凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父

凱旋門賞へ向け、フランス競馬を中心にした話題、フランスダービー、フランスオークス、パリ大障害、アメリカ賞他

フランス競馬障害:2018

障害トライアル戦等オートゥイユ4重賞

G2-Prix Amadou アマドゥー賞 - 3900mハードル - 4歳

上位3頭の争いとなりましたが、実質2頭のマッチレース
逃げたEnergy d'Olivate(エネルジードリベート)を前において、Tunis(テュニス)、Master Dino(マスターディノ)が行く。

向こう正面で仕掛けたMaster Dinoは先頭に立つが、最終障害手前で捕まり、Tunisが完勝。

01着  01  Tunis  K. Nabet  4'35''79
02着  02  Master Dino  2.5馬身  
03着  06  Energy d'Olivate  首  
04着  03  Tertre  12馬身  
05着  05  Shekidame  3馬身  
06着  04  Ermontois  13馬身  





ハンデG3-Grande Course de Haies de Printemps 春大ハードル - 4300mハードル - 5歳以上

最後は、上位2頭の直線のたたき合い。
わずかに、内、Farlow des Mottes(フォローザモット)が制圧。
Farlow des Mottesは、10歳になりましたが、ハードルでチェイスでもG2で連帯する猛者。
ずいぶん前ですが、G2ミュラ賞も制してます。
ここでは、人気なさ過ぎた感もありますね。
相手のAragorn d'Alalia(アラゴンダラリア)もリステッド勝ち実績。

01着  07  Farlow des Mottes  S. Colas  5'06''25
02着  08  Aragorn d'Alalia  ハナ  
03着  14  Crystal Beach  5馬身  
04着  03  Rasango  3馬身  
05着  16  Ultranet  1.25馬身  
06着  02  Darasso  頭  
07着  04  Middle  6馬身  
08着  11  Red Rocky  1.75馬身  
09着  06  Ci Blue  3/4馬身  
10着  01  Argentier  12馬身  
11着  15  Deca de Thaix  半馬身  
12着  13  Tzar's Dancer  3馬身  
13着  12  Ulysse des Pictons  1.75馬身  
14着  10  Kami Kaze  2.5馬身  
15着  05  Achour  短クビ  
16着  09  Sundriver  大差  




G2-Prix Jean Stern ジャン・スタン賞- 4400mチェイス - 4歳

まさに、人気通りの着差と着順といった感じになりました。
序盤から積極的に前へ行くWhetstone(ウェットストーン)。
最後の直線入口までは、2頭がついてくる感じでしたが、最終障害後、突き放し完勝。
11戦9勝、8連勝で世代トップを行く。

01着  01  Whetstone  B. Lestrade  5'35''08
02着  02  Spanish One  7馬身  
03着  07  Cote de Grace  短頭  
04着  04  Joie du Net  12馬身  
05着  05  Eclat Collonges  10馬身  
06着  06  Royale Pagaille  7馬身  
07着  03  Amafacon  20馬身  




G2-Prix Ingre アングレ賞 - 4400mチェイス - 5歳以上

昨年の4歳の頂点を取り損ねたEdward d'Argent(エドワールダルジャン)が、Milord Thomas(ミロールトマ)に挑む。
Edward d'Argentの野望を秋阻んだOn The Go(オンザゴー)が、途中からレースを引っ張る。
最終周3コーナーでは一昨年の4歳王者のPunch Nantais(パンチナンテ)が一気に脚を伸ばし、先頭集団は有力馬で混沌。
そこから、抜け出してきたのは、Edward d'Argent
今度こそ、本番の大一番を獲りたいでしょうね。

01着  02  Edward d'Argent  K. Nabet  5'40''75
02着  04  On The Go  1.5馬身  
03着  01  Milord Thomas  頭  
04着  03  Punch Nantais  1.75馬身  
05着  06  Roxinela  2.5馬身  
06着  05  Vicomte d'Anjou  大差  

コンピエーニュの障害G3戦2つ

G3-Prix Romati ロマティ賞 - 4500mチェイス - 5歳以上 コンピエーニュユ競馬場

昨年の覇者であるThe Stompは、縦列の真ん中を進む。
勝負所で馬群がかたまると、いったん候補に下げて外に出す展開。
それでも、最終障害を越えてから、坂道で前に出て勝利をもぎとった。

ここの競馬場では、5戦3勝3着2回と相性いい。

01着  05  The Stomp  T. Gueguen  5'47''87
02着  03  Via Dolorosa  1.5馬身  
03着  06  Prince Philippe  1.25馬身  
04着  02  Tiesto d'Authie  短首  
05着  07  Golden Chop  3.5馬身  
06着  04  Saint Palois  1.5馬身  
07着  08  My Maj  5馬身  
08着  01  Paulougas  15馬身  
落馬  09  Dauteuil Precieux  -  





G3-Prix Hopper ホッパー賞 - 3900mチェイス - 4歳 コンピエーニュユ競馬場

結構縦長の展開。
人気のEvidence Madrikが先行するのだが、これが途中でつまづいて落馬。
最終コーナー付近から、並んで追い出した2頭の最後までのたたき合い。
Royale Maria Hasがわずかに先着。

これら明け4歳馬は、まだまだ、経験あさい。
人気馬ではなくとも、そんなにそこを見せておらず、これから、ここの上位も楽しみな存在となるだろう。

01着  06  Royale Maria Has  K. Nabet  4'56''61
02着  03  Ex Fan des Sixties  3/4馬身  
03着  08  Kapkiline  10馬身  
04着  02  Calinight  2馬身  
05着  07  El Camila  1.5馬身  
06着  01  Sharock  ハナ  
落馬  04  Evidence Madrik  -  

ハンデ重賞 共和国大統領賞2018 ハードルトライアル戦レオン・ランボー賞2018

G3-Prix du President de la Republique 共和国大統領賞 - 4700mチェイス - 5歳以上

先行勢を見る位置から、3コーナーで一気に進出したBalkan du Pecos
中団から、上がってきたAccentusは直線一気に前をとらえ、先頭へ。
だが、ひかないBalkan du Pecosとのたたき合いに最後の最後で差し返され、Balkan du Pecos優勝となった。
今回出走馬では、最軽量の62。

01着  15  Balkan du Pecos  T. Chevillard  5'42''68
02着  08  Accentus  ハナ  
03着  06  Borice  1.75馬身  
04着  09  Fauburg Rosetgri  13馬身  
05着  12  Go For de Houelle  3.5馬身  
06着  07  King Goubert  1.5馬身  
07着  20  Osso Bello  クビ  
08着  05  Cobra de Larre  1.5馬身  
09着  11  Rasique  15馬身  
10着  16  Saint Xavier  3.5馬身  
11着  13  Azrou d'Ex  クビ  
12着  14  Bazille  クビ  
13着  03  Park Light  クビ  
14着  19  Don't Pass Me By  3馬身  
15着  02  Kelthomas  1.5馬身  
16着  17  Bandit d'Ainay  大差  
中止  01  The Reader
中止  04  Le Toiny
落馬  10  Diamond Charm
中止  18  Athos du Mathan




G2-Prix Leon Rambaud レオン・ランボー賞 - 4300mハードル - 5歳以上

De Bon CoeurをぴったりマークのAlex de Larredya
その差は、直線の進路にでた。

外ラチを目指すDe Bon Coeurに対し、そのまま、最短距離でまっすぐゴールを目指すAlex de Larredya
軍配は、距離短いAlex de Larredyaに。


De Bon Coeurは土ついた格好だが、悲観する内容ではない。
斤量差が縮まり、この結果。

De Bon Coeurにしても、1戦級相手では、やはりそう簡単には許してくれない。

01着  01  Alex de Larredya  T. Chevillard  5'09''66
02着  07  De Bon Coeur  3/4馬身  
03着  06  Pop Art du Berlais  7馬身  
04着  02  Galop Marin  5馬身  
05着  05  Plumeur  8馬身  
06着  08  Invicter  クビ  
07着  04  Forest Forest  大差

オートゥイユは牝馬の快走続く! 2018ミュラ賞、2018ペパンヴァスト賞

G2-Prix Murat ミュラ賞 - 4400mチェイス - 5歳以上

70キロ背負った牝馬とは思えぬ先行力で、他を最終周に引き離し、G1級のこのメンバーで勝って見せたPerfect Impulse
他の馬も、叩いてここであるから、Perfect Impulseには、そんなに簡単な状態ではなかったはず。
パリ大障害では、2着。
この調子なら、軽くなる本番はほんとに楽しみだ。

01着  04  Perfect Impulse  T. Lemagnen  5'41''77
02着  02  Milord Thomas  6馬身  
03着  01  Bipolaire  ハナ
04着  05  Roi Mage  1馬身  
05着  06  Sainte Turgeon  4.5馬身  
06着  03  Paulougas  30馬身  
07着  07  Don't Pass Me By  1.25馬身  




G3-Prix de Pepinvast ペパンヴァスト賞 - 3600mハードル - 4歳

連勝中だった上がり馬Wildriverが、直線後続を置き去りにして大勝。
4戦3完走3勝である。落馬が一度。
軽量ではありましたが、牡馬に交じっての牝馬。
1番人気のTunisや、カンバセール賞馬Master Dinoを追いやってのものは、今後注目ですね。

01着  06  Wildriver  N. Gauffenic  4'38''40
02着  01  Tunis  8馬身  
03着  02  Master Dino  4馬身  
04着  03  Tertre  3/4馬身  
05着  05  Mozo Guapo  3馬身  

フォンテーヌブロー大障害クロス2018

Grand Steeple-Chase-Cross-Country de Fontainebleau フォンテーヌブロー大障害クロス - 6000mクロスカントリー - 6歳以上

2017パルドゥヴィツェ大障害にも登録していたVirtus d'Estruvalは、始動して第2戦。
ここでも1番人気。
ここの6000mクロスは、2勝しているから、得意としている。

先行した人気のVirtus d'EstruvalDisco d'Authieだが、その前を人気薄Ocean Australが逃げる。
これが、最後まで人気馬と好勝負を繰り広げ、最後は、僅差の3頭の争い。

そこは、1番人気の意地Virtus d'Estruvalが勝ち切った。

次は、アンジューロワールチャレンジへ行くのか?今年はチェコを見据えるのか?

01着  03  Virtus d'Estruval  J. Reveley  7'57''10
02着  09  Ocean Austral  短首  
03着  01  Disco d'Authie  半馬身  
04着  04  Vire a Gauche  20馬身  
05着  07  Cent Ans  3.5馬身  
06着  05  Alleu  3.5馬身  
07着  02  Baldaquin  6馬身  
08着  10  Delight My Fire  1馬身  
09着  11  Vazabelle du Lion  6馬身  
10着  06  Kapville  10馬身  
中止  08  Vidocq du Rivage  -  

Prix Fleuret フルーレ賞2018 良血牝馬

Prix Fleuret フルーレ賞 - 4400mチェイス - 4歳

昨秋、牝馬重賞を制し、年明け、混合重賞を完勝して、一気に世代の代表馬へ名乗りを挙げた圧倒的1番人気Whetstone
僚馬Elegant Starがレースを引っ張り、3コーナーでは、Whetstoneが先頭へ。

持ったまま、後続を引き離し圧勝。

兄DEVICEとSO FRENCH。
この成績なら、世代王者の期待も高い。

01着  03  Whetstone  B. Lestrade  5'54''54
02着  07  Joie du Net  6馬身  
03着  05  Eclat Collonges  3馬身  
04着  02  Amafacon  30馬身  
05着  06  Elegant Star  30馬身  
落馬  01  Bounwell  -  
中止  04  Pirate du Rheu  -  
落馬  08  Ebene du Breuil  -  

ドゥボンクール楽勝!2018イポテーズ賞

G3-Prix Hypothese イポテーズ賞 - 3900mハードル - 5歳以上

De Bon Coeur、馬場のいいところを、淡々と進み、最後は、何かすることもなく、淡々と引き離しゴールを迎えた。
危なげなさすぎるレースぶり。
2着は、秋の仏ハードル王者のAlex de Larredyaですが、そういった、相手が何ということを、全く感じさせない強さでした。

もっとも、牝馬のDe Bon Coeurとは、7キロの斤量差のあるAlex de Larredyaですが。

01着  07  De Bon Coeur  T. Gueguen  4'55''90
02着  01  Alex de Larredya  6馬身  
03着  04  Le Chateau  8馬身  
04着  02  Ci Blue  1.75馬身  
05着  05  Izzo  アタマ  
06着  03  Rasango  1.25馬身  
07着  06  Mister Papy  10馬身  

オートゥイユ障害G3 ソーフレンチ始動 2018アンディ賞、2018トロイタウン賞

G3-Prix d'Indy アンディ賞 - 3600m ハードル 4歳

昨秋のG1 カンバセール賞のワンツーTunisMaster Dinoが、最後の最後まで争った。
ジェネラル・デュ・サン・ディディエ賞勝利で2番人気だったSpinozzarは、今回3着。

まず、人気上位で決着した。

01着  02  Tunis  K. Nabet  4'43''16
02着  03  Master Dino  1馬身  
03着  01  Spinozzar  3.5馬身  
04着  04  Pesk Ebrel  1.25馬身  
05着  05  Equemauville  1.5馬身  
06着  06  En Plein Sud  15馬身  





G3-Prix Troytown トロイタウン賞 - 4400mチェイス - 5歳以上

昨年のパリ大障害馬であるが、秋はいいところなかったSo Frenchがここで始動。
ただ、秋もそうでしたが、72キロは厳しいですね。

雪で馬場は重いし、視界は悪いし、それでも、積極的はレースぶりだったと思います。
最後はばててしまいました。

Srelighonnは、3コーナーで動いて、そのまま押し切りました。
春は、4歳チャンプで、秋もG1で3着。
いいレースぶりでした。

01着  03  Srelighonn  T. Chevillard  6'01''89
02着  04  Docteur de Ballon  5馬身  
03着  05  Valtor  7馬身  
04着  01  So French  2馬身  
05着  02  Via Dolorosa  2.5馬身  

2018ダックダンジュー賞 良血ウェットストーン完勝!

G3-Prix Duc d'Anjou ダックダンジュー賞 - 3500mチェイス - 4歳


圧倒的人気のWhetstone
自ら先行し、ついてきたMy Wayを最後引き離して危なげない勝利。
My Wayも、途中つまずくも、最後まで前を追った。

Whetstoneは、半兄がDEVICEとSO FRENCHである。
兄たちは、ソレミアと同じポリグロット産駒であるが、同馬はSAINT DES SAINTSサンデサンである。

01着  07  Whetstone  B. Lestrade  4'39''71
02着  02  My Way  5馬身  
03着  06  Dylidancer  15馬身  
04着  04  Evidence Madrik  3/4馬身  
05着  01  Amafacon  5馬身  
06着  03  Bounwell    短首
07着  05  Cocolegustachocho  30馬身  

ドゥボンクールとサングスタンブルーがG1へ好発進!2018ジュイニェ賞、2018クレルモン・トンネール賞

G3-Prix Juigne ジュイニェ賞 - 3600mハードル - 5歳以上

障害戦線は、いきなり、De Bon CoeurDeviceの対決で始まります。
先行するDe Bon Coeurに対し、Deviceは後方。

Deviceは最終コーナー最後方では、4着が精いっぱい。
悠々逃げ切ったDe Bon Coeurは、今シーズンを好スタート。

01着  09  De Bon Coeur  T. Gueguen  4'23''91
02着  02  Galop Marin  10馬身
03着  05  Alti Plano  3馬身
04着  01  Device  2.5馬身
05着  06  Le Chateau  2馬身
06着  08  Pop Art du Berlais  6馬身
07着  10  Mallorca  5馬身
08着  04  Capivari  2馬身
09着  03  Azucardel  3馬身
10着  07  Prince Philippe  15馬身





G3-Prix Robert de Clermont-Tonnerre クレルモン・トンネール賞 - 4400m - 5歳以上

4歳ハードル女王のドォボンクールがハードル戦を制したました。
4歳王者といっていい、エドワールダルジャンが、ここを取り消しになったのは残念。

だが、もう一つの興味は、1番人気の昨秋の王者Bipolaireに、16戦15連帯3着1度とい完璧なる成績のSaint Goustan Blueが、どの程度やれるか?が興味の的。

この馬、重賞2勝。
大差ではないが、どの程度やれるか?フランス馬券親父の恰好の単勝馬券ねらい目となった。

レースは、Saint Goustan Blueが引っ張り、そして、そのままG1馬の追撃を振り切り優勝。
超新星、どこまで行くか?

01着  08  Saint Goustan Blue  K. Nabet  5'56''54
02着  01  Bipolaire  3.5馬身
03着  03  Via Dolorosa  12馬身
04着  02  Capferret  半馬身
05着  06  Sainte Turgeon  20馬身
06着  04  The Reader  大差
中止  05  Farlow des Mottes  -  

ポー競馬場4歳チェイス アントワーヌ・ドゥ・パラミニ賞2018

Prix Antoine de Palaminy アントワーヌ・ドゥ・パラミニ賞 3900mチェイス 4歳

斤量がものを言ったのか?

1番人気のPiton des Neigesは、いいところなく、勝負所でズルズル後退。
昨年のチェイスG2では、離されたが3着と好走。

勝負をかけて行った2頭に続いて3番手で最終コーナーを立ち上がったCote de Grace完勝。
これは強かったが、最軽量でもある。

2着のSpanish Oneは、自分から動いての2着。69背負っており、これも好走だろう。

Cote de Graceは、カーニュのリステッド7着。
前走は、ここでハードル戦1着で臨んでいたい。


01着  10  Cote de Grace  L. Philipperon  5'07''80
02着  02  Spanish One    5.5馬身  
03着  08  Ebene du Breuil    5.5馬身  
04着  03  Evidence Madrik  1.75馬身  
05着  04  Calinight  17馬身  
06着  06  Elie de Kerser    3.5馬身  
07着  01  Piton des Neiges  30馬身  
A  05  Rhodax    -  
A  07  Spirit Sun    -  
T  09  Elegant Star  -  

ポー大ハードル2018とポー大クロス2018

Prix Max de Ginestet - 131e Grande Course de Haies de Pau 第131回ポー大ハードル - 4100mハードル - 5歳以上

今年のポー大賞を制したMonsamouが、直線最内を突いて逃げ切った。
大外を追い込んだ2頭とは横並びの激戦。

それでも、オートゥイユのG1で戦ってきた力が、パッとしないままだったが、ここへきて、ポーで連勝と開花中。

01着  09  Monsamou  F. de Giles  5'18''90
02着  08  Rasango  ハナ  
03着  03  Alti Plano  首  
04着  01  Achour  4.5馬身  
05着  05  Serienschock  4.5馬身  
06着  07  Plumeur  6.5馬身  
07着  06  Grand Depart  ハナ  
08着  04  Al Bucq  6.5馬身  
09着  02  Forthing  9.5馬身  
中止  10  Eternal Army  -  
落馬  11  Yosille  -  





Prix Gaston de Bataille - Grand Cross de Pau Reverdy  ガストン・ドゥ・バタイユ賞 ポー大クロス - 6200mクロスカントリー - 6歳以上

クリスタルカップの初戦が、やってきました。
フランスの3大クロスといってもいい、その一つ。
ポー、リオン、クランの3つの最初。
どれも、障害レースで有名な競馬場。

何度も戦ってきた馬同士であるが、昨年の勝馬Disco d'Authieが人気。
これと好勝負してきた馬が、人気上位で割れて並ぶ。

逃げる形となったUroquoisが、追いついてきた同僚Disco d'AuthieBucefalの3頭で後半激しい争いに。

体をぶつけあいながらのレースは、連覇目前のDisco d'Authieを、外から差し切ってUroquois雪辱。
3度目の挑戦で10歳にして優勝をさらった。

01着  03  Uroquois  A. de Chitray  8'41''40
02着  02  Disco d'Authie  3.5馬身  
03着  06  Bucefal  5.5馬身  
04着  07  Chicname de Cotte  11馬身  
05着  04  Star Rochelais  短頭  
06着  01  Alpha Risk  LOIN  
中止  05  Baldaquin  -  
中止  08  Vanesse  -  

ポー4歳ハードル戦 カミーユ・デュボック賞2018

LR-Prix Camille Duboscq カミーユ・デュボック賞 - 3500mハードル - 4歳牡馬牝馬

ポーで行われる4歳ハードル戦である。
これから先が期待される面々。

最後の直線、最終障害を越えた後、抜け出した2頭のたたき合いは、El Gringoがしのいで3連勝。
ポーへきて、障害初勝利から、一気に駆け上がってきた。]

メイショウサムソンとも凱旋門賞で走ったKamsin産駒。

01着  01  El Gringo  T. Beaurain  4'34''60
02着  08  Aquatique  首  
03着  06  Dylidancer  1.25馬身  
04着  05  Doctor Rocket  3.5馬身  
05着  02  Tertre  1馬身  
06着  09  Evidence Madrik  8.5馬身  
07着  03  Spanish One  半馬身
落馬  04  Golden Sage  -  
中止  07  La Percutante  -  

第131回 2018ポー大賞-アンドレ・ラバリエール賞

1/21  日  ポー  
G3-131EME GRAND PRIX DE PAU- BIRABEN FOIE GRAS (PRIX ANDRE LABARRERE) - 5300mチェイス - 5歳以上

人気薄Monsamou圧勝。
馬場が悪く、これが大きな差となったか?
最後の最後に一気に差を広めた。

3年前には、G3うぃオートゥイユで圧勝で制しているが、その時も不良馬場。
4歳時には、Milord Thomasの4着実績がG1でもある。
前哨戦までの成績の流れだと、重賞その他で好調のGalop Marinが、前哨戦で圧倒的に差をつけたMonsamouに逆転されるとはなかなか考えにくいかもしれない。

01着  11  Monsamou  T. Beaurain  6'58''80
02着  03  Polipa  9.5馬身  
03着  07  Valtor  4.5馬身  
04着  09  Galop Marin  15馬身  
05着  06  Tiesto d'Authie  30馬身  
06着  04  Via Dolorosa  17馬身  
A  01  Paulougas  -  
Db  02  Forthing  -  
A  05  Baby Boy  -  
A  08  Urumqi  -  
A  10  Saint Ber Song  -  

2018カーニュ障害祭

1/7  日  カーニュ・シュル・メール 
LR-PRIX CHRISTIAN DE L'HERMITE GRAND STEEPLE-CHASE DES 4 ANS 4歳大障害 3800mチェイス 4歳

勝負所で、逃げていたEnergy d'Olivateをとらえると、その後は突き抜け完勝。
勝ったBounwellは、昨年の3歳リステッドでは5着。
その後、3歳リステッドを制している。

今冬、カーニュで3連勝と波に乗っており、春シーズンは楽しみな存在に。

01着  02  Bounwell  D. Mescam  4'33''40
02着  01  Amafacon  3馬身  
03着  09  Energy d'Olivate  9馬身  
04着  03  El Camila  5馬身  
05着  04  Stop  CTETE  
06着  05  Cote de Grace  2馬身  
07着  08  Carmen du Berlais  6馬身  
08着  07  Eclair des Brieres  5馬身  
09着  10  Arizona Dreams  LOIN  
中止  06  Independenceday  -  
中止  11  Kamekaline Enki  -  





LR-GRANDE COURSE DE HAIES DE CAGNES カーニュ大ハードル 4300mハードル 5歳以上

昨年の勝馬Serienschockが1番人気。
これが、先行勢にとりつき、最後の直線で抜け出すも、内から、後方にいたGrand Departが一気に進出して並びかけ、最後は叩きあいを制してしまった。
この馬、ブービー人気。
だが、昨年のこのカーニュの4歳チェイスチャンピオン。
その後ハードル戦に進んだが、G2では、あのドゥヴォンクールの7着。

だが、ここは、メンバー違いますからね。
ちょっと、人気の盲点というか、人気なさ過ぎましたかね。

ちなみに、チェイスでは、4戦しかしてませんが、4着以下なし。
まだまだ、この馬は楽しみですね。
人気薄と人気の組み合わせで中波乱。

この馬に成績では勝っていたPyromaneは中止でしたが、上記の物差しなら、Pyromaneも要注意。

01着  07  Grand Depart  A. Merienne  5'15''60
02着  05  Serienschock  CTETE  
03着  03  Prince Philippe  4馬身  
04着  08  Deception Island  1.75馬身  
05着  01  Quart de Rhum  TETE  
06着  10  Lovely Vallee  4馬身  
07着  06  Mondieu  ENC  
08着  09  Fracafigura Has  15馬身  
中止  02  Pyromane  -  
中止  04  Armyr  -  






LR-PRIX ANDRE MASSENA GRANDE COURSE DE HAIES DES 4 ANS 4歳大ハードル 3500mハードル 4歳

内を回っていたGolden Sageは、その内を利用して、一気に前にとりつくと、最終直線では、一気に先頭に躍り出て突き放した。
同じような位置から、背後について行っていた人気薄Pomone du Berlaisが2着確保。
連はそこそこ中波乱。

01着  08  Golden Sage  L. Philipperon  4'11''80
02着  09  Pomone du Berlais  3馬身  
03着  07  Tertre  2.5馬身  
04着  10  En Plein Sud  2.5馬身  
05着  04  Desaguadero  3馬身  
06着  11  Daresca des Obeaux  CENC  
07着  02  Apollo Creed  1馬身  
08着  01  The Reckoning  11馬身  
09着  05  Ermontois  15馬身  
落馬  03  L'Amour du Risk  -  







G3-GRAND PRIX DE LA VILLE DE NICE - BERNARD SECLY ニース市大賞 4600mチェイス

勝負所で、逃げていた人気の一角The Readerに並びかける1番人気Capivari
これが、最後二つの障害を1番手で越えてゆく。
ところが、The Readerが再び先頭を奪う。
これに食い下がるCapivariが再び盛り返す。
並んでゴール。

オートゥイユの大一番では、春秋ともに5着のCapivariを重賞ではなかなか結果の出なかったThe Readerが下して重賞初制覇。

01着  02  The Reader  J. Ricou  5'37''90
02着  03  Capivari  TETE  
03着  07  Mallorca  7馬身  
04着  04  My Maj  4馬身  
05着  08  Intrinseque  3馬身  
06着  09  Rasique  2.5馬身  
07着  06  Sundriver  2馬身  
08着  10  Ulysse des Pictons  1.25馬身  
09着  01  Banonito  6.5馬身  
10着  05  Paris Do Brasil  6馬身  
11着  11  Tim Cassandre  17馬身  
中止  12  Cayo de Pail  -  

障害ポーの主フォルティング勝利 Prix Renaud du Vivier2018

Prix Renaud du Vivier ルノー・デュ・ヴィヴィエ賞2018 4600mチェイス

最終障害を先頭で越えたForthingが、そのまま押し切って優勝。
2番手争いは、最後大外を進んだPolipaが2着。

今年最初のリステッドレースは、Forthingの勝利であるが、この馬は、昨年のポー大賞馬。
しかもポー大ハードル馬でもある。
ポーダブル達成している昨年。

再びそこへ向かうことになるのだろう。

01着  01  Forthing  T. Beaurain  5'58''70
02着  02  Polipa  1.25馬身  
03着  10  Valtor  7.5馬身  
04着  07  Speed Fire  13馬身  
05着  06  Tiesto d'Authie  10馬身  
06着  04  Paulougas  2馬身  
中止  03  Mali Borgia  -  
中止  05  Zeaudiak  -  
中止  08  Cobra de Larre  -  
中止  11  Candaline  -  
TEMPS
仏独西伊白瑞典
英愛
Twitter
Le nombre de visiteurs
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profil

turfabeille

Archives
記事検索
Classment
にほんブログ村 競馬ブログ 海外競馬へ



人気ブログランキングへ
海外競馬へ行こう
フランスでインターネット接続
凱旋門賞前日ネットチェック
france

こちらでも調べてみよう


旅の準備、PCもこちらで
Commentaires
カテゴリ別
節電
  • ライブドアブログ