凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞へ向け、フランス競馬を中心にした話題、フランスダービー、フランスオークス、パリ大障害、アメリカ賞他

フランス競馬平地:2017

平地オールウェザー リュティエ賞2017

16  土  ドーヴィル  平地  LR-PRIX LUTHIER リュティエ賞 1500mPSF

Mr. Owen直線先頭で入り、そのまま悠々と押し切った。
昨年はリファール賞、今年は、リュティエ賞とドーヴィルのオールウェザーを2年連続勝っている。
2着には、前走重賞で大敗したが、それまで、5連続連帯中だったCity Light

Mr. Owenは、ダンジグ系INVINCIBLE SPIRIT産駒。母父ヌレイエフ系シアトリカル。
母は、ヴェルメイユ賞、EPテイラーSを勝ったミセスリンゼイ。
母からも、早い馬場が得意な感じが見えますね。

01着  10  Mr. Owen  C. Soumillon  1'26''09
02着  06  City Light  1.75馬身  
03着  05  Early Morning  3/4馬身  
04着  09  Lucky Team  短頭  
05着  01  Nice To See You  首  
06着  08  Speculative Bid  頭  
07着  07  King Malpic  1.25馬身  
08着  02  Snaad  短頭  
09着  11  Zalamea  短頭  
10着  12  Ross  1馬身  
11着  04  Art Collection  短頭  
12着  03  Miracle des Aigles  3/4馬身  

デフィデュギャロ2017最終第16戦 マックスシカール賞2017

12/10  日  トゥールーズ  
LR-PRIX MAX SICARD - 16EME ETAPE DU DEFI DU GALOP マックスシカール賞 2400m

グラディアトゥール賞2着、ロワイヤルオーク賞3着と、続けて2走ヴァジラヴァッドの次に入線したHoldthasigreen圧倒的人気。
そのスタミナにものを言わせ、各馬が外の馬場のいいところを通る間に、悪い内をスイスイと行き、圧勝。
斤量も重いとはいえ、ここで走っている馬ではないのかもしれませんね。

Holdthasigreenは、ストームバード系HOLD THAT TIGER産駒。母父ネイティヴダンサー系MUHTATHIR。

デフィデュギャロは、SMART WHIPが4勝してシリーズチャンピオン獲得。
グレイトジャーニー産駒のSOLEIL D’OCTOBREは2勝でランキング3位でした。

01着  01  Holdthasigreen  T. Piccone  2'35''90
02着  05  Ison  6.5馬身  
03着  07  Vilaro  1.5馬身  
04着  10  Agathonia  3/4馬身  
05着  03  Master Dan  1馬身  
06着  04  Spirit's Revench  1.25馬身  
07着  06  Haya Kan  4.5馬身  
08着  08  Gaining  2.5馬身  
09着  09  Westadora  11馬身  

牝馬重賞フィーユ・ド・レール賞2017と牝馬リステッド戦

11  土  TOULOUSE
G3-PRIX FILLE DE L'AIR フィーユ・ド・レール賞 3歳以上牝馬 2100m トゥールーズ競馬場

馬群から敢然と抜け出したSon Macia
ラチ沿いを粘るSon Maciaの背後から伸び、ぎりぎり差し切ったHaggle

ヌレイエフ系ピヴォタル産駒。母父ネヴァーベンド系デイラミ。

今年はコリーダ賞3着、ジャンロマネ賞7着、メゾンラフィットカップ3着と重賞戦線で活躍。
遂にタイトル奪取。

01着  03  Haggle  P.-C. Boudot  2'11''38
02着  05  Son Macia  1馬身  
03着  01  Via Firenze  3/4馬身  
04着  04  Rosental  1.5馬身  
05着  09  Louversey  ハナ  
06着  06  Hebah  1.5馬身  
07着  07  Layali  首  
08着  08  Style Icon  短首  
09着  02  Astral Merit  15馬身  




28  火  DEAUVILLE  
LR-PRIX PETITE ETOILE プティッテトワール賞 3歳牝馬 1900mSF ドーヴィル競馬場

4,5番手の内から、Indian Blessingがスーッと伸びて快勝。
リステッド4着がある程度の成績。
どうやら、オールウェザーコースの方が合うようで、これでAW4戦して2勝ということになる。

ミスタープロスペクター系セポイ産駒。母父ネイティヴダンサー系ホーリング。
姉Gladeはナント大賞3着。

01着  15  Indian Blessing  G. Benoist  1'55''27
02着  10  Vintage Folly  2馬身  
03着  13  Garance  頭  
04着  08  Louversey  3/4馬身  
05着  04  Illaunmore  短頭  
06着  01  Ashtaneh  1.25馬身  
07着  07  Chabelita  1馬身  
08着  03  Ouja  3/4馬身  
09着  05  Niedziela  3/4馬身  
10着  14  Turf Laurel  1.25馬身  
11着  06  Waltz Key  3/4馬身  
12着  16  Diablesse  首  
13着  11  Speed As  短頭  
14着  02  Gracious Diana  1.75馬身  
15着  12  Front Contender  2.5馬身  
16着  09  White Rosa  10馬身  

仏2017秋冬2歳リステッド戦線

11  土  TOULOUSE  
LR-CRITERIUM DU LANGUEDOC - PRIX BERNARD DE MARMIESSE ラングドッグ選抜 2歳 1600m トゥールーズ競馬場

Latitaが、直線ジリジリとこうぞくを突き放し優勝。
3連勝無敗。

Latitaは、グレイソヴリン系SILVER FROST産駒。母父マンノウォー系クリケットボール。
クリケットボールは、スプリントカップ2着。
G2時代のモーリス・ド・ゲスト賞勝利。
快速馬である。

01着  08  Latita  T. Piccone  1'39''28
02着  02  Yayajonh  2.5馬身  
03着  01  Fly d'Aspe  3/4馬身  
04着  04  Paducah  1.25馬身  
05着  06  Marie de Medicis  ハナ  
06着  03  Eldena  ハナ  
07着  05  Ategorrieta  7.5馬身  






13  月  CHANTILLY  
LR-PRIX YACOWLEF ヤコーレフ賞 2歳 1100m シャンティイ競馬場

前走、クリテリウム・ドゥ・ヴィテッス1000mで連帯していたAbsolute Cityが、今回は勝利をつかんだ。
ミスタープロスペクター系ELUSIVE CITY産駒。母父ダンジグ系WESTERNER。

01着  11  Absolute City  N. Perret  1'06''60
02着  01  Fastidious  1.25馬身  
03着  03  The Broghie Man  1.5馬身  
04着  08  Arecibo  1馬身  
05着  02  Drummore  1馬身  
06着  05  Blue Tango  頭  
07着  06  Moses  1.5馬身  
08着  04  Rioticism  3/4馬身  
09着  07  Zinia Dei Grif  7馬身  
10着  10  Silver Stripes  6馬身  




21  火  CHANTILLY  
LR-PRIX HEROD ヘロド賞 2歳 1400m シャンティイ競馬場

これは、また強烈でした。
Wind Chimesは、後方から、大外を他の馬とは次元の違う脚で一気に差し切り突き抜けました。
タイムはたいして早くないので、前有利な流れだとは思いますが、差し切っちゃいましたからね。
2戦2勝。ファーヴル厩舎。

Wind Chimesは、ダンジグ系マスタークラフツマン産駒。母父ストームバード系ヨハネスブルグ。
姉GOLDEN FASTNETは、リステッド3着。

01着  08  Wind Chimes  P.-C. Boudot  1'29''78
02着  02  Louis d'Or  3.5馬身  
03着  10  Omaha Beach  3.5馬身  
04着  06  Beau Massagot  頭  
05着  07  Palya  3/4馬身  
06着  01  Salt Lake City  短首  
07着  05  Forza Capitano  2.5馬身  
08着  04  Arrogant  7馬身  
09着  03  Dusky Dance  2.5馬身  
10着  09  Fou Rire  ハナ  
11着  11  Shrewd Approach  1.5馬身  

2017秋冬古馬長距離リステッド戦線

10  金  SAINT-CLOUD  
LR-PRIX DENISY ドゥニジー賞 3歳以上 3100m サンクルー競馬場

長距離戦であるから、リステッドと言えど、重賞クラスもやってくる。
ここは2番人気のAgainst Rulesが、馬場中央から突き抜け優勝。
3着1着を3度繰り返し、前走は3着、今回は1着となった。
クラスBながら、ハンデ頭で勝ってきた。

Against Rulesは、ダンジグ系AUSSIE RULES産駒。
AUSSIE RULESは、プールデッセ勝馬。
母父ストームバード系ヨハネスブルグ。
先日タンティエム賞を勝ったNice To See Youが一つ下の弟である。

01着  08  Against Rules  T. Bachelot  3'31''60
02着  12  Morgan le Faye  1.75馬身  
03着  01  Nabunga  3馬身  
04着  03  Nardo  首  
05着  09  Adler  半馬身  
06着  07  St Mary's  首  
07着  11  Arizona Air  2馬身  
08着  10  Hukamaa  7馬身  
09着  05  Bonfire Heart  1.25馬身  
10着  14  Mistress Quickly  15馬身  
11着  04  Shadow Sadness  4馬身  
12着  06  High Jinx  2馬身  
13着  13  Chiavari  8馬身  





17  金  SAINT-CLOUD  
LR-PRIX BELLE DE NUIT - FONDS EUROPEEN DE L'ELEVAGE ベルドゥニュイ賞 3歳以上 2500m サンクルー競馬場

後方から行った1番人気Bebe d'Amourが、直前にいる2番人気Zoukをわずかに差し切った。

Bebe d'Amourは、サドラーズウェルズ系モンマルトル産駒。
母父ロベルト系LOUP SOLITAIRE。
全姉は、G1ディアヌ賞連帯を果たしたAMOUR A PAPA。

ロワイヨーモン賞2着、ロワイヤリュー賞4着、フロール賞4着。
勝ち味が遅いところは姉同様。
だが、血統的にも、長い方がよさそうだ。

01着  04  Bebe d'Amour  S. Pasquier  2'55''10
02着  06  Zouk  短首  
03着  08  Agathonia  1.5馬身  
04着  12  Gambia Bird  1.75馬身  
05着  02  Mahati  3/4馬身  
06着  10  Not After Hours  2.5馬身  
07着  01  Roche Rose  3馬身  
08着  09  Mam'selle  6馬身  
09着  05  Lawless Secret  2馬身  
10着  07  Vienna Woods  首  
11着  11  Precious Ramotswe  8馬身  
12着  03  Pacharana  短首  




18  土  LYON-PARILLY  
LR-PRIX DU GRAND CAMP グランカン賞 3歳以上 2400m リヨンパリイ競馬場

人気はずいぶんと割れました。
その中の一角Mint Julepが優勝。
ナントのナント大賞3着からの転戦。
初のリステッド戴冠。

ダンジグ系マスタークラフツマン産駒。母父ボールドルーラー系マインシャフト。
伯父WILKOは、BCジュヴェナイル勝。ドバイワールドカップ2着。

01着  09  Mint Julep  Mlle D. Santiago  2'39''81
02着  08  Cosmica Sidera  6馬身  
03着  07  Westadora  短頭  
04着  06  Do Re Mi Fa Sol  短首  
05着  01  Wind of Change  3/4馬身  
06着  04  Thank You Bye Bye  3/4馬身  
07着  05  Happy Approach  1.25馬身  
08着  03  Royal Dolois  7.5馬身  
09着  02  Ison  30馬身  

秋2017平地中距離戦線

10/10  火  ボルドー
3歳以上 G3-PRIX ANDRE BABOIN - GRAND PRIX DES PROVINCES アンドレ・バボワン賞 1900m

前々走は重賞3着の実績のZafiroが優勝。
人気はない方であったが、その相手は、アルマンゾールにガルリンガリと強烈であった。

前走は敗れたが、今回はイケム騎手乗り替わりも勝負気配だったろう。

Zafiroは、ストームバード系セージバーグ産駒。母父リファール系アールフランセ。
アールフランセは、プールデッセで、ファストトパーズとハイエストオナーに次ぐ3着。名物マイルのミュゲ賞馬である。

01着  03  Zafiro  J.-B. Eyquem  2'04''79
02着  02  Morando  1馬身  
03着  04  Miracle des Aigles  3馬身  
04着  05  Heaven on Earth  頭
05着  01  Qurbaan  2.5馬身  





11/29  水  ドーヴィル  
3歳以上  LR-PRIX LYPHARD リファール賞 1900mSF

横一線から伸びたAstral Merit勝利。

Astral Meritは、サドラーズウェルズ系APSIS産駒。

APSISは、G3を2勝しているマイラー。
母てぃちネイティヴダンサー系SIGNE DIVIN。
SIGNE DIVINは、2歳G2メゾンラフィット選抜とG3ダフニ賞を勝っているマイラー。

人気薄ですが、オールウェザーでは、12戦して5勝7連帯。
得意としてますね。

01着  14  Astral Merit  S. Pasquier  1'54''75
02着  09  Syrita  短首  
03着  05  Replenish  半馬身  
04着  06  Caravagio  頭  
05着  04  Time Shanakill  2.5馬身  
06着  03  Subway Dancer  短首  
07着  02  Abareeq  3/4馬身  
08着  10  Utmost  頭  
09着  16  Skiperia  短首  
10着  08  Sinfonietta  3/4馬身  
11着  13  Jasmiralda  ハナ  
12着  12  Promise of Peace  短首  
13着  01  Royal Julius  3.5馬身  
14着  15  Silver Look  5馬身  
15着  07  Licinius  3/4馬身  
16着  11  Prost  短首  

フランス平地リステッドマイル戦線2017秋

10/15  日  シャンティイ  平地 
LR-PRIX DU RANELAGH ラヌラグ賞 3歳以上 1600m

先行して、直線に入ると、Stormy Antarctic抜け出して快勝。
さしてきた2番人気Blessed Silence2着。

Stormy Antarcticは、愛ミンストレルS3着、その後レノックスSでは最下位敗戦。
今回はリステッドで圧勝だった。

ただ、この後、英国に戻り、リステッドで再び敗戦。

Stormy Antarcticは、ストームバード系STORMY ATLANTIC産駒。母父サドラーズウェルズ系ドワイエン。
姉は仏メゾンラフィットのロベールパパン賞で2着、クイーンメリーSでも2着。

フランスの馬場は合っているのかもしれませんね。

01着  01  Stormy Antarctic  C. Soumillon  1'36''39
02着  06  Blessed Silence  4馬身  
03着  08  Skalleto  2馬身  
04着  04  Instant de Reve  短首
05着  03  Grand Vintage  半馬身  
06着  02  Lbretha  6馬身  
07着  05  Flemish Duchesse  短首
08着  07  Intendantin  5.5馬身  




11/7  火  サン・クルー  3歳以上 LR-PRIX ISOLA BELLA - FONDS EUROPEEN DE L'ELEVAGE イゾラ・ベッラ賞 1600m 

Havre de Paixの大逃げ。
これを直線追った1番人気のDallas Affairと3番人気のMaimara
人気馬をわずかに抑えて人気薄Havre de Paixの逃げきり。
アムラン騎手の好騎乗という結果となった。

Dallas Affairは、リステッド勝の重賞3着馬。
MaimaraはG3勝利経験もある。

Havre de Paixは、前走英リステッド大敗。
17戦してメイドンだけ勝ったことのある馬だった。

Havre de Paixは、父レッドゴッド系ルアーヴル。母父ダンジグ系アナバー。
いとこにデンマークダービー馬のDAVICIIがいる。

01着  05  Havre de Paix  A. Hamelin  1'44''05
02着  10  Dallas Affair  首  
03着  03  Maimara  頭  
04着  06  La Poutanesca  5馬身  
05着  09  Limited Edition  首  
06着  08  Speed As  4.5馬身  
07着  07  Bijin  1.25馬身  
08着  02  Flemish Duchesse  3.5馬身  
09着  01  Game Theory  短首  
10着  04  Perfectly Fair  20馬身  





11/24  金  サン・クルー  LR-PRIX TANTIEME タンティエム賞 3歳以上 1600m 

直線大外ラチ沿いに行ったNice To See You
先行する実績馬を内に見ながらごぼう抜き。
不良馬場で、外ラチ沿いのルート選択が吉とでたか?

前出ラヌラグ賞でも連帯したBlessed Silenceが1番人気。
重賞で活躍してきたDictonらを同斤で圧倒したのだから、展開、コース取り、馬場に恵まれたとはいえ、評価しよう。

Nice To See Youは、ヌレイエフ系シユーニ産駒。母父ストームバード系寄華スブルグ。

01着  06  Nice To See You    G. Benoist  1'51''89
02着  13  Dolianova  2.5馬身  
03着  05  Dhevanafushi  1.25馬身  
04着  02  Miracle des Aigles  1馬身  
05着  12  Blessed Silence  3/4馬身  
06着  04  Dicton    TETE  
07着  09  Discursus  3/4馬身  
08着  01  Maximum Aurelius  短首
09着  11  Equilady    2.5馬身  
10着  03  Not A Bad Oul Day  3/4馬身  
11着  10  Normandy Spirit  2.5馬身  
12着  08  King Platin  3/4馬身  
13着  07  Jasnin  3.5馬身  

2017仏晩秋2歳戦線

26  木  メゾンラフィット LR-PRIX ZEDDAAN ゼダーン賞 2歳 1200m

Coeur de Beauteは、直線半ばで抜け出すと、後続突き放して快勝。
ハットトリックの仔ダビルシム産駒。
先日のエクリプス賞では3着でしたが、今回はリステッドで勝利。

Coeur de Beauteは、母父ダンジグ系ロックオブジブラルタル。
5戦4連帯2勝。

01着  08  Coeur de Beaute  C. Soumillon  1'12''74
02着  03  Rioticism  2馬身  
03着  07  Marvellous Night  2.5馬身  
04着  06  Moons of Jupiter  首  
05着  05  True Romance  ハナ  
06着  02  Mister Five Euros  1.5馬身  
07着  04  Corantin  2馬身  
08着  01  Salt Lake City  8馬身  




28  土  ナント  LR-PRIX DES SABLONNETS サブロネット賞 2歳 1600m

前走、シャンティイのクラス1で2着していたLilac Fairyが1番人気に応えて優勝。
初勝利がリステッド勝。

01着  08  Lilac Fairy  P.-C. Boudot  1'40''15
02着  06  Mon Amie Chop  半馬身  
03着  07  Shenoya  ハナ  
04着  03  Uther Pendragon  5.5馬身  
05着  09  Seven Treffles  1.25馬身  
06着  05  Hello Princess  3/4馬身  
07着  02  Los Altos  5馬身  
08着  01  The Lamplighter  17馬身  
09着  04  Bermonville  3馬身  




1  水  メゾンラフィット G3-PRIX MIESQUE ミエスク賞 2歳牝馬 1400m

ラチ沿い。
行く場所がなく、探して探して間を割ったSweety Dreamが勝利。
前走は大敗だったが、前々走は、有力馬集うカスカード賞を勝っている馬。
前走は、上のサブロネット賞を勝っているLilac Fairyらからは、だいぶん離されたのだが、今回重賞をきっちりとった。

前走は、一失とみるべきということと、サブロネット賞のレベルも軽視すべきんではなさそうだ。

Sweety Dreamは、マンノウォー系ドリームアヘッド産駒。母父ダンジグ系エクシードアンドエクセル。
母エクセレントガールは、ペネロープ賞G3を3着。

01着  05  Sweety Dream  G. Benoist  1'25''89
02着  06  Seaella  CENC  
03着  02  Moisson Precoce  1.25馬身  
04着  07  Spaday  1.25馬身  
05着  01  Stella Di Camelot  3/4馬身  
06着  04  Massina  CTETE  
07着  03  Bonita Fransisca  2馬身  




11/12  日  マルセイユ・ボレリ  2歳 LR-PRIX DELAHANTE デュランテ賞 2000m

前走、ここマルセイユボレリで走っていた3頭のワンツースリー。
ただし、前回軽かったDark Sideは1着から3着に沈み、3着だったKing Bubbleが優勝。
King Bubbleは、グレイソヴリン系KENDARGENT産駒。母父サンデーサイレンス系LAYMAN。

01着  05  King Bubble  N. Perret  2'03''62
02着  01  Olympico  1馬身  
03着  04  Dark Side  1馬身  
04着  08  Chipolata  ハナ  
05着  02  Gyllen  首  
06着  06  Spirit Louve  首  
07着  09  Maiden Voyage  5馬身  
08着  03  Korevsky  8馬身  
09着  07  Plavaline  2.5馬身  

仏3歳牝馬勝ち抜けリステッド戦

10/13  金  メゾンラフィット 3歳牝馬 LR-PRIX DE SAINT-CYR サンシール賞 1400m

横一線でよーいドン!
抜け出してきた3頭の並びから、さらに前へ行った2番人気Miss Julia Star優勝。
Miss Julia Starは、キズナの兄、サンデーブレーク産駒のネヴァーオンサンデー産駒。ミスタープロスペクター系である。
母父グレイソヴリン系BLACKDOUN。

01着  03  Miss Julia Star  A. Hamelin  1'23''86
02着  09  Weekfair  半馬身  
03着  10  Guerriere  頭
04着  07  Rueing  1馬身  
05着  06  Thrust Home  ハナ
06着  11  Toulifaut  2馬身  
07着  05  Jazz Melodie  首
08着  04  Ettisaal  首
09着  01  Celebrity  頭
10着  08  La Poutanesca  4馬身  
A  02  Charm Appeal  -  





11/7  火  サン・クルー  3歳牝馬  LR-PRIX SOLITUDE ソリテュード賞 2000m

先に抜け出したFlood Warningを競り落とした2番人気のGainingが優勝。
メゾンラフィットのシャルルラフィット賞では、3着だった。
まだ6戦であるので、来年もあるだろう。

Gainingは、ネイティヴダンサー系アメリカンポスト産駒。
母父ダンジグ系DANSILI。

01着  01  Gaining  M. Guyon  2'14''56
02着  02  Flood Warning  1.25馬身  
03着  03  Segra  3.5馬身  
04着  09  Panthelia  首  
05着  05  Baltic Duchess  頭  
06着  08  Ma Cherie  3/4馬身  
07着  07  Saxon Rose  頭  
08着  06  Miss Germany  7馬身  
09着  04  Astronomy's Choice  6馬身  






11/16  木  フォンテーヌブロー  3歳牝馬  LR-PRIX CERES セレール賞  1400m

サンシール賞のメンバー2着以下の再戦。
大混戦の登り坂から抜け出したLida優勝。

Lidaは、前走2勝目を挙げた上がり馬。
まだ7戦目。
この馬も、来年以降に活躍を期待される3歳馬。

ストームバード系LOPE DE VEGA産駒。母父ミスタープロスペクター系ネイエフ。

01着  01  Lida  G. Benoist  1'28''60
02着  12  Guerriere  1.25馬身  
03着  05  Thrust Home  ハナ  
04着  13  Sanjita  頭  
05着  10  Weekfair  1.25馬身  
06着  08  Spanish Fly  2.5馬身  
07着  11  Turf Laurel  半馬身  
08着  07  Rueing  3/4馬身  
09着  06  Sunday Sister  1.75馬身  
10着  09  Scapina  首  
11着  04  Thanx For Nothing  2馬身  
12着  03  Imperial Tango  3/4馬身  
13着  02  Fazendera  3馬身  

グレイトジャーニー産駒3歳ソレイユドクトーブル連勝 スマートウィップも連勝

10/28  土  NANTES  ナント
LR-GRAND PRIX DE NANTES (14EME ETAPE DU DEFI DU GALOP) 2400m

これで4連勝。
7連続連帯でナント大賞を制したSmart Whip
Smart Whipは、ダンジグ系ディラントーマス産駒。母父レッドゴッド系LORD OF MEN。
クラン戦からシリーズ連勝。

01着  01  Smart Whip  E. Hardouin  2'37''23
02着  08  Royalickly  1/4馬身  
03着  07  Mint Julep  3/4馬身  
04着  03  Racing Bay  2馬身  
05着  10  Teofonic  CENC  
06着  04  Black Night  5.5馬身  
07着  05  Satanicjim??  2馬身  
08着  06  Astral Merit  3馬身  
09着  02  Baz??  1馬身  
10着  09  Luire  3/4馬身  





11/12  日  マルセイユ・ボレリ  3歳以上  2000m  LR-GRAND PRIX DE MARSEILLE-15EME ETAPE DEFI DU GALOP マルセイユ大賞

Soleil d'Octobre、僅差ではありますが、直線大外に持ち出して、後方からの差し切り。
ジワジワの内の馬より前へ出て、押し切った。

戦ったShutterbugは重賞で掲示板、Subway Dancerはドラール賞で僅差の2着馬ですから、相手もなかなかの馬。
まだSoleil d'Octobreは3歳ですからね、楽しみです。

01着  05  Soleil d'Octobre  F. Blondel  2'01''11
02着  02  Shutterbug  3/4馬身  
03着  01  Subway Dancer  TETE  
04着  07  Vilaro  1馬身  
05着  04  Pump Pump Palace  2.5馬身  
06着  09  Merikha  6馬身  
07着  08  Glade  2.5馬身  
08着  03  Miracle des Aigles  10馬身  
09着  06  Rubens  2.5馬身  

フランス3歳勝ち抜けリステッド戦線

10/7  土  シャンティイ
3歳 LR-PRIX LE FABULEUX ルファビュルー賞 1800m

逃げた同僚D'baiを交わすと、追いすがる後続を振り切ってGlen Shiel優勝。
人気のない方のゴドルフィンが優勝し、ファーブル厩舎は、ここワンツー。

Glen Shielは、リステッドで、好走もしているが勝ちきれずが続いていた。
ヌレイエフ系ピヴォタル産駒。母父ボールドルーラー系ビッグシャッフル。
母は、英G3勝ちのGONFILIA。
叔母は、ドイツ賞、オイロパ賞を勝ったG1馬GONBARDA。
伯父GONLARGOも独G3を勝ち、G2連帯も果たしている。
ドイツ血統にファーブル軍団というよくある組み合わせ。

01着  04  Glen Shiel  M. Guyon  1'51''39
02着  02  Liwanu  頭
03着  01  Cape Byron  1.25馬身  
04着  05  Heuristique  首
05着  03  D'bai  2.5馬身  
06着  06  Tikitiki  6馬身  




10/31  火  CHANTILLY  シャンティイ

3歳 LR-GRAND PRIX DU NORD  北大賞 2000m

前走ルファビュルー賞で2着だったLiwanuが圧倒的1番人気。
しかし、前走同じくリステッドのシャルルラフィット賞で2着したGipoiaが、早めに2番手から先頭で、追いかけるLiwanuDiablesseを振り切った。

Gipoiaは、ミスタープロスペクター系MEDICEAN産駒。母父サドラーズウェルズ系ガリレオ。
祖母は、ファルマスSなどを勝ったG1馬SIMPLY PERFECT。

01着  05  Gipoia  G. Benoist  2'08''63
02着  07  Diablesse  1.25馬身  
03着  02  Liwanu  短頭
04着  01  Parviz  1馬身  
05着  06  Satine  1.75馬身  
06着  04  Niedziela  半馬身  
07着  03  Cap Verite  8馬身  

フランス・メゾンラフィット短距離戦線

10/2  月  メゾンラフィット
3歳以上 LR-PRIX DE BONNEVAL ボンヌヴァル賞 1100m

横一線の争いながら、1着2着は内外少し離れてのゴール。
重賞で3着実績のSpiritfixが、重賞2着実績の1番人気Gold Vibeを抑え込んだ。

Spiritfixは、ダンジグ系INVINCIBLE SPIRIT産駒。母父ネイティヴダンサー系BERING。
兄SOFASTは、ジャンリュックラガルデール賞で、ハットトリック産駒のダビルシムの2着。他、マイル戦線で活躍。

01着  14  Spiritfix  M. Guyon  1'03''69
02着  05  Gold Vibe  頭
03着  04  Moon Trouble  短首
04着  12  Immediate  頭
05着  08  Al Johrah  短首
06着  10  Clem Fandango  短首
07着  06  Stunning Spirit  3.5馬身  
08着  03  Rayon Vert  短首
09着  13  High Quality  2馬身  
10着  09  Futoon  1.75馬身  
11着  01  Love Spirit  1.25馬身  
12着  11  Evil Spell  6馬身  





11/1  水  メゾンラフィット
G3-PRIX DE SEINE-ET-OISE セーヌ・エ・オワーズ賞 3歳以上 1200m

速めに抜け出したThe Right Manは、完全に力上の走り。
2着争いを演じたボンぬヴァル賞上位と実績馬Son Cesio
結果は、ボンヌヴァル賞2着のGold Vibeに軍配。

勝ったThe Right Manは、ドバイのAl Quoz Sprint勝馬のG1馬。
1番人気とはいえ、人気なさすぎだったといえるかもしれない。
ただ、欧州では、このレースのディフェンディングチャンピオンでしかないG3馬。
そのあたりが人気に出たか?
欧州G1では返り討ちにあっているが、その他では、そこを全く見せていない。

ストームバード系LOPE DE VEGA産駒。母父マンノウォー系ウォーニング。
伯父THAMESは、中距離重賞で3着がある。

01着  01  The Right Man  F.-X. Bertras  1'10''53
02着  05  Gold Vibe  1.75馬身  
03着  02  Son Cesio  短頭  
04着  10  Spiritfix  短頭  
05着  06  Zalamea  2馬身  
06着  09  Immediate  首  
07着  08  Princess Asta  3/4馬身  
08着  11  Simmie  1馬身  
09着  04  Downforce  1.25馬身  
10着  03  Hopeless  頭  
11着  12  Alwina  3/4馬身  
12着  07  City Light  2馬身  

仏平地長距離戦線

10/4  水  サン・クルー
3歳以上 LR-PRIX SCARAMOUCHE スカラムーシュ賞 2800m

全馬外ラチ沿いを進むなか、各馬の内側へもぐって後方から進出したCannderaキャンデラが、団子状態のなか、団子の前でゴールイン。
ドーヴィル大賞3着で1番人気に推されたTravelling Manらを抑えて優勝。

Cannderaは、前々走は、ドーヴィルLRミッシェル・ウイヴェ賞2着、前走牝馬長距離LRのジュベール賞5着。
今回は54.5で出走できたことが、好走につながったかもしれませんね。

ネヴァーベンド系ダラカニ産駒。葉h父サドラーズウェルズ系バラシア。
全姉は長距離重賞で活躍した、ロワイヤリュー賞やモーリス・ドゥ・ニュイユ賞を勝っているCANDARLIYA。

01着  08  Canndera  M. Berto  3'21''03
02着  04  Travelling Man  3/4馬身  
03着  07  Against Rules  短首
04着  01  Tamelly  短首
05着  05  Sacrifice My Soul  頭
06着  06  Cosmica Sidera  1.25馬身  
07着  02  Eskerkhan  6馬身  




10/15  日  シャンティイ
3歳以上 G2-PRIX DU CONSEIL DE PARIS コンセイユ・ド・パリ賞 2400m

4頭立て。
逃げるTraffic Jamトラフィックジャムを、3コーナーから2番手に上がって追いかけだしたディープ産駒のAkihiro
だが、最後まで、とらえることはできず。
ただし、One Foot In Heavenの追撃も防いだ。

Traffic Jamは、ヴェルメイユ賞では4着。
ポモーヌ賞では2着。
牝馬相手にそこは見せていなかったが、勝ち切れてもいない。
それでも、ヴェルメイユ賞をのぞけば、すべて3着以内の堅実さ。

ダンジグ系デュークオブマーマレード産駒。母父サドラーズウェルズ。

01着  02  Traffic Jam  S. Pasquier  2'32''13
02着  04  Akihiro  1馬身  
03着  01  One Foot In Heaven  2.5馬身  
04着  03  Soleil Marin  1.25馬身  




10/17  火  ドーヴィル
3歳以上 LR-PRIX VULCAIN ヴュルカン賞 2500m

期待されてたんでしょうね。
Castertonキャステルトンは、5戦1勝の身で重賞挑戦。
3歳長距離戦の有力馬集まるリューテス賞で3着。
菊花賞にあたるG2ショードネー賞へ進み6着。
ロワイヤルオーク賞の結果を見れば、3歳長距離戦線はつわもの揃いかもしれない。

ここ自己条件で優勝して2勝目を挙げた。
最後方を進んで、外から全頭ごぼう抜き。
着差はともかく、強い競馬だった。

ダンジグ系FASTNET ROCK産駒。母父サドラーズウェルズ。
全兄SMUGGLERS COVEは、2歳のデュハーストSで3着。
伯父HIGH CHAPARRALという良血。

01着  04  Casterton  M. Barzalona  2'45''57
02着  03  Palpitator  ハナ
03着  07  Instigator  短首 
04着  06  Londres  頭
05着  08  Hukamaa  半馬身  
06着  02  Aim True  半馬身  
07着  05  Boy Royal  1馬身  
08着  01  Fauguernon  3/4馬身  




10/22  日  サン・クルー
G1 PRIX ROYAL-OAK ロワイヤルオーク賞 3100m

大逃げうった馬たちが捕まると、最終コーナーはIce Breezeアイスブリーズが先頭に並んで直線へ。
後方から、差してくるVazirabad
これが、Ice Breezeをとらえてかわすかに見えたが、そこから2の脚を使ったIce Breezeが、最後は突き放す脚を見せ優勝。
ショードネー賞勝馬なので、仏菊花賞馬ともいえるのだが、2400のパリ大賞や、ニエル賞では足りなかったが、距離伸びて、安定度を増した感もある。

Ice Breezeは、ミスタープロスペクター系NAYEF産駒。母父ダンジグ系DANSILI。
全兄SNOW SKYは、セントレジャー3着、ヨークシャーカップやハードウィックSなどG2勝馬。

01着  07  Ice Breeze  V. Cheminaud  3'25''40
02着  01  Vazirabad  1.25馬身  
03着  04  Holdthasigreen  2馬身  
04着  05  Renneti  8馬身  
05着  09  Kitesurf  短首 
06着  08  Oriental Eagle  4馬身  
07着  02  Montaly  1.75馬身  
08着  06  Mille Et Mille  大差 
09着  03  Brandon Castle  10馬身 

平地フランス牝馬戦線

10/2  月  メゾンラフィット
3歳牝馬 LR-PRIX CHARLES LAFFITTE シャルル・ラフィット賞 2100m

一団からきれいに伸びたStyle Iconが勝利。
前走、上がり馬牝馬の登竜門トゥーレル賞では、7着に敗れた。
とはいえ、僅差。
この馬、まだ、これが6戦目。
3歳牝馬。
伸びしろはありそう。

トゥーレル賞で先着されたが、同じような位置でゴールしたGipoia2着。
ちなみに、トゥーレル賞勝馬Cap Veriteは、その後ショードネー賞G3へ。

Style Iconは、父ネイティヴダンサー系ドクトルディノ。
母父グレイソヴリン系アンジュガブリエル。
イルドブルボンの血なども入り、日本、アジアに縁の濃い血統だ。

01着  03  Style Icon  Alex. Badel  2'12''81
02着  06  Gipoia  3/4馬身  
03着  02  Gaining  頭  
04着  07  Ma Cherie  2.5馬身  
05着  09  Gambia Bird  短頭  
06着  05  Vienna Woods  頭  
07着  04  Polyanta  2馬身  
08着  10  Tres Belle  1.5馬身  
09着  01  La Gommeuse  短頭  





10/4  水  サン・クルー
4歳以上牝馬 LR-PRIX DAHLIA - FONDS EUROPEEN DE L'ELEVAGE  ダリア賞 2000m

大外ラチ沿いを、一気に伸びて人気の一角Rosental優勝。
フィーユ・ドゥ・レール賞3着、コリーダ賞4着、ブランドフォードS5着と、重賞ではちょい足りない。
ここなら、自己条件。
昨年に引き続き、このレース連覇。

ヌレイエフ系ピヴォタル産駒。母父ミスタープロスペクター系キングマンボ。
伯父、豪ヴィクトリアダービー勝馬BENICIO。

01着  07  Rosental  J. P. Spencer  2'14''68
02着  06  Company Asset  2.5馬身  
03着  03  Happy Approach  3/4馬身  
04着  08  Mint Julep  1.25馬身  
05着  01  Meliora  3/4馬身  
06着  02  Ozeville  半馬身  
07着  04  Roche Rose  1.75馬身  
08着  05  Mahati  4馬身  





10/4  水  トゥールーズ  混合  
3歳以上牝馬 LR-PRIX PANACEE - FONDS EUROPEEN DE L'ELEVAGE  パナセ賞 2400m

ヴァントー賞3着、サンタラリ賞4着という実績で、前走連勝でリステッドのマルセイユ杯を勝った1番人気Hebahが、完勝。
圧倒的人気に応えた。

Hebahは、ダンジグ系シーザスターズ産駒。母父ダンジグ系デザートキング。
再び、牝馬重賞あたりを目指しますかね。

01着  04  Hebah  C. Soumillon  -
02着  06  Luire  1馬身  
03着  05  Layali  1.25馬身  
04着  02  Westadora  短頭  
05着  07  Panthelia  ハナ  
06着  01  Rosvana  3.5馬身  
07着  03  Spring Princess  6.5馬身  





10/15  日  シャンティイ
3歳以上牝馬 LR-PRIX CASIMIR DELAMARRE - FONDS EUROPEEN DE L'ELEVAGE カジミール・ドゥラマール賞  1800m

英国でわずか2戦のキャリアだったCrystal River
中団追走。直線外を差して、リステッド好走続くGarancen追撃を振り切って優勝。

ミスタープロスペクター系ドバウィ産駒。母父サドラーズウェルズ系シングスピール。
伯父DUBAI DESTINATIONはG2を2勝、伯父LIBRETTISTは、ムーランドロンシャンとジャックルマロワを勝ったマイラー。

01着  08  Crystal River  M. Guyon  1'48''42
02着  07  Garance  1.5馬身  
03着  05  Folie de Louise  1.5馬身  
04着  01  Thank You Bye Bye  短頭  
05着  04  Penny Lane  3/4馬身  
06着  03  Maimara  頭  
07着  06  Terre  1.25馬身  
08着  02  Diamond Daisy  6馬身  
09着  11  Innevera  2.5馬身  
10着  10  Guiliana  1馬身  
11着  09  Kanji  大差



  

10/22  日  サン・クルー
G3-PRIX DE FLORE フロール賞 2100m

愛オークス2着馬のRain Goddessとも愛G3で好勝負していたIntimationが、先行抜け出しで優勝。
ミスタープロスペクター系ドバウィ産駒。母父ヌレイエフ系ピヴォタル。
兄MUTAKAYYEFは、今年のクイーンアンでも連帯したマイラー。
母INFALLIBLEは、コロネーションSやファルマスSで連帯している。

01着  03  Intimation  M. Barzalona  2'17''69
02着  05  Son Macia  半馬身  
03着  11  Listen In  1.25馬身  
04着  07  Bebe d'Amour  3/4馬身  
05着  08  Normandel  頭  
06着  06  Golden Legend  半馬身  
07着  02  Happy Approach  2馬身  
08着  01  Furia Cruzada  1.25馬身  
09着  09  Pleasant Surprise  3/4馬身  
10着  10  Ma Cherie  3/4馬身  
11着  04  Company Asset  首  

欧州 フランス2歳戦線 9月10月

4  水  サン・クルー
2歳G3-PRIX THOMAS BRYON トマブリョン賞 1400m サンクルー

Sacred Lifeセイクレッドライフ圧巻。

直線大外一気の脚は強烈。
初戦こそ頭差でしたが、次から5馬身、重賞は6馬身。
どこまで行く?

ヌレイエフ系シユーニ産駒。母父サドラーズウェルズ系モンジュー。

01着  02  Sacred Life  T. Bachelot  1'29''82
02着  04  Alba Power  6馬身  
03着  06  Julio  1馬身  
04着  03  Aqabah  1.25馬身  
05着  07  High Dream Milena  3/4馬身  
06着  01  Baillolet  ハナ  
07着  08  Sonjeu  5馬身  
08着  05  Cold Stare  3馬身  




7  土  シャンティイ
LR-CRITERIUM DE VITESSE クリテリウム・ドゥ・ヴィテッス 1000m シャンティイ

底見せていない抜け出してきた2頭、ゴドルフィンブルーのBeau Idealボーイデアルとオレンジ軍団のAbsolute Cityアブソリュートシティのたたき合いは、わずかに青の勝利。
この辺りに勝った馬が、前出トマブリョン賞で完敗しているので、トマブリョンの勝ち馬セイクレッドライフは相当強いことにもなる。

Beau Idealは、ダンジグ系EXCEED AND EXCEL産駒。母父サドラーズウェルズ系ガリレオ。
母LAY TIMEは英G3のウィンターヒルS勝ち馬。中距離である。
叔父PLEA BARGAINもG2キングエドワード2世Sを勝っている。これは、2400m。

01着  02  Beau Ideal  P.-C. Boudot  0'59''34
02着  11  Absolute City  ハナ  
03着  06  Looks A Million  1.25馬身  
04着  03  Rioticism  首  
05着  05  River Cannes  頭  
06着  08  Rebel Assault  3/4馬身  
07着  10  Shaya  半馬身  
08着  07  Over Reacted  頭  
09着  01  May Girl  短首  
10着  04  Consequences  12馬身  
11着  09  Kentish Waltz  2.5馬身  




G3-PRIX DE CONDE コンデ賞 1800m シャンティイ

圧倒的人気だった重賞勝馬のStage Magicは、逃げて直線半ばで捕まり、最後方へ。
新馬勝から挑んだLuminateリュミネートが圧勝。

ダンジグ系LAWMAN産駒。
母父レッドゴッド系レインボウクエスト。
伯父にブリーダーズカップターフ、チャンピオンステークスを勝っているカラニシがいる。

01着  06着  Luminate  A. Lemaitre  1'51''16
02着  05着  Kingstar  3馬身  
03着  04着  King of Camelot  6馬身  
04着  02着  Parabak  首  
05着  03着  Korevsky  短頭  
06着  01着  Stage Magic  4馬身  




10  火  ボルドー
LR-GRAND CRITERIUM DE BORDEAUX - PRIX DU HONG KONG JOCKEY CLUB グラン・クリテリウム・ドゥ・ボルドー 1600m ボルドー競馬場

上位4頭大接戦でしたが、勝ったのは、Armoricaineアルモリケーヌ。
4戦4連帯2勝目。
伯父は、フランスで走り、豪州でメルボルンカップを勝ったアメリカン。

父グレイソヴリン系ケンダルジャン。母父ブランドフォード系モンズン。祖母の血統はリボーですから、長距離に期待がかかるわけですね。

01着  07着  Armoricaine  M. Guyon  1'42''74
02着  05着  Yayajonh  首  
03着  01着  Patascoy  ハナ  
04着  02着  Mister Jo  ハナ  
05着  04着  Magic Bibou  2馬身  
06着  03着  Zanzi Win  3馬身  
07着  06着  Ballymount  頭  




13  金  メゾンラフィット
G2-CRITERIUM DE MAISONS-LAFFITTE クリテリウム・ドゥ・メゾンラフィット 1200m メゾンラフィット

G2なんですがね、2頭取り消して、3頭立てとなりました。
英国からやってきた2頭の争いとなり、速めに先頭を行く、Fighting Irishファイティングアイリッシュがそのまま押し切り。
1番人気のNeboは、わずかに届かず。

Fighting Irishを英国でちぎったElarqamは、英重賞も圧勝してますから、2歳の短距離は、英勢が上かもしれません。
1400あたりになってくると、勢力図は変わってきますが。

Fighting Irishは、父サドラーズウェルズ系キャメロット。母父ヌレイエフ系ピヴォタル。
伯父VIRTUALヴァーチャルは、ロッキンジステークスを勝ったマイラー。

01着  01着  Fighting Irish  C. Demuro  1'11''59
02着  03着  Nebo  頭  
03着  02着  French Pegasus  3馬身  




13  金  ニューマーケット(英)
THE FILLIES' MILE フィリーズマイル 1600m

左に右に出口を探し、ようやく見つけた場所から猛烈に追い込んだ、ディープ産駒のSeptemberセプテンバー。
最後わわずか届かず、Laurensローレンスが優勝。

このローレンスは、マルセルブーサック賞2着のPolydreamには敗れてますから、フランス牝馬勢も、なかなかやりそうですね。
Magicalは、マルセルブーサックに続き、ここも敗れたことで、現時点では少々、離された感じはありますね。
一方、2着とはいえ、超良血ディープとピーピングフォーンの仔Septemberセプテンバーは今後楽しみな存在。

Laurensは、ヌレイエフ系シユーニ産駒。母父ダンジグ系ケープクロス。
伯父は香港ダービー勝馬HELENE MASCOT。

良馬場だけに、アジア縁のある馬ワンツーとなったかも。

01着  04着  Laurens  P.J McDonald  1'36''10
02着  12着  September  ハナ  
03着  07着  Magic Lily  3/4馬身  
04着  06着  Magical  3馬身  
05着  02着  Ellthea  3/4馬身  
06着  05着  Lubinka  1.75馬身  
07着  09着  Musical Art  1.5馬身  
08着  01着  Efaadah  1馬身  
09着  10着  Nyaleti  2.25馬身  
10着  08着  Muirin  4.5馬身  
11着  11着  Quivery  12馬身  




14  土  ニューマーケット(英)
THE DUBAI DEWHURST STAKESデュハースト・ステークス

ラチ沿いへ一気に切れ込んで逃げたU S Navy Flagユーエスネイヴィーフラッグ。
そのまま押し切って完勝。
ミドルパークS1200に続き、デュハースト1400も制覇。

父ダンジグ系ウォーフロント、母父サドラーズウェルズ系ガリレオ。
母、ミスティフォーミーで姉ロリーポリー。
超良血にたがわぬ活躍。

01着  09  U S Navy Flag  R. Moore  1'22''37
02着  05  Mendelssohn  2.5馬身  
03着  06  Seahenge  2.5馬身  
04着  08  Threeandfourpence  TETE  
05着  01  Cardsharp  1.5馬身  
06着  04  Great Prospector  3/4馬身  
07着  07  Theobald  2馬身  
08着  02  Emaraaty  CTETE  
09着  03  Expert Eye  1馬身  




18  水  ドーヴィル
G3-PRIX DES RESERVOIRS - ETALON KENDARGENT 2歳牝馬 レゼルヴォワール賞 1600m

ウイアーの妹With You楽勝。
新馬圧勝に続き2戦無敗。

ダンジグ系DANSILI産駒。母父トウルビヨン系インチナー。母IN CLOVERは、G3フロール賞2100勝ち。

01着  06  With You  A. Lemaitre  1'44''76
02着  07  Altea  2.5馬身  
03着  01  Prontamente  1馬身  
04着  05  Connivence  半馬身  
05着  03  Tosen Gift  1.5馬身  
06着  02  Miss Sienna  ENC  
07着  04  Auenperle  1馬身  




19  木  ドーヴィル
LR-PRIX ISONOMY イゾノミー賞 1600m

中断から外に持ち出すと、そこから矢のように伸びてWootton圧勝。
初戦6馬身でゴドルフィンの馬になると、このレース5馬身。
相手関係もあるでしょうが、そう簡単にこれだけ差をつけられないでしょうねぇ。

父は、ミスタープロスペクター系WOOTTON BASSETT。
母父ネイティヴダンサー系AMERICAN POST。
母は、2歳重賞で3着。

母父アメリカンポストなだけに、2歳戦は得意かもしれないが、この先どこまで行けるか?
姉はグレイトジャーニー産駒GREAT AMERICANE。未勝利である。

01着  03  Wootton  M. Barzalona  1'41''97
02着  06  Alternative Fact  5馬身  
03着  01  African Sky  ENC  
04着  05  Alba Power  2馬身  
05着  04  Five Ice Cubes  3馬身  
06着  02  Blue Link  1馬身  
07着  07  Pastamakesufaster  12馬身

3日のシャンティイ2歳トライアル、フォレ賞トライアルなど

3  日  シャンティイ  

G3-PRIX D'ARENBERG アランベール賞 1000m 2歳

シャンティイ1000m直線の2歳センは、ブービー人気のRiminiが接戦を制して優勝。
前走大敗で人気落としてましたが、前々走は、リステッドのレーヴドール賞で2着と好走。

Riminiは、ミスタープロスペクター系ELUSIVE CITY産駒。母父グレイソヴリン系KELTOS。

1着  2  Rimini  J. Auge  0'58''26
2着  1  Sound and Silence  J. W. Doyle  1/2
3着  6  Over Reacted  T. Piccone  頭
4着  7  Rioticism  A. Hamelin  首





G3-PRIX DU PIN パン賞 1400m 3歳以上

ラチ沿いをすいすい伸びたKararが優勝。
昨年は、このレース3着で、本番フォレ賞は2着だった。

今年は有力馬を下して、完勝して望むことになる。

Kararは、ダンジグ系INVINCIBLE SPIRIT産駒。母父トウルビヨン系インチナー。
母IN THE LIGHTは仏リステッドの上位常連。

1着  1  Karar  G. Benoist  1'24''05
2着  7  Empire of The Star  C. Soumillon  1馬身1/2
3着  9  Dame du Roi  M. Barzalona  1馬身
4着  6  Zalamea  E. Hardouin  短首
5着  4  Jallota  J. P. Spencer  1馬身1/2
6着  8  African Ride  M. Guyon  3馬身1/2




G3-PRIX DES CHENES シェーヌ賞 2歳牡馬セン馬 1600m

逃げたStage Magicに、追いすがるZyzzyva
大外から、すごい脚で飛んできた1番人気Olmedoが差し切るかに見えた。
だが、わずかに残してStage Magic優勝。

Stage Magicは、ノーザンダンサー系ダークエンジェル産駒。母父サドラーズウェルズ系オーソライズ度。
叔父タリスマニックという良血である。
この馬が前走敗れたのが、ペールギュント産駒のフランチェスコベレなのだ。

フランチェスコベレも重賞級ということになる。

このレースの先は、ジャンリュックラガルデール賞グランクリテリウムということになる。

1着  2  Stage Magic  J. W. Doyle  1'38''77
2着  1  Olmedo  C. Demuro  短頭
3着  3  Zyzzyva  M. Barzalona  首




G3-PRIX D'AUMALE オマール賞 2歳牝馬 1600m

牝馬の2歳戦。
先行して、内から抜け出したSoustractionが快勝。
強襲したEfaadahは、新馬でSoustractionを3馬身破っているが、今回は敗戦。
マルセルブーサックへつながるレースになる。

Soustractionは、ストームバード系ロペデヴェガ産駒。母父サドラーズウェルズ系ガリレオ。

1着  5  Soustraction  M. Guyon  1'37''88
2着  1  Efaadah  O. Peslier  1馬身
3着  3  Wild Illusion  J. W. Doyle  頭

3日のシャンティイ2歳トライアル、フォレ賞トライアルなど

3  日  シャンティイ  

G3-PRIX D'ARENBERG アランベール賞 1000m 2歳

シャンティイ1000m直線の2歳センは、ブービー人気のRiminiが接戦を制して優勝。
前走大敗で人気落としてましたが、前々走は、リステッドのレーヴドール賞で2着と好走。

Riminiは、ミスタープロスペクター系ELUSIVE CITY産駒。母父グレイソヴリン系KELTOS。

1着  2  Rimini  J. Auge  0'58''26
2着  1  Sound and Silence  J. W. Doyle  1/2
3着  6  Over Reacted  T. Piccone  頭
4着  7  Rioticism  A. Hamelin  首





G3-PRIX DU PIN パン賞 1400m 3歳以上

ラチ沿いをすいすい伸びたKararが優勝。
昨年は、このレース3着で、本番フォレ賞は2着だった。

今年は有力馬を下して、完勝して望むことになる。

Kararは、ダンジグ系INVINCIBLE SPIRIT産駒。母父トウルビヨン系インチナー。
母IN THE LIGHTは仏リステッドの上位常連。

1着  1  Karar  G. Benoist  1'24''05
2着  7  Empire of The Star  C. Soumillon  1馬身1/2
3着  9  Dame du Roi  M. Barzalona  1馬身
4着  6  Zalamea  E. Hardouin  短首
5着  4  Jallota  J. P. Spencer  1馬身1/2
6着  8  African Ride  M. Guyon  3馬身1/2




G3-PRIX DES CHENES シェーヌ賞 2歳牡馬セン馬 1600m

逃げたStage Magicに、追いすがるZyzzyva
大外から、すごい脚で飛んできた1番人気Olmedoが差し切るかに見えた。
だが、わずかに残してStage Magic優勝。

Stage Magicは、ノーザンダンサー系ダークエンジェル産駒。母父サドラーズウェルズ系オーソライズ度。
叔父タリスマニックという良血である。
この馬が前走敗れたのが、ペールギュント産駒のフランチェスコベレなのだ。

フランチェスコベレも重賞級ということになる。

このレースの先は、ジャンリュックラガルデール賞グランクリテリウムということになる。

1着  2  Stage Magic  J. W. Doyle  1'38''77
2着  1  Olmedo  C. Demuro  短頭
3着  3  Zyzzyva  M. Barzalona  首




G3-PRIX D'AUMALE オマール賞 2歳牝馬 1600m

牝馬の2歳戦。
先行して、内から抜け出したSoustractionが快勝。
強襲したEfaadahは、新馬でSoustractionを3馬身破っているが、今回は敗戦。
マルセルブーサックへつながるレースになる。

Soustractionは、ストームバード系ロペデヴェガ産駒。母父サドラーズウェルズ系ガリレオ。

1着  5  Soustraction  M. Guyon  1'37''88
2着  1  Efaadah  O. Peslier  1馬身
3着  3  Wild Illusion  J. W. Doyle  頭

先週のフランスリステッドレース

1  金  フォンテーヌブロー  LR-GRAND PRIX DE FONTAINEBLEAU フォンテーヌブロー大賞 古馬牝馬 2000m

横一線の直線を制してMeliora優勝。
似たようなメンバー相手に何度か戦っている。
今回は、この馬だった。
ここは、リステッド狙いの馬たちが多い。

Melioraは、イタリアG3で連帯している。
ダンジグ系STARSPANGLEDBANNER産駒。母父レッドゴッド系NOVERRE。

1着  8  Meliora  S. Pasquier  2'02''30
2着  3  Thank You Bye Bye  P.-C. Boudot  2馬身1/2




2  土  カーニュ・シュル・メール  LR-LA COUPE DE MARSEILLE マルセイユ杯 2150m

グレイトジャーニー産駒Soleil d'Octobreも出走していましたが、相手が強かった。
勝ったHebahは、サンタラリ賞4着。
連を外していないIsidor Bonheur Yesも、ここ2着確保で、再び連帯。
ドーヴィル大賞でも、ワンツーした2頭と、G3ルー賞で戦い4着だったBerdibek
伊ダービー出走のAethos
地方リステッドとはいえ、好メンバーでした。
好調とはいえ、無理だろうなと、最初から思える相手に真っ向勝負で、そう離されていないのだから、まだまだ、ソレイユドクトーブルは、これから。

1着  6  Hebah  H. Journiac  2'13''00
2着  4  Isidor Bonheur Yes  P.-C. Boudot  1馬身3/4
3着  1  Berdibek  C. Soumillon  首
4着  5  Aethos  S. Mulas  2馬身
5着  3  Soleil d'Octobre  F. Blondel  1/2馬身




2  土  クラン  LR-CRITERIUM DE L'OUEST 1350m

初戦のぞいて、すべて馬券県内、6戦して4連帯だったAnima Rockが2勝目を挙げた。
イタリアG1を勝ち、ドイツ、ボルドーでかってますが、フランス中央では勝利なし。
でも、プールデッセは3着、ウジェーヌアダン賞2着と、仏重賞で活躍。

こうした血統の馬から、ジブい馬が出現してくると、ちょっと、楽しい気になりますね。

1着  1  Anima Rock  O. Peslier  1'14''12
2着  2  Red Torch  M. Guyon  3/4馬身
3着  6  Shenoya  E. Hardouin  3/4馬身




3  日  シャンティイ  LR-PRIX DE LIANCOURT

直線ジワジワと引き離し、最後は振り返りつつの優勝。
このところのリステッドは好走していたが、この先のあるレースを獲った。
ロワイヤリュー賞あたりが目標にはいるか?

相手は、あまり大したことなかった。
2着3着は、リステッド好走歴なし。
ディアヌ賞7着で、重賞連帯していた1番人気Pantheliaは、レースにならず。

Golden Legendは、ネイティヴダンサー系ドクトルディノ産駒。母父グレイソヴリン系KALDOUNEVEES。
母GOLD HARVESTは、G3ヴァントー賞3着がある。

1着  5  Golden Legend  Alex. Badel  2'11''87
2着  6  Baltic Duchess  P.-C. Boudot  1馬身1/4
3着  1  Normandel  C. Demuro  首

ドーヴィル3重賞 ドーヴィル大賞2017他

27  日  ドーヴィル  平地  G2-LUCIEN BARRIERE GRAND PRIX DE DEAUVILLE ドーヴィル大賞2500m

G1では、さすがに厳しいかもしれないが、G2でこのメンバーなら。
今年、G3を2勝し、G1サンクルー大賞では7着だったTiberianが、前を行くDoha Dreamを差し切って優勝。
Savoir Vivreも久々叩いて2戦目、ここでは、なんとか恰好をつけました。
昨年の3歳勢では、凱旋門賞最先着。

ただ、ことし、ここから、凱旋門賞を狙うには、少々手薄なメンバーだったですね。

Tiberianは、ダンジグ系TIBERIUS CAESAR産駒。母父ノーザンダンサー系MARJU。
父の父はザイーテンで、母父マルジュなら、日本でも走りそうですし、乾いた馬場はよさそうですね。

Doha Dreamはマカヒキと好勝負してますから、一つの物差しに。

1着  2  Tiberian  O. Peslier  2'44''68
2着  1  Doha Dream  G. Benoist  短首
3着  7  Travelling Man  M. Barzalona  1馬身
4着  6  Savoir Vivre  M. Guyon  3/4馬身






G3-PRIX DE MEAUTRY BARRIERE モートリー賞 1200m

ロイヤルアスコットで掲示板に乗ってきた2頭。
G1クラスの馬が、このG3へ。

当然のことながら、人気を分けた上位2頭。

レースは、風を切るSigns Of BlessingとそれをロックオンするFinsbury Square
しかし、風よけ使う各馬を寄せ付けず、Signs Of Blessingがスピードの違いでそのまま押し切り。
2着もFinsbury Squareと順当な結果に。

Signs Of Blessingは、ダンジグ系INVINCIBLE SPIRIT産駒、母父ミスタープロスペクター系SEEKING THE GOLD。
ドーヴィルでは、G1モーリスドゲスト賞含め、重賞3勝目。

1着  1  Signs Of Blessing  S. Pasquier  1'08''96
2着  2  Finsbury Square  C. Soumillon  2馬身






G3-PRIX QUINCEY BARRIERE カンセイ賞 1600m

ここでも注目は、重賞の連帯どころか、リステッドを一つ買っているという程度のWirelessが2着だったこと。
クラシック戦線を沸かせたDictonは、3着だったこと。
このあたりから、やはり、昨年の3歳勢、現4歳勢のレベルには、相変わらず?がつくということ。

もう一つの大きな意味は、久々とはいえ、今年の3歳牡馬で重賞を勝っているGraphiteが、さっぱりだったことだろう。
レースのタイムも、なんだかねぇという感じですしね。

今年の勢力地図どおりといっていい。

1着  2  Attendu  M. Guyon  1'40''01
2着  5  Wireless  T. Bachelot  首
3着  1  Dicton  O. Peslier  3/4馬身
4着  4  Nordic Dream  V. Cheminaud  2馬身
5着  3  Graphite  M. Barzalona  短首

先週の平地リステッド クレールフォンテーヌ大賞2017

24  木  クレールフォンテーヌ  LR-GRAND PRIX DE CLAIREFONTAINE クレールフォンテーヌ大賞 2400m

7戦してわずか1勝。
しかし、5連帯で4着以下なし。
しかも、今年、重賞3連続連帯中のListen In

直線スルスル抜け出し、楽勝。
ここは、重賞ではないから、ちょっと楽すぎたか。
それでも、これが2勝目なのだ。

父ダンジグ系シーザスターズ。
母父トウルビヨン系インチナー。

当然、目標はヴェルメイユ賞となるか、それとも、ロワイヤリュー賞にしておくか?

1着  7  Listen In  A. Lemaitre  2'34''30
2着  6  Cap Verite  S. Pasquier  3馬身

20日ドーヴィルG1ジャンロマネ賞、モルニー賞他

20日  ドーヴィル

G1-PRIX JEAN ROMANET ジャンロマネ賞 2000m 古馬牝馬

逃げたAjman Princessが、そのまま押し切り。
どうも、これといった馬がいないレースになった。
1番人気So Mi Darは、昨年のオペラ賞3着馬だが、オペラ賞勝馬のSpeedy Boardingが、ジャンロマネ賞馬であるのだから、そういう意味では、今年、人気は割れたというべきだろう。

勝ったAjman Princessは、昨年のリブルズデールS2着以外に実績はない。
Left Handも昨年のヴェルメイユ賞馬だが、昨年の3歳勢はね、ちょっと評価低い。

そのあたりが、このメンバーを物語っている。

Ajman Princessは、サドラーズウェルズ系テオフィロ産駒。母父ネヴァーベンド系マークオブエスティーム。

1着  1  Ajman Princess  A. Atzeni  2'04''13
2着  6  Siyoushake  A. Lemaitre  1 1/4
3着  9  Left Hand  M. Guyon  CTETE
4着  7  Smart Call  J. V. Crowley  CTETE





G1-PRIX MORNY モルニー賞 1200m 2歳

ハットトリックの子ダビルシムの産駒3頭が出走した。
抜け出したのは、メゾンラフィットで、ロベールパパン賞を勝ってきたUnfortunately
有力馬を輩出するこのレースの勝者であるが、上位とはいえ4番人気に甘んじていた。

2着以下4着までは横並び。
ふわふわした走りだったが、Different Leagueは3着。
まだ次のチャンスもあろう。
これがダビルシム産駒では最先着。

Unfortunatelyは、ダンジグ系SOCIETY ROCK産駒。
母父ヌレイエフ系KOMAITE。

1着  2  Unfortunately  T. Piccone  1'08''92
2着  1  Havana Grey  P.J McDonald  1馬身1/4
3着  7  Different League  A. Hamelin  短頭
4着  4  Zonza  C. Demuro  短首





G2-PRIX KERGORLAY ケルゴルレイ賞 3000m 古馬

昨年の覇者Nearly Caughtが人気。
シャンティイ大賞僅差2着のタリスマニックの2着と前走好走したMarmeloが続く人気。

このMarmeloのスミヨンの逃げ。
ジワジワジワジワ先頭に立つと、直線一気にやってくるNearly Caughtを寄せ付けず、逆に突き放して快勝。
並ばれても慌てず追い出したスミヨンの完勝劇。

Marmeloはダンジグ系デュークオブマーマレード産駒。母父サドラーズウェルズ系インザウイングス。
母方はいかにも長いところ。

1着  7  Marmelo  C. Soumillon  3'09''56
2着  9  Desert Skyline  D. Probert  1馬身1/4
3着  3  Holdthasigreen  T. Piccone  1馬身
4着  5  Nearly Caught  M. Guyon  1/2馬身

19日 ドーヴィル重賞 ノネット賞とカルヴァドス賞

19日  ドーヴィル

G2-PRIX DE LA NONETTE ノネット賞 2000m 3歳牝馬

サンタラリ賞馬Sobetsuとディアヌ賞馬Sengaの対決が注目。
3歳牝馬の秋へ向けての重要ステップ。
ここは、Sobetsuが楽勝。
伸びなかったSenga3着。
Sengaは、堅い馬場の方がいいのかもしれません。

Sobetsuのいとこが、ディーマジェスティー。
2400よりは、2000の方がいいのかもしれませんね。


1着  4  Sobetsu  J. W. Doyle  2'05''94
2着  6  Onthemoonagain  C. Soumillon  2馬身1/2
3着  3  Senga  S. Pasquier  3/4馬身





G3-PRIX DU CALVADOS カルヴァドス賞 1400m 2歳牝馬

Polydreamは、後方へ下がる形となったが、追い出すと、楽勝。
1番人気に応えて連勝無敗。

姉にマイルで活躍したEVAPORATIONがいる。
ポリドリームはダンジグ系オアシスドリーム産駒。葉h父ニジンスキー系グリーンチューン。

シャネルの馬。
マルセルブーサックへ行きますかね。

1着  11  Polydream  M. Guyon  1'23''21
2着  01  Laurens  P.J McDonald  1馬身3/4

ブラムト、アルマンゾールのドーヴィルの夏休み

15  ドーヴィル  平地  G3-PRIX DE LIEUREY 1600m

いやいやいやいや強かったですなぁ。
着はともかく。
詰まったのは、最後方からいったLady Frankelと、前目につけていたMonroe Bay
Monroe Bayは、前にいた分、早めに抜け出せなかったのは痛かったろう。
それにしても、再加速から、あっさり抜き去ったLady Frankelの爆発力恐るべし。

サンタラリ賞でもあたったこの2頭であるが、Lady Frankelが6着とはいえ先着。
ここは力が相当上だった。


フランケル産駒。
母父ミスタープロスペクター系ヴェットーリ。
母レディヴェットーリは、2歳で活躍。マルセルブーサック3着。

1着  2  Lady Frankel  P.-C. Boudot  1'41''02
2着  4  Tisbutadream  R.-L. Moore  短首
3着  6  Limited Edition  T. Piccone  3/4馬身
4着  8  Esquisse  M. Guyon  短首
5着  7  Enlighted  A. Lemaitre  首
6着  1  Monroe Bay Logo oeilleres  C. Soumillon  1馬身1/4






G3-PRIX GONTAUT-BIRON ゴントー・ビロン賞 2000m

いかにもG3の上位馬といったメンバーがワンツー。
ラビットが3着の残り、他横一線。

アルマンゾールは、なんといっても久しぶり。
まあ、ここは、予行演習。

次は結果出ないと、間に合わないでしょうね。

1着  2  First Sitting  G. Mosse  2'06''11
2着  1  Garlingari  R. Thomas  3/4馬身
3着  5  Zafiro  J.-B. Eyquem  2馬身
4着  3  Subway Dancer  V. Cheminaud  ハナ
5着  4  Almanzor  C. Soumillon  同着
5着  6  Alignement  M. Guyon  3/4馬身





G2-PRIX GUILLAUME D'ORNANO ギョームドルナノ賞 2000m

流れた展開で、前残り。
Brametotは、出遅れですがね。
全く挽回できずで、勝ち馬からは大差負け。

勝ったEminentは、ダービーでは、上位争いの4着。
勝馬からも大差ない。
2着は、ダービーやエクリプスSでEminentの後塵を拝してきたSalouen
この2頭のワンツーで、英国勢の方が、仏勢を上回っている感じがしますね。
なにしろ、その他の3歳仏勢有力馬RecoletosSoleil Marinは、後方に沈んでますから。


ブラムトの青写真はどうなりますかね?
愛チャン行くのかどうか?

1着  8  Eminent  R.-L. Moore  2'02''26
2着  2  Salouen  M. Guyon  3馬身
3着  6  Avilius  M. Barzalona  1馬身3/4
4着  5  Last Kingdom  S. de Sousa  2馬身1/2
5着  1  Brametot  C. Demuro  2馬身1/2
6着  3  Mask of Time  V. Cheminaud  2馬身1/2
7着  4  Recoletos  O. Peslier  短首
8着  7  Soleil Marin  P.-C. Boudot  3馬身

先週のフランス競馬平地リステッド3戦

15日  ドーヴィル  平地  LR-PRIX DE LA VALLEE D'AUGE - ETALON KENDARGENT ヴァレドージュ賞 1000m

この組は、2歳短距離戦線。
目指すところは、とりあえず、初冬のメゾンラフィットのG2、クリテリウム・ト・メゾンラフィットということになる。

勝ったのは、英から転戦、全くの人気薄のPursuing The Dream
ドリームアヘッド産駒である。
最近ときどき見かける父ですね。
短距離では、早いというより強い!といった印象だったドリームアヘッド。

これが、初勝利ですかね?
このレースを勝ったのちに、英国復帰すると、今までの馬では、あまり成績がよろしくない。
フランスにいた方がチャンスがありそうな気もしますね。


前走、圧勝だったCoeur de Beaute2着。
いい競馬でしたが、勝たないと先につながりませんね。

1着  10  Pursuing The Dream  D. Costello  0'58''17
2着  08  Coeur de Beaute  S. Pasquier  首
3着  05  Ken Colt  C. Demuro  1馬身1/4





18日  クレールフォンテーヌ  平地  LR-PRIX PELLEAS ペレアス賞 1800m

再起組と上がり馬が戦う3歳戦。
上がり馬の場合、さきへつながる場合も。

ここは、ジョッキークラブ賞など上位戦では跳ね返されてきたBay of Poetsが勝利。
少頭数ではあるし、ここはさすがに獲るといったところなのだろう。
後方から内にもぐって快勝。力違い。

ロペデベガ産駒。

もう少し骨のある相手に勝たないと、上は望めないかな。

1着  1  Bay of Poets  C. Demuro  1'49''70
2着  4  Born To Be Alive  T. Piccone  1馬身3/4






19日  ドーヴィル  平地  LR-CRITERIUM DU FONDS EUROPEEN DE L'ELEVAGE 生産者欧州基金選抜 1600m

Francesco Bereフランチェスコベレが、スタート直後に前目につけて、最後は内に潜ったゴドルフィンの1番人気Stage Magicを競り落として勝利。
ペールギュント産駒である。

僅差だが、相手も3戦3連帯となった馬。
こちらも、2連勝で3戦2勝。

母父ヘクタープロテクターなので、なにやら、日本っぽい血統。
この兄姉は、ペールギュントやサンデーブレークを父に持つので、日本競馬に興味のある方の選択なんでしょうね。


1着  5  Francesco Bere  A. Gavilan  1'44''30
2着  4  Stage Magic  J. W. Doyle  短頭

日曜ドーヴィル重賞 ジャック・ル・マロワ賞G1他

13  日  DEAUVILLE  G1-PRIX DU HARAS DE FRESNAY-LE-BUFFARD JACQUES LE MAROIS ジャック・ル・マロワ賞 1600m

逃げたサンダースノーが粘る中、内に潜り込んで、最後は、同僚を競りおとしてインスオブコート優勝かと思いきや、途中、サンダースノーの競り落とされたかに見えていたアルヴュカイールが、内のインスオブコートに刺激されるように伸びて、なんと、上げ下げで勝っていた。
アルヴュカイール、前走、ターリーフに負けてたんですがね、大一番であっさり逆転どころか、優勝してしまいました。

とにかく、昨年は、古馬勢も?ながら、3歳勢どうなの?といった感じでしたが、今年は、3歳、あちらこちらで強いですね。今年の3歳勢はなかなかやるというのが、ここ数年とは違う印象ですね。

1着  2  Al Wukair  L. Dettori  1'38''51
2着  4  Inns Of Court  M. Barzalona  短頭
3着  3  Thunder Snow Logo oeilleres australiennes  C. Soumillon  短首





G3-PRIX MINERVE ミネルヴ賞 2500m 3歳牝馬

3歳牝馬の夏、クラシックディスタンスから長距離戦への登竜門。
1番人気は、3歳牝馬この距離戦線トップの道G2マルレ賞で3着したエラスルビー

逃げた3番人気のゴッドギヴン
リステッドを買って渡仏してきたが、スローに落とすというより、調子が良くてなのだろう、自然と馬群を、わずかに離しての逃げ。

直線、この馬の後ろに馬が一列に広がるが、詰められぬまま、ゴッドギヴンに逃げきりを許した。

ゴッドギヴンは、父サドラーズウェルズ系ナサニエル。
母父、ミスタープロスペクター系ドバイデスティネーション。

単に、逃げ切りではなく、ここは力で獲った印象。
次も期待できそうだ。

1着  10  God Given  J. Spencer  2'43''67
2着  01  Calayana  M. Berto  1馬身3/4
3着  05  Lady Montdore  P.-C. Boudot  首
4着  08  Elas Ruby  L. Dettori  頭

先週の平地リステッドレース3つ

11  金  CLAIREFONTAINE  LR-PRIX ECOLE BLONDEAU-PRIX LUTH ENCHANTEE - FONDS EUROPEEN DE L'ELEVAGE

1800の古馬リステッド。
ドバイのバランシーンで連帯したVia Firenze
帰国後、リステッド3戦目で、ついに勝利。
とはいえ、これが、自身の2勝目。
勝てないとはいえ、めったに掲示板も外さず。

相手もあることとはいえ、今回は、後続をジリジリ引き離し、危なげない勝ちっぷり。
これからだろう。

ダンジグ系DANSILI産駒。母父ミスタープロスペクター系MEDICEAN。
母ヴィアメディチはマイルリステッド2勝。
叔母ヴィアラヴェンナはG3アンプリューダンス賞馬。

1着  4  Via Firenze  M. Barzalona  1'48''50





13  日  DEAUVILLE  LR-PRIX FRANCOIS BOUTIN

この先のG1へつながる2歳戦。
1400m。

新馬を勝った英仏2頭のゴドルフィン対決。
これは、最後まで続き、Mythical Magicが先着し、2連勝とした。

Mythical Magicは、ミスタープロスペクター系イフラージ産駒。
姉にG3ネルグウィンS勝っているESENTEPEがいる。

1着  3  Mythical Magic  J. Spencer  1'24''41
2着  4  Cascadian  M. Barzalona  3/4





13  日  DEAUVILLE  LR-PRIX MICHEL HOUYVET

3歳の長距離戦線である。
当然、秋の重賞から、ロワイヤルオーク賞あたりまでの視野がある。

後方を進んでいたDarbuzanが直線圧倒。

ミスタープロスペクター系ザミンダー産駒。母父グレイソヴリン系ヴェルグラス。
叔母は、マイルで活躍した、プールデッセ、ムーランドロンシャンを勝ったダルジナ。

この血統、長距離リステッドを勝ったものの、マイルでも通用するんじゃなかろうか?
2000mでデビューして、2500、2800、3000と使って4戦3勝。

この馬中心に、仏3歳長距離戦線はまわっていきそうですね。
もちろん、この血統ですから、スミヨンが乗ってます。

先週の平地重賞 短距離G1モーリス・ド・ゲスト賞他

8/6

Prix Maurice de Gheest モーリス・ド・ゲスト賞 1300m  3歳以上G1 ドーヴィル競馬場

Brandoは、後方内から、徐々に馬群の中へ入り、周りが追う中、持ったまま、前の馬にピタリ。
追い出すとスーッとぬけて快勝。

Brandoのジュライカップ最先着の力は本物でしたね。
しかも、60キロででしたから。

今回2着に来たAclaimも、前走レノックスSでは、ジュライカップ2着だったLimatoと僅差。
勝馬とそん色ないレースぶりも、納得のいくもの。
人気薄で盲点でしたね。

Brandoは、ヌレイエフ系ピヴォタル産駒。母父ロベルト系シルヴァーホーク。
姉TICKER TAPEは、シーザリオと同じアメリカンオークス馬。シーザリオの前年の勝ち馬ですね。





Prix de Pomone ポモーヌ賞 2500m  3歳以上牝馬G2 ドーヴィル競馬場

牝馬ながら、長距離戦線でそこそこやっていたBateelが勝利。
久々のThe Juliet Roseは、4着も、復帰戦はこんなものだろう。
次以降期待。

Bateelは、ミスタープロスペクター系ドバウィ産駒。母父ダンジグ系チーフズクラウン。
英G2ランカシャーオークスで連帯してここに臨んだがAbingdonが一番人気だったが、今回のこのレースは手薄感がある。





Prix de Reux ルー賞 2500m  3歳以上G3 ドーヴィル競馬場

こちらは、完全に、ドーヴィル大賞前哨戦といった様相で、勝てば、ドーヴィル大賞へ出てくるG1級に挑戦権ということなのだろう。

結局逃げたTiberianを、誰もとらえることはできず。
マカヒキと争ったDoha Dreamは2番手から、前とらえきれず。
久々出走のSavoir Vivreは、6着と、こちらは、まずはここ初戦。

G2やG3で活躍するTiberianを越える馬は出ずといった印象だった。
越えないと、この先、厳しいでしょうねぇ。

Tiberianは、ダンジグ系、ザイーテンの孫になりますね、TIBERIUS CAESAR産駒。母父マルジュ。日本か香港で走ってほしいような血統ですね。

サンクルー大賞は惨敗7着も、今年4戦3勝。ドーヴィル大賞までは、いけちゃうかもしれませんね。

先週の平地リステッド3戦

とりあえず、先週に行われた平地のリステッドのおさらいを。

8/1

Prix de Tourgeville トゥールジュヴィル賞 1600m 3歳LR ドーヴィル競馬場

大逃げを打ったFarshadファルシャッドがそのまま逃げ切って圧倒。
ドイツを転戦し、フランスへやってきてここを勝利。
3歳牡馬である。
母は短いところを走っていたから、この馬も、マイルあたりまでとなるか?

マイル戦線となると、古馬との対決が待っている。
または、再びドイツへ戻って戦うか。

グレイソブリン系ケンダルジャン産駒、母父ノーザンダンサー系ナイトシフト。

今回は、逃げがはまった感もありますがね。



8/1

Criterium du Bequet クリテリウム・デュ・ベケ 1200m 2歳LR ラテスト競馬場

勝ったのは、牝馬Feraliaフェラリア。
3連勝で勢いに乗る。
ミスタープロスペクター系ペドロザグレート産駒。

叔父に、シリュスデゼグルを破ったPOLYTECHNICIENがいる。

父も2歳G1馬であるから、この馬も、とりあえず、モルニー賞か秋のマルセルブーサックあたりが目標となろう。




8/5

Prix des Jouvenceaux et des Jouvencelles ジュヴァンソー エ デ ジュヴァンセル賞 1400m  2歳LR ヴィシー競馬場

ことらも2歳リステッド。
勝ったのは、英愛仏の重賞戦線で通用しなかったDe Bruyne Horseデブライネホースが勝利。
距離延長がよかったか?クラスの問題か?

父ダンジグ系SHOWCASING、母父ヌレイエフ系ソヴィエトスター。

距離伸びていいのなら、マイルのグランクリテリウムなどが、先々の目標となる。



どのレースの勝ち馬も、次見てから・・・という印象ですね。

グロシェーヌ賞2017 ムスミール圧倒

2017年 グロシェーヌ賞 結果

Prix du Gros-Chene G2 3歳以上 1000m  シャンティイ競馬場

最後方にいたMuthmir
一度目の噴射で、前へ上げってゆくと、勝負所から、再び噴射加速で、抜け出していたFinsbury Squareを一気に抜き去った。
短距離とは思えぬダブル噴射で、圧倒。

このレースは、2度目の出場で2勝目。
合っているんでしょうね。
そもそも、アベイはロンシャン時にも3着経験有り。
ということは、秋、ここでのアベイは要注意の1頭。

01着  01  Muthmir  J. V. Crowley  0'58''01
02着  09  Finsbury Square  1馬身  
03着  03  Plusquemavie  1.25馬身  
04着  08  Largent du Bonheur  CTETE  
05着  04  Son Cesio  半馬身  
06着  11  Aladdine  3.5馬身  
07着  07  Willytheconqueror  半馬身  
08着  10  Hit The Bid  CENC  
09着  05  Daring Match  1.75馬身  
10着  02  Love Spirit  1.25馬身

シャンティイ大賞2017

2017年 シャンティイ大賞 結果

Grand Prix de Chantilly G2 4歳以上 2400m  シャンティイ競馬場

マカヒキと同じような位置で凱旋門賞でゴールしたメンバーだけに、マカヒキに負けたDoha Dreamあたりは厳しい。そんな理屈も成り立つ。
最後方から一気に伸びたSilverwaveは、僅差だが、貫録勝ちの印象。
20170616-t01

グレイソヴリン系SILVER FROST産駒。母父ネヴァーベンド系RIVER MIST。
兄はジャンプラ賞馬STORMY RIVER。

ちなみに、凱旋門賞2016は、
11着 Talismanic
12着 Left Hand
13着 Silverwave
14着 マカヒキ

まともに最後までレースしているわけじゃないでしょうけどね。

01着  02  Silverwave  P.-C. Boudot  2'29''45
02着  05  Talismanic  ENC  
03着  04  Apilobar  3/4馬身  
04着  03  Left Hand  半馬身  
05着  01  Doha Dream  1.25馬身
TEMPS
仏独西伊白瑞典
英愛
Twitter
Le nombre de visiteurs
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profil

turfabeille

Archives
記事検索
Classment
にほんブログ村 競馬ブログ 海外競馬へ



人気ブログランキングへ
海外競馬へ行こう
フランスでインターネット接続
凱旋門賞前日ネットチェック
france

こちらでも調べてみよう


旅の準備、PCもこちらで
Commentaires
カテゴリ別
節電
  • ライブドアブログ