何時も本ブログをご覧下さり、
ありがとうございます!


今回は、

「烏賊長文」

最近の思いを色々と記したいと思います。
あくまでも「個人的な意見」ですので
「騙り」としてご了承下さい。


では本文、

ここのところ毎年、
シーズン後半になると、
(一応、ローテに加えますが、)
3〜3.5号の鯵金や鰯銀の、
リアル系「ラトル」への反応が、
すこぶる悪く感じます。

まあシーズンも終盤、
多くの仲間たちが抜かれていくのを傍から見ながら、
幾度の危機を乗り越えて来た
「大きな個体」ですから、
仲間が旅立った時に聞いた
「ラトル音」には、
危険を感じているのかもしれませんね。

ただ、
とあるメーカーのHPに記載がありましたが、
ラトル音は「エビの音」だとか。

また過去に、
イカは「色盲」とかの記事を見た記憶はありますが・・・、

「赤」のラトルには比較的反応はあるものの、
「リアル系」の鯵金や鰯銀に反応が悪いのも、
そう言った
「魚からエビの音が聞こえる矛盾
があるのかな?

まあ、
シーズン当初の好奇心旺盛な個体であれば、
「エビの音で集めて、魚で釣る
そんな矛盾も関係無いのかもしれませんね。
※「パタパタ」のラトルは理に適っているのかもしれませんね!
 (実際に使ったことはありませんが、


次に、
前回の釣行で、
エメラルダス ストリーム ラトルを3軍としましたが、
実際にサイトで操作してみますと、
「バックドリフト釣法に最適なエギ」
だけあって、
餌木の水切りが非常に良く、
「イキイキ、しすぎる感じ」がしました。
KIMG0065

つまり、
「死にかけの捕食しやすい個体を演出する釣り
をモットーとしている自分にとっては、
ある意味、「不要」かと。
(正直、デンデン釣れませんでした。
※餌木の姿勢が安定し、
 流れを的確に捉える状態で当たりが出やすいこと?の重要性も
 分からんでもないですが・・・、



で、



魔界里見ビームに引き寄せられて、
ついついMD、
KIMG0064

安物のスパイクブーツも長年使っていますと、
ピンが曲がったり、無くなったり、
先日も岩場で滑ってヤバかったことがあり、
ついつい。
※「安全第一」です!


で、
H店長に
「根ほり、葉ほり。」
MD8本鈎4.8mの入荷は12月初めだとか。
なんでも今年はメーカーが色(緑オレンジ?)を間違えてしまい、
5000枚をどうしようかと思っていたら、
ある筋「K」の大口が引き取ってくれたとか。
まあ、上から色を塗れば一緒かな!?
※「MD」とは「メバルダヤシ」の意味で、
 里見サビキ激渋T(赤黒)のことです!


またH店長、
最近かなり「脳ミソ、チューチュー」みたいで、
色々と情報交換をさせて頂きましたが、
やはり笠岡諸島では「漕ぎ漕ぎ船」は太刀魚だけのようで、
アオリんは無いそうです。


実は、
前々回のモリフェスで、
N万長さんから貴重なお話をお聞きしたのですが・・・、

とびしま方面でNO1の漕ぎ漕ぎ船は、
T島の剛腕綱取りさんだそうで、
次に下島の方。

因みに、
この下島の方は「二刀流」だそうで、
長くても「6ヒロ」までしか仕掛けを伸ばさないとか。

つまり、
舟を流しながら6ヒロであれば、
必ずしも「底を釣っている」のかどうかは・・・。
※それだけ高活性の時合を釣られているのかもしれませんね。
(ここら辺が次の釣果に結びつくヒントかもしれません


更に、
前回の釣行での
関係者の方の話では、
年に1000杯釣ると言われている人の船は、
「でんでん墨で汚れていない!」だとか。
つまり、
「・・・、
※「騙りで信用出来ない」だ、そうです。

まあ、
自分でも、どれだけ気を付けていても
毎回「ハイター」のお世話になっていますから・・・。
※生地は弱りますが良く落ちます!


以上、烏賊長文でした!
(楽しんで頂けたかな?!)


※今日もありがとう、
 「いつも支えて下さる方々」に感謝!