tiberian  CENC  
03着  02  Now We Can  5馬身  
04着  06  Sacrifice My Soul  5馬身  
05着  05  Berkshire  10馬身  
06着  04  Casino  1馬身  

アンドレ・バボワン賞-地方大賞2016 人気薄サブウェイダンサー逃げ切り!

2016年 アンドレ・バボワン賞-地方大賞 結果

Prix Andre Baboin - Grand Prix des Provinces G3 3歳以上 2000m リヨン・パリイ競馬場

逃げたブービー人気のSubway Dancer
そのまま、馬場の悪いのであろう内を通って、悠々逃げ切り。
ただ、格下ながら、このところ3連続連帯中。
まだ10戦。これで6連帯なら、底見せたわけではあるまい。

Subway Dancerは、ストームバード系シャマルダル産駒。母父サドラーズウェルズ系ガリレオ。
母は、ロワイヨーモン賞勝ちの重賞勝ち馬。
結構な良血なのだ。

01着  03  Subway Dancer  R. Koplik  2'14''87
02着  04  Master's Spirit  3.5馬身  
03着  07  Alakhana  CENC  
04着  05  Johara  3.5馬身  
05着  01  Baz  1馬身  
06着  02  Bonusdargent  1.5馬身  
07着  06  Khaleesy  3.5馬身  

乾いたシャンティイにガリレオ系 2016ラヌラグ賞

2016年 ラヌラグ賞 結果

Prix du Ranelagh LR 3歳以上 1600m シャンティイ競馬場

シャンティイは、まだ、前残りの傾向があるか?
逃げたBravo Zoloそのまま逃げ切り。
差してきたQurbaanは中団から。
1番人気のBravo Zoloから4番人気のQurbaanまで、わずかの差の人気。

Bravo Zoloは、前々走は連帯。前走は大敗。
絶対的な存在ではなかったことは、割れた人気でもそうだが、先手とったスミヨンは好騎乗ということになるだろう。

Bravo Zoloは、サドラーズウェルズ系リップヴァンウィンクル。
すなわち、ガリレオ系。
この馬場適正の高さは、凱旋門賞でも実証済み。
母父ダンジグ系ベルトリーニ。
12戦5勝。
ここへくるまで、4勝すべてが、オールウェザー。
軽い馬場向きであるには違いない。

ちなみに、昨年のこのレースの勝ち馬はMy Dream Boat
あのFoundにロイヤルアスコットで勝ってしまった馬だ。
エイシンヒカリとも対戦しているから、文字列を見た記憶があるひともいるだろう。

01着  04  Bravo Zolo  C. Soumillon  1'37''06
02着  05  Qurbaan  CENC  
03着  06  Dhevanafushi  1.25馬身  
04着  03  Grand Vintage  半馬身  
05着  02  Campillo  1.75馬身  
06着  08  Boxeur  2馬身  
07着  09  Kenrivash  CENC  
08着  07  Bohemian Rhapsody  3馬身  
09着  01  Stillman  半馬身  

スカラムーシュ賞2016

2016年 スカラムーシュ賞 結果

Prix Scaramouche LR 3歳以上 2800m サンクルー競馬場

2番手追走していたShe Is No Lady
後方にいたSacrifice My Soulが一気に3コーナーで進出して、直線粘っていたが、これをShe Is No Ladyがとらえて優勝。
英国では、リステッド2着までだったが、フランスへその力を試しにやってきたのだろう。
期待されていたと思われるし、わざわざ、フランシス・ベリー騎手が来ている。
ここを勝って、先には、フランスのG1も目に入る。
20161009-t03
She Is No Ladyは、父ストームバード系ロペドゥヴェガ。母父ダンジグ系ケープクロス。
マイラー血統のようですが、わからないものですね。
とにかく、スピード馬場の方が合っていそうです。

01着  06  She Is No Lady  F.-M. Berry  3'04''71
02着  07  Sacrifice My Soul  TETE  
03着  02  Iraklion  3/4馬身  
04着  04  Amirant  3/4馬身  
05着  09  Dalshand  CENC  
06着  03  Saane  2馬身  
07着  01  Settler's Son  TETE  
08着  10  Leomar  4馬身  
09着  05  Swordshire  4馬身  
10着  08  Fixed Rate  12馬身  

2016ボンヌヴァル賞結果

2016年 ボンヌヴァル賞 結果

Prix de Bonneval LR 3歳以上 1100m メゾンラフィット競馬場

昨年は、シャンティイ開催。
今年は、メゾンラフィット開催。
昨年に比べると、小粒のような気もするが、外ラチ沿いから抜け出した実績馬Spirit Quartzを、The Right Manが、馬場中央から差し切った。
20161008-t02
The Right Manは、前走G1モーリス・ド・ゲスト賞11着。モートリー賞では、アベイやフォレ賞の好成績馬たちを相手に2着と好走実績がある。

The Right Manは、ストームバード系ロペドゥヴェガ産駒。母父マンノウォー系ウォーニング。
伯父THAMESは、G2ノアイユ賞、G3エクスビュリ賞双方で3着。

01着  06  The Right Man  F.-X. Bertras  1'05''00
02着  01  Spirit Quartz  1.75馬身  
03着  11  Spiritfix  ENC  
04着  04  Saon Secret  半馬身  
05着  10  Immediate  1.25馬身  
06着  07  Largent du Bonheur  3/4馬身  
07着  05  Blue Soave  CTETE  
08着  02  Walec  CENC  
09着  08  Royal Prize  半馬身  
10着  09  Pupa Di Saronno  ENC  
11着  12  Yakaba  CENC  

凱旋門賞ウィーク二日目結果 2016フォレ賞

2016年 フォレ賞 結果

Prix de la Foret G1 3歳以上 1400m シャンティイ競馬場

完全に前残りのレース。
ですが、1頭Limatoは次元違い。
確かに、前からではありますが、抜け出して、後続を置き去りに。
20161006-t07
逃げたKararは、結局残り、差してきたSuedoisJimmy Two Timesは、差し切れず。
Attenduもいい脚使いましたが、やはり、前をとらえられず。

Limatoは、ヘイルトゥーリーズン系TAGULA産駒。母父サドラーズウェルズ系シングスピール。
血統からも、速い馬場もなんのそのと思われますね。

Limatoは、13戦12連帯。
マイルを使ったロッキンジSのみ4着。
昨年は2着。

01着  03  Limato  H Bentley  1'21''83
02着  01  Karar  3馬身  
03着  04  Suedois  半馬身  
04着  07  Jimmy Two Times  3/4馬身  
05着  09  Attendu  半馬身  
06着  06  Birchwood  3.5馬身  
07着  02  Harry's Son  CENC  
08着  05  Coulsty  CTETE  
09着  10  Same Jurisdiction  6馬身  
10着  12  Trixia  1.5馬身  
11着  08  Moon Trouble  5馬身  

凱旋門賞ウィーク二日目結果 2016アベイ・ド・ロンシャン賞

2016年 アベイ・ド・ロンシャン賞 結果

Prix de l'Abbaye de Longchamp G1 2歳以上 1000m シャンティイ競馬場

前走、前哨戦のプティ・クーヴェール賞2着のMarshaが優勝。
10戦して、着外なしの4勝という堅実さであった。
だが、58キロまでしか勝利はなく、シャンティイ勝があるわけではなく、前走も、前々走も、ここ出走馬何頭かに、敗れていた。
そのあたりで、人気になれなかったのだろう。
だが、その堅実さは、後方から一気に伸びて、多くの馬を差し切ってしまった。
20161006-t06
勝馬は黒帽子。
その背後の紺色が2着馬。
ピンク帽の赤に白線が1番人気3着馬。
20161006-t05
2着は、しぶとく伸びてWashington DC
先行していた、1番人気Mecca's Angelは3着まで。
グロシェーヌ賞1着のSon Cesio5着、グロシェーヌ賞3着のFinsbury Square4着。

Marshaは、ノーザンダンサー系ACCLAMATION産駒。
母父ノーザンダンサー系マルジュ。
どちらも、トライマイベスト経由である。
香港でも活躍馬を出すマルジュの血は、この馬場で有効に働いたかもしれない。

シャンティイ好走、マルジュの血、堅実さが3つのカギとなった。

01着  14  Marsha  L. Morris  0'57''27
02着  07  Washington DC  3/4馬身  
03着  15  Mecca's Angel  CTETE  
04着  13  Finsbury Square  3/4馬身  
05着  02  Son Cesio  1馬身  
06着  01  Duke of Firenze  CENC  
07着  11  Profitable  CTETE  
08着  12  Line Of Reason  1馬身  
09着  17  Ardad  TETE  
10着  04  Cotai Glory  TETE  
11着  16  Porthilly  3/4馬身  
12着  05  Maarek  CENC  
13着  09  Harry Hurricane  ENC  
14着  03  Goldream  CTETE  
15着  08  Take Cover  3.5馬身  
16着  10  Just Glamorous  3馬身  
17着  06  Eskimo Point  1.25馬身  

凱旋門賞ウィーク二日目結果 オジェ騎手圧勝 !2016アラビアン・ワールドカップ

2016年 アラビアン・ワールドカップ 結果

Arabian World Cup G1 4歳以上 2000m シャンティイ競馬場

抑えきれない勢いで先行した圧倒的1番人気Al Mourtajezが、そのまま抜け出し圧勝。
前残りというか、力の違い。
20161006-t04
アラブレースでは第一人者といっていい、オジェ騎手が、この週末アラブレースでの初勝利となった。

01着  03  Al Mourtajez  J. Auge  2'08''33
02着  10  Mehdaaf Athbah  4.5馬身  
03着  08  Tayf  CENC  
04着  04  Gazwan  3馬身  
05着  06  Valentin  TETE  
06着  15  Prada T  1.5馬身  
07着  14  Sylvine Al Maury  半馬身  
08着  02  Sir Bani Yas  1.75馬身  
09着  12  Rawah  2馬身  
10着  01  Lahoob  ENC  
11着  11  Macha'allah  10馬身  
12着  05  Vulcain du Clos  8馬身  
13着  13  Samima  3馬身  
14着  07  Laft Nethar  20馬身  
15着  09  Reda  1.5馬身  

凱旋門賞ウィーク初日結果 2016ダニエル・ウィルデンシュタイン賞

2016年 ダニエル・ウィルデンシュタイン賞 結果

Prix Daniel Wildenstein G2 3歳以上 1600m シャンティイ競馬場

結局、逃げたHello My Loveを、Taareef以外はとらえられず。
前残りというレースであるし、スロー。
2着に残ったのは、前走ハンデ戦2着の古馬。
20161005-t05
勝ったTaareefは3歳馬ではあるが、G3を勝ち、G2でも4着の実績馬。
ドラール賞の2着3着のHeshemZarakと好勝負の馬である。
他にも3歳有力馬がいるが、完敗。

Taareefは、サドラーズウェルズ系KITTEN'S JOY産駒。
母父ミスタープロスペクター系CARSON CITY。

それにしても、3歳クラシック戦線の活躍馬も、古馬ハンデ戦を走る馬と好勝負という状況だ。

01着  03  Taareef  I. Mendizabal  1'43''19
02着  02  Hello My Love  1.75馬身  
03着  04  Moonlight Magic  CENC  
04着  01  Wireless  半馬身  
05着  06  Zayva  3/4馬身  
06着  05  Dicton  ENC  
07着  07  Sasparella  1.75馬身

凱旋門賞ウィーク初日結果 2016キャドラン賞

2016年 キャドラン賞 結果

Prix du Cadran G1 4歳以上 4100m シャンティイ競馬場

少々無理しても、スタミナ勝負にしたいMille Et Milleが逃げた。
だが、結果的には、その無理が最後に響く、早いレースとなった。

最後方待機だった2頭が先頭でゴールを駆け抜けた。
一番最初に仕掛けた、1番人気Vazirabadだが、3600を勝ってスタミナにも自信のあるQuest For Moreが差し切った。
20161005-t04
Quest For Moreは、サドラーズウェルズ系TEOFILO産駒。
母父レッドゴッド系レインボウクエスト。
兄MACAWは、カナダ国際も勝っている。
かたい馬場は得意である。
しかも、、この馬、またしても、ガリレオの血を引いていた。

タイムは、100伸びた割には、4000の平均的なタイムであるから、速いといえる。

01着  09  Quest For More  G. Baker  4'23''57
02着  01  Vazirabad  CENC  
03着  10  Nearly Caught  5馬身  
04着  02  Trip To Rhodos  1馬身  
05着  08  Mille Et Mille  CENC  
06着  04  Nahual  CTETE  
07着  07  Burmese  4馬身  
08着  11  Cayirli  12馬身  
09着  12  Kicky Blue  4馬身  
10着  05  Amour de Nuit  4馬身  
11着  03  Fly With Me  10馬身  
12着  06  Autor  20馬身  

凱旋門賞ウィーク初日結果 2016ドラール賞

2016年 ドラール賞 結果

Prix Dollar G2 3歳以上 2000m シャンティイ競馬場

Zarakに乗るために、サンチャリオットSはルメールに任せることになったスミヨン。
と言っていいのだろう。
凱旋門賞を回避して、必勝態勢。

逃げねばるHeshemを、行き場を探しつつ、馬群を割ったPotemkinが差し切った。
外から伸びたZarakは、一緒に伸びていたAlignementをしのぐのが精いっぱい。
20161005-t03
Potemkinは、G1ダルマイヤー大賞で3着していたが、前走はG3で2着。
ここでは、他の馬と違う伸び脚を見せて快勝。
1レースに続き、ここでも、ドイツ馬が活躍。

スローということもあるのだろうが、この日も、前残りであった。

Potemkinは、サドラーズウェルズ系ニューアプローチ産駒。
母父ボールドルーラー系ビッグシャッフル。
叔母は、G1勝ち馬で、ディアヌ賞も3着のPAITA。
いまは日本にいますね。

これ、べらぼうスローなわけではないですが、Free Port Luxはシャンティイ不得意とはいえ、大敗。
後方にいたMeandreものまま。
勝った馬は、ガリレオ系であるし、前残りの乾いた馬場得意な馬が来る傾向は、ここにもあったかもしれませんね。
この時点では、わかりませんが。

もう一つ、このレース3歳馬は、古馬に勝てませんでした。

もっとも、G1で3着だったPotemkin
4着馬イキトスがバーデン大賞買っちゃいましたから、力はあったのでしょう。
1着馬と2着馬がそうでもないのが心もとないところでしたが・・・。

01着  03  Potemkin  E. Pedroza  2'06''54
02着  02  Heshem  1.75馬身  
03着  07  Zarak  ENC  
04着  09  Alignement  TETE  
05着  05  Yorker  NEZ  
06着  08  Flanders Flame  1.75馬身  
07着  01  Arthenus  3/4馬身  
08着  04  Meandre  CTETE  
09着  06  Free Port Lux  8馬身  

凱旋門賞ウィーク初日結果 2016ロワイヤリュー賞

2016年 ロワイヤリュー賞 結果

Prix de Royallieu G2 3歳以上牝馬 2400m シャンティイ競馬場

逃げたThe Juliet Roseが、古馬のAlmelaを突き放して優勝。
20161005-t02
The Juliet Roseにしてみれば、Almelaは英リステッドを勝ったばかりの馬で、勝たねばならぬ相手。
それでも、このレースでは、3歳馬が古馬を破った。

The Juliet Roseは、ブランドフォード系モンズン産駒。母父ミスタープロスペクター系ドバイデスティネーション。
母は、スイスダービーを勝っている。

01着  04  The Juliet Rose  S. Pasquier  2'31''14
02着  01  Almela  3馬身  
03着  02  Sotteville  4馬身  
04着  03  Mango Tango  2馬身  
05着  05  Impressionist  4馬身  
06着  06  Gambissara  3馬身  

なぜマカヒキは負けたのか? 凱旋門賞2016結果

その1
乱ペース

朝から、その予兆はあった。
1レースで逃げたデットーリのDabyahが僅差3着に残ったこともあるが、後方からやってくる馬は皆無。
前が残ったのである。

しかも、タイムは、1'35''85。
前日に行われた、同距離の古馬G2ダニエルウィルデンシュタイン賞の勝ちタイムは、1'43''19。
7秒半の違い。
2歳牝馬G1のタイムが、古馬G2より速いのである。

しかも、ハイペースであるののなら、後ろが伸びるはずだが、全く伸びない。
仮柵の外側部分を通って、差してくるとなると、馬場が厳しくなって伸びない。

2レースも逃げたNational Defenseが、1'35''53で逃げ切った。
後ろからやってくる馬は、どうしようもない。

3レースは、人気馬たちが、前へ殺到する展開。
それでも、7頭立てだけに、乱ペースにはならないが、勝ちタイムは2'02''03。
前へ行った1年ぶりのPleascachが残り、2番手から前を追ったSpeedy Boardingがようやく差し切った。
もちろん、Pleascachの力が、素晴らしいこともあるだろうが、馬場と展開の助けもあったろうことは容易に察しが付く。
前残りのオペラ賞である。

ある程度、前へつけておかなければ、馬場の悪い外を通って差してくることは不可能。
そういう馬場である。
ジョッキーもそう考えていることは、3レースの有力馬の様相でもわかることだった。

マカヒキが前へ行ったことは、作戦的には、なるほどと思えるものだったのだ。

01着  10  Found  R.-L. Moore  2'23''61
02着  04  Highland Reel  1.75馬身  
03着  08  Order of St George  1.5馬身  
04着  09  Siljan's Saga  3/4馬身  
05着  02  Postponed  2.5馬身  
06着  05  One Foot In Heaven  NEZ  
07着  01  New Bay  CENC  
08着  15  Savoir Vivre  1.5馬身  
09着  11  Harzand  1.75馬身  
10着  12  Vedevani  2馬身  
11着  13  Talismanic  7馬身  
12着  16  Left Hand    1馬身  
13着  07  Silverwave  3./4馬身  
14着  14  Makahiki  3馬身  
15着  03  Migwar  1.25馬身  
16着  06  The Grey Gatsby    1.25馬身  

その2
馬場。

前日に異変があった。
いつもみる、シャンティイとは違う。
変な感じであると思ったのだが、馬場がきれいに切りそろえられてあったからだ。
まるで、日本の競馬場を見るかのように。

金曜のサンクルーのペネトロメートルは3.1。
夜、雨が降ったからであろう。土曜のシャンティイは、3.2。
そんなに悪化していない。
レース中にも、強い通り雨などあったし、夜もわずかに雨になったが、日曜のペネトロは3.1。

しかも、切りそろえらえた馬場は、ずいぶんと短い。
短いうえに、馬場は使用されず、グリーンベルトが2頭半分ほどは内ラチからある。
馬場はBon。
普通なら、日本のやや重のようなものかもしれないが、この浅い馬場なら、良といっていいだろう。

この馬場は、あの、デインドリームの作ったタイムを1秒近くも詰めてしまう要因になったと思われるのだ。
20161003-t02
その3
3歳馬

前方にいる馬多くは、そのままゴールを駆け抜けた。
ラビットであったVedevaniThe Grey GatsbyLeft Handマカヒキが、ついてゆけず後方へ沈んでいった。

このPostponedを先行、またはマークするような位置でレースしていたマカヒキは、4コーナーで遅れ始めて終わった。
前残りの馬場を考えると、ふがいない結果となったともいえるだろう。
あるいは、外枠で、少々馬場が悪いところを通ったということもあったかもしれないが、それにしてもである。

キングジョージ、ジャック・ル・マロワ、英インターナショナル、愛チャンピオンなど見てみても、3歳馬が古馬を圧倒するシーンはない。
いやいや、唯一、アルマンゾールだけであったろう。
もう一つ加えれば、ドーヴィル大賞で勝ったSavoir Vivreがそれにあたる。

この週末も、ドラール賞では、アルマンゾールに迫ったザラックが3着と古馬に敗戦。

凱旋門賞も、古馬相手に勝ったSavoir Vivreが3歳最先着で、その後ろに、各国のクラシックで活躍した馬たちがずらりと居並んでいる。
マカヒキも、古馬との対戦は、これが初だった。
20161003-t01
まとめ。

前の馬を見るような内の経済コースを通ったFoundと、これに昨年先着しているSiljan's Sagaは、Foundを見るような位置から伸びた。
Highland Reelも無理はしないが、前で競馬をし、Order of St Georgeも、馬場をコースロスを考えつつ、コースを選んで先行したデットーリの好騎乗もあった。

2分23秒の馬場。
キングカメハメハ、ディープインパクト、ドゥラメンテらがダービーで出したタイムのようなレース。
これを、先行して押し切る力がないと、世界は取れぬ。
あのマカヒキの位置で折り合い、そして、抜け出してくる力が、必要なのだ。

凱旋門賞大敗から巻き返した馬はいない。
だが、女傑Foundは、昨年の不利、そして、北米でも勝ってきた軽い馬場得意という有利を味方にプラスに転じ、圧倒して見せた。
むろん、位置取り他を完璧にこなし、この馬場をうまく使ったムーアの騎乗は素晴らしいものだ。

凱旋門賞ウィークエンド2日目 ポストポンドの右周りはどうなのか?2016凱旋門賞

2016年 凱旋門賞 予想

PRIX DE L´ARC DE TRIOMPHE G1 3歳以上 2400m シャンティイ競馬場  15h55

 (凱旋門賞2016)2400m  重要ステップレース一覧

G1 サンクルー大賞
G1 愛ダービー
G1 愛オークス
G1 キングジョージ
G1 英国際ステークス
G1 英・ヨークシャーオークス
G2 ドーヴィル大賞
G3 キルターナンS
G3 セプテンバーステークス
G1 愛チャンピオンS
G1 バーデン大賞
G1 英セントレジャー
G1 ヴェルメイユ賞
G3 グラディアトゥール賞
G2 ニエル賞
G2 フォワ賞
G3 プランス・ドランジュ賞

展開向いたFoundは、愛チャンピオンS2着。
これは、勝ったアルマンゾールにも、3着マインディングにも言えること。
悪くない競馬をしたのは、New Bayということになる。

べらぼうに速い展開にはならないと思われる凱旋門賞。
New BayPostponedは前へつけられるため、有利に運びそうだ。
New Bayは、昨年の3着馬で、近親には2400での活躍馬もいるため、距離不安は少なかろう。

一方、右では、僅差のキングジョージと、僅差のニエル賞しか実績のないPostponed
強い馬ではあるが、化け物のような強さを発揮できるのかどうか?の不安はある。

昨年も、後方のFoundより後ろを追走し、伸びたSilverwaveは、今年スミヨンに替わって前進可能。
Savoir VivreもSiljan's Sagaや、凱旋門賞でもジャパンカップでもそこそこやったイラプトをも破っており、穴馬ステップの一つドーヴィル大賞勝馬でもあり、怖い存在になった。

土曜も、シャンティイでは、有力3歳馬がバタバタと敗れた。

Harzandは、巻き返しいうより、あれで決着したとも言えなくはない。
Left Handも見た目強い競馬は続くが、戦った相手は相当強い牝馬というわけではなく、過大評価は禁物。

とは言え、勝ち負けできるのは、New BayPostponedの古馬トップ。
古馬相手に好走してきた3歳Savoir Vivre
未知の魅力マカヒキといったところだ。

Silverwaveや、昨年SilverwaveFoundに凱旋門賞で先着しているSiljan's SagaFoundHighland Reelあたりは、掲示板候補といったところだろう。

本01  New Bay GB
対02  Postponed IRE
--03  Migwar (IRE)
--04  One Foot In Heaven (IRE)
--05  The Grey Gatsby (IRE)
--06  Silverwave
注07  Highland Reel IRE
--08  Order Of St George IRE
注09  Siljan's Saga
注10  Found IRE
--11  Harzand IRE
--12  Vedevani
--13  Talismanic GB
穴14  Makahiki JPN
単15  Savoir Vivre IRE
--16  Left Hand (GB)

凱旋門賞2016ウィークエンド初日 Dictonが行く!2016ダニエル・ウィルデンシュタイン賞

2016年 ダニエル・ウィルデンシュタイン賞 予想

Prix Daniel Wildenstein G2 3歳以上 1600m シャンティイ競馬場  17h12

(ダニエル・ウィルデンシュタイン賞)1600m 重要ステップレース一覧

G3 カンセイ賞
G3 独エッティンゲンレネン
G3 パン賞
G3 北部鉄道賞

今年は少頭数。
前哨戦といわれるレースにでているのは、Sasparellaのみ。
今年の3歳は古馬に対して厳しいが、ここは、相手的にも、Dictonでいいか。
相手は、TaareefMoonlight Magicといった、一線級と戦った馬。

--01  Wireless(ドーヴィル大ハンデ1着)
--02  Hello My Love(ドーヴィル大ハンデ2着)
対03  Taareef USA(プールデッセ7着)
単04  Moonlight Magic GB(愛チャンピオン6着)
本05  Dicton (GB)(プールデッセ3着)
--06  Zayva(コシェール賞1着)
--07  Sasparella(パン賞5着)

凱旋門賞2016ウィークエンド初日 今年は土曜で100m延長4100m!2016キャドラン賞

2016年 キャドラン賞 予想

Prix du Cadran G1 4歳以上 4100m シャンティイ競馬場  16h25

(キャドラン賞)4100m 重要ステップレース一覧

G2 モーリス・ド・ニュイユ賞
G2 英・ロンズデールカップ
G2 ケルゴルレイ賞
G2 ドーヴィル大賞
G2 英・ドンカスターカップ
G1 愛セントレジャー
G3 グラディアトゥール賞

今年、土曜開催。
そして、4000から4100へ100伸びる。
この100が、さらなるスタミナを奪うことになるか?

なにしろ、4000こえたらこの馬というMille et Milleがいる。
長いところが得意なのは、Kicky Blueも同じ。

4350mの英国でのレースで連帯果たしたCayirli。

アスコットゴールドカップでは、Mille et Milleの次入線し、Kicky Blueに先着したBurmese
これに、ドンカスターカップで先着したQuest For More

この辺りまでは、超長距離の猛者だ。

これに、前哨戦グラディアトゥール賞勝利のVazirabad
これとわずかまで粘ったNahual
ちなみに、このレースで最下位に沈んだのが、Mille et Milleである。

他、ケルゴルレイ賞勝ち馬のNearly Caught

これらが、距離克服できるか?がカギ。

穴01  Vazirabad
--02  Trip To Rhodos
--03  Fly With Me
--04  Nahual
--05  Amour de Nuit IRE
--06  Autor (IRE)(伊セントレジャー勝馬)
対07  Burmese GB
本08  Mille et Mille (GB)
単09  Quest For More IRE
--10  Nearly Caught IRE(ケルゴルレイ賞勝馬)
--11  Cayirli
注12  Kicky Blue (GER)

凱旋門賞2016ウィークエンド初日 ザラックは中距離選択!3強様相2016

2016年 ドラール賞 予想

Prix Dollar G2 3歳以上 2000m シャンティイ競馬場  15h50

(ドラール賞)2000m 重要ステップレース一覧

G1 アーリントンミリオン
G3 ゴントー・ビロン賞
G3 ローズオブランカシャーS
G2 ギョーム・ドルナノ賞
G3 貯蓄銀行賞
G3 ウィンターヒルS
G2 ドーヴィル大賞
LR ブローニュ賞
G2 ボスポラスカップ
G3 セレクトS
G2 ニエル賞
G3 プランス・ドランジュ賞
G3 メゾンラフィットカップ

ニューベイには敗れたが、王道を通ったArthenus
これに、中距離良績のあるZarakが立ちはだかる。
2着争いなら、ウジェーヌアダン賞を勝っているHeshemの巻き返しもあろう。
Free Port Luxは、シャンティイ苦手で、ここはなしか?
上位3頭が、実績が抜けている感じである。

対01  Arthenus GB (ゴントー・ビロン賞2着、ブローニュ賞1着)
単02  Heshem IRE (ウジェーヌ・アダン賞1着、ギョーム・ドルナノ賞7着)
--03  Potemkin GER
--04  Meandre (バーデン大賞4着)
--05  Yorker SAF
--06  Free Port Lux (GB) (ラ・クープ7着)
本07  Zarak (ギョーム・ドルナノ賞2着)
--08  Flanders Flame GB (マドリッド大賞3着)
--09  Alignement (GB) (ペレアス賞1着)

2016ポワン・デュ・ジュール賞

2016年 ポワン・デュ・ジュール賞 結果

Prix du Point du Jour LR 3歳以上 1650m クラン競馬場

勝ったのは、リステッド2着実績もあったFourioso
2歳時には、ラクレッソニエールの2着という実績もある。

ストームバード系FOOTSTEPSINTHESAND産駒。母父キングマンボ系キングズベスト。

人気の重賞4着馬の3歳馬Hurricaneは7着だが、このレースは横並び。

01着  04  Fourioso  P.-C. Boudot  1'44''19
02着  06  Grand Vintage  3/4馬身  
03着  02  Bonusdargent  半馬身  
04着  01  Baz  TETE  
05着  03  Zeppelin    3/4馬身  
06着  05  Chika Dream  3/4馬身  
07着  08  Hurricane  3/4馬身  
08着  09  Spring Leaf  3/4馬身  
09着  07  Leader Writer  3/4馬身  

バンザリがブービー人気で制覇!2016メゾンラフィットカップ

2016年 メゾンラフィットカップ 結果

La Coupe de Maisons-Laffitte G3 3歳以上 2000m直線 メゾンラフィット競馬場

このレースは常同様、2000m直線で行われた。

凱旋門賞への裏街道にもなっているし、中距離戦線の古馬裏街道にもなっている。
ブービー人気のBanzariが、外ラチ沿いを伸びて快勝。
安定した成績も勝ちきれないNow We Canは1番人気も4着まで。
良血Ame Bleueねばって2着。

Banzariは、前走リステッド勝ち。
徐々にクラスをあげ、ここで重賞奪取。

Banzariは、サドラーズウェルズ系モチヴェータ産駒。母父ダンジグ系ケープクロス。
伯父ADAGIOはG3クレーヴンステークス勝ち馬。

01着  05  Banzari  Alex. Badel  2'09''58
02着  04  Ame Bleue  1.5馬身  
03着  06  Floodlight  半馬身  
04着  01  Now We Can  ENC  
05着  02  Incantator  CENC  
06着  03  Sussudio  2馬身  

ヴァジラバッド辛勝!2016グラディアトゥール賞

2016年 グラディアトゥール賞 結果

Prix Gladiateur G3 4歳以上 3000m シャンティイ競馬場

逃げたNahualは、手応え抜群で直線へ。
後方から追い上げるVazirabadとのたたき合いになるが、これは、Vazirabadが何とか制して優勝。

最後方のまま終わったMille Et Milleは、昨年も、このレース8着で、本番勝ち。
4000の鬼は、まだまだ侮れず。

Vazirabadは、昨年のショードネー賞馬で、ロワイヤルオーク賞馬。
いわば、菊花賞馬である。
今後、4000のキャドラン賞へ挑戦するのかどうか?見ものですね。

Vazirabadは、ブランドフォード系マンデューロ産駒。
母父リファール系リナミクス。
姉VISORIYNAは、G3で3着2度。
母VISORAMAはG3フロール賞勝馬。G1サンクルー大賞3着。

01着  01  Vazirabad  C. Soumillon  3'17''96
02着  04  Nahual  CENC  
03着  05  Settler's Son  3.5馬身  
04着  06  Kicky Blue  半馬身  
05着  03  Walzertakt  TETE  
06着  02  Mille Et Mille  4馬身  
TEMPS
仏独西伊白瑞典
英愛
Twitter
Le nombre de visiteurs
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profil

turfabeille

Archives
記事検索
Classment
にほんブログ村 競馬ブログ 海外競馬へ



人気ブログランキングへ
海外競馬へ行こう
フランスでインターネット接続
凱旋門賞前日ネットチェック
france

こちらでも調べてみよう


旅の準備、PCもこちらで
Commentaires
カテゴリ別
節電
  • ライブドアブログ