今週は・・・、

色々と悩みました。

とにかく、十八番ポイントでは、

潮が悪くあまり期待できないので、

〇絢錣凌栖錙淵瓮瀬・カダヤシ・ヒメダカ)での4本胴付き1本勝負。


▲屮張┘咤隠械娃葦潺魁璽垢任痢
  「鳴かぬなら鳴かせてみせよ?」の浮き釣り。


2浸もの、根掛かり上等、「メバルダヤシ」ブッコミ釣り。


で、

結局はの、本心は根掛かりビクビク、

「メバルダヤシ」ブッコミを選択!

※ちなみに「メバルダヤシ」とは「縦式アラバマリグ」、 
→「里見サビキ激渋タイプ」のことです。(笑)


で、

「とぉ〜!」

とりあえず、風裏の何時ものポイントを目指しますが・・・、

当然、途中の「1級ポイント」も気になりますね。


が、

「誰も居ません!?」


どうするか迷ったのですが、

何もしなければ、何も起こりません。

とりあえず、メバルダヤシにプラカゴMinにコマセを詰め、

DAIWAインプレ2-5.4、DAIWAレブロス2506Wに、

クレハR18フロロリミテッド6ポンド(1.5号)でサーチしていきますと・・・、

デンゴが上がってきます!

ラッキー♪

で、

結局、ここでは5デンゴをGet!

更に、

プラカゴをスリムシンカー(棒鉛)にチェンジし、

サーチして行きますと・・・、

ナイスなメバル君が上がってきます!

ラッキー♪

が、

20時過ぎ、

それまで我慢出来ていた風が

「超超MAX」、

それに「雨」までも。

※最近、当たってほしくない天気予報が、
ほんまに良く当たりますねぇ〜。(涙)


で、

流石にこれには耐え切れず、風裏に移動。


十八番ポイントに入ろうかと思いましたが・・・、

途中、

メジャー「中爺」ポイントを覗きますと・・・、

「誰も居ません!?」

とりあえず、ここでもサーチしていきますと・・・、

良型のメバル君が上がってきます!

が、

喰いが渋いのか、バラしも連発です。(涙)


結局、22時30分、風で竿がコントロール不能になり、

STOP Fishing

■釣果
KC480123

※初めは綺麗に並べようとしたのですが、
めんどくさくなり・・・。
メバル多数(〜MAX23僉)デンゴ7。



で、

ここで帰れば良いものを・・・、

7時30分、【朝の部】スタートです!

シャキーン!

「金の食材」調達です♪


KC480124

※久々にSPエディションを投入したのですが、
  集魚力が上がり、金の食材のサイズもUPしたような・・・、(笑)

因みに、コウチャンは【朝の部】から登場された会長からの頂き物。

※他の人が釣れない中、3杯とは、

 流石、コウイカハンターの会長ですね♪



追伸、

最近、「メバルダヤシ」を多用しているのですが・・・、

基本的に「メバルダヤシ」は「船釣り仕様」。

それを「堤防」や「桟橋」から使うのですが、

船釣りではポイントの上を、

上流から下流に流すのが基本。

また、風があっても、そのように操船するのが「船頭の腕」。

つまり、確実に「上流から下流に流れてくるアミ」をイメージできれば、

「バラシ」も少なくなりますね♪

※本当は「浮き」を利用すべきですが、水深が15m前後あれば・・・。(汗)


で、

夕方!?

会長、Tさん、Uさんにメバルダヤシの使い方を、

スパルタンXで、レクチャー。

(ビシバシ、若造?の分際ですみません、笑)

流石に、暗くなるまではコーチングできませんでしたが、

自分が帰ったあと、鯵もメバルも「爆釣」したとか。

まあ、3人でコマセれば、

時合いの長さも、「3倍」かもしれませんし、

穴から出て来るメバルの数も、「3倍」なのかもしれません。(笑)


★もうこれでこのポイントのメバルも、「絶えた」かもしれませんね。(ムムム、爆)



※所で来週はどげんしましょう?!(笑)



※今日もありがとう、「海の恵み」に感謝♪
 
にほんブログ村